ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 祝日
  9. >
  10. 勤労感謝の日

ジャパンナレッジで閲覧できる『勤労感謝の日』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

勤労感謝の日
きんろうかんしゃのひ

11月23日。「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」国民の祝日。1948年(昭和23)制定された。その前は国の祭日で、天皇が新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、自らも食する新嘗祭(にいなめさい)という祭事の日であった影響でこの日はいまも農業関係者の祭典の色彩が濃くみられる。
[森脇逸男]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
勤労感謝の日の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 32
検索コンテンツ
1. 勤労感謝の日
日本大百科全書
11月23日。「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」国民の祝日。1948年(昭和23)制定された。その前は国の祭日で、天皇が新穀を天神地祇(て ...
2. きんろうかんしゃ‐の‐ひ【勤労感謝の日】
デジタル大辞泉
もとの新嘗祭(しんじょうさい)にあたる。昭和23年(1948)制定。《季 冬》 書名別項。→勤労感謝の日  ...
3. きんろうかんしゃのひ【勤労感謝の日】[書名]
デジタル大辞泉
絲山秋子の中編小説。平成16年(2004)発表。  ...
4. きんろうかんしゃ‐の‐ひ[キンラウカンシャ:]【勤労感謝の日】
日本国語大辞典
かつての新嘗祭(にいなめさい)の日にあたる。《季・冬》*国民の祝日に関する法律〔1948〕二条「勤労感謝の日 十一月二十三日」キンローカンシャノヒ ...
5. 勤労感謝の日
プログレッシブ和英
Labor Thanksgiving Day ...
6. 勤労感謝の日
プログレッシブ和英
Labor Thanksgiving Day(〓11月23日) ...
7. la・bor, -bour音声
ランダムハウス英和
[=enormous labors]ひどく骨折ってLabor Thanksgiving Day(日本の)勤労感謝の日.2 (経営者・資本家に対する)労働者(階級 ...
8. 秋祭
日本大百科全書
して慎しむ期間であった。長い物忌のあとに旧暦の11月に収穫祭として霜月祭が行われた。今日の勤労感謝の日のもとになった新嘗祭(にいなめさい)は、収穫祭であると同時 ...
9. いとやま‐あきこ【絲山秋子】
デジタル大辞泉
現代人の心の傷を作品に描く。「沖で待つ」で芥川賞受賞。他に「イッツ・オンリー・トーク」「袋小路の男」「勤労感謝の日」「逃亡くそたわけ」など。  ...
10. いとやま-あきこ【絲山秋子】
日本人名大辞典
端康成文学賞。18年「沖で待つ」で芥川賞。東京出身。早大卒。本名は西平秋子。作品はほかに「勤労感謝の日」「海の仙人」「ラジ&ピース」など。 ...
12. 絲山秋子/東野圭吾[第134回芥川賞・直木賞を受賞]
イミダス 2016
果たす。04年、「袋小路の男」で川端康成文学賞を受賞。これまでに03年の「海の仙人」、04年の「勤労感謝の日」が芥川賞候補に、05年「逃亡くそたわけ」が直木賞候 ...
13. 英語語源学 160ページ
文庫クセジュ
」)のは驚くべきことである.この語はいまでは動物そのものしか示さないが,祝祭(クリスマス,勤労感謝の日)という含意を伴っている.同様にchinaは「磁器」という ...
14. きんろう【勤労】
プログレッシブ和英
for one's work dampened 勤労階級the working class 勤労感謝の日Labor Thanksgiving Day 勤労者a  ...
15. こくみん の 祝日(しゅくじつ)
日本国語大辞典
憲法記念日(五月三日)、こどもの日(五月五日)、秋分の日(九月二三日ごろ)、文化の日(一一月三日)、勤労感謝の日(一一月二三日)。昭和四一年六月に建国記念の日( ...
16. 国民の祝日
日本大百科全書
憲法記念日(5月3日)、こどもの日(5月5日)、秋分の日(秋分日)、文化の日(11月3日)、勤労感謝の日(11月23日)であった。1966年法改正で建国記念の日 ...
17. こくみん‐の‐しゅくじつ【国民の祝日】
デジタル大辞泉
日) 秋分の日(9月23日ごろ) 体育の日(10月の第2月曜日) 文化の日(11月3日) 勤労感謝の日(11月23日) 天皇誕生日(12月23日)  ...
18. 国家神道[宗教]
イミダス 2016
れるに至ったのである。だが、紀元節に基づく建国記念の日や、新嘗祭(→「大嘗祭」)を受け継ぐ勤労感謝の日などの「国民の祝日」や、天皇の皇室祭祀・公務、靖国神社の例 ...
19. 収穫祭
日本大百科全書
9月から11月の間に秋祭りを執行するのが一般で、これは当然に収穫祭の意味合いをもつものであり、11月23日の勤労感謝の日も第二次世界大戦前は新嘗祭(にいなめさい ...
20. 祝祭日
日本大百科全書
こどもの日(5月5日)、秋分の日(9月23日ころ。法律上は「秋分日」)、文化の日(11月3日)、勤労感謝の日(11月23日)の9か日とした。しかしその後、建国記 ...
21. 祝祭日
世界大百科事典
),秋分の日(秋分日。9月23日ごろ。公表方式は春分の日と同じ),文化の日(11月3日),勤労感謝の日(11月23日)の年中9日である。その後,66年の法改正で ...
22. しゅくさいじつ【祝祭日】
国史大辞典
、こどもの日(五月五日)、秋分の日(秋分日(九月二十三日ころ))、文化の日(十一月三日)、勤労感謝の日(十一月二十三日)。その後、紀元節復活の動きが自由民主党政 ...
23. しゅくじつ【祝日】
プログレッシブ和英
) 文化の日Culture Day(〓11月3日) 勤労感謝の日Labor Thanksgiving Day(〓11月23日) ...
24. しんじょう‐さい【新嘗祭】
デジタル大辞泉
明治6年(1873)以降は11月23日と定めて祭日としたが、昭和23年(1948)からは「勤労感謝の日」となり、国民の祝日となっている。にいなめさい。《季 冬》 ...
25. しんじょう‐さい[シンジャウ:]【新嘗祭】
日本国語大辞典
られた。明治維新後、太陽暦が採用されてから祭日は一一月二三日と定められた。現在はその日を「勤労感謝の日」として国民の祝日の一つ。にいなめさい。にいなめまつり。新 ...
26. 東京年中行事 2 224ページ
東洋文庫
った。   戦前は祭日の一つとして国民休業して祝意を表し   たが、現在は国民の祝日として勤労感謝の日とな   っている。東西本願寺法恩講(経距豊豆田) 十一月 ...
27. にいなめ‐さい[にひなめ:]【新嘗祭】
日本国語大辞典
天皇がその年の新穀を神に供え自らも食する儀が、宮中においてとり行なわれた。現在は、この日を勤労感謝の日とする。にいなめえ。にいなめのまつり。しんじょうさい。《季 ...
28. 新嘗祭
世界大百科事典
3日天皇が新穀を天神地祇に供え,天皇みずから食す。旧祝祭日の一つであったが,第2次大戦後〈勤労感謝の日〉として国民の祝日の一つとなった。律令制では,11月〈上卯 ...
29. にいなめさい【新嘗祭】
国史大辞典
明治六年から他の宮中祭祀の日とともに国家の祝祭日に定められた。第二次世界大戦後も国民の祝日の勤労感謝の日として継承されている。→神嘉殿(しんかでん),→大嘗祭( ...
30. 新嘗祭(にいなめさい) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
これを食する。飛鳥時代の頃に始められたと伝えられる。かつて国家行事であった新嘗祭は、戦後「勤労感謝の日」となり、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあ ...
31. 新嘗祭(にいなめのまつり)
日本大百科全書
明治以後、新嘗祭(にいなめさい)として11月23日を定め、1948年(昭和23)以降現在の勤労感謝の日として受け継がれている。山中 裕 ...
「勤労感謝の日」の情報だけではなく、「勤労感謝の日」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

