日本大百科全書(ニッポニカ)

スイートピー
すいーとぴー
sweet pea 英語Lathyrus odoratus L.

マメ科(APG分類:マメ科)の一年生つる草。和名はジャコウエンドウ(麝香豌豆)、ジャコウレンリソウ(麝香蓮理草)。属名のLathyrusはエンドウのギリシア古名で、種名のodoratusはラテン語の「香気ある」という意味である。イタリアのシチリア島原産で、日本へは1862年(文久2)には渡来していた。茎は稜(りょう)形で翼があり、つるは長く、巻きひげに支えられて高さ1~2メートルになる。葉は羽状複葉で、短い柄がある。葉腋(ようえき)から花柄を出し、先端に径2~3センチメートルで芳香のある蝶形花(ちょうけいか)を3~4個開く。花色は紅、桃、青、紫、白色など豊富である。
 品種により夏咲き、春咲き、冬咲きがあるが、日本でスイートピーといえば一般には温室で栽培される冬咲き種をさす。夏咲き種はもっとも古くから作出された系統で耐寒・耐暑性が強い。欧米で改良が進み、大輪で多花性のものがつくられている。10月に播種(はしゅ)すると、翌年5~6月に開花する。花色は紅、桃、青、白色などがある。つる性にならない矮性(わいせい)種のリトル・スイートハートは高さ約30センチメートルで、花壇や鉢植え用に人気がある。春咲き種は冬咲き種と夏咲き種の中間の性質があり、初夏の鉢物や花壇に利用される。暖地の戸外では4月下旬から咲き始める。ロイヤル系、カスバーソン・フロリバンダの春咲き種が多くつくられる。冬咲き種は温室内で育てられ、主として切り花用とする。系統はスペンサー系、マルチフローラ系がよく栽培される。代表品種はアメリカン・ビューティー(紅色)、グロリア(桃色)、リリー(白色)などである。ほかに冬咲き種で矮性のピュー系もよく栽培されるが、これは花が大輪で花壇、鉢植え用とする。
[岩井英明]2019年10月18日

栽培

排水のよい肥沃(ひよく)で耕土の深い土質に植え、日によく当てて育てる。日当りが悪いと生育が悪く、花つきもよくない。花壇ならば、春咲き種は10月上~中旬、夏咲き種は10月中~下旬に、間隔20~30センチメートル、深さ2.5~3センチメートルで、1か所に3、4個の種子を直播(じかま)きする。発芽後は防寒をしなくても、そのまま越冬する。温室での切り花栽培は、冬咲き種を8月下旬ころ、4、5号鉢に3、4個播き露地で育て、発芽して茎がそろったら温室内に定植する。温室内は上下に針金を張って1株ごとに水糸を張るか、支柱を立ててこれにつるを誘引して垂直に伸ばす。つるが伸びて上部に達したら、つるを輪にして巻き下ろす。日中約20℃、夜間約10℃に保てば、12月から切り花ができる。
[岩井英明]2019年10月18日

文化史

スイートピーは1650年、神父のフランシス・クパニFrancis Cupaniがシチリア島でみいだした。1699年にはイギリスに送られ、花の改良が始まり、1718年には白花がつくりだされた。品種改良に大きく貢献したのはイギリスのヘンリー・エックフォードHenry Eckfordで、スイートピーの父とよばれる。1900年のスイートピー200年展には264の品種が出品されたが、そのうちの115品種は彼の作出による。1862年(文久2)の関根雲停(うんてい)の写生図が残るので、幕末には渡来していたとみられるが、営利栽培は大正以降である。
[湯浅浩史]2019年10月18日