1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 地域
  8. >
  9. 外国
  10. >
  11. リオ・デ・ジャネイロ(リオ)
改訂新版・世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
リオ →
リオ・デ・ジャネイロ
Rio de Janeiro

ブラジル南東部のリオ・デ・ジャネイロ州の州都で,大西洋に臨むブラジル第2の都市。単に〈リオ〉と呼ばれることも多い。1763年から1960年まで首都の地位にあった。人口614万(2005)。年平均気温22~24℃(最高36.7℃,最低14.9℃)。年間降水量1500~2500mm。平均湿度77%。花コウ岩や結晶片麻岩の大岩塊が諸所に突出し,浸食や風化によって奇怪な山容を呈するパン・デ・アスーカル,コルコバードなどの岩山と対照的に,グアナバラ湾は面積400km2,周囲143kmの大きな入江で,1502年1月1日最初に発見したポルトガル人は川と誤認し,リオ・デ・ジャネイロ(1月の川)と名づけた。国際空港をもつ面積30km2のゴベルナドール島,観光地パケター島をはじめ113の島が湾内にある。出口近くに近年リオ・ニテロイ橋がつくられた。コパカバーナ,イパネマなど世界的に有名な海岸も多い。

歴史

16世紀前半フランス人がグアナバラ湾の入口近くに植民地のフランス・アンタルクティクFrance Antarctiqueをつくった。ポルトガル人とフランス人の間の抗争は,インディオ諸種族間の紛争を巻きこんで沿岸地帯を舞台にくりひろげられた。1565年サルバドルのポルトガル総督府は艦隊を派遣してフランス人の植民地を陥落させ,リオ・デ・ジャネイロを建設した。しかし16,17世紀を通じてこの町はあまり目だたない集落にすぎなかった。糖業の中心地レシフェとサルバドルが最も重要な都市であった。17世紀末にミナス地方に金が発見されると,リオ・デ・ジャネイロ港は金の輸出,移民とヨーロッパ産品の受入れを担当して,繁栄しはじめる。また,軍事的にも,ブエノス・アイレスを拠点とするラ・プラタ川流域のスペイン人の勢力に対抗して,ブラジル植民地南部を防衛する拠点としてリオ・デ・ジャネイロの重要性が明らかになり,1763年サルバドルに代わってブラジル植民地の主都とされ,副王が着任した。そして18世紀を通じて,ブラジル植民地の政治,経済,文化の中心となった。1807年末,本国ポルトガルはナポレオンのフランス軍に攻撃され,王室はイギリス艦隊に守られてブラジルに亡命した。08年1月リオ市はポルトガル・ブラジル帝国の首都となり,実質的に植民地の地位を脱却,さらに22年ブラジルの独立とともに,新生ブラジル帝国の首都となった。王室とともに渡来した約1万5000人のポルトガルの貴族と官僚の大部分は,独立時とペドロ1世の退位時(1830)の2度にわたり帰国したが,彼らの滞在が首都の建築や生活様式に与えた影響は大きかった。帝政期(1822-89)を通じて,リオ市は集権国家ブラジルの首都,宮廷所在地として繁栄した。共和革命(1889)後,ブラジルは1891年憲法により連邦制を採用し,リオ・デ・ジャネイロは連邦区グアナバラ州となった。この状況は,1960年クビチェク大統領が首都をブラジリアに移すまで続いた。

 20世紀初頭ロドリゲス・アルベス大統領の時代に,建築家ペレイラ・パソスPereira Passosの構想により,フランス的都市計画(主要地区を結ぶ道路建設,貧民街の市外移転,中心地の美化)が実行された。この事業は,全国的な政治的安定と輸出経済の好況に支えられて行われた。ペレイラ・パソスは,パリに留学し,パリ・コミューン後に行われたハウスマンによる都市改造を観察してきた。1900年に65万であった首都リオ市の人口は,40年には180万,60年には330万と急増したが,人口増のかなりの部分は,国内移住(とくに北東部から)によるもので,移住者の多くは市内の岩山の斜面や近郊の貧民街ファベーラに落ち着いている。

