ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 雑節
  9. >
  10. 彼岸
改訂新版・世界大百科事典

彼岸
ひがん

春分・秋分を中日として,その前後おのおの3日にわたる1週間を〈お彼岸〉と称し,この期間に寺院では彼岸会という法会を行い,信者は寺に参詣し,説法を聴聞,また墓参などをする。このような習俗はインド,中国にもみられず,日本にしかない。彼岸の語はふつうサンスクリットpāramitā(波羅蜜多)の訳〈到彼岸〉の略とされ,仏教に由来する行事とするが,太陽信仰に関係があり,〈日の願〉から〈日願(ひがん)〉になったと推定する五来重の説もある。

 春秋の2月,8月(陰暦)に7日間の仏事を行うことは,806年(大同1)を最初とし,平安時代初期には恒例となっていたことが《日本後紀》《延喜式》にみえるが,この仏事が彼岸会とよばれていたかどうかは不明である。しかし《宇津保物語》《源氏物語》などに彼岸の語がみえるので,平安中期には彼岸や彼岸の仏事が定着していたことがわかる。浄土教が興隆してからは,彼岸の仏事に日想観や念仏など浄土教的なものが顕著になった。四天王寺の西門が極楽の東門に向きあっているとの信仰があり,平安末期以降,彼岸に四天王寺西門の落日を観ずる風習が盛んであったが,浄土教信者にさらに影響を与えたのは唐の善導の《観経疏》第三であった。同書には,太陽が真東から出て真西に没する春分・秋分にこそ日想観を行い,極楽往生を願うべきであることがのべられている。彼岸会は盂蘭盆(うらぼん)会とともにはやくより仏教行事となっており,その典拠なり意味づけについて今日ひろくなされている説明は,六波羅蜜の徳目(布施・持戒・忍辱(にんにく)・禅定・精進(しようじん)・智慧)を前後3日のそれぞれにあて,中日は先祖に感謝する日とし,宗教的理想に向かっての実践週間が〈お彼岸〉だとするものである。巧みな解釈ではあるが,これでは彼岸が日本独自の国民的行事になったことの説明にはならない。

 民間の歳時習俗には農耕儀礼と結びついたものが多いが,民間の彼岸行事もまた農耕と関係が深い。彼岸会の民俗的基盤に注目する必要があろう。京都府宮津市付近や兵庫県の旧美囊(みのう)郡・旧加東郡などには,彼岸の間に〈日の伴〉とか〈日迎え日送り〉といって,朝は東方の,日中は南方の,夕方は西方の社寺や堂に参る行事がのこっており,原始的な太陽崇拝のなごりと考えられている。また北関東地方には寺の境内や仏堂の前に天棚(てんだな)を設け,日天・月天の木牌を立て,その周りを踊り回る天道念仏があるが,天道とは太陽のことである。また阿蘇山麓や鹿児島県薩摩地方には彼岸に山に登るところもあるが,山は祖霊のとどまるところであった。春の農耕開始にあたって,豊作に必要な太陽をまつり,祖霊の加護を祈る儀礼が彼岸に行われ,これが百万遍念仏や先祖供養と結びついて,しだいに仏教行事にくみこまれていったとみられるのである。現行の彼岸行事が例外なく墓参,先祖供養またはこれと結びついた念仏会などを内容としている要因はここにある。1948年制定の〈国民の祝日に関する法律〉では,春分の日は〈自然をたたえ,生物をいつくしむ日〉,秋分の日は〈祖先をうやまい,なくなった人々をしのぶ日〉とされている。
[伊藤 唯真] 彼岸は日本独自の暦注で,具注暦にはなく仮名暦にのみ記載された。春・秋ともに7日間であるが,春分・秋分の日を中日と決めたのは1844年(天保15)の天保暦からである。それ以前は時代によってその日取りの決め方が変わっている。彼岸の語は《源氏物語》などにもでてくるが,江戸中期までは,春分・秋分の日から3日目が〈入り〉で6日目が中日であった。宝暦暦,寛政暦が採用されていた江戸中期には,春は春分前6日目,秋は秋分の前日がそれぞれ〈入り〉であった。また1844年以後は春分・秋分の計算方法を変えたので,それ以前と比べると春分は2日早く,秋分は2日ほど遅くなっている。古い文献で彼岸が8日間になっているときがあるが,これは彼岸の7日の間に没日(もつにち)という日があると,その日は正日にあらずとして数えなかったからである。
[内田 正男]

[索引語]
お彼岸 彼岸会 到彼岸 日想観 六波羅蜜 日の伴 日迎え日送り 天道念仏 春分の日 秋分の日
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
彼岸の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2906
検索コンテンツ
1. 彼岸(暦、気象)
日本大百科全書
春分・秋分の日を挟んで前後3日ずつ、計7日の間を彼岸、初日を彼岸の入り、終日を彼岸の明け、春分・秋分の日を中日という。彼岸は日本独特の暦注で、元来、暦家の説には ...
