ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 社会運動
  8. >
  9. 世界の社会運動・革命
  10. >
  11. 七月革命

七月革命

ジャパンナレッジで閲覧できる『七月革命』の日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

七月革命
しちがつかくめい
Révolution de Juillet フランス語

1830年7月、フランスにおいてブルボン復古王政が倒された革命をいう。

[服部春彦]

革命の原因

1825年ごろからシャルル10世の露骨な反動政策に対して国民各層の不満が深まり、27、28年の経済不況がそれをいっそう激化させた。27年の下院選挙では反政府派が過半数を制したが、29年8月過激王党のポリニャックが内閣を組織すると、ブルジョア自由主義者と学生、小市民ら共和派の反抗が急速に強まった。30年3月の国王の議会開会演説は、公安維持のために非常大権の行使をほのめかす威嚇的なもので、下院は「221名の奉答文」によって内閣に対する不信と協力拒否を表明した。国王は5月16日議会を解散したが、選挙の結果は反政府派の圧勝となったため、7月25日勅令を発して定期刊行物の自由の停止、未招集議会の解散、選挙法改正、9月選挙を命じた。この七月勅令は、言論統制の強化によって反政府派の政治活動の手段を奪うとともに、選挙法を大土地所有者に有利に改めることによって政府派が多数を占める議会を創出しようとするものであった。

[服部春彦]

経過と帰結

この勅令に対してパリのジャーナリストは、7月26日チエールを中心に共同抗議文を起草、翌27日自由主義的新聞に対する警察の弾圧を口火に、労働者、小市民、学生らパリ民衆の武装蜂起 (ほうき)が起こった。28日には民衆と国王軍との間に終日市街戦が展開されたが、民衆はしだいに軍隊を圧倒し、29日にはついにルーブル宮に侵入、正午過ぎにはパリは完全に革命側の手に帰した。蜂起の勝利とともに大銀行家ラフィットを中心とする自由主義政治家たちは、市委員会を組織して事態の主導権を握り、30日ブルボン家の支配の終焉 (しゅうえん)を宣言、進歩的王族として知られていたオルレアン公ルイ・フィリップを国王代理官の地位につけ、蜂起指導者が目ざしていた共和国の樹立を阻止することに成功した。七月革命は、ブルボン派の旧貴族=大土地所有者の政治支配を決定的に打ち破ったが、しかし27~29日の「光栄の三日間」の民衆革命の成果は、大ブルジョアの手に摘み取られたのである。シャルル10世は、王位を孫ボルドー公(後のシャンボール伯)に継がせようとしたが、オルレアン公はこれを認めず、王はイギリスへの亡命の途についた。8月3日、オルレアン公は議会を招集して1814年憲章の改正を告げ、ラフィット、チエールらにより起草された修正憲章が7日両院で可決された。これはブルボン王権の正統性を説く旧憲章の前文と国王の緊急勅令発布権の規定を削除し、かつ、従来国王が独占していた法律発議権を上下両院にも認めるものであった。8月9日、オルレアン公は議会から「フランス人の王」の称号を受け、自ら修正憲章に宣誓して王位につき、正式に七月王政が発足した。

 七月革命の成功は、ウィーン体制下のヨーロッパ諸国に大きな影響を与え、各地で自由主義、民族主義の運動が起こったが、ベルギーがオランダから独立をかちとったほかは、反動勢力によって鎮圧された。

[服部春彦]



