ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 地域
  8. >
  9. 外国
  10. >
  11. アフガニスタン

ジャパンナレッジで閲覧できる『アフガニスタン』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典

世界大百科事典

アフガニスタン
Afghanistan
正式名称=アフガニスタン・イスラム国Jomhūrī-ye Eslāmī-ye Afgānestān, Islamic Republic of Afghanistan 
面積=65万2864km2 
人口(2010)=2449万人 
首都=カーブルKābul(日本との時差=-5時間) 
主要言語=パシュト語,ペルシア語(ダリー語) 
通貨=アフガニAfghani

アジア大陸のほぼ中央部に位置し,北緯29°30′から38°30′まで,東経60°30′から75°にわたる地域を占める。北はトルクメニスタン,ウズベキスタン,タジキスタン3国,西はイラン,東と南はパキスタン,北東は中国と,それぞれ接している。

自然,住民

内陸国で海に面しないため,海外への通路はパキスタンを経由する。面積は日本の約1.7倍である。この国の北東から南西にかけてヒンドゥークシュ山脈が走っており,それは北東に高く,南西に向かって低くなる。最高峰はノシャーフ(7470m)で,この国の北東隅にある。平野はヒンドゥークシュ山脈の北または南にあり,北のそれはアフガン・トルキスタンと呼ばれ,トルキスタン地方に連続している。集落の高度は標高約400mから2600mに及ぶ。主要河川としては,中央山地に源を発し,東流してパキスタンに入ってインダス川に注ぐカーブル川,同じく中央山地に発して南西に流れ,イランとの国境付近の湖に注ぐヘルマンドHelmand川,西流してヘラートの地名の起源となったハリー・ルードHarī Rūd川,およびパミールから流れ出て,その上流部がタジキスタン,ウズベキスタンとの国境をなすアム・ダリヤなどがある。ヒンドゥークシュ山脈を南北に越えるおもな峠としては,カーブル寄りには,アレクサンドロス大王や玄奘が通ったハーワークKhāwak峠(3600m),1932年に自動車道として開かれたシバルShibar峠(3260m),および64年にサーラングSālang峠(4075m)の下に開通したトンネル(3363m,長さ2.7km)がある。西方,ヘラート寄りにはパロパミスス山脈を越えるサブザクSabzak峠(2500m)がある。

 アフガニスタンの気候は概して乾燥気候で,寒暑の差が大きい。首都カーブル(東経69°10′,北緯34°30′,標高1800m)を例にとって,1965年10月から翌年9月までの気候を見ると,月平均気温の最高月は6月で,32.1℃,最低月は12月で,-8.3℃である。月平均湿度の最高は2月の76%,最低は8月の25%である。年雨量は318.4mm,そのうちの約7割が2~4月の3ヵ月に降る。この国で気温を決める要素は緯度よりも高度で,例えばトルキスタンはカーブルより北にあるが,標高が低いため気温は高い。

 人口の約半数を占めるのがパシュトゥーン(アフガン,パターンPathānとも呼ばれる)族で,南東部山地を故地とし,それとほぼ同数が地続きのパキスタン北西部に住んでいる。19世紀後半からトルキスタンへの移住も見られる。アフガニスタンは建国以来この民族が支配して現在に至っている。人口と勢力においてパシュトゥーン族に次ぐのがタジク族(構成比約30%)で,全国各地に住み,ペルシア語を母語とする。アフガニスタン・トルキスタンの主要な住民はウズベク族とトルクメン族で,チュルク系の言語を用いる。中央高地たるハザーラジャートの住民はモンゴル的容貌のハザーラ族である。そのほか特異な民族として,今なおモンゴル語を保存しているモゴール族,東部山地の住民で19世紀後半にイスラムに強制的に改宗させられたヌーリーNūrī族,西部のチャハール・アイマーク族がある。

歴史

アフガニスタンAfghānistānとは,〈アフガン人の地〉の意で,その領域が現在の形をとったのは19世紀末である。この地は,中央アジア,西アジア,インドを結ぶ交通の要衝にあたり,古代から諸民族・諸文明の交点となっていた。前2千~前1千年紀にアーリヤ系民族の移住が行われ,前6世紀にはアケメネス朝ペルシアに属した。アレクサンドロス大王の東征以後,ギリシア・ヘレニズム文化の影響をうけ,これは,バクトリア王国支配(前3~前2世紀)をへて,クシャーナ朝時代に,仏教文化と融合したガンダーラ美術となって結実する。クシャーナ朝は,カニシカ王時代に北インド・アフガニスタンを中心に東西を結ぶ一大版図をつくりあげるが,アフガニスタンは4世紀中ごろにササン朝の支配に服し,5世紀には一時エフタルの侵入をこうむった。

 アフガニスタンの領域に,アラブによるイスラム勢力が入ってきたのは7世紀後半で,その当時は少数の改宗者を出しただけで,仏教やゾロアスター教などの信者がなお多くいた。9世紀のターヒル朝,サッファール朝などのイスラム政権の下で,信者はしだいにふえていった。その次のサーマーン朝(875-999)の下で,近世ペルシア語とその文化が栄え,それはガズナ朝(977-1186)に受け継がれた。ガズナに都したこの王朝は,アフガニスタンの地における最初のイスラム王朝で,ペルシア文化を保護するとともに,北インドへの侵入をくりかえして,その地のイスラム化を促進した。ペルシア語長編叙事詩《シャー・ナーメ》の作者フィルドゥーシー,《インド誌》のビールーニーは,この時代の人である。

