ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. スポーツ
  6. >
  7. 球技
  8. >
  9. サッカー・野球
  10. >
  11. 高校野球

高校野球

ジャパンナレッジで閲覧できる『高校野球』の日本大百科全書・世界大百科事典のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

高校野球
こうこうやきゅう

高校生の野球試合のこと。1936年(昭和11)にプロ野球が誕生するまでは、日本の野球は中等学校野球と東京六大学の野球によって代表されていた。その中等学校野球が第二次世界大戦後の学制改革で高校野球となったのである。したがって、今日の高等学校の野球の歴史は、旧制の中等学校の野球の歴史から始まる。

[神田順治][森岡 浩]2020年6月23日

歴史

中等学校野球は大学や高等学校の付属校を中心に始まった。1885年(明治18)ごろには東京府立一中(現在の東京都立日比谷高等学校)でも行われていたといい、しだいに各地の中等学校に広がっていった。1915年(大正4)夏に朝日新聞社が主催して、第1回全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会、夏の甲子園)を大阪の豊中 (とよなか)グラウンドで開催した。この第1回大会を契機として全国の中等学校野球は急速に普及し、日本野球界隆盛の温床となった。その結果、大学チームの内容改善にも大いに貢献した。この大会を開催した朝日新聞社は、あくまでも野球を国民の気力の源泉となることを目的とした。そのため、プロ的スポーツマン気質が学生間に入り込まないように、学生に対しアマチュア・スポーツマンとしての本分を忘れぬよう厳に戒めたことは注目すべき点である。このように慎重な配慮を主催者が最初に示したことがその後の輝かしい歴史の礎 (いしずえ)となった。続いて1924年以後、毎年3月末から4月にかけて全国選抜中等学校野球大会(現在の選抜高等学校野球大会、春の甲子園)を毎日新聞社が主催することになった。この大会は、地方の試合成績によって推薦制度で招待することが特色である。こうして中等学校野球は、春は毎日、夏は朝日と二大新聞社が競争で大会を実施するに至った。また、1924年秋に東京において第1回の明治神宮体育大会が開催され、この大会の一大行事として、春・夏の大会で活躍した中等学校のチームによる野球大会を行うことになった。この大会が第二次世界大戦後は国民体育大会(国体)に受け継がれている。以上の3大会が戦前の中等学校野球、戦後の高校野球界の発展に寄与している。

 1915年の第1回大会以来、順調に発展してきた全国大会も、第二次世界大戦中、1942年(昭和17)に文部省が新聞社の主催を否として大会を中止させた。しかし、戦後の混乱期の1946年(昭和21)の夏には早くも復活し、新たに結成をみた全国中等学校野球連盟(現、日本高等学校野球連盟)と朝日新聞社の共催で第28回大会を挙行した。また、同年秋の第1回国民体育大会にも中等学校野球が参加した。翌1947年春には毎日新聞社が選抜大会を復活させ、第19回大会を実施した。1948年から学制改革により中等学校が新制の高等学校に変じ、中等学校野球が高校野球とよばれることになった。

 この後、高校野球は発展の一途をたどり、2002年(平成14)と2003年の夏の大会の予選に参加した高校チームの数は各4163校にのぼった。これは、終戦直後の1946年の745校の約5.6倍にあたり、1915年の第1回大会の73校に比較すれば驚異的数字である。しかし、その後は少子化の影響もあって減少し、2019年(令和1)の参加校数は3730校であった(いずれも夏の甲子園)。

 高校野球発展の理由としては次の3点があげられる。

(1)ジャーナリズムの支援。その代表的なものは朝日新聞紙上に飛田穂洲 (とびたすいしゅう)が健筆を振るったこと。

(2)ラジオ、テレビが放送を行ったこと。1927年からラジオが克明に大会の実況放送を始め、1953年からはテレビの中継放送も開始され、原則全試合が中継された。

(3)甲子園球場の完成。1924年夏、阪神電鉄が武庫川 (むこがわ)畔に大球場を建設し、以後、春・夏大会ともに甲子園球場で行われ、「甲子園」は高校野球全国大会の代名詞となっている。

