ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. >
  10. 神楽歌

ジャパンナレッジで閲覧できる『神楽歌』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本古典文学全集・国史大辞典・日本大百科全書

新編 日本古典文学全集
神楽歌
神楽歌次第 まず人長が庭火の前に出てきて、「鳴り高し、鳴り高し」を二回繰り返して言う。次に、「ふるまう、ふるまう」を二回繰り返して言う。そして、「今宵の夜の御神事の役人の長である、左の近衛府の将監、正六位上の某(姓名を言う)がつとめます」、「男山の総検校が並んでつとめます」と名のり、「天下に千年も万年も久しくいらっしゃるにちがいない物聞きよ」と言う。そののち、人長が「主殿寮、主殿寮」を二回繰り返して言い、そこで主殿寮は「おお」とお答えする。「御火を明るくしてさしあげよ」と命じて言う。また主殿寮は「おお」とお答えする。次に、人長は「男ども」と声をかける。楽人たちを立たせて、それぞれの技芸を試みるべき体になるよう申しわたす。準備が整ったところで、人長みずから「おお」と申しあげる。次に、人長が「掃部寮、掃部寮」を二回繰り返して言うと、寮人は「おお」とお答えする。「膝突を下され」と命じて言う。また寮人は「おお」とお答えする。


神楽歌

神楽歌(扉)
凡例
神楽歌(扉)
神楽歌次第
庭火
阿知女法
採物









韓神
大宜
阿知女法
大前張
宮人
難波方
木綿志天
前張
階香取
井奈野
脇母古
小前張
薦枕
志都夜乃小菅
磯等前
篠波
殖舂
総角
大宮
湊田
蟋蟀
千歳法
早歌
明星
得銭子
木綿作
朝倉
昼目歌
竈殿遊歌
酒殿歌
湯立歌
其駒
神上
校訂付記
解説
一 神楽歌の名義
二 宮廷神楽の展開
三 神楽の進行と構造
四 伝来と研究
参考文献




国史大辞典
神楽歌
かぐらうた
神楽の際うたわれる神歌や民謡。『古今和歌集』二〇に「神あそびの歌」十三首があり、『拾遺和歌集』二〇にも「神楽歌」十一首を載せるが、ふつう神楽歌といえば、上を含めた宮廷御神楽の「神楽次第」の歌をさす。その歌本は、天暦年間(九四七―五七)ごろに生存した源信義自筆と伝える信義本(東京国立博物館蔵、重要文化財)が最も古い。ほかに鍋島家本(鍋島家蔵、重要文化財)、『神楽和琴秘譜』(陽明文庫蔵、国宝)、重種本(天理図書館蔵、重要文化財)などあるが、小山田与清の校合した『楽章類語鈔』には、およそ九十首を載せてある。内侍所の御神楽歌にない「北御門」「気比歌」に関しては、康和元年(一〇九九)書写の『古謡集』に、前者を九首、後者を七首収めている。以下、御神楽次第にそって神楽歌の曲目を略述する。夕刻、神楽を奏する殿上人・陪従・召人が、人長(神楽の宰領役)に引率されて内侍所の前庭に参入し、人長の名告・音取・寄合などがあり、篝に火を点じて、序曲に「庭燎」の歌(採物「葛」の歌)がある。次の「阿知女作法(あちめのわざ)」は、八幡系神楽・宮廷御神楽の成立に関係ふかい安曇磯良神を呼びだす呪法・呪文がもとである。つづいて行われる神楽歌は「採物歌」「前張」「星」の三種に大別できる。採物とは神や舞人が手に持つもので、招代・依代(神座)としての機能をもつ。それは榊・幣(みてぐら)・杖・弓・篠(ささ)・剣・鉾・杓(ひさご)・葛の九種で、歌は本方末方一首ずつ別伝(或説)を合わせて約三十首ある。歌詞内容は、祭りの雰囲気を詠んだり、神の社を祝福し、神の恵みをいい、また採物の出処の神聖を説き讃美するもので、結びの反覆句を除けば短歌形式の古歌である。次の「韓神」曲も採物歌に属するが、これは外来の神であって、韓風の鎮魂歌舞が定着したもの。その別伝を重種本は「大宜(おおむべ)」とも題するように、ここで一段落し、いわゆる中入りがあって、次の「前張」部に移る。