ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 浪曲
  10. >
  11. なにわ‐ぶし[なには]【浪花節・難波節】

ジャパンナレッジで閲覧できる『なにわ‐ぶし[なには]【浪花節・難波節】』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典

なにわ‐ぶし[なには‥] 【浪花節・難波節】

解説・用例

〔名〕

江戸末期、大坂に起こった、三味線を伴奏とする大衆的な語り物。明治以降盛んになった。説経祭文から転化したもので、ちょんがれ節、うかれ節などとも呼ばれていた。語られる内容は多くは軍談・講釈・伝記など。最近では文芸作品も語られるが、義理人情を主とする。浪曲。

*随筆・嬉遊笑覧〔1830〕附録「今チョボクレと云もの已前の曲節とはかなりて文句を唄ふことは少く詞のみ多し。芝居咄しをするが如し。これを難波ぶしと称するは彼地より始めたるにや」

*暗夜行路〔1921〜37〕〈志賀直哉〉二・四「浪花節(ナニハブシ)が多かったが、義太夫もあった」

*断腸亭日乗〈永井荷風〉昭和一五年〔1940〕二月二五日「阿部一族は活動写真となり山椒太夫は浪花節にせられたり」

語源説

(1)文政年中、大坂の浪花伊助が創始したところからか〔上方語源辞典=前田勇〕。

(2)難波の地に起こったところから〔嬉遊笑覧〕。

発音

〓ナニアブシ・ナニヤフシ〔鳥取〕

〓[0]〓(0)


