1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 花山天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
花山天皇
かざんてんのう
九六八 - 一〇〇八
九八四―八六在位。諱は師貞(もろさだ)。出家ののち入覚と号した。冷泉天皇の第一皇子、母は太政大臣(一条摂政)藤原伊尹の女の女御懐子。安和元年(九六八)十月二十六日誕生、同二年八月十三日立太子、永観二年(九八四)八月二十七日叔父円融天皇の禅りをうけて、十七歳で践祚。同十月十日即位。関白は前朝につづいて藤原頼忠であったが、政治の実権を握ったのは天皇の叔父(伊尹の男)権中納言藤原義懐で、左中弁藤原惟成(天皇の乳母の子)とともに気鋭な政治を行なった。中でも永観二年十一月二十八日、格(いわゆる延喜の荘園整理令)後の荘園を停止したことは、同日破銭を嫌うことを停止したこととともに、律令制解体の傾向を抑止しようとした意欲を示すものである。しかし、寵愛する女御藤原〓子(為光の女)の死に心をいためた天皇は、寛和二年(九八六)六月二十三日早暁、蔵人藤原道兼に導かれて内裏を脱出し、東山の花山寺に入って出家した。これは外孫の皇太子懐仁親王(一条天皇)を即位させようとする右大臣藤原兼家(道兼はその男)の陰謀に乗ぜられたもので、花山朝はわずか一年十ヵ月の短期間に終った。花山法皇は同年七月播磨国の書写山に赴いて性空に結縁し、ついで叡山に登って廻心戒を受け、さらに熊野に入るなど、仏道修行に励んだ。しかし帰京して後には、東院(花山院)の「九の御方」(伊尹の女)のもとに住み、また乳母の女中務とその女を母子ともに寵愛するなど、色好みの名をほしいままにした。藤原為光の女に通ったことから、藤原伊周に誤解されて矢を射かけられた事件は、伊周と藤原道長の政権争いに重大な影響を及ぼした。花山法皇はまた「風流者」(『大鏡』)としてもきこえ、和歌をはじめとして、絵画・建築・工芸・造園などに非凡の才能を示した。中でも、藤原公任の撰した『拾遺抄』を増補して『拾遺和歌集』を編纂したのはその業績とみられ、集中に勅撰和歌集としてはじめて連歌を収録したのは特色である。晩年には政権を掌握した藤原道長に敬重され、寛弘五年(一〇〇八)二月八日、四十一歳で崩じた。家集に『花山院御集』があったが、いま伝わらない。しかしその作品は約百二十首存している。
[参考文献]
『大日本史料』二ノ六 寛弘五年二月八日条、今井源衛『花山院の生涯』
(目崎 徳衛)

紙屋上陵(かみやのほとりのみささぎ)

 京都市北区衣笠北高橋町にあり、南面する円丘である。寛弘五年(一〇〇八)二月十七日夜亥刻、「紙屋川(異本「川」なし)上、法音寺北」(『日本紀略』)、「大和寺東辺」(『御堂関白記』)に葬り、その儀は遺詔により凡人に同じであった。後世所在を失ったが、幕末に法音寺跡の北にあたる菩提塚をもって陵所として修理を加え、慶応元年(一八六五)五月に竣工した。陵号は法音寺北陵とも称したが、明治二十八年(一八九五)前記『日本紀略』の異本に基づいて現陵号に統一した。紙屋川上陵と称すべきだとの説もある。
[参考文献]
『大日本史料』二ノ六 寛弘五年二月十七日条、上野竹次郎『山陵』下
(中村 一郎)


日本大百科全書(ニッポニカ)
花山天皇
かざんてんのう
[968―1008]