 982年に作られた作者不明のペルシア語地理書《世界の諸地域》によると,〈アフガン〉人がスレイマン山脈中に住んでいるとある。またガズナ朝の軍隊の中で〈アフガン〉人が一部隊を編成していた。彼らは山地からしだいに西方の平地,ガズナ,カンダハール方面へ拡大していった。また同書には,ハラジュ・トゥルクKhalaj Turkと呼ばれるものがガズナ付近に住んでいたとある。彼らはもとトルキスタンにいたのが南下して来たものである。その一部はインドに進んで,デリーを中心にハルジー朝を建てた。ガズナ付近に残ったものは〈アフガン〉と同化し,その言語パシュトゥー語を採用し,以後アフガンと同族と見なされ,ギルザイの名で呼ばれるようになる。現在,アフガン族は自らを〈パシュトゥーン〉と称する。この名は16世紀ごろに始まり,その複数〈パシュターナ〉から〈パターン〉の語ができて,インド側からはこの名で呼ばれている。

 アフガン族でまず歴史に登場するのはギルザイである。彼らはヘラートからイランに攻めこみ,1722年,サファビー朝の首都イスファハーンを占領した。しかし彼らの支配は永続せず,サファビー朝の後から興ったナーディル・シャーによって撃退された。以後ギルザイは政治の舞台から遠ざかることになる。ナーディル・シャーはアフガニスタンを経由してインドを征服し,ムガル帝国に打撃を与えたが,帰国後,47年6月に暗殺された。彼の指揮下にあったアフガン兵たちは故郷カンダハールに帰り,翌月,アフガン部隊の指揮官であったアブダリー(のちドゥッラーニーDurrānīと改称)系のサドーザイ家のアフマド・シャー・ドゥッラーニーを擁立して,部族連合を結成した。これがアフガニスタンの建国(ドゥッラーニー朝)である。彼はインドやイランに遠征して戦利品を獲得することによって自らの支配権を維持した。しかし王としての彼の権威は,個人的能力と,ドゥッラーニー諸族長の勢力の均衡に頼るものであった。19世紀に入ってドゥッラーニー内部の勢力争いの結果,バーラクザイBārakzaiがサドーザイに代わって統治権を得,1826年,ドースト・ムハンマドDōst Muḥammad(1793-1863)が王となった。以後のアフガニスタンの王位は,彼の家系が継承することになり,彼の名をとってムハンマドザイ(またはバーラクザイ朝)と呼ばれる。その支配は1978年まで続く。

 19世紀のアフガニスタンは,国内的には国家形成期であり,国際関係ではイギリスとロシアの競争の場であった。インドを支配していたイギリスは,ロシアの勢力がトルキスタンのホーカンド・ハーン国などイスラム諸政権を圧迫しつつ南下し,アフガニスタンに接近し,さらにこれに浸透しようとしていることが,インドに対する脅威であると考えていた。そこでイギリスは2度にわたって軍隊をアフガニスタンに派遣し,カーブルその他の東部の主要都市を占領した。これが第1次,第2次イギリス・アフガニスタン戦争(1838-42,78-80)である。2度とも,カーブル駐在の外交代表が殺害されたり,戦闘において軍隊が敗北したりして,イギリスは大損害を被った。そこでイギリスはこの国の直接支配をあきらめ,国王アブドゥル・ラフマーン`Abd al-Raḥmān(1844-1901,在位1880-1901)を援助することによって,この国をロシアに対する防壁として利用することにした。アフガニスタンとしては,内政上は,この国王の下で,従来の部族連合から専制国家へ脱皮し,王権の確立と諸部族の弱体化が達成された。第1次世界大戦後,1919年,イギリスの疲弊に乗じて,今度はアフガニスタン側がインドに侵攻し,第3次イギリス・アフガニスタン戦争となった。まもなく双方から停戦の議がおこり,ラーワルピンディー条約を結んでそれまでイギリスが握っていたこの国の外交権を獲得した。これがアフガニスタンの独立である。

 この国にとって西洋との唯一の通路はイギリス支配のインドであった。インドを通じて西洋の文物を過度に輸入することは,国の独立を危うくするおそれがあった。独立は西洋化に優先していた。しかし20世紀初頭の西アジア諸国,例えばトルコやイランの改革運動を目撃した知識人の一人,マフムード・タルジーMaḥmūd Tarzī(1865-1933)は,1911年に新聞を発行して,国内条件との調和のとれた近代化を主張した。タルジーの娘ソライヤーをめとった国王アマーヌッラーAmānullāh(1892-1960,在位1919-29)は,かぶりものなしの王妃を伴って西アジアとヨーロッパの諸国を訪問して,社会改革と経済開発の志を抱いた。帰国後それを実行に移そうとしたが,宗教家や部族民など保守派の反対にあい,亡命を余儀なくされた。その後を継いだムサーヒバーン家のナーディル・シャーは,急激な社会改革よりも経済開発に重点を移した。

 第2次世界大戦勃発に際して中立を宣言したが,外国との貿易が激減し,とくにドイツからの建設資材輸入の途絶は,経済発展を停滞させた。日本は,1934年,カーブルに公使館を開設,第2次大戦による中断の後,55年に国交を再開して大使館を設置した。

