日本大百科全書(ニッポニカ)

東京商船大学
とうきょうしょうせんだいがく

現、東京海洋大学。起源は1875年(明治8)三菱(みつびし)汽船会社が創設した三菱商船学校にさかのぼる。1882年農商務省管轄の官立に移管され東京商船学校となる。1925年(大正14)東京高等商船学校と改称。1945年(昭和20)東京、神戸、清水の高等商船学校3校を統合して高等商船学校と改称し、1949年静岡県清水市(現静岡市)に国立の商船大学として発足した。1957年本部を東京に移し東京商船大学と改称。1963年に1945年4月創立の海務学院を廃止するに伴い統合。2003年(平成15)10月、東京水産大学と統合し、東京海洋大学となり、大学施設は練習船なども含めすべて東京海洋大学に引き継がれた。東京商船大学には商船学部に3学科(商船システム工学、流通情報工学、交通電子機械工学)と大学院(修士・博士課程)が設置されていた。臨海実習施設、練習船汐路丸(しおじまる)などがあった。
[馬越 徹]