 ブラジリアへの遷都後も,リオ市はブラジルの政治,文化,経済の中心,国際的な観光地として繁栄している。官庁の重要部局,公共機関,民間金融機関などの多くがここを本拠地としている。リオ市の最も重要な経済活動は工業で,サン・パウロに次ぐ集中を示し,化学,薬品,食品,繊維,印刷・出版,セメント,鉄鋼,ゴム,造船などの業種が重要である。日系のイシブラス(石川島播磨)造船所は,企業内技術訓練においてもすぐれた成果をあげている。リオ市はまた商業・流通・金融のセンターでもあり,文化・出版・情報・教育においても,サン・パウロ市と並ぶ中心都市である。パライバ渓谷に沿うドゥトラ街道,中央鉄道,航空路などによって,リオとサン・パウロの二大都市は緊密に結ばれ,将来はメガロポリス地帯に発展する可能性もある。

観光

リオ市は独特の自然美と伝統とに支えられ,世界的な観光都市となっている。

(1)イパネマ海岸Praia de Ipanema 市南東部の大西洋に面する全長2.2kmの海岸。周辺に高級アパートが多く,A.C.ジョビン作曲の《イパネマの娘》でも知られる観光地で,植物園に近く,コルコバードの丘を遠望できる。

(2)コパカバーナCopacabana 市南東部,大西洋に面する全長4.5kmの海岸とその周辺地区で,高級アパート,ホテル,歓楽施設が集中し,観光・保養地として知られる。長く湾曲した砂浜沿いのアトランティカ通りの内側に,モザイク模様で飾られた幅広い歩道があり,カフェテラスが多い。パン・デ・アスーカル山とコルコバード山というリオの二大景観を望むことができる。

(3)コルコバード山Morro do Corcovado カリオカ山脈ティジュカ山塊の中の標高710mの岩山。自動車道路か登山電車で登ることができる頂上には,高さ30mの白亜のキリスト像が両手を広げ,ポルトガルを向いて立つ。周辺はティジュカ国立公園の原生林である。

(4)パン・デ・アスーカル山Pão de Açúcar 市内の岩山。〈砂糖菓子〉の意。グアナバラ湾口の小さな半島をなし,最高地点(335m)までロープウェーで登ることができる。火山活動によってできた奇妙な形の岩塊で,リオを代表する景観の一つ。
[山田 睦男]