政治

第2次世界大戦が終わったとき,国王ザーヒル・シャーZāḥir Shāh(在位1933-73)は30歳であった。そして父王ナーディル・シャーの弟ムハンマド・ハーシムMuhammad Hāsimが首相として事実上の統治者であった。その地位はハーシムの弟シャー・マフムードに受け継がれ,さらに53年から10年間はザーヒル・シャーのいとこムハンマド・ダーウドMuḥammad Dāwud(1912-78)が首相として実権を握った。

 政府の外交方針としては非同盟中立を維持し,米ソ双方から援助を受けたが,東隣のパキスタンに対しては強硬な態度をとった。すなわちパキスタンとの国境は1893年にインドの支配者たるイギリスがアフガニスタンに強制したもので,パシュトゥーン族の住地を二分する不当な国境であるとして,政府はこれを承認せず,ガファール・ハーンが始めたパキスタン側のパシュトゥーン族の反政府・自立の運動を支援した。これによりアフガニスタンとパキスタンの対立は激化して,1961年には国交断絶・国境閉鎖にいたった。パキスタンを経由しないでアフガニスタンと西側諸国との貿易は成り立たず,アメリカはアフガニスタンよりもパキスタンを選び,アフガニスタンはやむなく北隣の大国ソ連に依存することになった。これはこの国の地理的必然でもある。

 63年,パキスタンとの断交による経済の停滞の責任を問われ,またようやく実権を得てきた国王ザーヒル・シャーとの対立に敗れ,ダーウド首相が辞任し,平民宰相の時代に入り,パキスタンとの復交も実現した。64年の新憲法発布と翌年の総選挙は,百家争鳴の時代を現出し,以後のこの国の運命にかかわる諸条件を作り出した。すなわちバブラク・カルマルBabrak Kārmal(1929-96)が下院議員に当選して政治の舞台に登場したこと,カーブル大学や諸高等学校の学生運動が高まったこと,労働組合が組織されストライキも行われるようになったこと,ヌール・ムハンマド・タラキーNūr Muḥammad Tarakī(1918?-79)らの新聞《ハルク(人民)》,カルマルらの《パルチャム(旗)》が発刊され,政治団体としての言論活動が始まったことなどである。これらの条件が,1933年の即位以来,パシュトゥーン族のムハンマドザイ系のムサーヒバーン家出身のザーヒル・シャーと,彼を支える同家一門による,40年間にも及ぶ安定した支配をくつがえすことになった。

 73年,かつての実力者ダーウドが,新しい一政治勢力となった青年将校にかつがれて復活し,王制廃止を宣言して,自ら大統領に就任した。国王は滞在地イタリアから退位の書簡をいとこのダーウドに送り,国内の王族も降伏して,ほとんど流血を見ずに〈アフガニスタン共和国〉が成立した。しかしダーウドを支持した軍部やハルク派,パルチャム派も,5年後には彼と対立し,78年4月,彼を殺害して〈アフガニスタン民主共和国〉を成立させた。革命評議会議長・首相タラキー,副議長・副首相カルマル,副首相・外相ハフィーズッラー・アミーンḤafīẓ Allāh Amīn(1929-79)をいただく社会主義政権である。しかしこの政権も不安定で,中央ではハルクとパルチャムの対立から,7月にはカルマルらパルチャム派の閣僚が大使に転出させられ,9月には解任された。79年にはハルク内部の抗争からタラキーが死亡してアミーンが支配権を握り,同年12月にはソ連軍が進駐してモスクワからもどったカルマルが政権を奪い,アミーンが処刑されるという大事件が起こった。また地方でも反政府・反ソ連軍の反乱が相次ぎ,多くの武装ゲリラ組織(ムジャーヒディーンmujāhidīnと呼ばれる。ジハード(聖戦)を行う者の意)が生まれた。これら反政府勢力をパキスタン,アメリカ,イランが支援するなどして戦争は長期化し,中央政府の支配領域は首都および一部の地域のみとなった。

経済,産業

アフガニスタンの経済を規定する条件は,第1には内陸国・山岳国であることと,第2には鉱物資源に乏しいことである。鉱物資源としては,石炭がバグラーン州に2ヵ所,サマンガーン州に1ヵ所の炭鉱に産する。また岩塩がタハール州に産する。るり色の半宝石ラピスラズリは古代から西アジア一帯で装飾に用いられたもので,バダフシャーン州に産し,1966年には8万5000tであった。1960年にジョーズジャーン州で天然ガスが発見され,その大部分は68年以来,援助の見返りとしてパイプラインでソ連に送られている。以上の主要品目はすべてヒンドゥークシュ山脈以北に産することは注目すべきで,以南にあるカーブル,カンダハールなどの大都市へ輸送する困難が伴う。石油は1930年代以来断続的に,50年代からは連続的に全国各地で探索が行われたが,いまだ採掘にいたっていない。

 この国の主要産業は牧畜と農業で,人口の約90%がこれに従事している。牧畜には2種あって,定住して農業を主として行い,少数の家畜を自家消費のために飼う場合と,多数の家畜を企業として所有し,その飼育のために季節的移動を行ういわゆる遊牧とがある。遊牧民は全人口の15~20%を占める。おもな夏営地は,北東部のシワShiwa湖付近と中央山地ハザーラジャートである。パキスタンから国境を越えて往来する者も少なくない。遊牧民のほとんどはパシュトゥーン族である。家畜は第1に羊,ついで牛,ヤギである。農業生産物の中心は主食となる小麦,大麦,米,トウモロコシである。換金作物としての綿花とテンサイも政府の奨励により栽培されるようになった。