第65代天皇(在位984~986)。冷泉(れいぜい)天皇第1皇子。母は太政(だいじょう)大臣正二位藤原伊尹(これただ)の女(むすめ)懐子(かいし)。諱(いみな)は帥貞(もろさだ)。円融(えんゆう)天皇の禅を受けて即位。藤原頼忠(よりただ)が関白となったが、外戚(がいせき)でなかったことから実権をもたず、外戚の藤原義懐(よしちか)と惟成(これしげ)を重用。饗宴(きょうえん)の禁制を布告して宮廷貴族社会の統制、引締めを図り、902年(延喜2)に出されて以来布告されていなかった荘園(しょうえん)整理令を久々に布告するなど、革新的な政治路線を打ち出した。この荘園整理令は、受領(ずりょう)らの間で高まってきていた荘園整理の気運を政策化したもので、以後頻出する整理令の嚆矢(こうし)であった。花山朝においてはかく政治改革が企図されたが、後宮の寵姫(ちょうき)忯子(きし)(藤原為光(ためみつ)の女)の死を悲しんでいるおり、藤原道兼(みちかね)の偽計に陥り出家し、2年足らずで次の一条朝となった。退位後は仏事や風流をこととし、和歌をよくした。『拾遺和歌集』の撰者(せんじゃ)に擬せられ、『花山院御集』も存したが散逸。996年(長徳2)誤解により藤原伊周(これちか)の従者に射られ、これがもとで伊周は大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷された。御陵は京都市衣笠(きぬがさ)の紙屋(かみや)川上陵。
[森田 悌]



世界大百科事典
花山天皇
かざんてんのう
968-1008(安和1-寛弘5)

第65代に数えられる天皇。在位984-986年(永観2-寛和2)。諱(いみな)は師貞(もろさだ),僧名入覚。花山院とも。冷泉天皇の第1皇子。母は藤原伊尹(これただ)の娘懐子(かいし)。969年(安和2)立太子。以後叡山・熊野等を巡歴,修行を積み,正暦年間(990-995)に帰京,東院(花山院)に住んだ。1008年2月8日没。深夜に宮中を脱出,東山の花山寺(現,元慶(がんぎよう)寺)に入り剃髪するという劇的な退位の真相は,孫の懐仁親王(一条天皇)の即位を急いだ藤原兼家一門が,女御忯子の死に乗じて僧厳久などを使い,天皇に世間無常を吹きこむとともに,陰に陽に政治的圧力を加えたためと見られる。その後の生涯は数奇を極めて,奔放な女性関係のほか,修験者としても名高く,和歌・絵画・造園・建築・工芸など多方面に才能を発揮し,〈風流者〉と称された。和歌では《拾遺和歌集》《後十五番歌合》の撰者とされるほか,東宮時代から大小多くの歌合を主宰し,歌壇の一中心をなした。現存和歌は〈世の中のうきもつらきもなぐさめて花のさかりはうれしかりけり〉(《玉葉集》巻十四)をはじめ120余首に達する。家集に《花山院御集》が,また紀行とおぼしい《花山法皇御修記》(《太子伝玉林抄》所引)もあった(ともに今は散逸)。粉河・熊野巡歴のことなどから,後世では西国巡礼の祖とされる。その墓所は,記録には紙屋川のほとり,法音寺の北に葬ったとあり,現在,陵墓は〈紙屋上陵(かみやのほとりのみささぎ)〉と称され,京都市北区にある。ほかに兵庫県,石川県など各地にその墓所と称するものが残る。
[今井 源衛]

[索引語]
入覚 花山院(天皇)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
花山天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 242
検索コンテンツ
1. 花山天皇
日本大百科全書
第65代天皇(在位984~986)。冷泉(れいぜい)天皇第1皇子。母は太政(だいじょう)大臣正二位藤原伊尹(これただ)の女(むすめ)懐子(かいし)。諱(いみな) ...
2. 花山天皇
世界大百科事典
968-1008(安和1-寛弘5) 第65代に数えられる天皇。在位984-986年(永観2-寛和2)。諱(いみな)は師貞(もろさだ),僧名入覚。花山院とも。冷泉 ...
3. かざん‐てんのう[クヮザンテンワウ]【花山天皇】
日本国語大辞典
(古くは「かさんてんのう」)第六五代天皇。冷泉天皇の第一皇子。母は藤原伊尹の娘懐子。名は師貞。永観二年(九八四)即位し、在位一年一〇か月。女御、藤原 ...
