ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 地域
  8. >
  9. 外国
  10. >
  11. クリミア半島

クリミア半島

ジャパンナレッジで閲覧できる『クリミア半島』の世界大百科事典のサンプルページ

世界大百科事典

クリミア半島
クリミアはんとう
Krymskii poluostrov

ウクライナ南部,黒海の北岸から南に突出した大きな半島。クリム半島とも呼び,面積2万5500km2。そのほぼ全域がウクライナのクリミア自治共和国に属する。北端は幅わずかに8kmのペレコプ地峡によってつながり,ここを道路と南ウクライナ~北クリミア運河が通じている。東岸はアゾフ海に面し,砂嘴と潟湖が発達する。また南岸に沿ってはクリミア山地が高まる(最高点はロマン・コシの1545m)。この山脈の北斜面は緩傾斜で東西方向に軸をもつケスタ地形となり,南斜面は急傾斜で海岸に落ち,狭い平野部にはさらにアユダク(餅盤。上部を覆う堆積岩が削剝されて失われたため,ドーム状の火山体が露出したもの),カラダクなどの火山体も見られる。全般にステップ性の乾燥した地方で,月平均気温は平野部では1月1~2℃,7月24℃,南岸部ではそれぞれ4℃,24℃,年間降水量は西部で1200mm,東部で500mm,北部低地で300mm。山地では山麓の地中海性気候の植生から高山性草原まで,植物の垂直変化が明瞭に見られる。低地部では小麦,ヒマワリ,ブドウなどが栽培される。南岸は1900年ごろから保養地,転地療養地として開発されはじめた。現在では企業や軍の保養所・宿泊所のほか,ピオネールキャンプ,林間学校等の施設も多く建設され,国外からも多数の訪問者が来る。主要都市はセバストポリ(軍港),シンフェロポリ(クリミア自治共和国の首都。空港,大学がある),ケルチなど。保養地はヤルタ,ミスホル,グルズフ,アルチョムなどが知られる。
[渡辺 一夫]

歴史

クリミアの古い呼名は古代ギリシア人の命名によるタウリカTaurikaであり,クリミア(要塞の意)といわれるようになったのは,13世紀のモンゴルによる支配が始まって以後のことである。前8~前7世紀ころ,キンメリア人を追いはらってスキタイ人が移住してきたが,つづいてギリシア人の植民都市建設がすすみ,半島東部のパンティカパイオンPantikapaionを中心にボスポロス王国が生まれた。半島西部にも植民市ケルソネソスChersonēsosができ,のち独立の都市国家となった。前3~前2世紀にスキタイ人の国家中心がドニエプル沿岸からクリミアに移り,ケルソネソスと抗争したため,黒海南西部のポントス王の勢力介入をまねいた。前1世紀末,沿岸要地はローマ人の占領するところとなり,のちローマ帝国の衰微とともに異民族の侵入が盛んとなった。3世紀末から11世紀にかけ,ゴート,フン,アバール,ハザル,ペチェネグ,コマン(ポロベツ)などの遊牧民の活動がはげしく,この間,4世紀末にはローマ帝国の保護下に余命を保っていたボスポロス王国も消滅した。10~12世紀のキエフ・ロシアとの関係も13世紀のモンゴルの侵入征服によって断絶し,クリミアはキプチャク・ハーン国の一ウルス(所領)に変わってしまった。15世紀前半になると,独立してクリム・ハーン国をつくったが,オスマン・トルコの興起とともにその保護国となり,13世紀から半島南岸に進出していたジェノバ人の商館も消滅した。トルコは,スラブ人との闘争にクリミア・タタールを利用したが,ロシアもまたピョートル大帝のアゾフ奪取(1696)を経て第1次露土戦争(1768-74)の末に,キュチュク・カイナルジャ条約でトルコの宗主権を奪い,1783年にはここを完全なロシア領とした。同年建設をみたセバストポリは,のちにクリミア戦争の主戦場となった。第1次,第2次世界大戦中ドイツ軍が一時占領した。この間1921年にクリミア・タタール人を中心とするクリミア自治共和国がロシア共和国内に設けられていたが,44年に対独協力という偽りの嫌疑で民族まるごと強制移住させられ,共和国は州に降格された。1945年2月,観光地として有名なヤルタで英米ソの三巨頭会談が行われ,ソ連の対日参戦および戦後処理等についてのヤルタ協定が結ばれた。
[田中 陽児]