前張は「大前張」と「小前張」に大別される。前者の七種目は、囃子詞と反覆句を除けば短歌形式であるが、後者の九種目は不整形式で、片歌問答体の名残りを留めたものもあり、内容・修辞からみても民謡的色彩が濃い。大前張のうち「宮人」「難波潟」「木綿志天」「榛」は衣に関する歌で、祓の信仰を中心とする夏神楽との繋がりが認められ、「階香取」「猪名野」「我妹子」は鳥にちなむ歌で、海辺の禊祓に関係ふかい。小前張の「薦枕」「賤家の小菅」「湊田」も鳥を詠んでおり、「磯良崎」における海人の鯛とともに、祭りの贄物ないし宴席の肴類と関連があろう。その他「細波」「殖槻」「総角」は、悠紀・主基両国の聖田・聖米に関するものらしい。稲舂き蟹の所作をエロティックに詠んだ「細波」は、「総角」「大宮」曲とともに嫁・婿をほしがる歌で、独り神を揶揄するものとも説かれている。また「細波」「磯良崎」「蟋蟀」には、身振りを伴う問答劇詞章としての前身がしのばれる。次の「千歳法」は山人の祝言を連ねた詞章で、海人部系統の「阿知女作法」に対するもの。「早歌(そうが)」は、山坂を越えて都の冬祭(御魂の触ゆ祭)に訪れる下級神人の、滑稽な早口問答の長歌。ともに山人系統の芸能的な伝承歌謡で、「前張」から「星」へ移る間の橋わたしをつとめている。「星」以下十種目の部分は朝神楽に相当し、祭りの後宴・解斎の宴にふさわしい「酒殿歌」「得選子(とくせにこ)」や、神送りに際して名残りを惜しむ「日霊女歌(ひるめのうた)」「神上」等々の歌群がならんでいる。一方、民間神楽の神楽歌は多く伝わっている。そのうち、出雲・伊勢・獅子各流の神楽歌はほぼ共通していて、神降し歌(囃歌)・讃め歌・清めの歌・祈祷歌・遊び歌・神上の歌などに分けられる。内容は『梁塵秘抄』の神歌系統の、素朴で清らかなものが多い。出雲神楽には、関東の里神楽のように歌を省略して黙劇に近いものもある。伊勢神楽は湯立の間や余興的な能のときに、獅子神楽では獅子を舞わすときにうたわれる。奥羽の山伏神楽の能には、古風を留めた謡いや語りがあり、巫女神楽にも、奈良の春日大社や大阪の住吉大社などに古雅な神歌が伝わっている。うたい方はさまざまだが、囃子方・舞人・周囲の者などにより、掛合いないし同音でうたうが、特に禰宜方の大鼓打が大きな役割を担う点では、各流神楽とも共通する。また最後の一句を繰り返すことが多く、時にはその繰返しを、語句を替えてうたうことがあり、いわゆる仏足石歌の歌形をなすものも若干ある。神楽歌のテキストとしては、野村八良『古代歌謡集』(『有朋堂文庫』)、高野辰之編『日本歌謡集成』二、佐伯常麿『古歌謡集』(『校註国歌大系』一)、志田延義編『歌謡集』上(『日本古典全集』四期)、武田祐吉『神楽歌・催馬楽』(『岩波文庫』)、土橋寛・小西甚一『古代歌謡集』(『日本古典文学大系』三)、新間進一編『続日本歌謡集成』一、上田正昭・本田安次・三隅治雄編『神楽・舞楽』(『日本庶民文化史料集成』一)などがある。
[参考文献]
『梁塵愚案抄』(『日本歌謡集成』二)、熊谷直好『梁塵後抄』(同)、賀茂真淵『神遊考』(『賀茂真淵全集』二)、本居大平『神楽歌新釈』(『本居大平全集』)、橘守部『神楽歌入文』(『橘守部全集』七)、西角井正慶『神楽研究』、同『神楽歌研究』、高崎正秀『六歌仙前後』、志田延義『日本歌謡圏史』、土橋寛『古代歌謡と儀礼の研究』、本田安次『神楽』、芸能史研究会編『神楽』(『日本の古典芸能』一)、池田弥三郎「神楽歌」(『鑑賞日本文学』四所収)、臼田甚五郎「神楽歌」(『日本古典文学全集』二五所収)
(小林 茂美)


日本大百科全書(ニッポニカ)
神楽歌
かぐらうた