4. かざんてんのう【花山天皇】
国史大辞典
九六八―一〇〇八 九八四―八六在位。諱は師貞(もろさだ)。出家ののち入覚と号した。冷泉天皇の第一皇子、母は太政大臣(一条摂政)藤原伊尹の女の女御懐子。安和元年 ...
5. 花山天皇(かざんてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 21ページ ...
6. かざんてんのう【花山天皇】
日本人名大辞典
968−1008 平安時代中期,第65代天皇。在位984-986。安和(あんな)元年10月26日生まれ。冷泉(れいぜい)天皇の第1皇子。母は藤原懐子(かいし)。 ...
7. 花山天皇[文献目録]
日本人物文献目録
『花山院研究 1‐3』今井源衛『花山院のこと』今井源衛『花山遜位』田口卯吉『花山天皇出家の真相』宮城栄昌『花山天皇の那智参籠と円成寺跡』景山春樹『花山法皇と性空 ...
8. 師貞親王・花山天皇・花山法皇
日本史年表
8・27 円融天皇 譲位、 師貞親王(花山天皇) 受禅、即日新造内裏に入る. 懐仁親王 を皇太子とする(紀略)。 984年〈永観2 甲申〉 10・10 花山天皇 ...
9. 花山天皇入那智苦行 (見出し語:花山天皇)
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 1287ページ ...
10. 花山天皇出家 (見出し語:花山天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 571ページ ...
11. 花山天皇出家 (見出し語:花山天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 899ページ ...
12. 花山天皇出家日時 (見出し語:花山天皇)
古事類苑
方技部 洋巻 第1巻 434ページ ...
13. 花山天皇創始家作造合 (見出し語:花山天皇)
古事類苑
居處部 洋巻 第1巻 434ページ ...
14. 花山天皇山陵 (見出し語:花山天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 993ページ ...
15. 花山天皇巡禮 (見出し語:花山天皇)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 304ページ ...
16. 花山天皇撰拾遺和歌集説 (見出し語:花山天皇)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 251ページ ...
17. かざんてんのうりょう【花山天皇陵】京都市:北区/松原村地図
日本歴史地名大系
[現]北区衣笠北高橋町 紙屋川の斎場に近い高橋の北西にある円墳で元治元年(一八六四)に治定された。正式には花山天皇紙屋上陵。天皇は冷泉天皇の第一皇子(母は藤原懐 ...
18. 藤原道兼勸出家於花山天皇 (見出し語:藤原道兼)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1600ページ ...
19. あきひろおうき【顕広王記】
国史大辞典
られ、抄略本はまた曾根研三『伯家記録考』、『続史料大成』二一に収めて出版されている。顕広王は花山天皇の玄孫源顕康の男で、神祇伯となり(永万元年―安元二年)、伯在 ...
20. あさ‐いち【朝市】
日本国語大辞典
〔名〕朝方に開く、野菜、魚類などを商う市。*古事談〔1212~15頃〕一・花山天皇御出家事「亦〓 ...
21. 安倍晴明
世界大百科事典
技に長じていたことを暗示する。その技の優秀さを物語る挿話にはこと欠かないが,ことに著名なのは花山天皇の譲位を天体の異常な現象からみごとに予告したという《大鏡》の ...
22. あべのせいめい【安倍晴明】
国史大辞典
その技倆に関しては古くから神秘的な説話が数多く伝えられているが、すでに『大鏡』にも、天変を察して花山天皇の退位を知ったという話がみえている。また、『今昔物語集』 ...
23. あべのせいめい【安倍晴明】
日本架空伝承人名事典
若くして卜占の技に長じていたことを暗示する。その技の優秀さを物語る挿話にはこと欠かないが、ことに著名なのは花山天皇の譲位を天体の異常な現象からみごとに予告したと ...