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
なにわ‐ぶし[なには]【浪花節・難波節】の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 212
検索コンテンツ
1. 浪花節
日本大百科全書
。この「東京浪花節組合」(頭取(とうどり)春日井(かすがい)松之助)の発足によって、芸人鑑札を受ける都合上からも浪花節に名のりを変える祭文語りが続々と現れた。ま ...
2. 浪花節
世界大百科事典
くれ,ちょんがれ,うかれ節などと呼ばれていたものを総称して,江戸で浪花節と呼ぶようになった。 大道芸から近代寄席芸へ 浪花節は初めは,大道芸,門付(かどづけ)芸 ...
3. なにわ‐ぶし【浪花節/難波節】
デジタル大辞泉
語り物の一種。江戸末期、説経節・祭文などの影響を受けて大坂で成立。初めはちょんがれ節・うかれ節などともよばれた。三味線の伴奏で独演し、題材は軍談・講釈・物語など ...
4. なにわ‐ぶし[なには‥]【浪花節・難波節】
日本国語大辞典
〕〈志賀直哉〉二・四「浪花節(ナニハブシ)が多かったが、義太夫もあった」*断腸亭日乗〈永井荷風〉昭和一五年〔1940〕二月二五日「阿部一族は活動写真となり山椒太 ...
5. なにわぶし【浪花節】
国史大辞典
、同三十三年には東京の寄席百二十軒のうち五十三軒までが浪花節をかけるようになった。同三十九年に関西節が「浪花節奨励会」、関東節が「浪花節研究会」を組織する。同じ ...
6. なにわぶし【浪花節】[標準語索引]
日本方言大辞典
ちょんがれぶし / もたれなにわぶし:浪花節の旧称うかるぶし / うかれぶし / おからぶし / おかりぶし / おかるぶし / おかれぶし / おんかれぶしな ...
7. なにわぶし‐かたり[なにはぶし‥]【浪花節語】
日本国語大辞典
〔名〕浪花節を口演する者。浪曲師。*微光〔1910〕〈正宗白鳥〉一〇「長屋から浪花節語りの単調な眠を促すやうな稽古声が」*余興〔1915〕〈森鴎外〉「畑は此時か ...
8. なにわぶし‐しばい[なにはぶししばゐ]【浪花節芝居】
日本国語大辞典
〔名〕浪花節の口演に合わせて演ずる演劇。ふし劇。*舗道雑記帖〔1933〕〈高田保〉浪花節芝居のために「節劇─即ち浪花節芝居となると、これはもう病気に近い方である ...
9. なにわぶし‐てき【浪花節的】
デジタル大辞泉
[形動]言動や考え方が義理人情を重んじ、通俗的で情緒的であるさま。「―な解決」  ...
10. なにわぶし‐てき[なにはぶし‥]【浪花節的】
日本国語大辞典
〔形動〕浪花節で語られる世界のように、義理や人情を重んじるさま。*ある偽作家の生涯〔1951〕〈井上靖〉「かうなると浪花節(ナニハブシ)的な美談になっちまふが」 ...
11. 浪花節の芸風と用語
日本大百科全書
関西節(かんさいぶし) 浪花節を大別すると、関西節、関東節、合いの子節に分かれる。関西節がいちばん古く、明治30年代までは浮連(うかれ)節といった。関東節より三 ...
12. おもな浪花節の演目
日本大百科全書
円朝原作『塩原多助一代記』も、東家楽燕(あずまやらくえん)の名演「愛馬(あお)の別れ」の人気により、浪花節の演目として定着した。一本刀土俵入(いっぽんがたなどひ ...
13. GNN[新語流行語]
イミダス 2017
義理、人情、浪花節。  ...
14. あいこう‐しゃ[アイカウ‥]【愛好者】
日本国語大辞典
〔名〕「あいこうか(愛好家)」に同じ。*余興〔1915〕〈森鴎外〉「畑は此時から浪花節の愛好者(アイカウシャ)となり」*頑な今日〔1963〕〈島尾敏雄〉「この野 ...
15. 仇討物
世界大百科事典
)ともいう。中世の謡曲,幸若から古浄瑠璃を経て,近世の歌舞伎,人形浄瑠璃や読本,実録,講釈,浪花節など,さまざまの分野で扱われ,重要な一系統を形づくっている。そ ...
16. あだうちもの【仇討物】
歌舞伎事典
中世の謡曲、幸若から古浄瑠璃を経て、近世の歌舞伎、人形浄瑠璃や読本(よみほん)、実録、講釈、浪花節など、さまざまの分野で扱われ、重要な一系統を形造っている。それ ...
17. 阿呆陀羅経
日本大百科全書
明治時代にも「尽し物」が大いに受けていた。祭文(さいもん)、ちょぼくれ(ちょんがれ)などとともに浪花節(なにわぶし)成立への一過程をなす。関山和夫 ...
18. 阿呆陀羅経
世界大百科事典
明治以降,浪花節として大成する以前,その先行芸能として江戸時代末期から行われていた語りの一種。近世に入り山伏を中心に〈祭文(さいもん)〉が芸能化し,法螺(ほら) ...
19. いきみ‐ごえ[‥ごゑ]【息声】
日本国語大辞典
〔名〕息をつめて力を入れて出す声。*夢声半代記〔1929〕〈徳川夢声〉江戸ッ児になる迄「浪花節の席に毎日通ったのであった。始めは、あのいきみ声(ゴヱ)が嫌ひであ ...
20. いっしん‐たすけ【一心太助】
デジタル大辞泉
戯曲・浪花節(なにわぶし)・講談の主人公。江戸で魚屋を営み、江戸っ子かたぎの侠気に富んだ人物で、大久保彦左衛門の愛顧をうけたという。歌舞伎「名高手毬諷実録(なに ...
21. いまむら-じろう【今村次郎】
日本人名大辞典
。明治38年の落語研究会(第1次)の発起人もつとめた。大正2年雑誌「講談倶楽部(クラブ)」が浪花節増刊号を発行したことでおきた講談師たちの寄稿ボイコットの中心人 ...
22. 色物
日本大百科全書
18)に講釈師が落語を色物とよんだこともあり、近代に及んで、講談、落語、義太夫(ぎだゆう)、浪花節(なにわぶし)など寄席の中心をなす演芸に対して、色どりとして加 ...
23. 色物
世界大百科事典
さして色物という。文化年間(1804-18)に講釈師が落語を色物と呼んだが,近代に及んで講談,落語,義太夫,浪花節など寄席の中心をなす演芸に対して色どりとして加 ...
24. うかれ‐ぶし【浮節】
日本国語大辞典
五幕「毎夜のやうに寄席歩き、咄しはござれ浮(ウカ)れ節(ブシ)、やれ義太夫の人形のと」(2)浪花節(なにわぶし)の関西での旧称。江戸時代、文化末年から文政初年に ...
25. うかれ‐ぶし【浮(か)れ節】
デジタル大辞泉
1 三味線に合わせてうたう通俗的な歌。 2 浪花節(なにわぶし)の関西での旧称。  ...