神楽のおりに歌われる神楽と民謡。宮廷御神楽(みかぐら)の神楽歌と民間神楽の神楽歌がある。現存する神楽では宮廷の神楽歌が最古で、その歌本の古写本は、藤原道長筆と伝えられる『神楽和琴秘譜(かぐらわごんひふ)』のほか、信義本、鍋島(なべしま)家本、重種本など平安朝のものである。普通に神楽歌といえば、宮廷御神楽の神楽次第の歌をいう。内侍所(ないしどころ)の御神楽歌は、採物(とりもの)歌と民謡とに大別することができる。採物歌は、榊(さかき)、幣(みてぐら)、杖(つえ)、篠(ささ)、弓、剣、鉾(ほこ)、杓(ひさご)、葛(かずら)の9種30首で、採物をたたえる歌やその採物にちなむ歌。なお韓神(からかみ)の歌2首を加える。中入りのあと歌われる民謡は御神楽成立当時の民謡を取り入れたもので、大前張(おおさいばり)(宮人(みやびと)・難波潟(なにわがた)・木綿志天(ゆうしで)・前張・階香取(しながとり)・井奈野(いなの)・脇母古(わぎもこ))、小前張(薦枕(こもまくら)・閑野(しずや)・磯良前(いそらがさき)・篠波(さざなみ)・殖舂(うえつき)・総角(あげまき)・大宮・湊田(みなとだ)・蛬(きりぎりす))、雑歌(ぞうか)(千歳(せんざい)・早歌(そうか)・吉利吉利(きりきり)・得銭子(とくぜにこ)・木綿作(ゆうつくる)・朝倉(あさくら)・昼目歌(ひるめうた)・竈殿遊歌(かまどのあそびのうた)・酒殿歌(さかどのうた)・弓立(ゆだて)・其駒(そのこま)・神上(かみあげ))などがある。これらは、本方(もとかた)と末方(すえかた)とに分かれた楽人によって笛・篳篥(ひちりき)・和琴(わごん)の伴奏で歌われる。
 一方、民間の神楽歌は地方に数多く伝わっている。出雲(いずも)、伊勢(いせ)、獅子(しし)の各神楽に歌われる神楽歌は、神降(かみおろ)し歌、讃(ほ)め歌、清めの歌、祈祷(きとう)歌、遊び歌、神上げの歌などに分けられる。短歌形式の二句神歌(かみうた)のほかに『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』にみえる今様風四句神歌の類歌を伝えるところもある。とくに伊勢神楽の天文(てんぶん)11年(1542)奥書のある神楽歌本には、二句・四句の神歌200首余りが収載されている。神楽歌の多くは作者不明であるが、記紀の歌謡や『古今集』『新古今集』『千載(せんざい)和歌集』『金葉(きんよう)和歌集』など古歌を引用した歌も少なくない。神楽歌の歌い方はさまざまで、囃子方(はやしかた)、舞人、周囲の者などにより掛合いで、あるいは同音で歌われる。とくに太鼓打ちが大きな役割を担う点は各流の神楽に共通する。
[渡辺伸夫]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
神楽歌の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 767
検索コンテンツ
1. 神楽歌
日本大百科全書
神楽のおりに歌われる神楽と民謡。宮廷御神楽(みかぐら)の神楽歌と民間神楽の神楽歌がある。現存する神楽では宮廷の神楽歌が最古で、その歌本の古写本は、藤原道長筆と伝 ...
2. 神楽歌
世界大百科事典
物の歌1,大嘗祭の時の歌5)を収める。神遊の歌は神楽歌の古称と見られる。《拾遺和歌集》巻二十にも〈神楽歌〉11首を収める。神楽歌の平安時代書写本には源信義本,鍋 ...
3. かぐら‐うた【神楽歌】
日本国語大辞典
[ラ]下学・言海【神楽歌】下学・言海 ...
4. かぐら-うた【神楽歌】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕神楽を奏する時に歌う歌。特に、内侍所の神楽の時に歌う歌。(冬の季語)  ...
5. かぐらうた【神楽歌】
国史大辞典
賀茂真淵『神遊考』(『賀茂真淵全集』二)、本居大平『神楽歌新釈』(『本居大平全集』)、橘守部『神楽歌入文』(『橘守部全集』七)、西角井正慶『神楽研究』、同『神楽 ...
