日本大百科全書(ニッポニカ)

ルノアール
るのあーる
Pierre-Auguste Renoir 英語
[1841―1919]

フランスの印象派の画家。裸婦や少女たちの豊かな魅力を備えた作品によって、国際的にも、日本でも、もっとも親しまれている画家。
 1841年2月25日リモージュに生まれる。幼年時代、一家とともにパリに移住。1854年、陶器の工房に絵付(えつけ)職人として徒弟奉公に入り、かたわら夜学で素描を学ぶ。4年後、この工房の職を失ったため、家具の絵付け、ついで巻き上げ日よけの絵付けに従事するが、やがて画家となることを決意し、エコール・デ・ボザールのシャルル・グレールの画室に入る。フォンテンブローの森で会ったクールベ、あるいはドラクロワの影響を受ける。1867年の『狩りのディアナ』(ワシントン、ナショナル・ギャラリー)はクールベの、1872年の『アルジェリア風のパリジェンヌ』(東京、国立西洋美術館)はドラクロワの影響を示す例である。しかし、グレールの画室で出会ったモネ、シスレー、バジール、そして彼らを通じて知ったピサロ、セザンヌたちとともに「カフェ・ゲルボアの集い」に参加し、マネ、モネの影響下にしだいに印象主義の技法とビジョンの形成へと向かってゆく。1869年モネとともに描いた『ラ・グルヌイエール』(ウィンタートゥール、ラインハルト・コレクション)は、印象主義的技法の最初の適用を示している。モネたちとともに画架を立てたパリ近郊のセーヌ川周辺、とくにアルジャントゥーユでの制作は、1874年、1876年の印象派展に出品された。
 この1876年前後はルノアールの独自の作風が形成される時期にあたり、1876年の第2回印象派展には15点の作品が展示されるが、1877年の第3回展には『日の当たる裸婦』『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』(ともにパリ、オルセー美術館)などを出品、1869年から1880年にかけてのルノアールの印象派時代を代表する作品群が生み出されている。彼はモネたちと異なり人物像に執着し、戸外や室内の光線が人物に当たる効果を追求している。同じころ、ルノアールはシャルパンティエ家の保護を得て、『腰掛けているジョルジェット・シャルパンティエ嬢』(1876、東京、ブリヂストン美術館)、『シャルパンティエ夫人とその子供たち』(1879サロン出品、ニューヨーク、メトロポリタン美術館)など、魅惑的な肖像、室内像が多く描かれる。
 1881年前後、ルノアールは彼自身がいう「壁」に突き当たる。構図・形態の堅固さと明確さ、質感を求めての模索がほぼ10年続いた。いわゆる「酸っぱく描く時期」である。新たな探究のため、1881年、アルジェ、イタリアに旅行。ラファエッロ、ポンペイの壁画に大きな影響を受けて、薄塗りの色面、構図性が『大水浴』(1884~1887、フィラデルフィア美術館)などで試される。後期のルノアールの特徴的な主題である裸婦も、この時期に本格的に始まる。
 1890年前後から薄塗りの色彩を重層させる手法、いわゆる「虹(にじ)色の時期」が始まり、印象主義と古典的構図や質感の表現との調和が、ルノアールのまったくオリジナルな手法として完成された。『眠る浴女』(1897、ラインハルト・コレクション)など、多くの傑作がこの時期に属する。
 1903年、南フランスのカーニュ・シュル・メールに移住して以後の最晩年は、赤、緋色(ひいろ)などがいっそう強さと輝きを増し、浴女、子供、花、風景などが大量に描かれ、それらの対象は世俗的な魅力を維持しつつ、象徴的・詩的な世界に到達している。彫刻、リトグラフ類もこの時期に手がけられた。ただ手の神経痛のため、何点かのバリアントをもつ『パリスの審判』など若干の大作はあるが、油彩類はこの時期小品が多い。1919年12月3日カーニュで没。
 私生活では1881年、40歳でアリアーヌと結婚、長男ピエール(俳優)、次男ジャン(映画監督)、三男クロードをもうけている。また1900年にはレジオン・ドヌール勲章を授与された。
[中山公男]