[索引語]
Krymskii poluostrov クリム半島 ペレコプ地峡 アユダク タウリカ Taurika ボスポロス王国 ケルソネソス Chersonēsos クリム・ハーン国
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


クリミア半島の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 187
検索コンテンツ
1. クリミア半島
日本大百科全書
島が東に向けて延び、アゾフ海と黒海とを分けている。ケルチ半島の付け根からは砂州が北に延び、クリミア半島との間にシバシュ潟を形成する。半島北部は低平な乾燥したステ
2. クリミア半島
世界大百科事典
ウクライナ南部,黒海の北岸から南に突出した大きな半島。クリム半島とも呼び,面積2万5500km2。そのほぼ全域がウクライナのクリミア自治共和国に属する。北端は幅
3. クリミア‐はんとう[‥ハンタウ]【─半島】
日本国語大辞典
ウクライナ南部、黒海とアゾフ海との間に突出する半島。古代名タウリカ。南部は観光保養地が多く、北部は草原地帯で農業が行なわれる。前五世紀にはギリシアの植民都市が置
4. クリミア半島[イミダス編 国際情勢]
情報・知識 imidas
クリム・ハン国が建設された。その後、オスマン・トルコの保護国となったが、オスマン・トルコを破ったロシア帝国がクリミア半島を1783年に併合。1853年には、南下
5. アウグストゥスの世紀 103ページ
文庫クセジュ
黒海沿いにローマの占領が進行していた。そこでは、従属国王ポレモンが、一時ローマの保護のもと、クリミア半島まで勢力圏を伸ばし、スキュタイの略奪からヘレニズム諸国を
6. アウグストゥスの世紀 138ページ
文庫クセジュ
キュレナイカ属州 20, 22 キルケイ(サン・フェリーチェ・チルチェオ) 37 キンブリ族 147 クリミア半島 138 クレタ属州 20, 22 ケルスキ族
7. アスパラガス画像
日本大百科全書
カクシ科)の多年草。和名オランダキジカクシ、マツバウドともよばれる。ヨーロッパ、西アジア、クリミア半島の原産で、世界の温帯各地に栽培される。春から夏にかけて、鱗
8. アッチラとフン族 140ページ
文庫クセジュ
あらわれており、あらゆる種類の貴重品についてもいえる。たとえば、ケルチ〔ウクライナ共和国、クリミア半島東端部の港湾都市。前六世紀からの古都〕、タマン〔ケルチ水道
9. アルテミス
世界大百科事典
と小アジアのエフェソスで,ブラウロンのアルテミス神殿には,アガメムノンの娘イフィゲネイアがクリミア半島のタウリスから持ち帰ったと伝える神像がまつられていた。一方
10. アルメニア人
世界大百科事典
商業活動の中心となり,アルメニア教会のカトリコス座も置かれた。また移住のもうひとつの波は,クリミア半島に向かい,主要都市にはアルメニア人商人,手工業者の居留地が
11. イスタンブール画像
世界大百科事典
た。15,16世紀を通じてオスマン帝国は,西アジア(イランを除く),バルカン,北アフリカ,クリミア半島,カフカスの一部を版図に収め,黒海と地中海の制海権を掌握し
12. イフィゲネイア
世界大百科事典
ィゲネイア》と《タウリスのイフィゲネイア》によれば,彼女は危いところを女神に救われたあと,クリミア半島のタウリスへ運ばれて女神官となり,後年この地を訪れた弟のオ
13. イリ条約
日本大百科全書
を奪回し、ロシアに対してイリ返還を要求するため、崇厚すうこうを大使として派遣して談判させ、クリミア半島のリワディアで条約を結んだ。これが79年のリワディア条約(
14. ウクライナ画像
日本大百科全書
陵(標高250~350メートル)が広がり、地下資源の豊かな丘陵として知られる。国土の南にはクリミア半島(クリム半島)が黒海に突出し、標高1500メートルを超える
15. ウクライナ
世界大百科事典
り,平均標高170m。例外は西の国境沿いのカルパチ山脈(最高峰はゴベルラ山で2061m)とクリミア半島のクリミア山脈(最高峰はロマン・コシ山で1545m)である
16. ウクライナ・EU間「連合協定」署名先送り[中・東欧]
情報・知識 imidas
大統領は、同国上院にウクライナへの軍事介入を提案。承認されると、ロシア系住民の保護を理由にクリミア半島に軍部隊を派遣、事実上占領した。一方、新政権を支持する欧米
17. ウクライナ危機【2019】[ロシア・NIS諸国【2019】]
現代用語の基礎知識
14年5月25日の大統領選で、ポロシェンコが圧勝、第5代大統領に就任。一方、ロシアは3月上旬にはクリミア半島を掌握、同月18日にはプーチンがクリミアのロシア編入
18. ウクライナ紛争(ウクライナ危機)[中・東欧]画像
情報・知識 imidas
ロシアのウラジミール・プーチン政権は「憲法違反だ」として認めず、ロシア系住民の保護を名目にクリミア半島へ事実上の軍事介入を実施。親ロ派住民に「クリミア共和国」の
19. ウクライナ問題【2022】[ロシア【2022】]
現代用語の基礎知識
針を撤回させている。14年2月、国民の猛反発を受けたヤヌコビッチ政権が崩壊すると、ロシアはクリミア半島を電撃的に占領し、3月には自国に併合すると宣言した。4月以
20. 改訂新版 英語史 22ページ
文庫クセジュ
,ゴート語については,ゲルマン語系の他の言語と対立させて考察される.ゴート語は,17世紀にクリミア半島で消滅した言語であるが,その証拠資料として,とくに,4世紀
21. エウパトリヤ
日本大百科全書
ウクライナ南部、クリミア地方の都市。ロシア語ではエフパトリヤ。人口10万6000(2001)。クリミア半島の西岸にある港町で、オデーサ、ヤルタへ船便があり、シン
22. オバマ大統領の遺産(レガシー)[アメリカ/カナダ]
情報・知識 imidas
15年10月には、環太平洋経済連携協定(TPP)の大筋合意に漕ぎつけた。その一方で、ロシアが14年3月にクリミア半島の編入を宣言して以降は米ロ関係は「東西冷戦後
23. キュチュク・カイナルジャ条約
世界大百科事典
さらけだした。条約は,全文28条からなり,オスマン帝国は,黒海北岸の諸要塞の割譲,ベッサラビアからクリミア半島一帯に住むタタール系諸族の自治権承認,帝国領内にお
24. クチマ
日本大百科全書
