日本大百科全書(ニッポニカ)

ムクウェゲ
むくうぇげ
Denis Mukwege 英語
[1955― ]

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の産婦人科医、人権活動家。1990年代後半の第2次コンゴ戦争以降、強姦(ごうかん)被害にあった4万人以上の女性の治療にあたり、その精神的ケアや生活支援に尽力している。戦時・紛争下で、性暴力が対立勢力の恐怖心をあおる「戦争の武器」と化して横行する実態を広く国際社会に訴え、命の危険を顧みずに正義を追求した功績で、2018年のノーベル平和賞を受賞した。
 旧ベルギー領コンゴ(現、コンゴ民主共和国)生まれ。牧師である父が病気の子供らに寄り添う姿を見て、医師を志し、隣国ブルンジやフランスで医学を学んだ。コンゴ東部の南キブ州で医療活動を開始。同州ブカブで1999年、性暴力被害者の治療で世界的に有名となる「パンジ病院」を設立した。第2次コンゴ戦争以降、コンゴ東部では金、ダイヤモンド、レアメタルなどの資源をめぐる政府軍と反政府武装勢力の戦闘が周辺国を巻き込んで泥沼化し、治安が極度に悪化。多くの女性が性暴力を受け、国連高官が「世界のレイプの中心地」(the rape capital of the world)とよぶほどの悲惨な状況に陥った。同地で、ムクウェゲは民兵や武装勢力による集団レイプなどで負傷した4万人以上の少女や赤ん坊を含む女性を同病院に受け入れ、治療や心のケア、社会復帰の支援などにあたった。ムクウェゲ自身が襲撃や脅迫を受け、2012年には一時海外へ避難したが、2013年に命の危険を冒してコンゴに帰還。治療を通して紛争に抗し続け、性暴力は「戦争の兵器」と化し、加害者が処罰されない悲惨な現地の状況を世界に告発。法の裁きを実現するため国際社会に行動を起こすよう国連などでよびかけた。こうした一連の功績で、2018年にノーベル平和賞を受賞した。受賞理由は「戦場や紛争地域において兵器として用いられる戦時性暴力を終結させるための努力」で、イラクの女性人権活動家ナディア・ムラドとの共同受賞である。ノーベル賞以外にも、国連人権賞(2008)や、優れた人権活動を表彰するヨーロッパ議会の「サハロフ賞」(2014)など人権関連の受賞多数。2015年、ムクウェゲの活動を描いたドキュメンタリー映画『The man who mends women ~ The wrath of Hippocrates』(邦題:『女を修理する男』)が制作された。2016年に米誌『タイム』は「世界で最も影響力のある100人」の一人に選んだ。
[矢野 武]2019年2月18日