[神田順治][森岡 浩]2020年6月23日

記録・話題

こうして今日、高校野球は隆盛を迎えているが、この間にさまざまなエピソードが生まれた。1915年の全国高等学校野球選手権大会第1回大会が行われた豊中グラウンドは、収容人員400人たらずのよしず張り屋根の木造スタンド、外野は土盛りであった。第4回大会は米騒動で中止。第6回大会(1920)では、当時年齢制限がなかったために、前年まで法政大学選手の小方二十世 (はたよ)投手が豊国 (ほうこく)中学から出場した。第12回大会(1926)の静岡中対前橋中戦は静岡の上野精三と前橋の丸橋仁両投手の奮闘により延長19回に及び、さらに第19回大会(1933)の準決勝における中京商と明石 (あかし)中の対戦は、中京の吉田正男(1914―1996)と明石の中田武雄(1915―1943)両投手の投げ合いで延長25回、試合時間4時間55分の熱戦の末、1対0で中京商が勝利。また、第40回大会(1958)準々決勝、徳島商の板東英二 (ばんどうえいじ)(1940― )、魚津 (うおづ)高の村椿輝雄 (むらつばきてるお)(1940― )の投げ合いは延長18回、3時間38分、0対0で、翌日再試合となり3対1で徳島商の勝利、さらに第51回大会(1969)決勝戦は、松山商の井上明(1951― )、三沢高の太田幸司(1952― )の投げ合いで延長18回、4時間16分、0対0で、初の決勝再試合となり4対2で松山商が優勝したのをはじめ、1941年選抜高等学校野球大会(春の選抜)第18回大会で試合中に左腕を骨折しながら力投を続けた別所毅彦 (たけひこ)投手(滝川中)など、印象深い試合は投手が中心であった。しかし、1974年から金属バットの使用が認められ長打が多くなり、その年の大会ではオーバーフェンスのホームランが計11本も出た。第59回大会(1977)には、大鉄高の川端正が史上初の満塁サヨナラホームランを打ち(対津久見高)、決勝戦では東洋大姫路高の安井浩二が対東邦高戦で決勝史上初のサヨナラホームランを放った。こうしたなかで、春夏あわせても初めてという完全試合を1978年春の第50回大会で前橋高の松本稔 (みのる)(1960― )投手が対比叡山 (ひえいざん)高戦に1対0で達成、次いで1994年(平成6)春の第66回大会で金沢高の中野真博 (まさひろ)(1976― )投手が対江の川 (ごうのかわ)高戦で達成している。

 1982年(昭和57)夏、池田高の登場で高校野球の様相が一変した。監督蔦文也 (つたふみや)(1923―2001)の指導のもと、1番から9番までの各選手がグリップいっぱいにバットを長く持ち、フルスイングしてくる打線は各校の投手に恐怖感すら与えた。この大会、準々決勝で当時実力人気ともに絶頂にあった早稲田実業の投手荒木大輔 (あらきだいすけ)(1964― )を攻略、決勝でもバントを多用した甲子園戦法で立ち向かう広島商を大差で降して優勝した。翌1983年春も初戦から大量点で勝ち進んで夏春連覇を達成、高校野球に「池田時代」を築いた。その年の夏、ふたたび順当に勝ち進む池田高の前に、桑田真澄(1968― )、清原和博 (かずひろ)という驚異の1年生コンビを軸としたPL学園高が立ちはだかった。準決勝で対戦したPL学園高は、7対0と一方的に池田高を降して優勝、「PL学園時代」の幕をあけた。以後1987年まで次々と好選手を輩出し、毎年のように決勝戦まで進出した。しかし、平成に入ると各校の勢力が均衡し、特定の高校が毎年強力チームを率いて登場することは少なくなった。

 こうしたなか、1998年(平成10)松坂大輔を擁する横浜高が登場、圧倒的な投手力をもって春夏連覇を達成した。同校は前年の秋の県大会・関東大会、明治神宮野球大会、春の県大会・関東大会、さらに国体と、すべての公式戦に優勝して年間無敗という大記録を打ち立てたほか、松坂投手は夏の第80回大会決勝戦でノーヒットノーランを達成するなど、数々の記録を残した。

 1999年春の第71回大会において、沖縄代表の沖縄尚学 (しょうがく)高が優勝、春夏通じて初めて優勝旗が沖縄に渡った。また、2004年(平成16)夏の第86回大会では、駒沢大附属苫小牧 (とまこまい)高が優勝、初めて優勝旗が津軽海峡を越えた。

