日本大百科全書(ニッポニカ)

アナゴ
あなご
〔穴子〕
conger eels 英語

硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科Congridaeに属する海水魚の総称。日本近海では北海道以南の各地に産する。体はほぼ円柱状で、尾部は多少側扁(そくへん)する。目はよく発達し、ときには非常に大きい。鱗(うろこ)はないが、側線はある。腹びれはなく、胸びれを欠くものもある。背びれは肛門(こうもん)よりも胸びれ近くの上方から始まり、尾端で尾びれに癒合する。前鼻孔(ぜんびこう)は管状で、吻端(ふんたん)近くに開く。後鼻孔は目のやや前方、背方または上唇の縁辺に開き、鼻管はない。舌は幅広く、その前部と両側は遊離する。鰓条骨(さいじょうこつ)は長いが、腹方で重ならない。上唇の形状、歯の形と配列状況、頭部および体側の感覚孔数、背びれ始部の位置、尾端部の形状などが種類の判別上の重要な特徴となる。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

分類

日本近海産のアナゴ類は、ホンメダマアナゴ亜科Bathymyrinae、クロアナゴ亜科Congrinae、チンアナゴ亜科Heterocongrinaeの3亜科に大別され、25種が知られている。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

ホンメダマアナゴ亜科

メダマアナゴParabathymyrus macrophthalmus、ゴテンアナゴ、ハナアナゴAriosoma anago、シロアナゴAriosoma shiroanagoおよびオオシロアナゴAriosoma majusの5種を含む。後鼻孔は目の中央水平線より下方にあり、尾端部が鈍くて硬く、各ひれの軟条に分節がない。上唇に沿って走る溝がある。肛門より前の長さは全長の41~51%。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

クロアナゴ亜科

クロアナゴ、マアナゴ、ギンアナゴ、ヒモアナゴ、アイアナゴUroconger lepturusなど15種を含む。後鼻孔は目の中央水平線上か、それより上にあり、尾端部は糸状かあるいは適度に鈍くて曲げやすく、各ひれの軟条は分節する。肛門より前の長さは全長の30~45%。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

チンアナゴ亜科

チンアナゴHeteroconger hassi、ゼブラアナゴHeteroconger polyzona、シンジュアナゴGorgasia japonica、ニシキアナゴGorgasia preclaraおよびアキアナゴGorgasia taiwanensisの5種を含む。胸びれを欠くかあるいは著しく小さい。口が非常に小さくて、後端は目の前縁下に達する程度であり、体はミミズ状で著しく細い。本亜科魚類は1977年(昭和52)以降に日本近海から初めて報告され、当初は別科(チンアナゴ科)として扱われていた。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

生態

アナゴ類のレプトセファルス(葉形(ようけい)幼生)は、一般にその伸長期を通じて肛門の位置が尾端部の近くにあり、消化管はまっすぐで膨らみはない。なお、ホンメダマアナゴ亜科では、目が丸く、体側の側線直下の筋隔(きんかく)上に小さな色素胞列をもつこと、クロアナゴ亜科では、目が卵円形で、その下方に三日月形の色素帯をもつこと、チンアナゴ亜科では、ほかのアナゴ類の幼生より消化管が短い(体長の約67~75%)ことなどが、それぞれの亜科のおもな特徴である。
 アナゴ類は世界の熱帯域~温帯域に広く分布する。多くは浅海の大陸棚やその斜面の岩礁地帯や砂泥底にすむが、ときには水深2000メートルを超える深海性のものまでいる。昼間は岩穴や砂泥中に潜み、夜間に出てきて小魚や底生無脊椎(むせきつい)動物を捕食する。釣り、延縄(はえなわ)、籠(かご)、底引網などで漁獲される。チンアナゴ亜科は特異で、サンゴ砂の中に潜り、体の前半分を出して動物プランクトンを食べる。一般にガーデンイールとよばれて、水族館でよく展示される。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

