日本大百科全書(ニッポニカ)

ジョット
じょっと
Giotto di Bondone 英語
[1266ころ―1337]

イタリアの画家、建築家。フィレンツェ派絵画の基礎を築き、イタリア絵画、ひいてはヨーロッパの近代絵画の創始者とたたえられる。フィレンツェ近郊の小村ベスピニャーノに生まれる。貧しい少年ジョットが、羊の番をしながら羊の絵を描いていると、通りかかったチマブーエがその才能に驚き、連れて帰って弟子とした、というギベルティの伝えるエピソードは有名である。この話の真偽はさておき、ジョットがチマブーエのもとで画業を学んだ可能性は大きいといえる。しかし、ジョットの作風形成には、ピエトロ・カバリーニなどの活躍で当時高い水準に達していたローマ派の影響も重要である。また、古代やフランス・ゴシック美術の影響を受けたアルノルフォ・ディ・カンビオやジョバンニ・ピサーノの彫刻からも刺激を受けたと思われる。つまり、ジョットはイタリアの中世美術の優れた成果を吸収し、イタロ・ビザンティンとよばれる当時の絵画に、空間性と写実性を吹き込んで一大変革を成し遂げ、その後のイタリア絵画、そしてヨーロッパ絵画を方向づけたといっても過言ではない。こうしたジョット絵画の背景となったのは、都市市民層の勃興(ぼっこう)、その市民たちの心をとらえた聖フランチェスコ以来の宗教運動、そしてフレスコ画技法の発展などをあげることができる。
 初期の活動には不明な点が多いが、この時代の作品としては、フィレンツェのサンタ・マリア・ノベッラ聖堂の『磔刑図(たっけいず)』とサン・ジョルジョ・アッラ・コスタ聖堂の『聖母子と天使』が、多くの学者に真筆と認められている。アッシジのサン・フランチェスコ聖堂上院の『旧約伝』の一部と『聖フランチェスコ伝』壁画は、その帰属に関する議論がいまだ決着をみず、イタリア美術史上の難題の一つといえる。イタリア人を中心に多くの学者はジョットの作と主張するが、おもにイギリス、アメリカ人学者による強い反論があるからである。ともあれ、ジョットの最大の作品がパドバのアレーナ礼拝堂(スクロベーニ礼拝堂)の『マリア伝とキリスト伝』壁画(1303~05)であることは疑う余地がない。この小礼拝堂の壁画群は西洋美術史の一大金字塔で、生き生きと描かれた物語にみる人間性と宗教性の融和は、並はずれた造形感覚に支えられて、高い芸術的境地に達している。フィレンツェに残された作品としては、『栄光の聖母』(ウフィツィ美術館)、サンタ・クローチェ聖堂のバルディ、ペルッツィの両礼拝堂の壁画が重要である。ジョットは広い名声を博し、大工房を営み、このほかにも各地の注文に応じていた。ローマ、リミニ、ナポリ、ミラノなどで、教皇や君主のために制作に携わったことが知られている。しかし残念ながら、今日残る遺品は少ない。さらに、1334年にはフィレンツェ大聖堂(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)の主任建築家に任ぜられ、鐘塔の建設にあたり、同地で没した。
[石鍋真澄]