引き止めるために譲歩したもので、ロシア黒海艦隊のセバストポリ軍港20年賃貸使用の見返りとして、クリミア半島、セバストポリのウクライナ帰属が認められた。1998年
25. クチュク・カイナルジ条約
日本大百科全書
ロシア・トルコ戦争(1768~74)の講和条約。ロシアはこれによって、アゾフ海東岸地方、ドニエプル河口、クリミア半島東端のケルチとエニカレ、クバンとテレク地区を
26. クリミア
日本大百科全書
クリミア半島
27. クリミア
日本国語大辞典
({英}Crimea )《クリミヤ》ウクライナの南部、黒海に突き出た地方。また、クリミア半島のこと。クリム。
28. クリミア自治共和国[ロシア/CIS諸国]
情報・知識 imidas
ウクライナ国内唯一の自治共和国。ロシア系住民が多数を占め、ロシアとの係争地となっている。黒海北岸のクリミア半島は、13世紀前半のモンゴル帝国侵入によってキプチャ
29. クリミア戦争
日本大百科全書
1853年から56年にかけて、ロシアと、トルコ・イギリス・フランス・サルデーニャの連合軍との間で行われた戦争。クリミア半島がその舞台となったところから、こうよば
30. クリミア戦争
世界大百科事典
デーニャ,オスマン・トルコの4ヵ国連合とロシアとのあいだで戦われた戦争(1853-56)。クリミア半島と黒海が主戦場であったため,こう呼ばれるが,戦火はドナウ川
31. クリミア‐せんそう[‥センサウ]【─戦争】
日本国語大辞典
とるロシアと、オスマン‐トルコ、フランス、イギリス、プロイセン、サルデーニャ連合軍との戦争。主にクリミア半島で戦われ、ロシアの敗北に終わった。この戦争でナイチン
32. クリミア・タタール文学
世界文学大事典
クリミア・タタール民族はロシアの少数民族の一つで,15世紀キプチャク・ハーン国解体後に黒海のクリミア半島に成立したクリミア・ハーン国の後裔である。18世紀ロシア
33. クリミア天文台
日本大百科全書
ウクライナの黒海に面したクリミア半島にある天文台。1948年設立。この地方は旧ソ連地域内では天候が安定し、もっとも南の空が観測できる場所である。1960年、当時
34. クリム‐カンこく【─汗国】
日本国語大辞典
一三~一八世紀、クリミア半島を中心に成立したモンゴル系の王朝。キプチャク汗国の始祖バトゥの弟トカ=チムールの子孫が建設。キプチャク汗国に反抗をくり返し、一五〇二
35. クリム・ハン国
日本大百科全書
1475年以後オスマン・トルコ帝国の保護国となり、その後援のもとにロシア、ポーランドと争って、領土をクリミア半島からウクライナ南部に拡大した。住民はトルコ系でク
36. クリム半島
日本大百科全書
ウクライナ南端部、黒海に臨む半島。英語名クリミア半島。編集部
37. クリム・ハーン国
世界大百科事典
キプチャク・ハーン国の継承国家の一つ。15世紀前半ハジ・ギライがクリミア半島に建国した。1430年ころ-1783年。首都バフチェサライBahçesaray。14
38. 軍制画像
日本大百科全書
厳しい財政状況から十分な通常戦力を整備することができず、抑止力としては核兵器への依存度が高い。2014年のクリミア半島併合に象徴されるように、周辺の旧ソ連邦諸国
39. ケルチ
日本大百科全書
ウクライナ南部、クリミア地方の港湾都市。人口15万7000(2001)。クリミア半島の東にのびるケルチ半島東端にあり、アゾフ海と黒海を結ぶケルチ海峡に面する。海
40. ケルチ半島
日本大百科全書
ウクライナのクリミア半島から東に向けて延びる半島。南は黒海、北はアゾフ海に接し、東はケルチ海峡を隔ててタマン半島と相対する。ケルチ半島には高山はなく、北東部の丘
41. ゲディク・アフメト・パシャ(Gedik Ahmed Paşa)
世界人名大辞典
後期に活躍した.メフメト2世の下で大宰相[1474].艦隊を率いてジェノヴァ支配下にあったクリミア半島に遠征し[75]カッファを攻略,クリミア・ハン国をオスマン
42. 香辛料の世界史 193ページ
文庫クセジュ
カ)起源である.切り立った岩場,古い白壁,熱い礫土に生える.フウチョウボクは,タウリッド(クリミア半島),アルメニア,アナトリア,シリア(ダマスカス),メソポタ
43. 皇帝ユスティニアヌス 152ページ
文庫クセジュ
買い付けていた。ユスティニアヌスは、中国との関係を構築すべく努力した。それは、ペルシアを仲介せずに、クリミア半島とコーカサスの北を通る道か ―― このルートは困
44. 国際連合画像
世界大百科事典
みた第2次大戦後の平和機構の青写真であった。さらに,45年2月に米,英,ソ3国の首脳会談がソ連のクリミア半島のヤルタで開かれ,ここでダンバートン・オークス会談で
45. 黒死病
日本大百科全書
の周辺に1330年代に発生したペストが最初の発病であったといわれる。それが黒海沿岸に達し、クリミア半島でまず流行し、ジェノバの貿易船がペストの宿主(クマネズミ)
46. 黒海
日本大百科全書
地中海東部のエーゲ海と結ばれている。そのため、海洋学的には地中海の付属海として扱われている。北部にはクリミア半島が突出し、西のカルキニット湾と東のアゾフ海とを分
47. 黒海イギリス艦警告射撃事件【2022】[EU圏【2022】]
現代用語の基礎知識
2021年6月ロシア国防省は、黒海のクリミア半島沖を航行していたイギリスの駆逐艦がロシア領海に侵入したため警告射撃したと発表した。これに対してイギリスは国際法で
48. コローヴィン(Korovin, Konstantin Alekseevich)
世界人名大辞典
10-19]となり,晩年まで印象主義絵画に取り組む.特に1900-10年代にかけて,パリやクリミア半島(黒海沿岸)の風景画から静物画に至る創作過程で,独特のエチ
49. ゴート
日本大百科全書
東ゴート人はイタリアに建国した。黒海北岸の原住地に残ったゴート人は、フン人や、ついでスラブ人に吸収されたが、クリミア半島の東岸の、いわゆるクリム・ゴート人だけは
50. ゴート語
日本大百科全書
えられているが、東西のゴート王国の消滅によってこの言語も死語になった。ただし、ウクライナのクリミア半島には、16世紀まで少数のゴート人が生存していたので、言語に
「クリミア半島」の情報だけではなく、「クリミア半島」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