2. 彼岸(仏教、民俗)
日本大百科全書
「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、快適な気温であり、寺院では彼岸会を修して読経(どきょう)や法話を行い、参詣(さんけい)する人も多い。彼岸の入り(初日)を ...
3. 彼岸
世界大百科事典
古い文献で彼岸が8日間になっているときがあるが,これは彼岸の7日の間に没日(もつにち)という日があると,その日は正日にあらずとして数えなかったからである。内田  ...
4. ひ‐がん【彼岸】
デジタル大辞泉
《梵pāramitāの訳「到彼岸」から》 1 仏語。生死の迷いを河・海にたとえた、その向こう岸。悟りの境地をいう。⇔此岸(しがん)。 2 「彼岸会(ひがんえ)」 ...
5. ひ‐がん【彼岸】
日本国語大辞典
彼岸〓」(2)春秋二季の彼岸会(ひがんえ)。また、その法要の七日間。俳諧では、秋の彼岸を「後の彼岸」「秋の彼岸」という。 ...
6. ひがん【彼岸】
国史大辞典
それぞれ春の彼岸、秋の彼岸という。しかしこの日取りは弘化元年(一八四四)以後のことで、宝暦四年(一七五四)以前は春分・秋分の日より数えて三日目、すなわち春分が二 ...
7. 彼岸(ひがん)【篇】
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1069ページ ...
8. ひがん【彼岸】
プログレッシブ和英
合わせた7日間をいう.彼岸の中日には人々は寺院に参拝し墓参りをする.また,おはぎや団子を作って仏様や先祖に供える.「彼岸」はもともと仏教用語で「生死の海を渡って ...
9. ひがん【彼岸】
ポケプロ和伊
春[秋]の〜|equinozio di primavera [d'autunno] ...
10. ひ‐がん【彼岸】
仏教語大辞典
中一・弟子品 「第一義中本無邪見彼岸之異」 伝暦 上・推古元年 「遊魂彼岸、銷志道場」 2 梵 pāramitā 波羅蜜・波羅蜜多と音写。到彼岸と訳する 「 と ...
11. 彼岸 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
春分の前後3日ずつ、計7日間の仏教に由来する行事。彼岸とは「河の向こう岸」を意味する仏教用語で、生死を超えた悟りの境地のこと。この時期には先祖の霊が家に帰ってく ...
12. ひん‐がん【彼岸】
日本国語大辞典
〔名〕「ひがん(彼岸)」の変化した語。*かた言〔1650〕三「彼岸(ひがん)を、ひんぐはん」 ...
13. bǐ'àn彼岸
ポケプロ中日
[名詞] 【書面語・文章語】向こう岸. 【(仏教を除く)宗教】彼岸. 【たとえ・比喩】あこがれの地.  ...
14. ひがん【彼岸】[方言]
日本方言大辞典
ひがん の木き→ひがんぎ【彼岸木】ひがん の小鳥殺ことりごろし彼岸の前後、雪などが降って急に寒くなること。 岡山県苫田郡749かもだにことば(加茂郷土史研究会) ...
15. ひがん【彼岸】[標準語索引]
日本方言大辞典
春ひがん:彼岸中日、六月一日に行う行事やさら三月三日、五月五日、盆、鎮守祭、大正月、小正月、ひがん:彼岸を言うよめ の遊日盆の十六日とひがん:彼岸の最後の日おた ...
16. higan 【彼岸】
Encyclopedia of Japan
A seven-day Buddhist memorial service held twice a year, centering on the vernal ...
17. 피안彼岸
ポケプロ韓日
[名詞]【仏教】彼岸.[対義語]차안(此岸).  ...
18. 彼岸
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 138ページ ...
19. 彼岸
古事類苑
方技部 洋巻 第1巻 402ページ ...
