日本大百科全書(ニッポニカ)

生痕化石
せいこんかせき
trace fossil 英語
ichnofossil 英語

古生物の各種の生活記録が地層の内部や表面に保存されている化石。生活化石、痕跡化石ともいう。生痕には、底生生物の底質表面におけるさまざまな移動の記録や、底質内部に掘り進んだ穿孔跡(せんこうあと)や生息(住居)跡のほか、陸上動物の足跡、住居跡などがある。そのほか、軟体動物や魚類、哺乳(ほにゅう)類などの排泄(はいせつ)物が保存された糞石(ふんせき)coproliteや、爬虫(はちゅう)類の胃の中にあって消化の補助となった胃石(いせき)gastrolith、および各種の動物の卵の化石も知られている。アメリカや中国およびモンゴルからは卵の並んだ恐竜の巣と思われるものが発見されている。
 オーストリアの古生物学者アーベルは『過去の生物の痕跡』Vorzeitliche Lebensspüren(1935)のなかで、生痕化石の種類や研究の方法と意義をまとめている。そのなかには、古生物の病型や奇形の化石、共生・寄生関係を示すものも含まれている。現生種も対象に含めたこの種の研究を生痕学ichnology、排泄物や足跡の研究をそれぞれ糞形学coprology、足痕学pedalogyとよび、野生動物の保護や狩猟者の動物探索の情報資料となっている。
 生痕化石は古生物が生活した場所に残されているため、古生物の生態や生活の復元に役立つ。また10億年前よりも古い地層から発見されているため、無脊椎動物の起源を考えるための貴重な資料ともなっている。生痕化石の研究は古生痕学palaeoichnology(化石生痕学)とよばれ、古生物学の重要な研究部門となっている。ふつう生痕化石には、生痕を残した生物の体の化石が伴わないことが多く、偽化石を生痕化石と見誤ることが多く、その判定には現在の生痕と比較するなどの慎重な検討が望まれている。
[大森昌衛]

メディア