[索引語]
Rio de Janeiro(都市) グアナバラ湾 ゴベルナドール島 フランス・アンタルクティク France Antarctique グアナバラ州 パソス,P. Passos,P. イシブラス イパネマ海岸 Praia de Ipanema イパネマの娘 コパカバーナ Copacabana コルコバード山 Corcovado,Morro do パン・デ・アスーカル山 Pão de Açúcar
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
リオ・デ・ジャネイロ(リオ)の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 170
検索コンテンツ
1. リオ・デ・ジャネイロ
日本大百科全書
経済中心の業務都市的性格が強いサン・パウロに対し、リオ・デ・ジャネイロはブラジル文化を象徴する都市であり、観光の中心地である。市内には国立、州立二つのリオ・デ・ ...
2. リオ・デ・ジャネイロ[州]
世界大百科事典
ー生産の中心地であった。商業は,港市リオ・デ・ジャネイロ市を拠点として,サン・パウロ市に次ぐ発展を示している。1960年まで首都であったリオ・デ・ジャネイロ市が ...
3. リオ・デ・ジャネイロ
世界大百科事典
ブラジル南東部のリオ・デ・ジャネイロ州の州都で,大西洋に臨むブラジル第2の都市。単に〈リオ〉と呼ばれることも多い。1763年から1960年まで首都の地位にあった ...
4. リオ‐デ‐ジャネイロ
日本国語大辞典
(Rio de Janeiro )ブラジル南東部の大西洋にのぞむ港湾都市。天然の良港で、世界三大美港の一つ。一八二二年の独立宣言以来一九六〇年ブラジリアに遷都す ...
5. リオデジャネイロ[付録]
プログレッシブ和英
(ブラジル) 〔都市〕Rio de Janeiro; 《口》Rio ...
6. リオ‐デ‐ジャネイロ【Rio de Janeiro】地図
デジタル大辞泉
〓《1月の川の意》ブラジル南東部にある州。商工業が非常に盛ん。1960年のブラジリア遷都時、旧首都のリオデジャネイロ市のみが ...
7. Ri・o de Ja・nei・ro音声
ランダムハウス英和
1 リオデジャネイロ:ブラジル南東部の港市で旧首都(1960年まで). (また Río)2 リオデジャネイロ:ブラジル南東部の州.[原義は「1月の川」;1の入江 ...
8. リオ・デ・ジャネイロ市街[百科マルチメディア]
日本大百科全書
写真左奥に見える円錐(えんすい)形の岩山はパン・デ・アスーカル(標高395m)。ブラジル リオ・デ・ジャネイロ 〓Ken Mukai ...
9. リオデジャネイロ・オリンピック(2016年夏季オリンピック)[スポーツジャーナル]
イミダス 2016
2009年の国際オリンピック委員会(IOC)総会で東京、シカゴ(アメリカ)、マドリード(スペイン)を破って南米で初の開催都市に選ばれた。リオデジャネイロは「サ ...
10. リオデジャネイロ・オリンピック[スポーツ]
現代用語の基礎知識 2016
2016年、第31回の夏季オリンピック大会の開催都市がブラジルのリオデジャネイロに決まった。08年に行われた第1次選考では5位の評価だったが、最終候補の4都市に ...
11. リオ・デ・ジャネイロ条約
世界大百科事典
→米州機構 ...
12. リオデジャネイロ条約
法律用語辞典
⇒全米相互援助条約 ...
13. リオ・デ・ジャネイロ大学
日本大百科全書
1920年ブラジルの当時の首都リオ・デ・ジャネイロに設立された同国最初の大学。1937年ブラジル大学と名称を変更したが、1965年に現在の校名に戻る。教育文化省 ...
14. リオデジャネイロマラソン
デジタル大辞泉プラス
ブラジル、リオデジャネイロで行われるマラソン大会。フルマラソン、ハーフマラソンなど。 2011年10月 ...
16. アジェンダ21
日本大百科全書
政治各側面での世界的な不安定さが目だつなかで、20年後にあたる2012年6月にはリオプラス20がリオ・デ・ジャネイロで開かれた。磯崎博司 ...
17. アメリカ
世界大百科事典
まず,ポルトガル領ブラジルに対しては,フランスのビルガニョンの侵入があり(1555),4年間リオ・デ・ジャネイロを占拠した。オランダは,1621年に西インド会社 ...
18. イスラムとヨーロッパ 前嶋信次著作選2 313ページ
東洋文庫
北アフリカのトリポリで三、ニューヨークで十二、ブエノス・アイレスで五、サン・パウロで八、リオ・デ・ジャネイロで三、カナダのモントリオールで三、アフリカのザンジバ ...
19. ウェーバー(Bruce Weber)
日本大百科全書
その肉体が放つ透明感のある無垢さと内からにじみ出る官能性は、男性、女性を問わず引きつけたのである。『オ・リオ・デ・ジャネイロ』O Rio de Janeiro( ...
20. ウンバンダ
世界大百科事典
が強く,純心霊主義からアフリカ色濃厚なものまで連続体をなしている。また地域差も大きく,リオ・デ・ジャネイロやサン・パウロではマクンバ,バイアではカンドンブレ,レ ...
21. エスピリト・サント
日本大百科全書
ブラジル南東部の州。リオ・デ・ジャネイロ州の北東に接する。州都はビトリア。面積4万6184.1平方キロメートル(1996)、人口309万7232(2000)。大 ...
22. 大野将平
JK Who's Who
3位に終わったものの、それまでの実績を評価されて世界選手権代表に選出された。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された世界選手権では、決勝でロンドン・オリンピッ ...
23. カストロ(Josu〓 de Castro)
日本大百科全書
ブラジルの栄養学者、人文・経済地理学者。北東部ペルナンブコ州レシフェに生まれる。1939年以降、国立リオ・デ・ジャネイロ大学で栄養学、人文地理学講座を担当。その ...
24. カポエイラ
世界大百科事典
受けて,多彩で強力な足蹴り技をもつカポエイラ・レジオナルが成立し,今では,サン・パウロやリオ・デ・ジャネイロでも教えられている。山田 睦男 capoeira ...
25. カルドーゾ
日本大百科全書
ブラジルの女性サンバ歌手。リオ・デ・ジャネイロに生まれる。10歳のころから働きながら歌を勉強し、15歳で美容院に勤めた。たまたま近所のダンスホールに採用され、歌 ...
26. 環境
日本大百科全書
という認識も一般的となっており、環境保護をうたった環境と開発に関する国連会議における「リオ・デ・ジャネイロ宣言」(1992)などは、その表れである。日本でも、1 ...
27. 環境教育
日本大百科全書