24. あんごじ【安居寺】富山県:東礪波郡/福野町/安居村
日本歴史地名大系
承平・天慶の乱の頃には当寺西方の奥山にあたる滝寺に兵火を避けたという。「北国巡杖記」などは同時期に花山天皇の巡礼があったとする。貞治年中(一三六二―六八)の桃井 ...
25. 一条天皇
世界大百科事典
父円融天皇,母藤原詮子(東三条院)。諱(いみな)は懐仁(やすひと)。984年(永観2)立太子。従兄花山天皇が詮子の父兼家らの謀計で退位出家すると幼少で即位,兼家 ...
26. いちじょうてんのう【一条天皇】
国史大辞典
諱は懐仁(やすひと)。永観二年(九八四)八月、従兄にあたる花山天皇の東宮に立った。時に五歳。寛和二年(九八六)六月二十三日、花山天皇の出家の事件によって七歳で践 ...
27. いちじょうてんのう【一条天皇】
日本人名大辞典
在位986-1011。天元3年6月1日生まれ。円融天皇の第1皇子。母は藤原詮子(せんし)(東三条院)。花山天皇の突然の退位により7歳で即位。藤原兼家が摂政となる ...
28. 宇治拾遺物語 431ページ
日本古典文学全集
師の舎利を祭る塔を建てたとしている。京都市右京区嵯峨、広沢の池の北西にあった古義真言宗の寺。花山天皇の勅願により、永祚元年(九八九)十月、寛朝が創建した。宇多天 ...
29. うらのうちむら【浦ノ内村】高知県:須崎市
日本歴史地名大系
る。出見にあった千光院は「南路志」によると春日山阿弥陀寺と号し、真言宗青龍寺(現土佐市)末で花山天皇の位牌を安置していたといい、江戸時代の寺領は二石。浦内郷地検 ...
30. 栄花物語 489ページ
日本古典文学全集
三条院の養子。敦貞親王の乳母。→巻十六〔二〕。敦昌親王。小一条院の第二皇子。母は延子。覚源。花山天皇の皇子。寛仁二年(一〇一八)十二月二十六日に第十二代の醍醐寺 ...
31. 円教寺
世界大百科事典
境内全域が史跡に指定されている。毎年7月9日の四万六千日には参詣者が群参する。石田 善人 性空 藤原季孝 花山天皇 長吏 俊源 朝豪 ...
32. えんきょう‐じ[ヱンケウ‥]【円教寺】
日本国語大辞典
〔一〕兵庫県姫路市にある天台宗の寺。山号は書写山。康保三年(九六六)性空の開山。花山天皇の勅願所。西国三十三所の第二七番の札所。えんぎょうじ。書写寺。〔二〕京都 ...
33. えんしじょおう【婉子女王】
日本人名大辞典
972−998 平安時代中期,花山天皇の女御(にょうご)。天禄(てんろく)3年生まれ。為平親王の娘。母は源高明(たかあきら)の娘。寛和(かんな)元年宮中にはいる ...
34. えんゆうじあと【円融寺跡】京都市:右京区/龍安寺門前村地図
日本歴史地名大系
勅旨田をあてている(同四年三月二五日「山城国紀伊郡司解案」東寺百合文書)。永観二年(九八四)花山天皇に譲位した円融上皇は、寛和二年(九八六)に奈良東大寺戒壇院に ...
35. 円融天皇
世界大百科事典
えられていたが,天皇は母安子の遺言を尊重したのである。兼通の死後は実頼の子頼忠が関白となる。花山天皇(冷泉皇子)に譲位後はしばしば遊楽を行い,政治にも発言し,ま ...
36. えんゆうてんのうりょう【円融天皇陵】京都市:右京区/宇多野地図
日本歴史地名大系
母は藤原安子(師輔女)。安和二年(九六九)九月、一一歳で即位。在位一五年、永観二年(九八四)八月花山天皇に譲位。翌寛和元年(九八五)出家し、御願寺の円融寺(跡地 ...
37. 王
世界大百科事典
雲3)の格によって5世王までに拡大されたが,798年(延暦17)には令制に復している。なお,花山天皇より出た白川伯家は,神祇伯に在任中王号を称するのを例とした。 ...