20. ひがん‐え【彼岸会】
デジタル大辞泉
春秋の2回、彼岸の7日間に行われる法会。寺院に参詣し、墓参などの仏事を行う。俳句では特に春についていう。《季 春》  ...
21. ひがん‐え[:ヱ]【彼岸会】
日本国語大辞典
《季・春》*俳諧・類柑子〔1707〕上・里居の弁「彼岸会に里へ下ばや杖と足〈百猿〉」*随筆・塩尻〔1698〜1733頃〕九「凡暦家春秋の彼岸会を記す事久し」*風 ...
22. ひがんえ【彼岸会】
国史大辞典
彼岸は梵語の波羅蜜多pāramitāの訳で「到彼岸」の略。此岸を離れて彼岸に至るため、春秋二季、中日の前後七日間に行われる仏事をいう。善導の『観経疏』定善義に ...
23. 彼岸會(ひがんえ)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1069ページ ...
24. ひがん‐ぐさ【彼岸草】
日本国語大辞典
〔名〕植物。(1)ひがんばな(彼岸花)。《ひがんぐさ》仙台†039 宮城県仙台市124 《ひがんそう》新潟県037 三重県桑名市584 (2)つるれんげ(蔓蓮華 ...
25. ヒガンザクラ
日本大百科全書
バラ科の落葉小高木。コヒガンザクラ、チモトヒガン、アケボノヒガンともいう。春の彼岸(ひがん)のころに開花するので彼岸桜といわれ、3~4月、葉に先だって径約2.5 ...
26. ひがん‐ざくら【彼岸桜】
デジタル大辞泉
バラ科の落葉小高木。春の彼岸のころ、葉より先に淡紅色の花を開く。中部地方以西で庭などに植える。こひがんざくら。《季 春》  ...
27. ひがん‐ざくら【彼岸桜】
日本国語大辞典
俳諧・毛吹草〔1638〕二「二月〈略〉彼岸桜」*日本植物名彙〔1884〕〈松村任三〉「ヒガンザクラ」*恋慕ながし〔1898〕〈小栗風葉〉二七「上野の彼岸桜(ヒガ ...
28. 彼岸櫻(ひがんざくら)
古事類苑
植物部 洋巻 第1巻 291ページ ...
29. ひがん‐しゅう【彼岸衆】
日本国語大辞典
〔名〕(「ひがんしゅ」とも)仏語。彼岸会に参加する僧。彼岸会のとき、順番に、香花・仏供などを調える僧。彼岸侍者。*兵範記‐保元元年〔1156〕閏九月一八日「而彼 ...
30. ひがん‐しゅう【彼岸衆】
仏教語大辞典
「ひがんしゅ」とも 彼岸会に参加する僧。彼岸会のとき、順番に、香花・仏供などを調える僧。彼岸侍者。 兵範記 保元元・閏九・一八 「而彼三寺両山夏衆、彼岸衆、先 ...
31. 彼岸潮
日本大百科全書
彼岸(春分と秋分)のころの大潮の潮汐(ちょうせき)。朔(さく)(新月)および望(ぼう)(満月)の前後は月と太陽の潮汐をおこす力(起潮力)が重なって作用するため、 ...
32. ひがん‐じお[:じほ]【彼岸潮】
日本国語大辞典
〔名〕春秋の彼岸の頃の大潮をいう。俳句では特に春のものをさしていう。《季・春》ヒ〓ンジオ ...
33. ひがん‐じしゃ【彼岸侍者】
日本国語大辞典
〔名〕「ひがんしゅう(彼岸衆)」に同じ。 ...
36. ひがん‐じょ【彼岸所】
日本国語大辞典
日吉山王二十一社の社内で、彼岸会(ひがんえ)の仏事を修したことから始まる。*平家物語〔13C前〕六・横田河原合戦「大行事の彼岸所にしてね死にしぬ」*太平記〔14 ...
37. ひがん‐じょ【彼岸所】
仏教語大辞典
用いる堂。もと、日吉山王二十一社の社内で、彼岸会を修したことに始まる。 続史愚抄 四〇・文明七・三・六 「被始行法勝寺大乗会。〈当時焼後、用日吉大宮彼岸所、今度 ...