 アフガニスタンの土地所有形態の特色として小土地所有の優勢が挙げられ,農地の約60%が自作である。農村は住居が1ヵ所に集中しており,その周囲に耕地がある。乾燥地帯であるから人工灌漑が必要で,主として河川の水を引いて用いる。一部の地方ではカレーズ(地下水を人工地下水路で導く設備。カナートとも呼ばれる)が設けられている。小麦,大麦の作付けに2種類あり,秋にまいて人工灌漑を行い,冬を過ぎて夏に収穫するものと,春に天水を利用して作付けを行い,夏に刈り取るものとある。後者は雨量が足りないと栽培不能となる。農業技術として,機械化はほとんど行われておらず,昔ながらの人間と家畜(おもに牛)の労働に頼っている。穀物以外の作物としては,アルファルファやクローバーなどの飼料作物,ブドウ,スイカ,メロンを主とする果物がある。農家で飼っている牛の乳および乳製品は穀物と並ぶ重要な栄養源である。この国の南部でヘルマンド川にダムをつくって水量を調節し,灌漑に利用して遊牧民を定着させる計画が,第2次大戦後まもなくアメリカの援助によって始まり,ほぼ完成したが,その成果はむしろ失敗と評価されている。

 工業は未発達で,工場も規模が小さく,国内の需要を満たすにいたっていない。まず紡織においては,カーブル北方のジャバルッシラージに1930年代に綿紡織工場が設立された。42年にはトルキスタンのプリ・フムリーの工場が操業を開始し,60年にはカーブル北方のグル・バハールの工場が完成した。これらの工場に供給するための製綿工場はクンドゥーズにあり,綿繰りのほかに,綿実油とそれから食用油やセッケンをつくる工程も備えている。人造絹糸では58年にカーブルに工場がつくられた。羊毛織物はカーブルとカンダハールで行われている。砂糖は,バグラーンでテンサイから,またジャララバードではサトウキビから,それぞれ生産されている。アフガニスタンは山岳国であるため,道路条件はきびしい。標高が高く険阻な個所では,積雪,崖崩れ,洪水などによって道路が寸断されるおそれがあり,不断の補修を必要とする。鉄道はまだない。

社会,文化

アフガニスタンは多民族国家で,各民族は自らの母語をもっている。パシュトゥーン族はパシュト語(パシュトゥー語とも),タジク族はペルシア語,ウズベク族はウズベク語,トルクメン族はトルクメン語,ハザーラ族はペルシア語である。これらのうちペルシア語(公式にはダリーDarī語と呼ばれる)とパシュト語が国語として認められている。ともにインド・ヨーロッパ語族のイラン語派に属し,アラビア文字で表記される。ペルシア語はパシュト語よりも圧倒的に豊富な文献をもっているため,書写語としてはほとんどこれだけが用いられ,また共通語として国内どこででも通用する。アフガニスタンのペルシア語はイランのそれと古典を共有するが,現代口語ではかなりの相違がある。住民の容貌は民族によってまた個人によってかなりの違いがある。服装も民族や地域や階層によりさまざまである。西洋的服装は一般的ではない。

 教育の場としては2種ある。一つは伝統的なもので,イスラムにもとづくものである。町や村ごとにモスクがあり,宗教指導者がいて,ここで住民の精神生活を指導し,教育も行われる。もう一つの教育の場は政府の手による世俗的なそれ,つまり学校である。アフガニスタンのような発展途上国においては,高等教育より初等教育が優先されなければならない。それは辺地の農村においても,読み書き計算といった最低水準において普及しつつある。この程度の教育は文字の読めない成人に対しても必要であるが,教師と教材の不足のため十分には行われていない。いわゆる近代教育は西洋を模範とするものであるから,隣国のイランやパキスタンに比べて西洋との接触の少ないアフガニスタンは劣っている。推定識字率は,1947年で6%,85年で24%である。そのうえ,この国では富の蓄積が行われていないから,都市が発達せず,都市に何世代も住みついている知識人がきわめて少ない。したがって彼らは知識人層という一つの勢力をなしていない。

 ソ連軍侵入以前のアフガニスタンはパシュトゥーン族の支配する国家で,18世紀中ごろの建国以来その地位は安泰であった。他の諸民族は従順で,パシュトゥーンにとって代わろうとはしない。ただしこの支配民族もつねに分裂している。まず都市に定住した者についていうと,彼らはこの国の共通語で書写語であるペルシア語を用い,母語であるパシュト語を失っていく。とくに最上層の知識人はパシュト語を知らないことを誇りにさえする。一方,地方のパシュトゥーン族は,国家の法よりも部族の慣習法を重んじ,仲間同士ではパシュト語を使う。彼らにとってペルシア語は〈外国語〉つまり他民族との伝達の手段である。さらに地方の住民も分裂していて,部族間・家族間の反目闘争がふんだんにある。対立の原因は財産や女性で,いったん傷害や殺人がおこれば,復讐が何世代も続くことがある。部族的分裂と相応して,パシュト語には方言が無数にあり,優勢な標準語がないため,辞書・文法書も不十分なものしかつくられていない。