26. 唄入観音経
世界大百科事典
浪花節の演目。講釈ねたの《木鼠吉五郎(きねずみきちごろう)》に取材して畑喜代司が脚色したものを昭和初期に三門博(みかどひろし)が口演,〈遠くちらちら灯りがゆれる ...
27. うら‐かど【裏角】
日本国語大辞典
万歳、安来節、其の他「裏角(ウラカド)に何時(いつ)いっても空箱が置いてある。館の外にもれてくる浪花節を聞くために置いてあるのだ」 ...
28. エスペラント
日本国語大辞典
いては大のオプチミストだ」*閑耳目〔1908〕〈渋川玄耳〉エスペラント、浪花節「本年の流行の両大関はエスペラントと浪花節、関脇以下は何であらう」*妻の座〔194 ...
29. 江戸繁昌記 3 179ページ
東洋文庫
こみ合う(宍)郭内準を為し 江戸市中と同一規準で (一七)寄 よせせきの略。落語、講談、浄瑠璃、浪花節、手品、音曲などの演芸を興行する娯楽場。席亭 (天)牌 看 ...
30. 絵本江戸風俗往来 254ページ
東洋文庫
言い立てが、少し模様を変えてそれをチヨボクレと呼んだりチヨンガレと呼んだものではなかろうか。浪花節をチョンガレと呼んでいた地方があることは、浪曲の前身がチヨンガ ...
31. 絵本江戸風俗往来 273ページ
東洋文庫
短く切り上げるところなども近代的といえた。そして弟子の方の口演から錫杖と貝を取り除けば、そっくり田舎廻りの浪花節といってよかった。関東のデロレン祭文はこの人たち ...
32. 演芸
世界大百科事典
あげている。この演芸場と観物場とで上演される芸目を合わせたものがほぼ演芸の内容といえよう。落語,講談,浪花節,漫才,漫談,義太夫,新内,音曲,声帯模写,物まねと ...
33. えんげい‐もの【演芸物】
日本国語大辞典
蔵〉一五・四四「工場に於て職工慰安としての催し物のうち、演芸物には芝居、活動、曲芸、ニワカ、浪花節等がある」エン ...
34. 大岡政談物
世界大百科事典
歌舞伎,講談,人情噺,浪花節などで江戸南町奉行大岡越前守が登場する作品群をいう。大岡忠相は,享保年間(1716-36)に町奉行をつとめ,名奉行の聞こえ高かった人 ...
35. おおおかせいだんもの【大岡政談物】
歌舞伎事典
歌舞伎、講談、人情噺、浪花節などで江戸南町奉行大岡越前守が登場する作品群をいう。大岡越前守忠相は、享保年間に南町奉行を勤め、名奉行の聞こえ高かった人物。幕末か ...
36. おお‐かんばん[おほ‥]【大看板】
日本国語大辞典
特に大きく書いたところからいう。*寄席風俗‐木なし幕〔1941〕〈正岡容〉「さる円盤会社の専属浪花節のBと云ふ大看板」オーカンバン ...
37. 小沢昭一[ラジオ番組や一人芝居、芸能史研究でも知られた個性派俳優、死去]
イミダス 2017
崩して2012年9月21日に出演を見合わせるまで、通算1万355回を数える長寿番組に。また、40代の頃から浪花節、猿回し、ストリップなどの「放浪芸」を探求。レコ ...
38. おんぎょく‐ふきよせ【音曲吹寄】
日本国語大辞典
「演芸は、大略(一)講談、(二)落語、若くは人情話、(三)音曲吹寄(フキヨセ)、〈略〉(六)浪花節とす」オン ...
39. 恩讐の彼方に
世界大百科事典
で13世守田勘弥によって初演以来,2世市川猿之助,沢田正二郎らがしばしば上演している。講談や浪花節にも取りあげられ,とくにかずかずの文芸浪曲を手がけた酒井雲によ ...
40. 女義太夫
日本大百科全書
うるり)太夫に圧倒され、東京ほどの隆盛をみることはできなかった。 日露戦争後、琵琶(びわ)や浪花節(なにわぶし)が流行するにつれて女義は衰退し、1923年(大正 ...
41. おんな二代の記 217ページ
東洋文庫
戦争のおきみやげである縦断組合、企業別組合のカラをまだぬけられずにいるわけです。また当時床次内相は浪花節で道徳を復興するといい、やくざの仁義を鼓吹したせいか、国 ...
42. 懐旧録 サンスクリット事始め 270ページ
東洋文庫
まったので、船中では退屈まぎれに賑やかな無礼講を催して騒ぎたてるのであった。そのうちに誰か、浪花節の名人があって、しきりに船客を喜ばせていたのもまたおもしろい思 ...
43. かけあい‐まんざい[かけあひ‥]【掛合万歳】
日本国語大辞典
中心としたものに対する。*彼女とゴミ箱〔1931〕〈一瀬直行〉インチキ・レビュー、万歳、安来節、其の他「浪花節、掛合万歳(カケアヒマンザイ)、小唄万歳、音曲万歳 ...
44. 語り物
世界大百科事典
語で総称されている。中でも,義太夫節は人形と提携して人形浄瑠璃として発展した。成立時期の遅い浪花節,筑前琵琶なども語り物といえるが,中世以来の宗教性を色濃くとど ...
45. かたり‐もの【語り物】
デジタル大辞泉
平曲・幸若(こうわか)舞曲・説経節・祭文(さいもん)・浄瑠璃・薩摩(さつま)琵琶・筑前琵琶・浪花節など。→歌い物  ...
46. かたり‐もの【語物】
日本国語大辞典
〔名〕筋のある物語を節をつけて語る芸能。平曲、幸若、説経節、祭文(さいもん)、浄瑠璃、薩摩琵琶、筑前琵琶、浪花節など。その詞章をもいう。〓謡物(うたいもの) ...
47. かたりもの【語り物】
国史大辞典
楽として歌舞伎舞踊の地として発展し、いずれも現代にまで伝承された。成立年代は遅れるが、講談・浪花節も語り物の一種とみなしてよい。 [参考文献]笹野堅編『幸若舞曲 ...
48. 門付
日本大百科全書
大道芸と称したほうがぴったりの芸種である。 祭文や説教といった信仰に深く根ざした世界から近世を経て浪花節(なにわぶし)や講談、落語といった大衆娯楽芸能を生み出し ...
49. 歌謡
日本大百科全書
、諸派の箏曲(そうきょく)とともに行われた。 明治期には、琵琶(びわ)歌・ちょんがれの系統の浪花節(なにわぶし)が流行し、時勢に応じた軍歌、賛美歌、作詞に文人が ...
50. 勧善懲悪
世界大百科事典
。このような馬琴の小説を代表として,江戸期より近代にいたる,講談,歌舞伎,浄瑠璃,大衆小説,浪花節なども,その反権力的発想のよりどころとして〈勧善懲悪〉を標榜し ...
「なにわ‐ぶし[なには]【浪花節・難波節】」の情報だけではなく、「なにわ‐ぶし[なには]【浪花節・難波節】」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