 21世紀に入ると、2001年に春の選抜大会に21世紀枠を導入、2003年には神宮大会枠と希望枠(2008年で廃止)を新設することで、出場校の多様化を図った。2013年には夏の大会から準々決勝の翌日に休養日を設定(2019年には準決勝翌日にも追加)、2018年には春の選抜大会からタイブレーク制度(延長13回から無死走者一・二塁の設定で開始。決勝は除く)を導入するなど、選手の負担軽減に向けた改革を次々と行っている。2020年(令和2)は新型コロナウイルス感染症(COVID (コビッド)-19)の蔓延 (まんえん)により、春夏ともに開催が中止された。

[神田順治][森岡 浩]2020年6月23日

課題

一時のサッカー人気の沸騰により、高校野球の将来が不安視されたこともあったが、いまだにその人気は落ちていない。また日本高等学校野球連盟は、健康管理の面から、大会前に投手の健康診断を実施、1人の投手だけに頼らず複数の投手を起用することを各校に要請している。さらに、在日外国人学校・京都韓国学園の予選各地域における参加や、本大会での高校生による司会進行など、いまや国民行事となった大会のあり方を改革し続けている。しかし予選各地域における参加校数のアンバランスや、参加校数の少ない地域の高校への「野球留学」の是非、地方大会・全国大会を通じた過密日程などをめぐっては議論が絶えない。

[神田順治][森岡 浩]2020年6月23日

全国高等学校軟式野球選手権大会

1956年(昭和31)に第1回大会を開始。硬式の甲子園大会より規模は小さく、全国16地区の代表によって、全国大会が8月末に大阪府で開催された。1981年からは会場を兵庫県の球場に移して行われている。

[神田順治][森岡 浩]2020年6月23日

全国高等学校定時制通信制軟式野球大会

甲子園の高校野球大会の盛大さと対照的な、働きながら学ぶ青少年のための野球大会である。「もう一つの甲子園大会」とよばれている。硬式の大会では、その年の4月2日に19歳以上の者は原則、選手として参加できないのに対し、この大会では年齢制限はいっさいない。1977年(昭和52)の大会が長雨で中止になったため泣く泣く帰る選手に同情したタレントの萩本欽一 (はぎもときんいち)(1941― )が、翌1978年からかならず会場に駆けつけ選手を激励することにしたことが一因となり、テレビにも放映され脚光を浴びるようになった。1953年8月に第1回大会を開催、以来神宮球場を中心に毎夏挙行している。天理高が強豪として知られ、2019年時点で13連覇を継続中である。

[神田順治][森岡 浩]2020年6月23日



世界大百科事典

高校野球
こうこうやきゅう

高等学校の対抗野球試合。軟式の大会や,定時制高等学校の大会もあるが,硬式ボールで行われる春の選抜高等学校野球大会(毎日新聞社,日本高校野球連盟共催)と,夏の全国高等学校野球選手権大会(朝日新聞社,日本高校野球連盟共催)が二大行事となっている。いずれも第2次世界大戦前は新聞社主催の中等学校野球大会として親しまれ,大学野球とともに日本での競技普及に大きく貢献した。1946年に連盟が設立されて新聞社との共催となり,48年の学制改革に伴って高校野球と呼ばれるようになった。夏の大会は,1915年全国中等学校優勝野球大会として予選参加73校でスタート,24年に甲子園球場が完成してからは同球場を舞台に開催されてきた。予選参加校数は増加の一途をたどり,78年第60回大会ではついに3000校を突破した。また同大会以降,全国47都道府県のすべてから49代表(東京,北海道は各2)が甲子園に出場するようになった。春の大会は1924年に全国選抜中等学校野球大会として始まり,第2回大会以降甲子園で開催されている。この大会は,地区の勝抜き方式をとる夏の大会と異なり,学校の品位,校風,さらには地域性といった要素をも加味した独特な選抜方法を特徴とする。

 近年,高校野球熱が異常なほどの高まりを見せ,甲子園大会が郷土祭り的な色彩を強める中で,さまざまなひずみもクローズアップされてきた。家族はもちろん,学校,地域ぐるみのあまりにも加熱したムードは少年たちのおごりや焦りを誘発しがちであり,不祥事をあばき出す密告合戦といった事態さえ引き起こしている。日本高校野球連盟では長年会長を務めた佐伯達夫(1892-1980)のもと,野球は教育の場であり,関係者はみずからをきびしく律しなければならないとする考え方により,不祥事に関しては連帯責任という対処をしてきた。しかし,最近は学校側の措置を尊重するなど,対応そのものについての見直しを図りつつある。
[岡本 彰]