6. 神楽歌
日本古典文学全集
平安宮廷の「神楽歌」を集めて載せる。神楽歌は、日本独特の歌舞芸能で、神楽の際にうたわれる神歌や民謡のこと。その種類は、庭火(にわび)・採物(とりもの)・大前張( ...
7. 神楽歌(著作ID:130121)
新日本古典籍データベース
かぐらうた 小林義兄(こばやしよしえ) 雅楽 文化一三 ...
8. 神楽歌(著作ID:130132)
新日本古典籍データベース
かぐらうた 雅楽  ...
9. 神楽歌入綾(著作ID:17743)
新日本古典籍データベース
かぐらうたいりあや 神楽入文 神楽入綾 神楽歌入文 神楽譜入文 橘守部(たちばなもりべ) 注釈 天保五 ...
10. 神楽歌考(著作ID:130165)
新日本古典籍データベース
かぐらうたこう 神楽歌・催馬楽 賀茂真淵(かもまぶち) 雅楽  ...
11. 神楽歌考稿(著作ID:130198)
新日本古典籍データベース
かぐらうたこうこう 本居大平(もとおりおおひら) 雅楽  ...
12. 神楽歌古註(著作ID:789753)
新日本古典籍データベース
かぐらうたこちゅう 雅楽  ...
13. 神楽歌催馬楽考(著作ID:130201)
新日本古典籍データベース
かぐらうたさいばらこう 神楽催馬楽考 催馬楽神楽歌考 賀茂真淵(かもまぶち) 雅楽  ...
14. 神楽歌催馬楽辨解(著作ID:130212)
新日本古典籍データベース
かぐらうたさいばらべんかい 吉田蕃教(よしだしげのり) 注釈 嘉永五序、同六刊 ...
15. 神楽歌催馬楽類考下稿種々(著作ID:130223)
新日本古典籍データベース
かぐらうたさいばらるいこうかこうしゅじゅ 本居大平(もとおりおおひら) 雅楽  ...
16. 神楽歌次第(著作ID:130234)
新日本古典籍データベース
かぐらうたしだい 雅楽  ...
17. 神楽歌新釈(著作ID:130245)
新日本古典籍データベース
かぐらうたしんしゃく 五百津真賢木 本居大平(もとおりおおひら) 雅楽 文政一〇 ...
18. 神楽歌註解(著作ID:789800)
新日本古典籍データベース
かぐらうたちゅうかい 賀茂真淵(かもまぶち) 著 坂本昌伻(さかもとまさずみ) 増補 雅楽  ...
19. 神楽歌注釈(著作ID:130256)
新日本古典籍データベース
かぐらうたちゅうしゃく 今井似閑(いまいじかん) 雅楽  ...
20. 神楽歌章(著作ID:130267)
新日本古典籍データベース
かぐらうたのしょう 本居大平(もとおりおおひら) 雅楽  ...
21. 神楽歌譜(著作ID:443834)
新日本古典籍データベース
かぐらうたふ 雅楽  ...
22. 神楽歌目録(著作ID:4400092)
新日本古典籍データベース
かぐらうたもくろく 藤原定能(ふじわらさだよし) 注 雅楽 建久七 ...
23. 神楽歌栬夕四手(著作ID:789844)
新日本古典籍データベース
かぐらうたもみじのゆうしで 村岡幸治(むらおかこうじ) 長唄 寛政九初演 ...
24. 神楽歌是香説(著作ID:130278)
新日本古典籍データベース
かぐらうたよしかのせつ 六人部是香(むとべよしか) 雅楽  ...
25. 神樂歌章 (見出し語:歌)
古事類苑
樂舞部 洋巻 第1巻 156ページ ...
26. 神楽註秘抄(著作ID:1263)
新日本古典籍データベース
かぐらちゅうひしょう 神楽歌註秘抄 一条兼良(いちじょうかねよし) 雅楽  ...
27. 神樂歌曲譜 (見出し語:曲譜)
古事類苑
樂舞部 洋巻 第1巻 170ページ ...
28. 木綿作(ゆうつくり)[神樂歌]
古事類苑
樂舞部 洋巻 第1巻 164ページ ...
29. 弓立(ゆだち)[神樂歌]
古事類苑
樂舞部 洋巻 第1巻 164ページ ...