世界大百科事典

七月革命
しちがつかくめい
Révolution de juillet

1830年7月,ナポレオン没落後のフランスの正統ブルボン王朝の復古王政を崩壊させ,七月王政の成立をまねいた市民革命。復古王政の国家基本法〈憲章La Charte〉(1814年6月発布)はルイ18世による欽定憲法であるが,これは王権の神聖不可侵性・世襲制を定める一方,法の前の平等,所有権の不可侵等を承認するもので,相対立する二つの原理,絶対主義と近代市民社会とにもとづき,立憲王政を行うものであった。また,厳しい制限選挙制により,下院の選挙権は30歳以上,直接税300フラン以上の納税者,被選挙権は40歳以上,1000フラン以上の納税者(両方で約9万人)に限定され,政治は大土地所有者(土地貴族)と一部上層ブルジョアに独占された。1816年以降,立憲王党派(近代地主と大ブルジョアジー中心,ドクトリネールを含む)が支配したが,土地貴族の優位を拡大した新選挙法により20年,超王党派(〈ユルトラUltra〉。亡命貴族,カトリック聖職者中心)が勝利した。さらに24年,ルイ18世の病没の後を継いだユルトラの首領で王弟のアルトア伯が即位(シャルル10世)すると,アンシャン・レジームへの復帰を望むユルトラ派は,言論弾圧,教権拡大,〈亡命貴族の10億フラン法〉の制定など,激しい反動政策を推し進めた。これに対し,自由主義ブルジョアを中心とする反ユルトラ派は,全国で反政府キャンペーン,選挙法改正運動を展開し,27年の選挙ではユルトラ派を敗北に追い込んだが,シャルル10世は29年,反動貴族ポリニャックJules-Auguste-Armand-Marie de Polignac(1780-1847)を首相に任命し,両派の対立は頂点に達した。この間,1825年のイギリス経済危機がフランスにも波及し,これに農業危機が加わり,労働者の賃金の低下,失業の増大,穀物価格の急騰により各地で食糧暴動,労働争議が頻発していた。

 30年1月,パリではオルレアン派のティエールらが《ル・ナシヨナル》紙を創刊し,自由主義者と共和派の結集をめざし,学生は組織化された。3月,内閣の不信任を決議した議会は解散させられたが,選挙で再び反政府派が勝利すると,国王は7月26日,4ヵ条の緊急勅令〈七月勅令〉を発布し,(1)出版の自由の停止,(2)未召集の議会の解散,(3)新選挙法の制定,(4)9月選挙を命じた。これに対し《ル・ナシヨナル》紙を中心に新聞編集者43名は共同抗議文を発し,公然と国民の抵抗を呼びかけた。27日,印刷所に警察が動員されたが,その夜から,共和主義者,学生結社による蜂起の準備が進められ,労働者がこれに加わり,バリケードが築き始められた。28日,市街戦が始まったが,政府軍2連隊の革命側への寝返りもあり,パリは29日正午までには,蜂起した民衆の手に落ちた。この間,パリ市民は大銀行家ラ・ファイエットを中心に,市庁舎にパリ市委員会を結成したが,無組織で彼らの手により共和政を樹立していくほど強大でなくラ・ファイエットの指導によっていた。30日,策動したオルレアン派はラ・ファイエットとの妥協に成功し,ブルボン支配の終焉を宣言し,パリ市民が希望していた共和政への動きを封じ込め,オルレアン公ルイ・フィリップの即位を実現させた。民衆による〈栄光の三日間〉は,新たな王政(七月王政)の出現で終わったが,このパリの革命は,フランスを神聖同盟より離脱させ,ヨーロッパ各地の自由主義運動の台頭を促し,小国の独立運動を引きおこし正統復古主義に基づくウィーン体制の弱体化の契機ともなり,対外的にも重要な意味があった。
[赤司 道和]

[索引語]
Révolution de juillet ユルトラ Ultra ポリニャック,J.A.A.M.de Polignac,J.A.A.M.de ル・ナシヨナル


日本国語大辞典

しちがつ‐かくめい[シチグヮツ‥] 【七月革命

解説・用例

一八三〇年七月、ブルボン復古王朝を倒したフランスの革命。シャルル一〇世の反動政治に対して自由主義ブルジョワが起こした。国王はイギリスに亡命、オルレアン家のルイ=フィリップが即位し、七月王政がはじまる。革命の影響は広まり、ベルギーの独立、ポーランドの反乱、イタリア、ドイツの民族主義運動をおこした。

*国民百科新語辞典〔1934〕〈新居格・木村毅〉「シチガツカクメイ 七月革命 〔政〕」

発音

シチ〓ツカクメ〓

〓[カ]