[索引語]
選抜高等学校野球大会 全国高等学校野球選手権大会 中等学校野球大会 佐伯達夫
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


高校野球の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 197
検索コンテンツ
1. 高校野球画像
日本大百科全書
1948年から学制改革により中等学校が新制の高等学校に変じ、中等学校野球が高校野球とよばれることになった。 この後、高校野球は発展の一途をたどり、2002年(平
2. 高校野球
世界大百科事典
ールで行われる春の選抜高等学校野球大会(毎日新聞社,日本高校野球連盟共催)と,夏の全国高等学校野球選手権大会(朝日新聞社,日本高校野球連盟共催)が二大行事となっ
3. 高校野球[野球/大リーグ]
情報・知識 imidas
日本高校野球連盟(高野連)が全国の硬式、軟式合わせた約4800の加盟校を統括する。硬式は春と夏の年2回、甲子園球場で全国大会が行われる。3~4月にある選抜高校
4. 高校野球 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
各都道府県で行われる地方大会と毎年8月上旬に行われる全国大会は、日本の夏の風物詩。全国高等学校野球選手権大会は俗に夏の甲子園と呼ばれ、阪神甲子園球場で開かれる。
5. 高校野球【2019】[野球【2019】]
現代用語の基礎知識
日本高等学校野球連盟 (高野連 )と朝日新聞社が行ってきた全国高校野球選手権大会は2018年夏、第100回大会を迎えた。日本高野連と毎日新聞社が行ってきた春の選
6. 日本高校野球連盟
日本大百科全書
抱え、日本学生野球協会の下部組織である。全国大会の開催、高校野球の指導・監督、選手の外傷予防・健康増進、関係団体との協力・提携などを行う高校野球の統括組織である
7. 5打席敬遠[新語流行語]
情報・知識 imidas
1992年夏の甲子園の高校野球で、星稜(石川)対明徳義塾(高知)戦、星稜の松井秀喜選手が5打席連続敬遠の4死球。2死無走者でさえバットを振らせてもらえなかった
8. DH制(指名打者制)[野球/大リーグ]
情報・知識 imidas
DH制を採用した。その後、国際野球や社会人野球など、採用するリーグが増えてきたが、日本では、高校野球と一部の大学リーグでは認めていない。 [石川保昌]2010
9. GReeeeN[全員歯科医で姿を見せないバンド、初のファン感謝祭開催]
情報・知識 imidas
歯科医師としての仕事を両立させるため、顔を出さないで活動している。代表曲に「愛唄」、第81回選抜高校野球大会の入場行進曲にもなった「キセキ」ほか「遥か」など。「
10. GReeeeN[「キセキ」がセンバツ高校野球の行進曲に決定]
情報・知識 imidas
男性4人のボーカルグループ、GReeeeNの曲「キセキ」が、3月21日に阪神甲子園球場で開幕する第81回選抜高校野球大会の入場行進曲に決まった。 GReeeeN
11. 「MIX」[新語流行語]
情報・知識 imidas
マンガ家あだち充が描く、高校野球を題材にしたマンガ作品。2012年5月12日に発売された月刊マンガ誌「ゲッサン」6月号(小学館刊)に第1話が掲載された。作品の
12. はりもといさお【張本勲】
世界人名大辞典
在日コリアンのプロ野球選手,解説者.広島県生まれ.被爆したが貧しい生い立ちを克服し,浪華商業高校野球部で活躍.プロ野球の東映フライヤーズに入団[1959],読売
13. あさひしんぶん【朝日新聞】
国史大辞典
にわたる世界一周旅行会、満韓巡遊視察団をはじめ、各種出版物の刊行、講演会・展覧会の開催、全国高校野球をはじめ運動競技の主催後援、昭和四年一月創刊五十周年記念「朝
14. いぐち-しんじろう【井口新次郎】
日本人名大辞典
球大会で史上初の連続優勝。早大では不動の4番打者として活躍。昭和4年大阪毎日新聞社にはいり,高校野球や都市対抗野球の発展につくす。全日本軟式野球連盟副会長などを
15. いわさき-なつみ【岩崎夏海】
日本人名大辞典
秋元康に師事。テレビ番組の制作,「AKB48」のプロデュースなどにかかわる。平成22年「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」
16. 榎本一生
情報・知識 imidas
1969年生まれ。明治大学文学部卒。プロ野球、大相撲、高校野球を中心にスポーツを幅広く取材。
17. 王貞治[監督通算1000勝を達成]
情報・知識 imidas