 アフガニスタンは政治的にも分裂傾向をもっている。山岳国で道路が整備されておらず,運輸・通信も未発達であるから,中央と地方,地方相互の関係は疎遠である。農村は政府から恩恵も圧迫もほとんど受けない。国民は自分の生活に必要な限りでの生産・流通,それに情報伝達の手段を,政府に頼ることなく自らの手で確保している。そのため国民の生活は平和時でも混乱期でも大きな変化はない。
[勝藤 猛]

音楽

古代以来,東西南北の文明を交流させ,融合してきたアフガニスタンの文化は,さまざまの要素を歴史的に埋積した重層的な様相を示している。音楽もまたその例外ではなく,古代文化の栄華を象徴するバーミヤーンの遺跡に描かれた壁画には,いくつかの楽舞図を伝えている。ペルシア的舞人,インド的楽人図など音楽文化繁栄の跡をとどめているが,東西を結ぶルートの衰退とともに,中世以来内陸の孤島と化したアフガニスタンの音楽文化の実態は,現代近くに至るまで推測の域を出ない。現代においては,国境を接する西方イラン,北のトルクメニスタン・ウズベキスタン・タジキスタン,南東のパキスタン,北東の一端を中国と結び,これら周辺文化の影響を深く受けながら固有の音楽をはぐくんでいる。

 伝統的芸術音楽の領域では,西部の古都ヘラートを中心にペルシア(イラン)芸術音楽の系統を継ぎ,首都カーブルを中心に南東部のジャララバードやカンダハールなどの都市部では,北インドの芸術音楽ヒンドゥスターニー音楽(インド音楽)の影響を色濃くもち,その両者を融合させた形でアフガニスタン固有の芸術音楽を継承するなど,三つの系統に分かれる。

 もっとも変化にみち豊富な伝承を伝えるのは民俗音楽であり,大きく六つの系統に分類できる。第1は,ヒンドゥークシュ山脈以外のマザーリ・シャリーフなどを中心とするウズベク族を軸とする音楽であり,アム・ダリヤをへだてて接するウズベキスタン,トルクメニスタン,タジキスタンなどの共和国の音楽と共通する要素が多い。弦鳴楽器ではタンブールやヒチャック,膜鳴の打楽器としてダイラや壺の底に羊皮を張ったゼルバガリを主体として,他の地域とも共通する脚韻の四行詩(チャルバイティ)による抒情的民謡が豊富である。第2の地域は,クンドゥーズ,ファイザバードなど北東部であり,タジク族やキルギス族などの音楽が主体である。弓奏2弦のヒチャックをとくに好むとともに,チャルバイティによるシャマリー(北の歌)の宝庫である。第3は,西部のヘラートを中心とし,イラン音楽の影響が強い。撥弦のセタールやオルガン系のハルモニウムの楽器演奏を背景に,イランの伝統的叙事詩《シャー・ナーメ》や恋物語《シーリーンとファルファド》など長大な歌を伝承している。第4の系統は,中部山岳地帯を中心に居住するモンゴル系のハザーラ族の音楽で,2弦の撥弦楽器ダンブーラの弾きうたいで恋愛詩が愛好され,とくに裏声の唱法に特徴が見られる。第5の系統は,首都カーブルを中心に,アフガニスタンを構成する主要民族パシュトゥーンの音楽である。全地域に共通するペルシア語ダリー方言の歌とともに,パシュト語によるランダイなどの固有の詩を保有し,一方ではアラブ,イランに源をもつと考えられる《ライラとマジュヌーン》などのロマンス詩も豊富である。第6の系統として,パキスタンに接する東部の山岳ヌーリスタンに,アレクサンドロスの末裔とも語られるヌーリスターニーの特異な音楽が分布し,4弦のハープなど,この地域にのみ固有な楽器も多い。

 これら民俗的音楽のほかに,現代では都市を中心にインド映画音楽をはじめ,流行的な音楽が若年層を中心に大きな展開をとげつつある。本来,典礼などの音楽を禁じたイスラム社会にあって宗教音楽は存在しないが,礼拝を呼びかけるアザーンは,きわめて象徴的な詠唱として美しい旋律を伝えている。
[藤井 知昭]