上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


七月革命の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 291
検索コンテンツ
1. 七月革命
日本大百科全書
ップを国王代理官の地位につけ、蜂起指導者が目ざしていた共和国の樹立を阻止することに成功した。七月革命は、ブルボン派の旧貴族=大土地所有者の政治支配を決定的に打ち
2. 七月革命
世界大百科事典
1830年7月,ナポレオン没落後のフランスの正統ブルボン王朝の復古王政を崩壊させ,七月王政の成立をまねいた市民革命。復古王政の国家基本法〈憲章La Charte
3. しちがつ‐かくめい[シチグヮツ‥]【七月革命】
日本国語大辞典
ドイツの民族主義運動をおこした。*国民百科新語辞典〔1934〕〈新居格・木村毅〉「シチガツカクメイ 七月革命 〔政〕」シチ
4. アナーキズム 73ページ
文庫クセジュ
。 * リヒアルト・ヴァグナー(一八一三 ― 八三)。十九世紀ドイツ最大の歌劇作曲家。パリの七月革命によって政治的関心を高め、一八四八年の二月革命がドレスデンに
5. アラゴ画像
日本大百科全書
『化学・物理学年報』を編集した。1830年から科学アカデミーの会長を務めたほか、1830年の七月革命後は政治の分野でも活躍し、下院議員として教育改革、出版の自由
6. アラゴー(Dominique François Jean Arago)
世界大百科事典
アラゴーの回転板と呼ばれる渦電流の現象を発見した(1824)。共和制の支持者であり,30年の七月革命を契機として政治の世界に入り,52年まで下院議員を務め,科学
7. アラゴー(Arago, Dominique François Jean)
世界人名大辞典
発見,鉄以外の物質も磁気を有することも見出した.音の速度[18-22]や蜃気楼についての研究もある.七月革命に関与し,一時陸海軍相にもなった[48]が,ナポレオ
8. アルジェリア近現代史 13ページ
文庫クセジュ
 将軍には時間がなかった(1)。一八三〇年七月革命のあと、ブールモンが尽くしてきた新政府は、彼に退役を要求してきた。しかし、軍部は、自分たちの勝利を踏みにじるよ
9. アングレーム(Angoulême, Louis Antoine de Bourbon, Duc d')
世界人名大辞典
ひきいて干渉.フェルナンド7世の幽閉を解いた[1823].ルイ18世没後,王太子となったが,七月革命により父王とともにイタリアに亡命し[30],王位継承権を放棄
10. アンタント・コルディアル
日本大百科全書
1830年から1834年ごろのイギリス・フランス間の親善関係に由来する。1830年のフランスの七月革命を機にヨーロッパに自由主義的気運が高まり、これに対抗して1
11. インマーマン カール・レーベレヒト
世界文学大事典
事裁判官,地方裁判所判事を歴任した。学生時代に士官として従軍したナポレオン解放戦争とフランス七月革命(1830)は,彼の認識の地平を世界史的レベルに広げる契機と
12. ウィーン体制画像
日本大百科全書
追求するイギリスの外交によって、中南米諸国はウィーン体制の側からの干渉を免れた。1830年にフランスで七月革命が起こると、ウィーン体制はさらに大きく分裂するよう
13. ウィーン体制
世界大百科事典
った。 七月革命以後 1830年フランスの七月革命によってルイ・フィリップがフランスの王座につき,1815年に始まった王政復古期が終わってブルジョア的な立憲王制
14. 改訂新版 英国史 144ページ
文庫クセジュ
フランスとロシアの接近や、フランスのアルジェリアへの出兵にいらだっていたイギリスにとって、パリで七月革命が起きたこと(一八三〇)は歓迎すべきことであった。それは
15. エスプロンセダ(Espronceda y Delgado, José de)
世界人名大辞典
結成したため,グアダラハラの修道院に監禁される.リスボン[1826]やロンドン[27]に亡命,パリの七月革命に参加[30].人妻マンチャ(Teresa Manc
16. エスプロンセダ ホセ・デ
世界文学大事典
チャに出会い恋仲になった。その後,彼はロンドン,オランダ,パリへと旅を続け,パリでは30年の七月革命で,自らバリケードにたてこもって戦った。いっぽうテレーサは商
