ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 外交・使節団
  10. >
  11. 日中国交回復(日中共同声明)

日中国交回復(日中共同声明)

ジャパンナレッジで閲覧できる『日中国交回復(日中共同声明)』の世界大百科事典・日本大百科全書のサンプルページ

世界大百科事典

日中国交回復
にっちゅうこっこうかいふく

中華人民共和国が成立したのは1949年であるが,日本が中国と正常な国交関係を樹立したのは72年の日中共同声明においてであった。新しい中国が誕生してから23年目の国交樹立であり,日本は79番目の中国承認国となった。日中国交回復が遅れていたのは,日本がそれまで台湾の中華民国政府を中国の正統政府と認める立場をとっていたからである。1951年12月,サンフランシスコ講和会議(9月)の後に,自由党の吉田茂総裁はアメリカのダレス国務長官あてに書簡を送り中華民国と講和条約を結ぶ意志を表明した。その結果,52年4月,日米安保条約発効と同時に日華平和条約が調印され,日本と中国本土にある中華人民共和国政府との関係は〈不正常な状態〉のままにおかれることになった。

 日ソ国交回復(1956年10月)のあと,日中国交回復が日本政府にとって主要な外交課題の一つとなったが,歴代の官僚出身首相はこの課題に十分に取り組めなかった。1972年に自民党総裁となった田中角栄は,日中国交回復を派閥連合の主要な柱としていた。田中は組閣直後,公明党を橋渡し役にしたうえで訪中,日中共同声明に調印した(9月29日)。調印後,直ちに大平正芳外相は日華平和条約の消滅を公にした。超党派の議員による友好の動きの積み重ねがあり,LT貿易(1962年11月,中国の廖承志(L)と日本の高碕達之助(T)の間で結ばれた〈日中総合貿易に関する覚書〉にもとづいた貿易)と呼ばれた準政府間的民間協定が成立するなど,日本と中国の関係史の重みが自民党内派閥抗争に作用して,田中内閣に国交回復を決断させたとみられる。日中国交回復は日本にとってはニクソン米大統領の訪中に追随するものであり,中国にとっては毛沢東の〈三つの世界論〉の方針にのっとったものであった。それは従来の欧米一括の世界観を改め,米ソ両超大国と,その支配・干渉下におかれているアジア,アフリカ,ラテン・アメリカの第1中間地帯,ヨーロッパ,日本などの第2中間地帯の三つに世界を区分し,中間地帯諸国は両超大国に対する抵抗を行っているというのが要旨である。しかも毛沢東らの認識は〈力の衰えた帝国〉アメリカよりも,〈力を伸ばしつつある帝国〉ソ連のほうが現状では危険であるというものであった。

 日中共同声明は,前文で〈戦争状態の終結と日中国交の正常化〉をうたい,日本側はとくに〈過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し,深く反省する〉との態度表明を行った。また,共同声明の第2項と第3項は,中華人民共和国が中国の正統派政府であることと,台湾が中華人民共和国に帰属することを認めた。この共同声明によって,日中両国の間に,大使館の設置と大使の交換による外交関係の樹立がなされるにいたった。中国側は戦争賠償の請求の放棄を明らかにした。日中共同声明発表後,両国政府は平和友好条約の締結を目的とする交渉を開始したが,交渉は難航し,日中平和友好条約が調印されたのは1978年8月である。平和条約の調印が遅延したのは〈覇権〉問題のためであった。日中共同声明の第7項は〈覇権〉否認を規定していた。中国は,この〈覇権〉規定を中ソ対立に関連させ,ソ連に対抗する米・中・日のブロック体制を築こうとする意図をみせた。日本政府がそれを拒否したため,平和条約の調印には,共同声明の発表後,6年の時日を要した。ただし,日中航空協定は2年後の1974年4月に調印されている。
[高橋 彦博]

[索引語]
日中共同声明 LT貿易 三つの世界論 日中平和友好条約 日中航空協定


日本大百科全書(ニッポニカ)