[索引語]
Afghanistan ノシャーフ峰 アフガン・トルキスタン カーブル[川] ヘルマンド[川] Helmand ハリー・ルード[川] Harī Rūd ハーワーク峠 Khāwak シバル峠 Shibar サーラング峠 Sālang サブザク峠 Sabzak パシュトゥーン アフーガン パターン(民族) タジク族 ハザーラ族 モゴール族 ヌーリー族 Nūrī ガズナ朝 ハラジュ・トゥルク Khalaj Turk ドゥッラーニー朝 ドースト・ムハンマド Dōst Muḥammad ムハンマドザイ バーラクザイ朝 イギリス・アフガニスタン戦争 アブドゥル・ラフマーン `Abd al-Raḥmān(アフガニスタン) マフムード・タルジー Maḥmūd Tarzī アマーヌッラー Amānullāh ザーヒル・シャー Zāḥir Shāh ダーウド,M. Dāwud,M. バブラク・カルマル Babrak Kārmal ヌール・ムハンマド・タラキー Nūr Muḥammad Tarakī タラキー,N.M. カルマル,B. Amīn,H.A. アミーン,H.A. カレーズ ダリー語 Darī アフガニスタン音楽 タンブール(楽器) ヒチャック ゼルバガリ チャルバイティ シャマリー ダンブーラ
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
アフガニスタンの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1656
検索コンテンツ
1. アフガニスタン画像
日本大百科全書
1973年、建国以来の王制が倒れ、共和制となる。1978年アフガニスタン民主共和国、1987年アフガニスタン共和国となる。正称はアフガニスタン・イスラム共和国I
2. アフガニスタン画像
世界大百科事典
に北インド・アフガニスタンを中心に東西を結ぶ一大版図をつくりあげるが,アフガニスタンは4世紀中ごろにササン朝の支配に服し,5世紀には一時エフタルの侵入をこうむっ
3. アフガニスタン
日本国語大辞典
)中央アジア、イラン高原の北東部を占める国。現正式名称はアフガニスタン・イスラム国。一八世紀中頃アフガン族が建国し、一八三八年アフガニスタン王国が成立。一九一九
4. アフガニスタン[中央アジア]画像
イミダス 2018
その後もタリバンの復興に伴い国内情勢は安定せず、紛争後の混乱が続いている。(→「アフガニスタン大統領選挙(2009年)」「アフガニスタンの現状」) [図
5. アフガニスタン【Afghanistan】
国史大辞典
アジア大陸西南部の内陸部にある共和国で、首都はカブール。ソ連・イラン・パキスタンなどに取り囲まれ、北東端のきわめて小部分が中国ウイグル自治区に接する典型的な内
6. アフガニスタン・イスラム共和国【2019】[世界の国旗【2019】]画像
現代用語の基礎知識
図:アフガニスタン・イスラム共和国 国旗
7. アフガニスタン・イスラム共和国 国旗【2020】[世界の国旗 FLAGS OF THE WORLD【2020】]画像
現代用語の基礎知識
図:アフガニスタン・イスラム共和国 国旗
8. アフガニスタン・イスラム共和国 国旗【2021】[世界の国旗 FLAGS OF THE WORLD【2021】]画像
現代用語の基礎知識
図:アフガニスタン・イスラム共和国 国旗
9. アフガニスタン位置図[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan 作図/小学館クリエイティブ
10. アフガニスタン支援[イミダス編 日本政治]
イミダス 2018
2001年9月のアメリカ同時多発テロと、その後のアメリカ軍によるアフガニスタンでのタリバン掃討作戦以降、日本が表明、実施しているアフガニスタン復興のための支援。
11. アフガニスタン戦略(アメリカ)[アメリカ/カナダ]
イミダス 2018
きっかけに、2001年10月に始まったアフガニスタンの対テロ戦争をめぐりオバマ大統領は11年6月22日、ホワイトハウスで行った演説で兵力10万のアフガニスタン
12. アフガニスタン大統領選挙(2009年)[中央アジア]
イミダス 2018
2009年8月20日に第1回投票が行われた、タリバン政権崩壊後2度目の大統領選挙。選挙戦には約40人の候補者が乱立したが、現職のカルザイ大統領が第1回の投票で
13. アフガニスタン大統領選挙(2014年)[中央アジア]
イミダス 2018
が、最終的に9月29日にガニ新大統領の就任式が行われ、アブドラも行政長官として宣誓した。アフガニスタン国内で勢力を維持するタリバンとの和平が実現しない中で選挙は
14. アフガニスタン駐留アメリカ軍撤退[中央アジア]
イミダス 2018
アメリカのオバマ大統領によって公表された、14年までのアフガニスタンからのアメリカ軍撤退を目指す計画。オバマ政権は、発足後まもない09年3月、アフガニスタンおよ
15. アフガニスタンに関する東京会合(2012年)[中央アジア]
イミダス 2018
2012年7月8日、アフガニスタンのカルザイ大統領、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、クリントン米国務長官などアフガニスタン復興支援にかかわる55カ国および
16. アフガニスタンの現状[中央アジア]画像
イミダス 2018
近年のアフガニスタンにとって最大の懸案は、国内治安の悪化である。2000年代半ばには年率10%台、10年には同8.2%の国内総生産(GDP)の成長がみられ(ア
17. アフガニスタンの国旗[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
18. アフガニスタンの麻薬栽培[中央アジア]
イミダス 2018
1990年代のアフガニスタンでは、タリバン政権が継続的な取り締まりを行わなかったため、アヘン生成のためのケシ栽培が増大。同政権期で最も盛んだったとき(99年)
19. アフガニスタン復興支援[外交]
イミダス 2018
アメリカのオバマ大統領は米軍をアフガニスタンから年内に1万人、12年9月までに3万3000人撤収すると表明した。他方、11年12月にドイツのボンで開催されたアフ
20. アフガニスタン復興支援[中央アジア]
イミダス 2018
以上の支援表明以来、アフガニスタンに継続的な支援を行ってきた。06年1月、ロンドンにおける復興支援国際会議では、復興のための今後5年間の具体的目標を示した「アフ
21. アフガニスタン復興支援国際会議[イミダス編 国際情勢]
イミダス 2018
2002年1月、アフガニスタンの和平と復興を支援するため、61カ国と21の国際機関等の代表が参加し、東京で第1回が開催された国際会議。アフガニスタンでは、19
22. アフガニスタン復興支援国際会議[カタカナ語]
イミダス 2018
Assistance to Afghanistan]【政治】2002年に東京で開催されたアフガニスタン復興支援を目指した国際会議.
23. アフガニスタン ムジャヒディン[カタカナ語]
イミダス 2018
[Afghan Mujahedeen]【軍事】アフガニスタンのイスラム自由戦士.旧ソ連軍などと戦った反政府組織.1992年に首都カブールを制圧し,暫定政権を樹
24. アフガニスタン ルート[カタカナ語]
イミダス 2018
pipeline route]【経済・金融】カスピ海沿岸のトルクメニスタンの天然ガスをアフガニスタン経由でパキスタンなどへ送る輸送管の経路.
25. アフガニスタンの要覧
日本大百科全書
正式国名:アフガニスタン・イスラム共和国英語名:Islamic Republic of Afghanistan首都:カーブル面積:65万2090平方キロメートル
26. アメリカ アフガニスタン安全保障協定[カタカナ語]
イミダス 2018
Security Agreement]【軍事】2014年末以降,駐留アメリカ軍の一部をアフガニスタンに残留させるための2国間協定. 2014 08
27. アメリカアフガニスタン安全保障協定締結問題[中央アジア]
イミダス 2018
治安維持機能のアフガニスタン国軍への移譲を表明し、漸進的に実施に移されてきた(→「アフガニスタン駐留アメリカ軍撤退」、「アフガニスタンの現状」)。しかし、その結
28. イギリス・アフガニスタン戦争
世界大百科事典
,インドに対する脅威とみなした。そしてインド保全のための防壁としてアフガニスタンを征服しようとし,1838年10月,シムラ宣言を出して,アフガニスタンに対する事
29. ガニ政権(アフガニスタン)[中東]
イミダス 2018
(北大西洋条約機構)軍のアフガニスタン駐留のための安全保障協定に署名。14年11月初めまでにアメリカ軍とイギリス軍は戦闘任務を終了し、12 月28 日、駐アフガ
30. 国連アフガニスタン支援団(UNAMA)[国連と国際機構]
イミダス 2018
UNAMAの主な任務は、06年1月にロンドン会議において発表されたアフガニスタン協約の実施の支援、人権の促進、技術支援、およびアフガニスタン国内で活動する国連関
31. 南アジア・アフガニスタン関係[南アジア]
イミダス 2018
2014年に予定される米軍撤退を展望し、アフガニスタンをめぐるインドとパキスタンの綱引きが激化している。パキスタンは南北に長く、東西に狭い国土の、インドに対す
32. FOCUS アフガニスタン政府崩壊 「敗北」した自由主義諸国 タリバンの結束は未知数=篠田英朗
週刊エコノミスト 2020-21
予測していなかった撤退完了前のアフガニスタン政府の崩壊で、米国の威信は大きく傷ついた。反米的な傾向を持つ中国などの周辺国の影響力が、少なくとも相対的に高まること
33. WORLD・WATCH 英国 アフガニスタン政策の「失敗」=竹鼻智
週刊エコノミスト 2020-21
20年間にわたり軍隊を派遣し、国家再建のためアフガニスタン政府を支援してきた英国。多大な犠牲を払って支援してきたアフガニスタン政府がイスラム主義組織タリバンの軍
34. G8先進国サミット[国際政治]
イミダス 2018
財政金融政策を相互調整する場としての役割を果たした。80年代にはサミットは次第に政治色を強め、ソ連のアフガニスタン侵攻やテロに対する非難など西側の一体性を確認す
35. ISAF[欧文略語]
イミダス 2018
(2)[International Security Assistance Force]【軍事】アフガニスタンにおける治安支援部隊.2001年に国連安保理決議に
36. IUAM[欧文略語]
イミダス 2018
[Islamic Unity of Afghan Mujahedeen]【政治】アフガニスタン ムジャヒディン イスラム同盟.1985年に反政府ゲリラの主要7
37. NATO軍事演習「Steadfast Jazz 2013」[EU/ヨーロッパ]
イミダス 2018
今世紀に入って最大規模の演習となった。演習の目的はNRFの訓練・テストであるとされる。14年のアフガニスタンでの国際治安支援部隊(ISAF)の任務終了後、次の課
38. NATO新戦略概念[EU/ヨーロッパ]
イミダス 2018
MD分野をはじめ、両者の協力関係強化がうたわれている。対ロ和解への転換の背景には、イラク、アフガニスタンでの安定化の失敗や、各国の財政難という経済的要因があるも
39. NATO新戦略概念[イミダス編 国際情勢]
イミダス 2018
を進めるが、核兵器が存在する限り、核兵器と通常兵器による抑止力を戦略の基礎に置く。(5)アフガニスタンを教訓に、地域紛争解決には軍事以外に政治や民政など文民活動
40. NATOの非5条任務[EU/ヨーロッパ]
イミダス 2018
欧州大西洋地域(欧州安全保障協力機構(OSCE)の加盟国の領域)であったが、現在、活動はアフガニスタンにも拡大されている。 [小泉直美]2008 03
41. NATOブカレスト首脳会合[欧文略語]
イミダス 2018
08年4月にルーマニアの首都ブカレストで行われた北大西洋条約機構(NATO)の首脳会合.アフガニスタンに対する関与の強化などを決めた. 2015 11
42. NDN[欧文略語]
イミダス 2018
[Northern Distribution Network]【軍事】【政治】北方供給ネットワーク.アフガニスタンにおけるNATO(北大西洋条約機構)の活動のた
43. UNAMA[欧文略語]
イミダス 2018
Nations Assistance Mission in Afghanistan]国連アフガニスタン支援団.2002年に設立.
44. UNGOMAP[欧文略語]
イミダス 2018
Offices Mission in Afghanistan and Pakistan]国連アフガニスタン・パキスタン仲介ミッション.1988~90年に活動.
45. はく【李白】(Lǐ Bái)
世界人名大辞典
中国唐代の詩人.杜甫とならぶ中国の代表的詩人.杜甫の詩聖に対して詩仙と称される.西域の条支(アフガニスタンのガズナ)または砕葉(クルグズ(キルギス)のトクマク)
46. ISAF【2019】[欧文略語【2019】]
現代用語の基礎知識
アイサフ 。国際治安維持部隊。アフガニスタンの復興につながる治安維持が任務。2014年末に任務が終了している。
47. ウズベキスタン・イスラム運動(IMU)【2019】[ロシア・NIS諸国【2019】]
現代用語の基礎知識
タジキスタンはじめ中央アジア諸国は、米軍のアフガニスタン撤退、または規模縮小を危惧している。1998年にウズベキスタンに創設されたイスラム武装勢力であるウズベキ
48. ICIJ
日本大百科全書
織による密輸の暴露、民間軍事会社による違法カルテルや気候温暖化ロビイストの活動、イランやアフガニスタン戦争での武器契約の調査などを手がけている。日本では、201
49. アイ・ハヌム
世界大百科事典
アフガニスタン北東のアム・ダリヤとコクチャ川との合流点の河岸台地にある,前3~前1世紀のバクトリアの都市遺跡。1964-79年にベルナールP.Bernardが発
50. アウフィー
日本大百科全書
ペルシアの伝記作家。中央アジアのブハラに生まれる。サマルカンドの宮廷に仕えたが、のちに各地を遍歴、アフガニスタンを経てインドに達し、シンドとデリーの宮廷に仕えた
「アフガニスタン」の情報だけではなく、「アフガニスタン」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

