日本大百科全書(ニッポニカ)

東京天文台
とうきょうてんもんだい

東京大学の附置研究所であったが、1988年(昭和63)文部省(現、文部科学省)直轄の研究機関「国立天文台」になった。
 東京天文台は1878年(明治11)東京大学理学部の観象台として設立され、1888年に改組され東京天文台となった。初期には麻布飯倉(あざぶいいぐら)(東京都港区)にあったが、1924年(大正13)に現在の国立天文台のある三鷹(みたか)市大沢(東京都)に移った。第二次世界大戦後、各種の観測を進めていくために各地に観測所を設立してきた。1949年(昭和24)乗鞍(のりくら)コロナ観測所(岐阜・長野県境乗鞍岳)、1960年に岡山天体物理観測所(岡山県鴨方(かもがた)町)、1962年埼玉県都幾川(ときがわ)村(現、ときがわ町)に堂平(どうだいら)観測所(2000年3月観測環境の悪化等により閉所)、1969年に野辺山(のべやま)太陽電波観測所(長野県南牧(みなみまき)村)、1974年長野県三岳(みたけ)村(現、木曽町)に木曽(きそ)観測所、1978年に野辺山宇宙電波観測所が建設された。おもな観測器械としては、188センチメートル反射望遠鏡(岡山)、105センチメートルシュミット・カメラ(木曽)、65センチメートル屈折望遠鏡(三鷹)、25センチメートルコロナグラフ(乗鞍)、45メートル電波望遠鏡(野辺山)など世界の水準に匹敵する装置を保有し、位置天文学から天体物理学までの広い範囲の研究とともに、宇宙科学研究所(現、宇宙航空研究開発機構)の研究にも参加し、また時刻の測定・保持、暦の編纂(へんさん)なども行った。1988年に東京天文台は東京大学から独立して、文部省水沢(みずさわ)緯度観測所(現、国立天文台水沢観測センター)、名古屋大学空電研究所の一部と統合し、国立天文台となった。
[磯部琇三]2017年7月19日

メディア