38. ひがん‐すぎ【彼岸過】
日本国語大辞典
〔名〕彼岸の七日間が過ぎたあと。《季・春》*俳諧・俳諧鼠道行〔1815〕「扶持米に雀もつくや彼岸過〈李峰〉」*彼岸過迄〔1912〕〈夏目漱石〉彼岸過迄に就て「元 ...
39. ひがんすぎ まで 七雪(ななゆき)
日本国語大辞典
春の彼岸を過ぎる頃までは、雪がたびたび降るということ。暑さ寒さも彼岸までというのに対していう。*俚言集覧〔1797頃〕「彼岸過まで七雪 此はあつさもさむさも彼岸 ...
40. ひがんせんせい【彼岸先生】
デジタル大辞泉
島田雅彦の長編小説。夏目漱石の「こゝろ」を下敷きに、「ぼく」と「先生」の奇妙な交流を描く。「海燕」誌に平成2年(1990)から平成3年(1991)にかけて連載、 ...
41. ひがん‐たろう[:タラウ]【彼岸太郎】
日本国語大辞典
〔名〕彼岸の第一日。この日が晴天だと、その年の稲の実りがよいという。《季・春》*俳諧・文化句帖‐二年〔1805〕二月「京辺やヒガン太郎の先天気」ヒ ...
42. ひがんたろう 八専次郎(はっせんじろう)土用三郎(どようさぶろう)寒四郎(かんしろう)
日本国語大辞典
彼岸の第一日目・八専の二日目・土用の三日目・寒の四日目のこと。この日が晴天だと、その年は豊年といわれた。*随筆・世事百談〔1843〕一・天時占候「農家にていふ諺 ...
43. 彼岸太郎(ひがんたろう)八専次郎(はっせんじろう)土用三郎(どようさぶろう)寒四郎(かんしろう)
デジタル大辞泉
彼岸の1日目、八専の2日目、土用の3日目、寒の4日目のこと。この日が晴天になると、その年は豊作とされた。  ...
44. ひがん‐だけ【彼岸茸】
日本国語大辞典
〔名〕きのこ「うぐいすたけ(鶯茸)」の異名。《ひがんだけ》和州†039 ヒ ...
45. ひがん‐だんご【彼岸団子】
デジタル大辞泉
仏への供養(くよう)のために、彼岸につくるだんご。《季 春》  ...
46. ひがん‐だんご【彼岸団子】
日本国語大辞典
〔名〕仏への供養のため、彼岸につくるだんご。《季・春》*浄瑠璃・菅原伝授手習鑑〔1746〕三「彼岸団子(ヒガンダンゴ)程な餠七つ宛(づつ)配ったは」*雑俳・俳諧 ...
47. ひがん‐ちゃのこ【彼岸茶子】
日本国語大辞典
〔名〕彼岸会(ひがんえ)の供物。彼岸の茶の子。*東京年中行事〔1911〕〈若月紫蘭〉三月暦「彼岸団子又は彼岸茶(ヒガンチャ)の子(コ)と云って、彼岸の間に団子牡 ...
48. ひがん‐な【彼岸菜】
日本国語大辞典
〔名〕植物、こまつな(小松菜)。《ひがんな》兵庫県一部030 岡山県一部030  ...
49. ひがん の 入(い)り
日本国語大辞典
彼岸七日のうちの第一日になること。また、その日。*浮世草子・好色二代男〔1684〕二・五「近付(ちかつき)彼岸(ヒガン)の入(イリ)、涅槃(ねはん)廿二日の事こ ...
50. ひがん の 中日(ちゅうにち)
日本国語大辞典
彼岸七日のうちの中の日。春分あるいは秋分の日がこれに当たる。《季・春》*台記‐久安六年〔1150〕二月二二日「彼岸中日午時、焼〓薫陸 ...
55. 彼岸花(ひがんばな) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)ともいい、9月の中旬に道端などで赤い花を咲かせる。彼岸花という名は秋の彼岸の頃に咲くことから。強い毒があり、過って食べると吐き気がした ...
62. ひがん‐まいり[:まゐり]【彼岸参】
日本国語大辞典
〔名〕彼岸会の間に、寺院や先祖の墓に参ること。また、その人。また、寺院から檀家に読経に行くことにもいう。ひがんもうで。《季・春》*仮名草子・都風俗鑑〔1681〕 ...