公害問題」に、世界各国の共通した課題として取り組むために作成された。また、1992年にリオ・デ・ジャネイロで開かれた環境と開発に関する国連会議(地球サミット)も ...
28. 環境芸術
日本大百科全書
環境よりは、人里離れた自然の中で多くなされていることは留意すべきであろう。1992年にリオ・デ・ジャネイロで催された「エコ・アート」展のように、自然環境保護を訴 ...
29. 環境と開発に関する国連会議
日本大百科全書
略称UNCED。国連環境開発会議、またはリオ会議ともいう。1992年6月、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで約180か国が参加して開催された。1972年の国連人間 ...
30. カンポス
日本大百科全書
ブラジル南東部、リオ・デ・ジャネイロ州東部の都市。人口40万6989(2000)。南パライーバ川下流平野の中心都市で、ブラジル最大の砂糖生産地域の一つを控え、精 ...
31. カンポス
世界大百科事典
ブラジル南東部,リオ・デ・ジャネイロ州の都市。人口42万9667(2005)。サン・パウロ方面から流れてくるパライバ川が市内を貫流している。植民地時代カンポス・ ...
32. カーニバル
日本大百科全書
南フランスのニース、ドイツのケルン、スイスのバーゼル、アメリカのニュー・オーリンズ、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロなどであるが、なかでもリオのカーニバルは、毎年 ...
33. カーニバル
世界大百科事典
カス,民俗芸能,軽演劇などに部分的に残っているにすぎない。フランスのニース,ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ,アメリカ合衆国のニューオーリンズなどで今日催されてい ...
34. 競技場
日本大百科全書
長さ約660メートル、幅約200メートルの巨大競技場であった。世界最大のスタジアムといわれるブラジルのリオ・デ・ジャネイロにあるマラカナン・スタジアムでさえ20 ...
35. 共通だが差異ある責任
ニッポニカ・プラス
1992年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた「地球サミット」(環境と開発に関する国際連合会議)で先進国と途上国との間でこの原則が合意に至り、同サミットの ...
36. 巨大科学
日本大百科全書
この場合も、個々の研究の大規模化と国際的なネットワーク型の大規模化が進行し、92年ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた環境と開発に関する国連会議(UNCED ...
37. クビチェック(Juscelino Kubitschek de Oliveira)
世界大百科事典
ル労働党(PTB)の支持を受けて当選した。就任後新首都ブラジリアの建設に着手し,60年リオ・デ・ジャネイロからの遷都を実現した。〈50年の進歩を5年で〉というス ...
38. クリスマスカクタス
日本大百科全書
きると花つきがよい。急激な環境変化を受けるとつぼみが落ちる。繁殖は挿木による。 シャコバサボテンはリオ・デ・ジャネイロのオルゴンス山脈(現在国立公園)で19世紀 ...
39. クルス(Osvaldo Cruz)
世界大百科事典
1872-1917 ブラジルの細菌学者。医者の家庭に生まれ,1892年リオ・デ・ジャネイロの医科大学を卒業し,96年から99年までパリ,パストゥール研究所などで ...
40. クローデル(Paul Claudel)
世界大百科事典
,福州,天津,北京,プラハ,フランクフルト,ハンブルクの領事館勤務を経て,1919年にリオ・デ・ジャネイロ駐在公使,さらに大使として,東京(1921-27),ワ ...
41. 原語別外来語集
日本大百科全書
日本では南蛮船の船長。禁教後はオランダ商館長のことをいった。【室町時代】カリオカ carioca リオ・デ・ジャネイロの住民をカリオカ、サン・パウロの住民をパウ ...
42. 神戸(市)
日本大百科全書
人口密度1平方キロメートル当り2796人。 神戸市は、シアトル(アメリカ)、マルセイユ(フランス)、リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)、リガ(ラトビア)、ブリスベ ...
43. 国際競技連盟
日本大百科全書
国際的な普及度の問題もあって2012年のロンドン・オリンピックでは実施競技から外され、2016年のリオ・デ・ジャネイロ大会でもオリンピック復帰はならなかった。し ...
44. 国際博物館会議
ニッポニカ・プラス
れるとともに、戦略計画が採択され、以降の活動の指針が示される。2013年にはブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれ、2016年はイタリアのミラノでの開催が決定し ...
45. 国際連合
世界大百科事典
みず,国連に一層の取組みが要請されるようになった。 こうした世界的世論にこたえて,1992年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで〈地球サミット〉(国連環境開発会議 ...
46. 国連環境開発会議
日本大百科全書
1992年6月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された、地球環境保全を課題とした国連会議。「環境と開発に関する国連会議」ともいわれる。編集部 ...
47. 国連環境開発会議
世界大百科事典
間環境会議(通称ストックホルム会議)から20周年を記念して,1992年6月,ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた20世紀最大規模の国連会議。〈地球サミット〉 ...
48. コパカバーナ
日本大百科全書
ブラジル南部、リオ・デ・ジャネイロ市内の砂浜海岸。レーメ岬からアルポアドール岬まで全長5キロメートルの弓状の海岸で、国際的な海水浴場・保養地として一年中観光客で ...
49. コパカバーナ[百科マルチメディア]
日本大百科全書
リオ・デ・ジャネイロ市内にある世界的に有名な海水浴場。海岸沿いには高級ホテルやアパートが建ち並び、観光・保養のために世界中から訪れる多くの人で一年中にぎわう。ブ ...
50. コンコルド
日本大百科全書
76年1月より英国航空(ブリティッシュ・エアウェイズ)がロンドン―バーレーン、エールフランスがパリ―リオ・デ・ジャネイロ線に就航させた。全幅25.6メートル、全 ...
「リオ・デ・ジャネイロ(リオ)」の情報だけではなく、「リオ・デ・ジャネイロ(リオ)」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