達成した。 1940年、東京生まれ。早稲田実業高校ではピッチャーとして活躍。関東に初めて選抜高校野球大会優勝旗をもたらし人気を集めた。59年読売巨人軍に入団後一
18. 「おおきく振りかぶって」[マンガ]
情報・知識 imidas
ている主人公、ピッチャーの三橋廉(みはし れん)が、周囲の理解で次第に才能を開花させていく、高校野球を素材にした作品。三橋は過去にとらわれつつも、今を必死に生き
19. おおたか-たけし【大高猛】
日本人名大辞典
設立し,商業デザインの分野で活躍。45年の大阪万博のシンボルマークを制作し,50年から全国選抜高校野球大会の優勝メダルのデザインを担当した。63年浪速短大教授。
20. 大谷翔平
情報・知識 imidas
春のセンバツに出場。12年夏は岩手県大会の決勝で敗れ甲子園出場はならなかったものの、準決勝で高校野球史上初となる球速160キロメートルを記録した。同校卒業後はメ
21. おざき-まさし【尾崎将司】
日本人名大辞典
1947− 昭和後期-平成時代のプロゴルファー。昭和22年1月24日生まれ。39年選抜高校野球で徳島海南高のエースとして優勝。翌年西鉄に入団したが,44年ゴルフ
22. カウントコール(野球)[イミダス編 文化・スポーツ]
情報・知識 imidas
で、同年のシーズンからコールの順番を国際試合同様に改めることが決まった。高校野球では1997年のセンバツ(選抜高校野球大会)から実施している。社会人、大学野球も
23. かち‐ぬき【勝抜】
日本国語大辞典
トーナメント。*ものの見方について〔1950〕〈笠信太郎〉付録・イギリス「学生対校討論会にいたると、全国高校野球戦と同様で、勝抜きで最後に優勝校というのが出てく
24. かみこすぎむら【上小杉村】静岡県:志太郡/大井川町
日本歴史地名大系
領郷村高帳写)。万延元年(一八六〇)三河西尾藩領となったとされ、同藩上小杉陣屋が現在の大井川高校野球場付近にあった(大井川町史)。旧高旧領取調帳では幕府領。八幡
25. 唐川侑己[高卒新人21年ぶりのプロ野球デビュー3試合連続勝利]
情報・知識 imidas
ースとして、全国大会で準優勝した。成田高校進学後は1年の夏からベンチ入りし、2006年の選抜高校野球大会では2回戦で敗退したが、初戦の徳島県立小松島高校戦では完
26. 完全試合
日本大百科全書
は金田正一ら8人、パシフィック・リーグでは今井雄太郎(1949― )ら7人が記録している。 高校野球では、1978年(昭和53)選抜高等学校野球大会(春の選抜)
27. 菅野よう子[「花は咲く」が選抜高校野球大会開会式の入場行進曲に決定]
情報・知識 imidas
カンノ・ ヨウコ。作曲家、編曲家、プロデューサー。 2013年1月16日、第85回選抜高校野球大会の運営委員会が、開会式の入場行進曲を、菅野よう子が作曲したN
28. 木内幸男[高校野球の名将、勇退]
情報・知識 imidas
キウチ・ユキオ。高校野球指導者。常総学院副理事長。 8月23日、夏の甲子園で、今年限りで勇退する木内幸男監督率いる常総学院が初優勝。 1931年、茨城県生まれ
29. きうち-ゆきお【木内幸男】
日本人名大辞典
1931− 昭和後期-平成時代の高校野球監督。昭和6年7月12日生まれ。土浦一高では内野手,主将。卒業と同時に母校のコーチとなり,28年監督に就任。31年取手二
30. 菊池雄星[プロ野球ドラフト会議で6球団が1位指名]
情報・知識 imidas
キクチ・ユウセイ。野球投手。 2009年10月29日、プロ野球ドラフト会議で、全国の高校野球ファンを沸かせた岩手県の花巻東高校、155キロ左腕の菊池雄星投手を
31. くぼた-たかゆき【久保田高行】
日本人名大辞典
田実業の野球部監督,総監督を40年間つとめ,昭和32年王貞治(さだはる)投手らをひきいて選抜高校野球大会で優勝。のち帝京大野球部監督。昭和57年7月5日死去。7
32. 甲子園
世界大百科事典
朝日新聞社の要望もあっての大野球場で,完成後,直ちに第10回全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高校野球選手権大会)が行われた。球場のほかにもテニス・コート,阪
33. こうしえん‐きゅうじょう[カフシヱンキウヂャウ]【甲子園球場】
日本国語大辞典
兵庫県西宮市にある野球場。甲子(きのえね)の年にあたる大正一三年(一九二四)完成したところから名づけられた。高校野球(旧中等学校野球)の全国大会が行なわれる。コ
34. 甲子園歴史館[イミダス編 文化・スポーツ]
情報・知識 imidas
「阪神タイガースの歴史」「高校野球の歴史」「阪神甲子園球場の歴史」「甲子園ボウル」などのコーナーに分かれ、藤村富美男、村山実などタイガース永久欠番選手らのユニホ