アフガニスタンと同じ外国カテゴリの記事
リオ・デ・ジャネイロ(リオ)(改訂新版・世界大百科事典)
ブラジル南東部のリオ・デ・ジャネイロ州の州都で,大西洋に臨むブラジル第2の都市。単に〈リオ〉と呼ばれることも多い。1763年から1960年まで首都の地位にあった。人口614万(2005)。年平均気温22~24℃(最高36.7℃,最低14.9℃)。年間降水量1500~2500mm。平均湿度77%。
新疆ウイグル自治区(世界大百科事典)
中国北西部の自治区。中国では新疆維吾爾自治区と表記。北東はモンゴル,南東は甘粛,青海の両省,南はチベット(西蔵)自治区,北西から南西はロシア,カザフスタン,キルギス,タジキスタンの諸国や,アフガニスタン,カシミール地方と境を接する。面積は全国の省・自
香港行政長官(日本大百科全書)
中華人民共和国香港特別行政区の首長。1997年7月1日、香港がイギリスから中国に返還された際に、植民地時代の香港総督の役職が廃止されたかわりに設けられたポストである。香港の各業界団体の代表で構成する選挙委員会による間接投票で選出される。任期は5年
アフガニスタン(世界大百科事典)
正式名称=アフガニスタン・イスラム国Jomhūrī-ye Eslāmī-ye Afgānestān, Islamic Republic of Afghanistan 面積=65万2864km 人口(2010)=2449万人 首都=カーブルKābul(日本との時差=-5時間) 主要言語=パシュト語,ペルシア語(ダリー語) 通貨=アフガニAfghani 
外国と同じカテゴリの記事をもっと見る