クリミア半島と同じ外国カテゴリの記事
リオ・デ・ジャネイロ(リオ)(改訂新版・世界大百科事典)
ブラジル南東部のリオ・デ・ジャネイロ州の州都で,大西洋に臨むブラジル第2の都市。単に〈リオ〉と呼ばれることも多い。1763年から1960年まで首都の地位にあった。人口614万(2005)。年平均気温22~24℃(最高36.7℃,最低14.9℃)。年間降水量1500~2500mm。平均湿度77%。
新疆ウイグル自治区(世界大百科事典)
中国北西部の自治区。中国では新疆維吾爾自治区と表記。北東はモンゴル,南東は甘粛,青海の両省,南はチベット(西蔵)自治区,北西から南西はロシア,カザフスタン,キルギス,タジキスタンの諸国や,アフガニスタン,カシミール地方と境を接する。面積は全国の省・自
香港行政長官(日本大百科全書)
中華人民共和国香港特別行政区の首長。1997年7月1日、香港がイギリスから中国に返還された際に、植民地時代の香港総督の役職が廃止されたかわりに設けられたポストである。香港の各業界団体の代表で構成する選挙委員会による間接投票で選出される。任期は5年
アフガニスタン(世界大百科事典)
正式名称=アフガニスタン・イスラム国Jomhūrī-ye Eslāmī-ye Afgānestān, Islamic Republic of Afghanistan 面積=65万2864km 人口(2010)=2449万人 首都=カーブルKābul(日本との時差=-5時間) 主要言語=パシュト語,ペルシア語(ダリー語) 通貨=アフガニAfghani 
ウクライナ(世界大百科事典)
正式名称=ウクライナUkraina/Ukraine面積=60万3500km2人口(2010)=4596万人首都=キエフKiev(日本との時差=-7時間)主要言語=ウクライナ語(公用語),ロシア語通貨=フリブナHryvna(1996年8月まではカルボバネッツKarbovanets)ソ連邦を構成する共和国の一つであった
外国と同じカテゴリの記事をもっと見る