なにわ‐ぶし[なには]【浪花節・難波節】と同じ浪曲カテゴリの記事
なにわ‐ぶし[なには]【浪花節・難波節】(日本国語大辞典)
江戸末期、大坂に起こった、三味線を伴奏とする大衆的な語り物。明治以降盛んになった。説経祭文から転化したもので、ちょんがれ節、うかれ節などとも呼ばれていた。語られる内容は多くは軍談・講釈・伝記など。最近では文芸作品も語られるが、義理人情を主とする。浪曲。
浪花節(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
大衆芸能の一種目。浪曲ともいう。一つの物語を旋律(フシ)と科白(せりふ、タンカ)で語る芸能。三味線を伴奏楽器とする。調子の高い関東節と低音に特色のある関西節に分けることができる。浪花節は江戸時代末期に流行した山伏や願人坊主の門付芸(祭文・ちょぼくれなど)に
浪曲と同じカテゴリの記事をもっと見る


「なにわ‐ぶし[なには]【浪花節・難波節】」は文化に関連のある記事です。
その他の文化に関連する記事
花火(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
火を扱う技術を一般に火術というが、そのなかでも芸術的な分野をなすものを花火という。すなわち花火は、火薬などが爆発しまたは燃えるときの光、火花、火の粉、音、煙などを巧みに組み合わせて、主として観賞の用に供するもので、その現象そのものをさすこともあれば、
書状(国史大辞典)
書状とは手紙のことであって、用件・意志・感情などを書き記して相手方に伝える私的な文書のことである。書簡・書翰・書札・尺牘(せきとく)・消息(しょうそく・しょうそこ)・消息文などと呼ばれる。これらのうち漢文体のものを尺牘といい、仮名書きのものを消息とい
能面(日本大百科全書・世界大百科事典)
能に用いる仮面。「おもて」とよばれ、「めん」とはいわない。ヒノキを彫り、顔料(がんりょう)で彩色して仕上げる。キリ、クスノキ、カツラを材料とすることもある。種類によっては目や歯に銅をはめ込み、めっきを施す。ひげやまゆげなどに植毛を施すこともある
松竹新喜劇(世界大百科事典)
関西喜劇の喜劇団。松竹傘下。旗揚げは1948年12月,大阪の中座で,以後もそこを本拠として活動し現在に至っている。旗揚げのプログラムは茂林寺文福(もりんじぶんぷく)こと曾我廼家十吾(そがのやとおご)(1892-1974)と館直志(たてなおし)こと渋谷
旧正月(平成ニッポン生活便利帳)
旧正月とは旧暦の正月のことで、その年によって日にちは異なります。二十四節気の雨水(新暦2月19日頃)の直前の朔日(新月)が旧暦の元日となり、新暦では年によって1月22日〜2月19日までの間を移動することになります。朔日を元日として始まる新年を大正月と
文化に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る