30. 内侍所御神楽歌(著作ID:1504069)
新日本古典籍データベース
ないしどころみかぐらうた 神楽  ...
31. 内侍所御神楽略次第并神楽歌(著作ID:390965)
新日本古典籍データベース
ないしどころみかぐらりゃくしだいならびにかぐらうた 大神景道(おおがかげみち) 神楽  ...
32. 御神楽歌述義(著作ID:458037)
新日本古典籍データベース
みかぐらうたじゅつぎ 宗教 明治三九 ...
33. 御巫神楽歌(著作ID:503173)
新日本古典籍データベース
みかんなぎかぐらうた 富田光美(とみたみつよし) 神楽  ...
34. 神楽催馬楽歌(著作ID:789980)
新日本古典籍データベース
かぐらさいばらうた 催馬楽神楽歌 神楽催馬楽 賀茂真淵(かもまぶち) 雅楽  ...
35. 肥後國神樂歌 (見出し語:肥後國【篇】)
古事類苑
樂舞部 洋巻 第1巻 165ページ ...
36. あいさ
日本国語大辞典
〔感動〕〔一〕はやしことばの一種。神楽歌の小前張(こさいばり)歌謡に見える止め拍子のことば。小前張中、「殖槻(うえつき)」「総角(あげまき)」「大宮(おおみや) ...
37. あいし
日本国語大辞典
〔感動〕はやしことばの一種。神楽歌の小前張(こさいばり)歌謡に見える止め拍子のことば。小前張中、「薦枕(こもまくら)」「賤家(しずや)の小菅(こすげ)」「磯良崎 ...
38. あいそ
日本国語大辞典
〔感動〕神楽歌の間拍子(まびょうし)のことば。*神楽歌〔9C後〕大前張・しなが鳥「〈本〉しながとる や 猪名(ゐな)の湊に 安以曾(アイソ) 入る船の 楫(かぢ ...
39. あおり‐ど[あふり‥]【煽戸】
日本国語大辞典
〔名〕(1)風にあおられて、ばたばたする戸をいう。*神楽歌〔9C後〕早歌「〈本〉安不利止(アフリド)や檜張戸(ひはりど) 〈末〉檜張戸や安不利止(アフリド)」( ...
40. あかがり【皹】[方言]
日本方言大辞典
17902佐世保郷土誌(佐世保市役所)1919917五島民俗図誌(久保清・橋浦泰雄)1934神楽歌早歌「〈本〉安加加利あかかり踏むな後しりなる子」《あかがい》  ...
41. あ‐かがり【皹・皸】
日本国語大辞典
【一】〔名〕あかぎれ。《季・冬》*神楽歌〔9C後〕早歌「〈本〉安加加利(アカカリ)踏むな後(しり)なる子」*十巻本和名類聚抄〔934頃〕二「皹 漢書注云皹〈音軍 ...
42. あか‐ぼし【明星・赤星】
日本国語大辞典
落也」(2)夜明け頃、東の空に輝く金星。明けの明星(みょうじょう)。*神楽歌〔9C後〕明星「〈本〉安加保之(アカホシ)は 明星は くはや ここなりや 何しかも  ...
43. あきら‐け・し【明─】
日本国語大辞典
分明也、寛明也、佐也介之、明介志」*拾遺和歌集〔1005~07頃か〕神楽歌・六一三「万代をあきらけく見む鏡山千年のほどはちりもくもらじ〈中務〉」*平家物語〔1 ...
44. あけ の 衣(ころも)
日本国語大辞典
「あかはとり(明衣)」に同じ。*神楽歌〔9C後〕明星・神上「すべ神は よき日祭れば 明日よりは あけのころもを 褻衣(けごろも)にせん」 ...
45. 明の明星
世界大百科事典
。また,漁船ではめしたきぼし,かしきなかせ(炊夫泣かせ)と呼んでいる。《万葉集》《和名抄》,神楽歌などには,あかぼし(明星)という名で表れ,これはゆうずつ(夕星 ...
46. あげ‐まき【総角・揚巻】画像
日本国語大辞典
身分柄、宇治訪問もままならない匂宮に、大君は中君の将来を憂いつつ死ぬ。〔四〕(総角)神楽歌の名称。「神楽歌‐小前張・総角」の「〈本〉安介万支(アケマキ)をわさた ...