17. 江戸参府紀行 340ページ
東洋文庫
     る。      ・.ハリに七月革命起こる。      ・.ヘルギー、独立を宣言。天保 二年4月30日、蘭領東インド陸軍参謀部付を命〔一八三口ぜられ、日
18. 王政復古
世界大百科事典
れるが,英仏いずれの場合も,まもなく,反動化を進めたすえに再び打倒されるにいたる(名誉革命,七月革命)。イギリス王室はその後も存続するが,そこでは〈君臨すれども
19. 王政復古(Restoration)
日本大百科全書
発して、下院の解散、出版の自由の停止などの強圧的手段に出た。これがパリの民衆の怒りを爆発させ、七月革命となって、復古王政は崩壊した。今井 宏スペインスペインでは
20. オスマン
日本大百科全書
フランスの政治家。パリ生まれ。七月革命後に官界に入り、1848年末の大統領選挙ではルイ・ナポレオンのために活躍。この功績によってバール、ヨンヌ、ジロンドの各県知
21. オランダ画像
世界大百科事典
は保護主義を要求し,住民は公用語のオランダ語に強い反感をもっていた。ベルギー住民はフランスの七月革命勃発(1830)のニュースに触発されてついに独立運動を起こし
22. オランダ史画像
日本大百科全書
ク教徒であり、住民の半分はワロン語(フランス語)を日常語としていた。ベルギー住民がフランスの七月革命(1830)に触発されて独立革命を起こすと、列国はロンドン会
23. オランダ史 144ページ
文庫クセジュ
従って、一八三〇年にパリで革命〔反動的なシャルル十世に対しルイ・フィリップをたてた市民の蜂起。七月革命〕が起こった時、それでなくてもフランスからの亡命者の多かっ
24. オルレアン王党派
世界大百科事典
領となった。オルレアン王党派は王政復古期には自由主義的反対派として政府と対立し,1830年の七月革命によって政権の座についた。七月王政は,オルレアン公ルイ・フィ
25. オルレアン家
世界大百科事典
の復活をもくろむ正統王党派と,オルレアン家を支持するオルレアン王党派とに分裂し,1830年の七月革命の結果,〈平等公〉の息子ルイ・フィリップがブルボン家のシャル
26. オルレアン家(Orléans)
世界人名大辞典
ippe I 1640~1701)がオルレアン公となり[60],近世のオルレアン公家を開く.七月革命によりルイ=フィリップが王位に即き,フランス王家となったほか
27. 革命
日本大百科全書
ら他の階級分派への国家諸装置の全面的再編を伴うヘゲモニーの移動(たとえば、1830年フランス七月革命における土地貴族から金融ブルジョアジーへのヘゲモニー移動、1
28. カベ(Étienne Cabet)
世界大百科事典
王政復古期のフランスでカルボナリ党の指導部に所属したが,後に秘密結社の閉鎖的な運動に批判的となる。七月革命後,政府によりコルシカ島の控訴院の検事総長に任命される
29. カベ(Cabet, Étienne)
世界人名大辞典
フランスの思想家.医学と法律学を学び,故郷ディジョンで弁護士になり,後パリに行き,カルボナリ党の幹部となり,七月革命に参加した[1830].革命後一時コルシカに
30. カベ エチエンヌ
世界文学大事典
ディジョンで法律を学ぶ。1815年,パリの法律専門書店ダロス社で「法令集」編集に従事。1830年の七月革命で活躍,翌年代議士当選。パリの民衆の生活実態を知るにつ
31. カベニャック(Eléonore-Louis-Godefroy Cavaignac)
世界大百科事典
の先駆者となった政治家。大革命期に国民公会議員であった父の影響で,ジャコバンの信奉者となる。七月革命前はカルボナリ党などの結社に属したが,革命直後に人民の友協会
32. カリカチュア
世界大百科事典
モニエ,ジル,ドーミエらで,国王ルイ・フィリップは洋梨に記号化されて辛辣な風刺の的とされた。七月革命以後,政治風刺が禁じられてからは風俗戯画が盛んになり,また古
33. カルノー(Lazare Hippolyte Carnot)
日本大百科全書
フランスの政治家。大カルノー(L・N・M・カルノー)の第2子。青年期にサン・シモン主義を信奉、1830年七月革命の市街戦にも加わった。1839年以降共和派の下院
34. カンカン(ショー・ダンス)
日本大百科全書
今日ではフレンチ・カンカンの呼称で世界的に知られるショー・ダンス。もとは1830年の七月革命後パリで流行した2拍子の卑俗な社交ダンス。カドリーユから出たというが