「クリミア半島」は外国・国際に関連のある記事です。
その他の外国・国際に関連する記事
ソビエト連邦(日本大百科全書)
▲総論1917年の革命によってつくられ、正式には1922年に成立して1991年まで存在した、アジアとヨーロッパにまたがる世界最大の多民族国家。その面積2240万2200平方キロメートルは地球の全陸地面積の6分の1弱を占め、アメリカ合衆国の約2.4倍
クリミア半島(世界大百科事典)
ウクライナ南部,黒海の北岸から南に突出した大きな半島。クリム半島とも呼び,面積2万5500km2。そのほぼ全域がウクライナのクリミア自治共和国に属する。北端は幅わずかに8kmのペレコプ地峡によってつながり,ここを道路と南ウクライナ~北クリミア運河が
キエフ・ロシア(世界大百科事典)
ロシアの政治,経済,文化の中心がキエフにあったキエフ時代(ほぼ9世紀半ばから13世紀半ばまで)のロシア。キエフ・ルーシ,キエフ国家ともいう。国家の成立12世紀初めに編さんされたロシア最古の年代記《過ぎし年月の物語》によれば,9世紀半ばには,東スラブ人
東欧(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
東ヨーロッパと同義。一般的には、ヨーロッパを東西に二分したときの東部にあたる地域をさす。その範囲は時代によりまた場合により変わる。当初ローマ帝国分裂後の東ローマ帝国の版図をさした。ついでカトリック教会に対する東方教会の影響下にある地域、あるいは
バルト三国(日本大百科全書・文庫クセジュ)
ヨーロッパ北東部のバルト海沿岸に位置するエストニア、ラトビア、リトアニアの三国をさす。ラトビアとエストニアは、13世紀初頭にドイツの帯剣騎士団に支配された。リトアニアは独立を維持し、1386年に大公ヤギェウォJagiełłoがポーランド・リトアニア
外国・国際に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