日中共同声明
にっちゅうきょうどうせいめい

1972年(昭和47)9月29日、わが国の田中角栄首相・大平正芳 (まさよし)外相と、中国の周恩来 (しゅうおんらい)首相・姫鵬飛 (きほうひ)外相との間で、それまで行われた意見交換の結果として、両国政府によって発出された「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」。これによって台湾との間の「日台平和条約」は終了し、わが国は中華人民共和国政府と国交を樹立することになった。声明は、「三つの思想」から構成される前文と9項目の本文とからなり、両国国民の願望、戦争の反省、国交正常化、中国政府の唯一合法性の承認、台湾が中国の一部であることの尊重、外交関係の樹立、戦争賠償の放棄、平和五原則と国連憲章の原則の確認、覇権主義に対する反対、平和友好条約の締結のための交渉の合意、貿易・海運・航空・漁業等の諸実務協定の締結のための交渉の合意を内容とする。声明の当夜、「台湾政府」は日本との外交断絶を宣言し、日本の対中国関係は新段階に入った。

[石本泰雄]

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。



日中国交回復(日中共同声明)と同じ外交・使節団カテゴリの記事
征韓論(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
いわゆる「明治六年(一八七三)十月の政変」をひきおこした外交政策論争。明治政府は成立早々の明治元年十二月(一八六九年一月)対馬藩主宗義達に命じて王政復古を朝鮮政府に通告させたが朝鮮政府は釜山で宗氏の家臣に対し、日本からの国書には日本天皇が朝鮮国王より名分論的に
岩倉使節団(日本大百科全書・世界大百科事典)
1871年(明治4)11月から1873年9月にかけて、約1年10か月、米欧12か国を歴訪した、出発時46名よりなる使節団。特命全権大使は右大臣岩倉具視(いわくらともみ)で、副使は参議木戸孝允(きどたかよし)、大蔵卿(おおくらきょう)大久保利通
日中国交回復(日中共同声明)(世界大百科事典・日本大百科全書)
中華人民共和国が成立したのは1949年であるが,日本が中国と正常な国交関係を樹立したのは72年の日中共同声明においてであった。新しい中国が誕生してから23年目の国交樹立であり,日本は79番目の中国承認国となった。日中国交回復が遅れていたのは,日本が
日米和親条約(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸幕府がアメリカ使節ペリーと結んだもので、鎖国を破った最初の条約。神奈川条約ともいう。列強のアジア政策の焦点は、一八四〇年代前半中国と条約上の通商を開始して、極東の鎖国日本の開国へと絞られた。その先導的役割を果たしたアメリカ政府の対日使節派遣計画は
外交・使節団と同じカテゴリの記事をもっと見る


「日中国交回復(日中共同声明)」は外国・国際に関連のある記事です。
その他の外国・国際に関連する記事
日中国交回復(日中共同声明)(世界大百科事典・日本大百科全書)
中華人民共和国が成立したのは1949年であるが,日本が中国と正常な国交関係を樹立したのは72年の日中共同声明においてであった。新しい中国が誕生してから23年目の国交樹立であり,日本は79番目の中国承認国となった。日中国交回復が遅れていたのは,日本が
ソビエト連邦(日本大百科全書)
▲総論1917年の革命によってつくられ、正式には1922年に成立して1991年まで存在した、アジアとヨーロッパにまたがる世界最大の多民族国家。その面積2240万2200平方キロメートルは地球の全陸地面積の6分の1弱を占め、アメリカ合衆国の約2.4倍
クリミア半島(世界大百科事典)
ウクライナ南部,黒海の北岸から南に突出した大きな半島。クリム半島とも呼び,面積2万5500km2。そのほぼ全域がウクライナのクリミア自治共和国に属する。北端は幅わずかに8kmのペレコプ地峡によってつながり,ここを道路と南ウクライナ~北クリミア運河が
キエフ・ロシア(世界大百科事典)
ロシアの政治,経済,文化の中心がキエフにあったキエフ時代(ほぼ9世紀半ばから13世紀半ばまで)のロシア。キエフ・ルーシ,キエフ国家ともいう。国家の成立12世紀初めに編さんされたロシア最古の年代記《過ぎし年月の物語》によれば,9世紀半ばには,東スラブ人
東欧(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
東ヨーロッパと同義。一般的には、ヨーロッパを東西に二分したときの東部にあたる地域をさす。その範囲は時代によりまた場合により変わる。当初ローマ帝国分裂後の東ローマ帝国の版図をさした。ついでカトリック教会に対する東方教会の影響下にある地域、あるいは
外国・国際に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