47. 朝倉
世界大百科事典
しつつや 行くは誰〉。平安末期書写の《鍋島本神楽歌》に921年(延喜21)勅定によって神楽歌に編入されたと注記がある。この歌と《其駒(そのこま)》とはもと風俗歌 ...
48. あさくら【朝倉】
日本国語大辞典
た所。現在の福岡県朝倉郡朝倉町須川とも同町山田ともいわれる。神楽歌にとりいれられ、その曲名が和歌の題材として多く詠まれた。*神楽歌〔9C後〕明星・朝倉「〈本〉阿 ...
49. あさくら‐がえし[‥がへし]【朝倉返】
日本国語大辞典
〔名〕神楽歌「朝倉」に、「〈本〉阿佐久良や木の丸殿に我が居れば〈末〉我が居れば名宣りをしつつ行くは誰」とある、「我が居れば」を返してうたうことをいうか。*曾我物 ...
50. あさじ が 原(はら)
日本国語大辞典
ばな)抜く浅茅之原(あさぢがはら)のつぼすみれいま盛りなりわが恋ふらくは〈大伴田村大嬢〉」*神楽歌〔9C後〕小前張・殖槻「殖槻(うゑつき)や 田中の森や 森や  ...
「神楽歌」の情報だけではなく、「神楽歌」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

神楽歌と同じカテゴリの記事
神楽歌(日本古典文学全集・国史大辞典・日本大百科全書)
神楽歌次第 まず人長が庭火の前に出てきて、「鳴り高し、鳴り高し」を二回繰り返して言う。次に、「ふるまう、ふるまう」を二回繰り返して言う。そして、「今宵の夜の御神事の役人の長である、左の近衛府の将監、正六位上の某(姓名を言う)がつとめます」
催馬楽(日本古典文学全集・国史大辞典・世界大百科事典)
律 我が駒 さあ私の愛馬よ、早く行ってくれ。紀伊国にはいるのに通る真土山、アハレ、真土山、ハレ。真土山のかなたに待っているにちがいない人のもとに、行って早く、アハレ、行って早く逢おう。
愛馬を急がせて恋人に逢いに行くという主題は一般性を有する
歌と同じカテゴリの記事をもっと見る


「神楽歌」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
無名草子(日本古典文学全集・日本大百科全書・世界大百科事典)
〔一〕この世に生をうけて以来の八十三年間の年月が、ただ無為に過ぎてしまうことを思うと、大変悲しく、たまたま人間として生れてきた思い出に、死後の形見にするほどのこともなくて生涯が終ってしまいそうな悲しさに、髪を剃り、衣を墨染にして、どうにか姿ばかりは
讃岐典侍日記(日本古典文学全集・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
〔一〕五月の空も、わたしの心に似て、雲に閉ざされ、雨が降り続いて、田植えに濡れた農夫の着物の裾も、わたしの衣の袖のように、干すことができずに困っているであろうが、それももっともなことと思われ、ただでさえうっとうしい折しも、何かと気を遣うことのない自宅
仮名手本忠臣蔵(日本古典文学全集・日本大百科全書・世界大百科事典)
第一 鶴岡の饗応(兜改め) 〔一〕御馳走があっても食べてみないとそのうまさが味わえないということは、国が平和に治っている時は立派な武士の忠義も武勇も隠れているのに例えられ、それは星が昼には見えないで夜はきらめいて現れるようなものである。その例をここに
西鶴諸国ばなし(日本古典文学全集・世界大百科事典・日本大百科全書)
西鶴諸国ばなし(扉)絵入 西鶴諸国はなし 一(扉)巻一 あらまし大下馬 巻一 目録公事は破らずに勝つ見せぬ所は女大工大晦日はあはぬ算用傘の御託宣不思議のあし音雲中の腕押し狐四天王絵入 西鶴諸国はなし 二(扉)巻二 あらまし大下馬 巻二 目録姿の飛び乗
好色一代女(日本古典文学全集・世界大百科事典・日本大百科全書)
老女の隠れ家 「美女は男の命を断つ斧」と昔の人もいっている。咲いた花がいつか散り、枝は夕の薪となるように、人間もいつか年老いて死んでいくのは誰も逃れられぬ運命である。しかし、それを時ならぬ朝の嵐に散らすように、色道に溺れて若死にする人ほど愚かな者
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る