「アフガニスタン」は外国・国際に関連のある記事です。
その他の外国・国際に関連する記事
イスラム過激派(日本大百科全書)
イスラム教徒のうち、宗教・政治・経済的目的を達成するため、テロ、殺人、暴力、誘拐などの犯罪的手段に訴える武装グループ。自ら信じるイスラム理想社会の実現のためには大量殺人などの犯罪も辞さず、アメリカ同時多発テロ、パリ同時多発テロ、ベルギー連続テロなどを
アフガニスタン(世界大百科事典)
正式名称=アフガニスタン・イスラム国Jomhūrī-ye Eslāmī-ye Afgānestān, Islamic Republic of Afghanistan 面積=65万2864km 人口(2010)=2449万人 首都=カーブルKābul(日本との時差=-5時間) 主要言語=パシュト語,ペルシア語(ダリー語) 通貨=アフガニAfghani 
香港行政長官(日本大百科全書)
中華人民共和国香港特別行政区の首長。1997年7月1日、香港がイギリスから中国に返還された際に、植民地時代の香港総督の役職が廃止されたかわりに設けられたポストである。香港の各業界団体の代表で構成する選挙委員会による間接投票で選出される。任期は5年
新疆ウイグル自治区(世界大百科事典)
中国北西部の自治区。中国では新疆維吾爾自治区と表記。北東はモンゴル,南東は甘粛,青海の両省,南はチベット(西蔵)自治区,北西から南西はロシア,カザフスタン,キルギス,タジキスタンの諸国や,アフガニスタン,カシミール地方と境を接する。面積は全国の省・自
朝鮮人民軍(日本大百科全書)
北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の正規軍。日本のマスメディアでは北朝鮮軍の通称も用いられる。 最高司令官は金正恩 (キムジョンウン)。陸軍、海軍、空軍・反航空軍、戦略軍、特殊作戦軍の5軍を軍種とする。戦略軍は、弾道ミサイルの運用などを担当。階級とし
外国・国際に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る