日本大百科全書(ニッポニカ)

モナズ石
もなずせき
monazite-(Ce) 英語

セリウム(Ce)およびトリウム(Tr)の鉱石鉱物としてもっとも重要なものの一つ。花崗(かこう)岩質ペグマタイト、ある種の変成岩(チャルノック岩charnockite)、カーボナタイトcarbonatite(火成起源の炭酸塩岩)、高温熱水鉱床中、気成鉱床中、あるいはこれらから導かれた砂鉱(さこう)(漂砂鉱床)中に産する。またある種の堆積(たいせき)岩中にも自成鉱物として生成される。この種のものは、最初比較的低温条件で含水相ラブドフェンrhabdophane-(Ce)(化学式Ce[PO4]・1~2H2O)として生成され、のち脱水されてモナズ石となったものである。自形は短柱状ないし粒状。ラブドフェンからの脱水産物は、きわめて微細な多孔質の六角柱状の仮晶をなすため、大気汚染物質の濾過(ろか)用フィルターとして用いられる。日本では福島県石川地方をはじめ各地の花崗岩質ペグマタイト中に少量産する。
 希土類元素を主成分とする種については、もっとも多量に含まれる元素の元素記号を、括弧(かっこ)でくくった接尾語を使って区別する規定がある。モナズ石はmonazite-(Ce)のほか、monazite-(La)、monazite-(Sm)やmonazite-(Nd)が知られている。日本では本来のものをモナズ石、後者をそれぞれランタンモナズ石、ネオジムモナズ石という習慣が固定しつつある。日本では岐阜県中津川市恵比寿(えびす)鉱山(閉山)のものがランタンモナズ石に属する。また、茨城県高萩(たかはぎ)市下大能(しもおおの)のペグマタイト中のモナズ石はサマリウムモナズ石である。香川県高松市金山(かなやま)のペグマタイト中のものがネオジムモナズ石に属する。英名はギリシア語の「孤独」を意味するモナゼインに由来し、初期に発見されたいくつかの産地で産出がまれであったことによる。
[加藤 昭]2018年10月19日