「彼岸」の情報だけではなく、「彼岸」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

彼岸と同じ雑節カテゴリの記事
土用(日本大百科全書・世界大百科事典)
暦の雑節の一つ。中国では、1年春・夏・秋・冬の四季に、木・火・土・金・水の五行をあてようとしたが、四季に五つを割り当てるのはむりである。そこで春・夏・秋・冬の四季に木・火・金・水をあて、各季の終わり18日余に土気をあてた。これを土用といい、土曜用事を略したものである。
二百十日(日本大百科全書(ニッポニカ))
暦の雑節の一つ。立春から数えて210日目の日。太陽暦の9月1日ごろにあたる。古来、台風襲来の時期でイネの開花期にあたり、農家の厄日として注意を促すため暦に記載される。渋川春海(しぶかわはるみ)が漁夫からこのことを聞いて1686年(貞享3)の暦から記載するようになったといわれているが
半夏生(改訂新版・世界大百科事典)
雑節の一つ。夏至から11日目で,太陽暦では7月2日ごろ。このころ〈半夏〉(カラスビシャク)という名の毒草が生えるのでこの名が生まれたという。全国的に農繁期の一応の終了期とされている。ハンゲハンゲなどの語呂合せで〈半夏半毛〉〈半夏半作〉などといい,この日までに田植を終わらないと秋の実りが遅れて
入梅(日本大百科全書(ニッポニカ))
雑節の一つ。梅雨の時期に入る日をいい、暦にはその日を記す。旧暦時代には五月節芒種(ぼうしゅ)に入って第一の壬(みずのえ)の日を入梅とする説を用いた。現行暦では太陽の視黄経が80度に達した日をもって入梅とし、太陽暦の6月11日ごろにあたる。この日から梅雨が始まるわけではなく、およそこのころから雨期に入ることを
八十八夜(改訂新版・世界大百科事典)
立春から数えて88日目をいう。太陽暦では5月2日ごろ。〈八十八夜の別れ霜〉などといわれ,この日を目安にして田の苗代を作ったり,畑作物の種まきや野菜の移植をするという所は多い。茶摘みの適期でもある。また漁の目安とする所もあり,瀬戸内では俗に魚島時(うおじまどき)といわれるほど豊漁のつづくころといわれるし
雑節と同じカテゴリの記事をもっと見る


「彼岸」は雑節に関連のある記事です。
その他の雑節に関連する記事
雑節(改訂新版・世界大百科事典)
現在,国立学校設置法4条1項により,暦書編製を行うことになっている東京天文台では,毎年2月1日付の官報に翌年の暦象要項を発表している。その雑節の項には四季の土用,節分,春秋の彼岸,八十八夜,入梅,半夏生,二百十日の日付が記載されている。
節分(日本大百科全書(ニッポニカ))
季節の変わり目。立春・立夏・立秋・立冬の前日。とくに立春の前日が重んじられている。現行暦では2月3日または4日。節分は太陽の運行を基準にして設けられているから、旧暦(太陰太陽暦)の時代には期日が一定せず、大みそかより前になることがあり、「年の内に春は来にけり」という場面があった。
彼岸(改訂新版・世界大百科事典)
春分・秋分を中日として,その前後おのおの3日にわたる1週間を〈お彼岸〉と称し,この期間に寺院では彼岸会という法会を行い,信者は寺に参詣し,説法を聴聞,また墓参などをする。このような習俗はインド,中国にもみられず,日本にしかない。彼岸の語はふつうサンスクリットpāramitā(波羅蜜多)の訳〈到彼岸〉の略とされ
社日(改訂新版・世界大百科事典)
中国において社(土地神)を祭る祝日をいう。一般に春秋2回行われるが,その日は時代によって異なる。唐代には,立春(立秋)後,第5番目の戊(つちのえ)の日である。村人たちはみな仕事を休んで叢林中の祠に集まり,酒肉をそなえた後,その供え物で飲み食いし,一日を楽しんだ。神楽(かぐら)も盛んに奏された。
八十八夜(改訂新版・世界大百科事典)
立春から数えて88日目をいう。太陽暦では5月2日ごろ。〈八十八夜の別れ霜〉などといわれ,この日を目安にして田の苗代を作ったり,畑作物の種まきや野菜の移植をするという所は多い。茶摘みの適期でもある。また漁の目安とする所もあり,瀬戸内では俗に魚島時(うおじまどき)といわれるほど豊漁のつづくころといわれるし
雑節に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る