35. 国民体育大会
世界大百科事典
ト,夏季大会の水泳,秋季大会の陸上,サッカー,テニスなどが含まれる。公開競技はスポーツ芸術,高校野球のほか開催都道府県が実施を希望するものとなっている。各競技は
36. コブクロ/小渕健太郎/黒田俊介[オリコンでデュオの歴代アルバム総売り上げ1位を記録]
情報・知識 imidas
(つぼみ)」が男性デュオとして初めて日本レコード大賞を受賞。また、08年春の第80回記念選抜高校野球大会(3月22日から12日間)の開会式入場行進曲に内定した。
37. 斎藤佑樹[「ハンカチ王子」投げきり、早実初優勝]
情報・知識 imidas
サイトウ・ユウキ。早稲田実業高校野球部所属。投手。 8月21日、第88回全国高校野球選手権大会は、前日引き分けとなった決勝戦の再試合が行われ、4連投の早稲田実
38. 斎藤佑樹[「ハンカチ王子」が六大学のベストナインに]
情報・知識 imidas
早稲田実業高校1年生の夏からベンチ入りし、2年の夏からエースに。2006年、3年の時に、全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の早実高初優勝の立役者として、全国的
39. 斎藤佑樹/大石達也/澤村拓一[プロ野球ドラフト会議で各チームが1位指名]
情報・知識 imidas
斎藤佑樹は1988年6月6日、群馬県生まれ。小学1年生から野球を始め、早稲田実業高校では、2006年全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で優勝。試合中にハンドタ
40. さい-ひろよし【栽弘義】
日本人名大辞典
1941−2007 昭和後期-平成時代の高校野球監督。昭和16年5月11日生まれ。39年郷里沖縄県の小禄高の監督となる。47年豊見城(とみしろ)高にうつり,同校
41. さえき-たつお【佐伯達夫】画像
日本人名大辞典
員となり,昭和21年日本中等学校(のち高等学校)野球連盟の設立とともに副会長,42年会長。「高校野球は教育の一環」を信念とした。日本学生野球協会副会長。昭和55
42. 坂井泉水[ZARDのボーカル、死去]
情報・知識 imidas
Loneliness」でデビュー。93年の「負けないで」が、100万枚を超える売り上げを記録し、翌94年の選抜高校野球の入場行進曲に採用されるなど、知名度を高め
43. さかもと-こういち【坂本光一】
日本人名大辞典
昭和28年10月5日生まれ。東大在学中,野球部で活躍。卒業後三菱商事につとめながら創作をはじめ,昭和63年高校野球に材をとった推理小説「白色の残像」で江戸川乱歩
44. 島袋洋奨[高校野球、甲子園春夏連覇を達成]
情報・知識 imidas
シマブクロ・ヨウスケ、高校野球選手。 2010年8月21日、第92回全国高校野球選手権大会決勝が行われ、大会屈指の左腕・島袋洋奨を擁する興南高校(沖縄)が東海
45. 修二と彰[「青春アミーゴ」が春の甲子園、入場行進曲に決定]
情報・知識 imidas
久(やました・ともひさ)の2人組ユニット。 1月17日、2006年春に開催される第78回選抜高校野球大会の入場行進曲に、「修二と彰」が歌う「青春アミーゴ」が採用
46. 書の甲子園[イミダス編 文化・スポーツ]
情報・知識 imidas
大賞などがあり、団体賞では全国優勝、全国準優勝、地区優勝などを表彰する。地区優勝した高校は選抜高校野球大会(センバツ)の開会式で用いられる校名のプラカードの揮毫
47. すぎうら-ふじふみ【杉浦藤文】
日本人名大辞典
1941−1999 昭和時代後期の高校野球監督。昭和16年4月27日生まれ。中京商(現中京大中京高)の二塁手として昭和34年選抜で優勝。早大を卒業した39年母校
48. スコア
日本国語大辞典
回となり四回となっても変らない」*おんなのひと〔1952〕〈永井龍男〉B「新聞をひろげると、高校野球の予選、都市対抗、それにプロ・リーグのスコアーや戦評で」(2
49. スポーツとエンタメ【2021】[流行観測【2021】]
現代用語の基礎知識
延期が決定した東京五輪・パラリンピック、中止された春・夏の高校野球などを筆頭に、コロナ禍の影響で各種イベントの開催が難しくなった。そこでイベント主催者の間では、
50. 相撲画像
日本大百科全書
中学、小学校に至るまで相撲部が設けられ、ことに中学校全国大会は、甲子園における中学野球(現在の高校野球の前身)と同様に、全国的な熱狂をよんだ。この大会は1941
「高校野球」の情報だけではなく、「高校野球」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