38. おう【王】
国史大辞典
得るに至った。なお正親正を世襲した三条天皇の皇玄孫通季王の子孫が代々王と称し、神祇伯を世職とした花山天皇の裔の白川家が伯在任中王号を称したのは、王号に関する特殊 ...
39. おおいはちまんぐう【大井八幡宮】山口県:萩市/大井村
日本歴史地名大系
大井川の下流北岸の小高い山の麓に鎮座。祭神は応神天皇・神功皇后・田心姫命。旧郷社。社伝によれば、花山天皇の時、似光という者が宇佐八幡宮(現大分県宇佐市)を大井郷 ...
40. 大鏡 155ページ
日本古典文学全集
下﨟の申すにいとかたじけなし、とどめさぶらひなむ。されどなほ、我ながら無愛のものにて、おぼえさぶらふにや。式部卿の宮、わが御身の口惜しく本意なきを、思しくづほれ ...
41. 大鏡 192ページ
日本古典文学全集
。『大鏡』の逸話は、是国が騎手となった別の折の話が一体化して形成されたものであろうか。伊尹。花山天皇の母は懐子で、義懐の姉。義懐は天皇が位につくとすぐに叙従三位 ...
42. 大鏡 193ページ
日本古典文学全集
ひたまひければ、いといみじかりしぞかし。その帝をば、「内劣りの外めでた」とぞ、世の人、申しし。「冬臨時祭の、日の暮るる、あしきことなり。辰の時に人々まゐれ」と、 ...
43. おおなかとみのよしのぶ【大中臣能宣】
国史大辞典
合にも召された。『拾遺和歌集』以下の勅撰集に百二十七首入る。三十六歌仙の一人。『能宣集』は、花山天皇に奉献した西本願寺本系(四百八十五首)、円融天皇に奉献した前 ...
44. おたびのもり【御旅ノ森】京都府:宇治市/西笠取村
日本歴史地名大系
[現]宇治市西笠取森 西笠取川東岸の字森にある清滝神社御旅所の傍らにある樹叢で、楓の大木があり、花山天皇が西国巡礼の際に、笠を取って楓を賞美したという伝えがある ...
45. おはしまし-あ・ふ【御座しましあふ】
全文全訳古語辞典
る。いらっしゃる。 「それをさへ分かたせ給へば、しかおはしましあへるに」〈大鏡・道長・上〉(花山天皇は)通る道筋までも(三人それぞれ)お分けになったので、その通 ...
46. おばすてやま【姨捨山】長野県:更埴市/本八幡村/冠着山
日本歴史地名大系
昔の如くにもあらず、おろかなる事多く、このをばのためになりゆきけり」とあり、その成立は村上天皇から花山天皇の頃(九四六―九八六)とされている。つづいて「今昔物語 ...
47. かくげん【覚源】
日本人名大辞典
1000−1065 平安時代中期の僧。長保2年生まれ。花山天皇の第3皇子。真言宗醍醐(だいご)寺の明観にしたがって出家し,深覚にまなぶ。寛仁(かんにん)2年(1 ...
48. 蜻蛉日記 373ページ
日本古典文学全集
贈答の構成的な配列が指摘されている。藤原義懐。伊尹の子。権中納言。花山天皇時代に実権を握った。寛和二年(九八六)六月、花山天皇の譲位落飾に伴って出家した。為雅( ...
49. 花山院
世界大百科事典
見るなどの話が散見する。この邸は忠平から子の師輔,その子伊尹へと伝えられ,伊尹の娘の〈九の御方〉を介して孫の花山天皇が居住することにもなった(《栄花物語》)。天 ...
50. かざん‐いん[クヮザンヰン]【花山院】
日本国語大辞典
(古くは「かさんいん」)〔一〕清和天皇の皇子貞保親王の住居の地。京都府庁の東方、御所の西部にあった。〔二〕花山天皇の別称。〔三〕藤原北家の一流。関白藤原師実の二 ...
「花山天皇」の情報だけではなく、「花山天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

花山天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「花山天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る