35. 管弦楽 93ページ
文庫クセジュ
ベルリオズの心の中で計画の状態にとどまっていなかったから、なおさらのことである。一八四〇年に、七月革命の十週年記念祭を祝う目的で作られた彼の『軍隊交響曲』Sym
36. 学生運動
日本大百科全書
求めるもので、この運動によって当時反動的政権であったドイツ連邦政府に対する闘争を展開した。フランスの七月革命(1830)、二月革命(1848)において学生運動の
37. ガリカニスム
世界大百科事典
開いたが,ナポレオンの没落後の王政復古時代には〈教皇権至上主義(ウルトラモンタニズム)〉と激しく対立し,七月革命以後カトリック教会が国教の地位を失ったことや,1
38. ガリカニスム 161ページ
文庫クセジュ
どである。 *(訳注) フェリシテ・ド・ラムネー師(一七八二~一八五四)。司祭で宗教哲学者。七月革命に際し自由主義と教皇権至上主義を結びつけた独自の理論を唱えた
39. ガルニエ=パジェス(Garnier-Pagès, Étienne Joseph Louis)
世界人名大辞典
フランスの政治家.結社〈天は自ら助くる者を助くAide-toi, le ciel t'aidera〉に入会.七月革命では蜂起に参加.代議士[1831-41]とし
40. ガルニエ=パジェス(Garnier-Pagès, Louis Antoine)
世界人名大辞典
〔1803.7.10~78.10.31〕 フランスの政治家.É.J.L.ガルニエ=パジェスの異母弟.七月革命では蜂起に参加.代議士となり[1842],七月王政末
41. 金笠詩選 315ページ
東洋文庫
件として、一、ヨーロッパでは、ナポレオンのモスクワ侵入と敗退(一八一二年)、続いてフランスで七月革命(一八三○年)が起こっている。二、英国がインド、ビルマから更
42. キリスト教民主主義政党
世界大百科事典
の立場から取り組んでいこうという政治運動を指しており,その最初のものはフランスで1830年の七月革命のときや,1848年の二月革命のときにあらわれたとされている
43. ギゾー
日本大百科全書
ッパ文明史』などは、歴史の書であると同時に、自己の政治的立場の正当化を目ざすものでもあった。七月革命(1830)の際にはルイ・フィリップの勝利に貢献し、1830
44. ギゾー(Guizot, François)
世界人名大辞典
政策に抵抗して,公職を辞して教壇に戻る[20].七月革命の直前に下院議員となり[30],自由主義派と七月勅令反対声明を発表した[同].七月革命により内相に就任,
45. ギゾー フランソワ
世界文学大事典
解かれ,さらに復帰した教授の職も停止された。「グローブ」紙に協力,反政府運動に加担し,30年七月革命に際しては,議員としてオルレアン王朝の成立に一役を買った。七
46. クローゼル(Clauzel(Clausel), Bertrand, Comte
世界人名大辞典
ンの下に参じ,王政復古でアメリカへ亡命[同-20].帰国後に代議院議員となり[27-30],七月革命[30]に参画.アルジェリア総督[同-31,35-36]とし
47. クーザン(Cousin, Victor)
世界人名大辞典
11.28~1867.1.14〕 フランスの哲学者.パリ大学,高等師範学校教授[1817-].七月革命後,王立評議会顧問として公教育整備に深く関わり,今日に至る
48. グツコー(Gutzkow, Karl Ferdinand)
世界人名大辞典
ャーナリスト.ベルリン生まれ.父は左官.ベルリン大学でヘーゲル,シュライエルマッハーに学ぶ.七月革命[1830]に感激してジャーナリズムの世界に入り[31-],
49. グツコー カール
世界文学大事典
年ドイツ派の代表格。ベルリンに生まれ,ベルリン大学で神学と哲学を学び学者を志したが,フランス七月革命の影響を強く受け,文学活動を開始,自由主義の立場からおのれの
50. グルシ(Grouchy, Emmanuel, Marquis de)
世界人名大辞典
阻止できず,またナポレオン1世本隊への援護にも遅れ,ワーテルローの敗因を作った.アメリカに亡命[同-19].七月革命後,代議院議員[31],元帥[同],貴族院議
「七月革命」の情報だけではなく、「七月革命」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