高校野球と同じサッカー・野球カテゴリの記事
サッカー(改訂新版・世界大百科事典)
11人ずつの二つのチームが,手以外を使って,互いにボールを相手ゴールに入れ合うスポーツ。正式名称はアソシエーションフットボールassociation football。英語圏外の多くの国では,フットボールの名で一般的に呼ばれている。アソシエーションフットボールとは,1863年イングランドで
高校野球(日本大百科全書・世界大百科事典)
高校生の野球試合のこと。1936年(昭和11)にプロ野球が誕生するまでは、日本の野球は中等学校野球と東京六大学の野球によって代表されていた。その中等学校野球が第二次世界大戦後の学制改革で高校野球となったのである。したがって、今日の高等学校の野球の歴史
サッカー・野球と同じカテゴリの記事をもっと見る


「高校野球」はスポーツに関連のある記事です。
その他のスポーツに関連する記事
高校野球(日本大百科全書・世界大百科事典)
高校生の野球試合のこと。1936年(昭和11)にプロ野球が誕生するまでは、日本の野球は中等学校野球と東京六大学の野球によって代表されていた。その中等学校野球が第二次世界大戦後の学制改革で高校野球となったのである。したがって、今日の高等学校の野球の歴史
国際競技連盟(日本大百科全書・世界大百科事典)
各国の競技団体を国際的に統括する非政府組織。略称IF。各IFはオリンピックや世界選手権などでそれぞれの競技の運営にあたると同時に、国際的に適用する大会参加規定や競技規則(ルール)を独自に制定する。オリンピック実施競技のなかでもっとも古いのは1881年
オリンピック委員会(世界大百科事典)
国際オリンピック委員会International Olympic Committee(略称IOC)と国内オリンピック委員会National Olympic Committee(略称NOC)がある。 IOCは,フランスの教育学者クーベルタンの提唱で
国際オリンピック委員会(日本大百科全書)
近代オリンピックを主催する機関。略称はIOC。本部はスイスのローザンヌ。1894年6月23日にパリ大学ソルボンヌ講堂でクーベルタンの発議で結成された。オリンピック大会を運営し、オリンピック憲章の根本原則であるオリンピック精神と理想を世界に広めようと
野球(世界大百科事典・国史大辞典)
運動競技の一つ。一塁,二塁,三塁,本塁と四つの塁(ベース)を使用するところからベースボールbaseballと呼ばれ,日本で野球と訳された。訳語をつくったのは中馬庚(ちゆうまかのえ)である。アメリカでは別名ボールゲームという。1チーム9人の選手で編成
スポーツに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