特別企画・大河ドラマ『光る君へ』特集。日本最大級の辞事典サイト「ジャパンナレッジ」収録コンテンツで『光る君へ』の世界をより深く調べよう!
日本最大級のオンライン辞書・事典サービス「ジャパンナレッジ」は、国内最高峰の日本歴史大百科『国史大辞典』や地名辞典の決定版『日本歴史地名大系』など歴史家必携の辞書群はもちろん、現代語訳や頭注が備わった『新編 日本古典文学全集』には詳説された『源氏物語』も搭載されています。
平安文学の壮麗な世界観と愛憎渦巻く貴族社会。権謀術数うごめく奥深い“日本の知”の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
※『国史大辞典』『日本歴史地名大系』は「JKパーソナル+R」コースでご利用いただけます。
ジャパンナレッジに掲載されている『光る君へ』関連キーワード
改訂新版 世界大百科事典
紫式部
平安中期の物語作者,歌人。《源氏物語》《紫式部日記》《紫式部集》の作者。生没年不詳。誕生は970年(天禄1)説,973年(天延1)説などがあり,また978年(天元1)説は誤りである
改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書
日改訂新版 世界大百科事典
源氏物語
平安中期の物語。54巻。作者は紫式部。構成現代では全編を三部構成と見る説が有力である。第1部は,1桐壺(きりつぼ),2帚木(ははきぎ),3空蟬(うつせみ),4夕顔,5若紫,6末摘花(すえつむはな),7紅葉賀(もみじのが),8花宴(はなのえん)
改訂新版 世界大百科事典
新編 日本古典文学全集
若紫(源氏物語)
源氏の君は、瘧病をおわずらいになって、あれこれと手を尽してまじないや加持などおさせになるけれども、効験がなくて、たびたび発作をお起しになったので、ある人が
新編 日本古典文学全集
新編 日本古典文学全集
桐壺(源氏物語)
「源氏物語」第一帖の名。光源氏誕生から一二歳まで。帝の寵愛を一身に受け光源氏を生んだ母桐壺更衣の死、源氏の臣籍降下、亡き更衣と生き写しの藤壺の入内、源氏と葵の上との結婚および藤壺への深い思慕など、物語の重要な伏線が描かれる
新編 日本古典文学全集・日本国語大辞典
新編 日本古典文学全集
葵(源氏物語)
御代が改まってから後、源氏の君は、何かにつけてお気が進まず、それにご身分の尊さも加わったせいか、軽率なお忍び歩きもはばかられるので、こちらの女(ひと)もあちらの女(ひと)も君を待ち遠しく心もとない嘆きを重ねておられる
新編 日本古典文学全集
新編 日本古典文学全集
須磨(源氏物語)
世の中の形勢が、源氏の君にとってまことにわずらわしく、居心地のわるいことばかり多くなってゆくので、自分としては、しいて素知らぬ顔でやり過していても
新編 日本古典文学全集
国史大辞典
藤原道長
平安時代中期の公卿。摂政、太政大臣。御堂関白・法成寺関白などの別称がある(ただし実際には関白になっていない)。法名は行観、のちに行覚と改める
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典
国史大辞典
御堂関白記
藤原道長の日記。名称は、はじめは「入道殿御暦」「入道殿御日記」「御堂御日記」「御堂御暦」「御堂御暦記」「御暦日記」「法成寺入道左大臣記」「入道大臣記」などと呼ばれた
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典
国史大辞典
清少納言
平安時代中期の歌人、随筆家。966年(康保3)のころ生まれて1025年(万寿2)のころ没したと推測されている。父は歌人清原元輔(もとすけ)であるが、母は明らかでない
日本大百科全書・新版 日本架空伝承人名事典・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典
新編 日本古典文学全集
枕草子
平安中期、996年(長徳2)ころから1008年(寛弘5)ころの間に成立した日本最初の随筆文学。作者は清少納言
新編 日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典
国史大辞典
花山天皇
九八四―八六在位。諱は師貞(もろさだ)。出家ののち入覚と号した。冷泉天皇の第一皇子、母は太政大臣(一条摂政)藤原伊尹の女の女御懐子
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典
国史大辞典
一条天皇
九八六―一〇一一在位。天元三年(九八〇)六月一日、円融天皇の第一皇子として誕生。母は藤原兼家の女の女御詮子(のちの東三条院)。諱は懐仁(やすひと)
国史大辞典
日本歴史地名大系
京都御所
[現]上京区京都御苑。広義には大宮おおみや御所(なかに仙洞御所がある)をも含み、狭義には京都御所のみをいう。里内裏であった土御門東洞院つちみかどひがしのとういん邸が、鎌倉最末期以来皇居とされていたものの後身で、仙洞御所と大宮御所は江戸初期に設けられた
日本歴史地名大系・国史大辞典
国史大辞典
新嘗祭
「にいあえのまつり」、また音読して「しんじょうさい」ともいう。「にいなめ」は古代の稲の収穫祭であるが、民間儀礼と宮廷祭祀に分化している
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典
国史大辞典
大嘗祭
天皇が即位したのち、最初に挙行する大規模な新嘗(にいなめ)祭のこと。「おおにえのまつり」、また単に大嘗(おおにえ)ともいい、即位儀とともに即位儀礼を構成する
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・日本国語大辞典
国史大辞典
豊明節会
新嘗祭の翌日の辰日、および大嘗祭においては午日に、天皇が出御して行われる公儀の宴会
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典
新編 日本古典文学全集
紫式部日記
秋の色合いが、あたり一帯に立ちそめるにつれて、ここ土御門のお邸のたたずまいは、言いようもなく風情がある。池の岸辺の木々の梢や、遣水の汀の草むらなど
新編 日本古典文学全集
国史大辞典
三条天皇
一〇一一―一六在位。貞元元年(九七六)正月三日、冷泉天皇の第二皇子として誕生。母は藤原兼家の女超子。諱は居貞。天元元年(九七八)十一月二十日、親王宣下
国史大辞典・世界大百科事典
国史大辞典
興福寺
奈良市登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。寺伝では「こうぶくじ」という。縁起によると、天智天皇八年(六六九)藤原鎌足の死去に際し、妻の鏡女王が鎌足の念持仏の釈迦丈六像などを祀る伽藍をその山階(山科)邸に設けたのに始まり
国史大辞典
ジャパンナレッジは約1700冊以上(総額750万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典・叢書サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る