リオ・デ・ジャネイロ(リオ)と同じ外国カテゴリの記事
リオ・デ・ジャネイロ(リオ)(改訂新版・世界大百科事典)
ブラジル南東部のリオ・デ・ジャネイロ州の州都で,大西洋に臨むブラジル第2の都市。単に〈リオ〉と呼ばれることも多い。1763年から1960年まで首都の地位にあった。人口614万(2005)。年平均気温22~24℃(最高36.7℃,最低14.9℃)。年間降水量1500~2500mm。平均湿度77%。


「リオ・デ・ジャネイロ(リオ)」はオリンピックに関連のある記事です。
その他のオリンピックに関連する記事
パラリンピック(日本大百科全書(ニッポニカ))
パ国際パラリンピック委員会(IPC)が主催する、障害者(聴覚障害者を除く)とその補助者が参加する、最高峰の国際スポーツ大会。4年に一度オリンピック開催地で開かれる。夏季大会には160以上の国と地域、4000人以上の選手が参加する巨大イベントである。
東京オリンピック(日本大百科全書(ニッポニカ))
第18回オリンピック競技大会。1964年(昭和39)10月10日開会式、同24日閉会式の15日間にわたって行われた。政府は10月10日の開会式を記念して国民の祝日、体育の日を定めた。なお、体育の日は1998年(平成10)「国民の祝日に関する法律」の改正により
リオ・デ・ジャネイロ(リオ)(改訂新版・世界大百科事典)
ブラジル南東部のリオ・デ・ジャネイロ州の州都で,大西洋に臨むブラジル第2の都市。単に〈リオ〉と呼ばれることも多い。1763年から1960年まで首都の地位にあった。人口614万(2005)。年平均気温22~24℃(最高36.7℃,最低14.9℃)。年間降水量1500~2500mm。平均湿度77%。
オリンピック(日本大百科全書(ニッポニカ))
近代スポーツは19世紀のなかばごろからイギリスで組織され、施設に力を入れたアメリカの選手育成で発展普及してきたが、この各種類のスポーツを総合的に大成させたのがオリンピックであり、古代ギリシアに起源を有するスポーツの祭典を現代に復活させたものである
サッカー(改訂新版・世界大百科事典)
11人ずつの二つのチームが,手以外を使って,互いにボールを相手ゴールに入れ合うスポーツ。正式名称はアソシエーションフットボールassociation football。英語圏外の多くの国では,フットボールの名で一般的に呼ばれている。アソシエーションフットボールとは,1863年イングランドで
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る