日本大百科全書(ニッポニカ)

日本橋
にほんばし

東京都中央区の北半部の地区。また1947年(昭和22)中央区成立前までの旧日本橋区の区域をいう。徳川家康の入府(1590)前は日比谷(ひびや)入り江と隅田(すみだ)川の間の低湿地であったが、入府後は江戸城大手門の東側にあたることから1592年(文禄1)以降、町屋として建設にあたった。江戸城と平(ひら)川河口を結ぶ道三(どうさん)堀を中心として、その北方の常盤(ときわ)橋(浅草口)から奥州街道が通じ、平川の延長の日本橋川には日本橋が架けられ東海道の起点となった。
 地名由来の日本橋は、徳川家康が征夷(せいい)大将軍に任じられた1603年(慶長8)に架橋されたといわれ、当時長さ約68メートル、幅約7メートルの木橋であった。現在の石橋は1911年(明治44)に建造されたルネサンス風の名橋で、中央に日本国道路元標がある。日本橋川は江戸随一の河岸でにぎわい、天正(てんしょう)年間(1573~1592)白魚(しらうお)市が開かれ、やがて魚市場として、築地(つきじ)に1935年(昭和10)移転するまで、江戸、東京の台所となった。金貨幣の鋳造所の金座は本町(現、日本橋本石町(にほんばしほんごくちょう))に1595年(文禄4)建立、現在の日本銀行へとかわった。ヨシの生えた湿地の吉原(現、日本橋人形町)には、1617年(元和3)江戸に散在していた遊里をまとめて大遊廓(ゆうかく)がつくられ、また芝居小屋もできるなど江戸町人の町として繁栄を遂げた。なお、吉原は明暦(めいれき)の大火(1657)後、浅草に移り、この地は元吉原とよばれた。
 現在も銀行・百貨店などの集中する日本橋本石町、日本橋室(むろ)町、日本橋、繊維・雑貨など卸売り機能の日本橋横山町、日本橋大伝馬町、日本橋堀留町、証券取引きの日本橋兜町(にほんばしかぶとちょう)など東京の中心商業地区であり、江戸の伝統を引き継いだ江戸情緒の町である。かつての水路の多くは埋め立てられ首都高速道路となっている。また地下鉄網が発達し、東京メトロ銀座線・東西線・日比谷線・半蔵門線、都営地下鉄浅草線・新宿線の各線や総武本線が通る。
[沢田 清]