日本大百科全書(ニッポニカ)

ウツボ
うつぼ
〔鱓〕
moray eels 英語

硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科の総称、またはそのなかの1種。世界には15属185種ほど知られているが、日本近海には10属約57種が報告され、そのうちの多くは沖縄諸島以南に分布する。体は細長くて側扁(そくへん)し、皮膚には鱗(うろこ)がなく、一般に肥厚する。鰓孔(さいこう)は小さくて丸く、舌がない。腹びれと胸びれがなく、多くは背びれと臀(しり)びれがあって尾びれと連続する。後鼻孔(こうびこう)は目の前縁の上方に開き、種類によってはよく発達した鼻管を形成する。体色および斑紋(はんもん)は多様で変化に富み、種類の判別上重要な特徴となる。また、歯の形状とその配列も属や種の特徴となる。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

分類

ウツボ類はウツボ亜科Muraeninaeとキカイウツボ亜科Uropterygiinaeに分類される。ウツボ亜科はゼブラウツボ属、ハナヒゲウツボ属、モヨウタケウツボ属、コケウツボ属、タケウツボ属、アラシウツボ属およびウツボ属を含み、多くのウツボ類はウツボ属に入る。垂直鰭(すいちょくき)がよく発達し、背びれは肛門(こうもん)より前方から始まる。キカイウツボ亜科はタカマユウツボ属、アミキカイウツボ属およびキカイウツボ属を含み、日本での種数は少ない。その特徴はひれがまったくないか、あるいは尾端部にのみ存在することや、尾部の長さが躯幹(くかん)部(胴部)の長さにほぼ等しいことなどである。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

生態

ウツボ類のレプトセファルス(葉形(ようけい)幼生)は、一般に非常に退化した胸びれをもち、また尾端部が通常は幅広くて丸みを帯びる。消化管はまっすぐで膨らみがない。
 多くの種類は、浅海の岩礁域やサンゴ礁に生息するが、やや深い所の泥底にすむものもいる。夜行性で、性質が荒く、一般に貪食(どんしょく)である。鋭い犬歯をもつ種類にかみつかれると危険である。南方産のウツボの仲間には、かみつくときに毒液を出すものや、食べると中毒をおこすものがある。日本産のウツボ類のうち、ウツボ、トラウツボ、コケウツボなどは地方により食用とされている。捕獲には網籠(あみかご)(ウツボ籠)が使われ、餌(えさ)にはタコが効果的である。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

代表種

ウツボGymnothorax kidako(英名kidako moray)は岩手県以南の太平洋沿岸、島根県以南の日本海沿岸、東シナ海、朝鮮半島南部、台湾南部の海域などに分布する。学名のkidakoは神奈川県三崎(みさき)地域の方言の呼称である「キダコ」に由来する。体は長くて側扁し、体高は比較的高い。前鼻孔は管状で長く、吻端(ふんたん)付近に開口する。後鼻孔には鼻管がない。口は大きく、およそ頭長の2分の1。上下両顎(りょうがく)の歯は1列に並び、長三角形で、各歯の縁辺に鋸歯(きょし)がない。鋤骨(じょこつ)(頭蓋(とうがい)床の最前端にある骨)に3~4本の歯が1列に並ぶ。背びれと臀びれはよく発達し、腹びれと胸びれはない。体は黄褐色で、暗褐色の不規則形の横帯がある。臀びれは白く縁どられる。口角部と鰓孔(さいこう)は黒い。水深2~60メートルの岩礁、砂地、軽石帯、サンゴ礁などにすむ。昼間は穴や割れ目に隠れて、頭だけ出している。夜間に外に出て活動するため、夜釣りで釣れることがある。おもに魚類、軟体類、甲殻類、貝類などを食べる。最大全長は92センチメートルほどになるが、普通は75センチメートルほど。産卵期は7~9月。ホルモン処理(成熟促進のためのホルモンを投与すること)によって得た卵は分離浮性卵で、油球がない。卵径はおよそ3.5ミリメートル。孵化仔魚(ふかしぎょ)は上顎に3本、下顎に4本の歯を備える。自然の産卵行動は、1980年(昭和55)に三宅(みやけ)島の水深12メートルで観察されている。そのときの記録では全長約90センチメートルの雌雄が尾部をからませ、突然腹部を押しつけた後、離れて抱卵と放精。卵は丸く、浮性で、卵径は2.0ミリメートルであったとされている。本種はおもに延縄(はえなわ)、籠、筒、突き、釣りなどで漁獲される。日本ではもっともよく利用されているウツボ類で、干物、煮物、鍋物(なべもの)、湯引き、たたき、フライなどにする。和歌山県南部には干物にしてから佃煮(つくだに)にするウツボ料理があり、また、滋養強壮の食材として利用し、妊婦に食べさせる風習がある。皮膚は厚くてじょうぶなので、なめして財布などに利用できる。
[浅野博利][尼岡邦夫]2019年2月18日

民俗

鋭い歯をもつ奇怪な顔つきから、昔から恐ろしい魚とされてきた。ヨーロッパでは古くからタコの天敵といわれ、日本でもウツボとタコの闘争の話が各地に伝わっている。ウツボは実際にタコを捕食するので、この習性を利用し、タコの大好物であるイセエビをタコから守るため、イセエビの増殖を目的とする人工魚礁の中に見張り役としてウツボを飼うというアイデアが出されたこともある。
[矢野憲一]