勤労感謝の日と同じ祝日カテゴリの記事
山の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
8月11日。山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝することを趣旨とする国民の祝日。2014年(平成26)5月に制定され、2016年より実施。山の日を国民の祝日として制定することを目ざす運動は、2009年に日本山岳会の提唱により始まった。これに日本の主要な山岳団体が連携し
春分の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
「自然をたたえ、生物をいつくしむ」趣旨の国民の祝日。毎年3月21日ごろ。太陽が黄経0度の春分点を通過する日で、真東から出、真西に沈む。昼夜の時間がほぼ等しく、二十四節気の一つ。春の彼岸(ひがん)の中日にもあたる。
成人の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
1月の第2月曜日。「おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」趣旨の国民の祝日。1948年(昭和23)制定。従来は1月15日であったが、2000年から1月の第2月曜日となる。社会成員の認知を受ける通過儀礼ともいえる。
元日(国史大辞典)
年頭第一日、一月一日。元ははじめの意。この日年神を迎えて祭り、新年を祝った。古く村落では正月の満月の夜を中心に祭ったが、古代国家が大陸伝来の官暦を制定して以来、元日に四方拝・朝賀・節会など年始の朝儀公事が盛んになった。民間でもこの日を重んじて、新年の祝祭は元日と十五日とに二分され、さらに立春の行事とも習合した。
国民の祝日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国で定めた国民の祝いの日で、休日となる。1948年(昭和23)7月20日施行の「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律178号)によって、9日の祝日(休日)が定められた。すなわち、元日(1月1日)、成人の日(1月15日)、春分の日(春分日)、天皇誕生日(4月29日、現在は12月23日)、憲法記念日(5月3日)、こどもの日
祝日と同じカテゴリの記事をもっと見る


「勤労感謝の日」は国民の祝日に関連のある記事です。
その他の国民の祝日に関連する記事
明治節(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
昭和二年(一九二七)に制定された祝日。近代日本の指導者であった明治天皇をたたえるということで、その誕生日(明治時代の天長節)の十一月三日をあてたが、これは大正天皇の死去により明治天皇祭(先帝祭)がなくなったことによる措置である
国民の祝日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国で定めた国民の祝いの日で、休日となる。1948年(昭和23)7月20日施行の「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律178号)によって、9日の祝日(休日)が定められた。すなわち、元日(1月1日)、成人の日(1月15日)、春分の日(春分日)、天皇誕生日(4月29日、現在は12月23日)
昭和の日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民の祝日で、4月29日。「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ことを趣旨に制定された。もとは昭和天皇誕生日で、昭和天皇崩御後は、植物に造詣(ぞうけい)の深かった天皇にちなみ
うみ の 日(ひ)(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民の祝日の一つ。海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を願う日。元来は「海の記念日」として七月二〇日であったが、平成八年(一九九六)に国民の祝日となり、同一五年からは七月の第三月曜日。
みどりの日(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民の祝日で、5月4日。2006年(平成18)以前は4月29日であった。1989年(昭和64)1月7日、昭和天皇が崩御、従来の天皇誕生日は、名称を変えて祝日として残されることになった。学者として植物に造詣(ぞうけい)の深かった昭和天皇をしのび
国民の祝日に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る