日本大百科全書(ニッポニカ)

経緯儀
けいいぎ

三脚などの上で望遠鏡を水平・上下方向に動かす装置を「経緯台」とよぶが、その構造を精密にし、望遠鏡の十字線を使って方向角を精密に測定する装置が経緯儀である。重要なのは、水平回転軸と上下回転軸の直交性、およびそれに取り付けられた目盛り環の精度などで、天文観測用の赤道儀などと異なり望遠鏡は脇役(わきやく)に回る。手軽に使用できるものは「トランシット」とも称し、広く測量に用いられている。天測用にとくに高い精度でつくられたものもあり、角度0.1秒まで測定する。近年はエンコーダーにより測角をデジタル表示できるようになっている。昔の測量は経緯儀による三角測量が中心だったが、近年は精密測距儀による三辺測量も行われるようになった。
[中嶋浩一]

メディア