七月革命と同じ世界の社会運動・革命カテゴリの記事
公民権運動(日本大百科全書・世界大百科事典・世界文学大事典)
アフリカ系アメリカ人により、1950年代なかばから1960年代なかばにアメリカで展開された、差別の撤廃と法の下の平等、市民としての自由と権利を求める社会運動。1865年の南北戦争終結後、奴隷制は廃止され、憲法修正第14条はアフリカ系アメリカ人を市民として認める
フランス革命(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
フランス革命とは1789年7月14日から1799年11月9日(共和暦8年ブリュメール18日)にかけてフランスに起きた革命をいう。▲革命の意義この革命は、思想、法律、政治、社会全領域に及ぶもので、自然権思想を武器とし、絶対王制の法構造を打ち破り、私的所
七月革命(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
1830年7月、フランスにおいてブルボン復古王政が倒された革命をいう。[服部春彦]▲革命の原因1825年ごろからシャルル10世の露骨な反動政策に対して国民各層の不満が深まり、27、28年の経済不況がそれをいっそう激化させた。27年の下院選挙では反政府
世界の社会運動・革命と同じカテゴリの記事をもっと見る


「七月革命」は世界の歴史に関連のある記事です。
その他の世界の歴史に関連する記事
南京条約(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
アヘン戦争の結果、イギリスと中国との間で締結された条約。一八四二年八月二十九日南京でイギリス全権ヘンリー=ポティンジャーと清国全権耆英(欽差大臣)・伊里布(乍浦副都統)・牛鑑(両江総督)によって調印された。この条約で清国は香港の割譲、広州・福州・厦門
アヘン戦争(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
中国へのアヘン密輸入問題から発展したイギリスの中国に対する最初の侵略戦争(一八四〇年(道光二十)―四二年)。鴉片戦争・阿片戦争とも書く。一六八五年清朝がイギリス・オランダなどのヨーロッパ諸国の通商を許可して以来、茶・生糸・磁器などの輸出によって中国へ
七月革命(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
1830年7月、フランスにおいてブルボン復古王政が倒された革命をいう。[服部春彦]▲革命の原因1825年ごろからシャルル10世の露骨な反動政策に対して国民各層の不満が深まり、27、28年の経済不況がそれをいっそう激化させた。27年の下院選挙では反政府
ウィーン会議(日本大百科全書・世界大百科事典)
ナポレオン戦争の戦後処理を行った国際会議。ナポレオン退位から5か月後の1814年9月に始まり、15年6月9日の最終議定書調印によって終わった。この会議にはほとんどヨーロッパ中の君主や統治者が参集したが、実際にはオーストリア、プロイセン、ロシア
古代オリエント文明(日本大百科全書)
紀元前3200年ごろから紀元前4世紀後半のアレクサンドロス大王による統一まで、およそ3000年間、西アジア、エジプトに栄えた世界最古の文明。[高橋正男]▲古代オリエント学の誕生現在のイラン、イラク、シリア、トルコ、レバノン、ヨルダン、イスラエル
世界の歴史に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