代表種

マアナゴConger myriaster(英名whitespotted conger)は、もっとも普通にみられる種で、一般にアナゴとよばれている。北海道以南の沿岸各地、朝鮮半島、東シナ海、渤海(ぼっかい)、黄海、台湾の沿岸などに分布する。体は円柱状で、著しく細長くない。口は普通大で、目の中央部下方まで開く。上唇の溝は深く、上方へ向かう折り返しがある。上下両顎(りょうがく)の歯は門歯状で、主上顎骨にほぼ1列に並ぶ。口を閉じても前上顎歯は露出しない。後鼻孔は目の中央水平線上に位置する。肛門より前に39~43個の側線孔が開く。背びれは胸びれの中央上よりも後方から始まる。背びれと臀(しり)びれの軟条に分節がある。体は沖合いのものは灰褐色で、沿岸でとれるものは茶色が強い。側線には白色斑点(はんてん)が等間隔に並び、その上方にもすこし小さい白色斑点がある。さお秤(ばかり)の目盛りに似ているので、ハカリメとよぶ地方もある。全長約90センチメートル。1~2歳魚は水深10メートル以浅の内湾に生息するが、3歳魚は沖合いの水深20~30メートルに多くなる。4歳魚は沿岸にはいないが、沖合い水域でも少ない。1歳で15センチメートル、2歳で30センチメートル、2歳を過ぎると雌雄で成長の差が出始め、4歳で雄は40センチメートルほど、雌は58センチメートルほどにに成長する。卵径0.5ミリメートルぐらいの成熟が進んだ卵をもった大形魚が水深10~30メートルの沿岸近くの海底でみられるが、それ以上に成熟した雌はいないことから、産卵場はウナギと同様に、通常の生息域より南方で、北緯25度以北の、深海が沿岸に接近した黒潮本流あるいはその支流域と推定されている。産卵期は春から夏で、レプトセファルスは10月~翌年6月にかけて太平洋岸の各地に出現し、河川の影響の強い沿岸浅所や内湾に接岸する。冬には伸長期幼生が来遊するが、2月から変態期幼生が増えだし、4~5月にはこれが多くなる。地引網などでシラス(カタクチイワシの仔魚(しぎょ))と混獲される。高知地方ではノレソレとよび食用にされる。また、地方によっては塩蔵して釣りの餌(えさ)とする。沿岸水域に生息して、コチ類、キス類、イカナゴ、カタクチイワシなどの底生魚類、カニ類やエビ類などの甲殻類などを食べる。底引網、延縄、籠、手釣りなどで漁獲される。アナゴ類中もっとも美味とされるが、肉質は地域によって差が大きいようである。おもに蒲焼(かばや)き、甘煮、てんぷら、すしなどにする。
 マアナゴおよび次の4種を含めた5種は日本の代表的なアナゴ類である。クロアナゴはマアナゴによく似ているが、体側に明瞭(めいりょう)な白色点がない。ギンアナゴは体が銀白色で、とくに側線部において著しい。オキアナゴは尾端部の近くに大きな黒斑がある。ゴテンアナゴは目の後縁近くに上下2個の濃褐色の斑点がある。東京地方では本種をギンアナゴとよんでいる。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

釣り

マアナゴの釣り期は地域によりずれがあるが、5月ごろから梅雨明けまでと、初秋から晩秋までがとくによく釣れる。魚の習性上、日没ごろから夜にかけてが食いのいい時間帯で、海の静かな日のほうがよい。船釣り、防波堤釣りがある。船釣りは1メートル前後の竿(さお)、オモリ8~10号。ハリス5~10センチメートル。餌(えさ)はイカ、サバの身、アオイソメ。オモリの上部にアナゴ用発光体をつけると光に誘われて寄る率が高い。防波堤釣りでは投げ込み仕掛け。鉤(はり)は1本か2本で、餌は船釣りと同じである。
[松田年雄]

料理

マアナゴが代表種。味は淡泊で美味なので、蒲焼き、煮物、てんぷら、すし種、茶碗(ちゃわん)蒸しなどの材料に用いられている。マアナゴは東京湾産のものが有名であるが、現在は漁獲量が少なくなっている。また、関西では播州(ばんしゅう)高砂(たかさご)(兵庫県)のアナゴが有名であり、いまでもとれる。アナゴは背開きにして料理するが、小骨が多いのが欠点とされている。しかし食べる場合それほど口にさわらない。
 開いたアナゴは、まな板に皮目を上にして熱湯を注ぎ、水洗いをして皮のぬめりをとる。てんぷら、から揚げの場合は水洗いして、ぬめりをそぎとる。肉の部分では下半身のほうが味がいい。関西では八幡(やわた)巻きが有名であるが、これは京都郊外産の八幡ゴボウをアナゴで巻いたものである。酢の物は、白焼きにしたアナゴを小さく切り、カブのあちゃら漬け、キュウリ、シロウリなどの塩もみと和(あ)え、三杯酢、ごま酢などで調味する。
[多田鉄之助]