ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 藤原不比等
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

国史大辞典
藤原不比等
ふじわらのふひと
六五九 - 七二〇
奈良時代の政治家。鎌足の第二子。史とも書く。母を車持国子の女与志古娘とし、不比等を天智天皇の皇胤とする説があるが、信用しがたい。斉明天皇五年(六五九)生まれる。幼時山科の田辺史大隅の家に養われたといわれ、不比等(史)の名はそれに由来しよう。持統天皇以後歴代の信任あつく、その女宮子は文武天皇の夫人となり、大宝元年(七〇一)首皇子(のちの聖武天皇)を生んだ。また持統天皇の信任する県犬養三千代との間に安宿媛(光明子)をもうけ、光明子が霊亀二年(七一六)、皇太子首皇子の妃となることにより、皇室と二重の姻戚関係を結んだ。文武天皇二年(六九八)、鎌足に賜わった藤原朝臣の姓は子不比等にのみ伝えることとされ、文武の死直前の慶雲四年(七〇七)四月には、歴朝に奉仕した功により食封五千戸を賜わり、不比等はうち二千戸のみを受けた。天平勝宝八歳(七五六)の『東大寺献物帳』に、草壁皇子(文武天皇の父)から不比等に賜わった黒作懸佩刀が、不比等から文武へ、文武の死後不比等へ、不比等の死後また首皇子へと継承されたとあることも、不比等と皇室との緊密な関係を物語る。政治の面では大宝元年直広壱から正三位に叙せられ、中納言から大納言となり、刑部親王のもとで『大宝律令』の編纂に活躍、和銅元年(七〇八)には右大臣に昇った。同年に始まる平城遷都の事業も、不比等が主唱した可能性が大きい。晩年には『養老律令』の編纂を主宰したが、養老四年(七二〇)八月三日、右大臣正二位、六十二歳で没(『懐風藻』は六十三歳とする)。太政大臣正一位を追贈された。『延喜式』諸陵寮には、大和国十市郡の多武岑墓を不比等の墓とする。のち天平宝字四年(七六〇)、近江国十二郡に封じられ、淡海公と称された。律令制の形成期にあって政務の運営を指導し、国家の基礎を固める上に大きく貢献するとともに、皇室との姻戚関係により、特権貴族としての藤原氏の地位を不抜のものとした。武智麻呂・房前・宇合・麻呂の四人の男子はそれぞれ藤原南家・北家・式家・京家の祖となって政界に活躍し、女子も長屋王・橘諸兄・大伴古慈斐など有力な皇族・貴族の室となった。平城京における不比等の居宅は宮城の東に隣接し、のち光明子に伝領され、法華寺となった。仏教の信仰厚く、父鎌足の開いた山階寺を飛鳥の厩坂から平城京に遷し、興福寺を建立、また同寺に維摩会を興した。同寺の北円堂は、養老五年、不比等の一周忌に創建された。『懐風藻』に詩五首を載せる。
[参考文献]
上田正昭『藤原不比等』(『朝日選書』三二〇)
(笹山 晴生)

多武峯墓(とうのみねのはか)

 伝不比等(淡海公)の墓は三ヵ所にある。養老四年(七二〇)八月不比等は六十三歳(『懐風藻』)で死ぬ。天平二年(七三〇)墓前祭を催すが、埋葬地の記録はない。『延喜式』諸陵寮に、近墓として「多武岑墓(贈太政大臣正一位淡海公藤原朝臣、在〓大和国十市郡〓、兆域東西十二町、南北十二町、無〓守戸〓」)」とあるが、同書内閣文庫本の書入れに「国史並貞観式云、大織冠墓云々、今文已違〓式誤也」とあるように、父鎌足の墓とかんがえられたこともあった。また『江家次第』では「八墓大和国一所(多武峯淡海公)」としている。現在、奈良県桜井市多武峯にある談山神社の十三重塔婆(現建物は天文元年(一五三二)再建、重要文化財)を、これにあてている。しかし、『公卿補任』養老四年条に「十月八日戊子、火〓葬佐保山推山岡〓、、従〓遺教〓也」とあり、『帝王編年記』には「養老四年八月三日薨、六十二、葬〓佐保山〓」とある。『聖蹟図志』によると、聖武天皇佐保山南陵の西に「淡海公」と記した小山を描いている。奈良市法蓮町北畑に通称、西淡海公・東淡海公の二基の墳墓がある。これは聖武天皇陵の西北にある陪塚で、い号・ろ号と名付ける。い号は径約三〇メートルの円墳、現在の高さ約二メートル、雑木が茂る。その東方にあるろ号は南北約二五メートル、東西約三五メートル、高さ五メートルの円墳である。野淵竜潜『大和国古墳取調書』(明治二十六年(一八九三))には『山陵廻日記』を引用し不比等の墓とするものの、い号を火葬地、ろ号を墓所とする。い号では焼土などは認められない。『奈良市史』考古編(昭和四十三年(一九六八))では藤原宮子(不比等の女)の佐保山西陵をどちらかにあてようと示唆している。いずれも談山神社、聖武天皇陵とのかかわりによって想定されており、考古学的には実証できていない。
(猪熊 兼勝)


日本大百科全書(ニッポニカ)
藤原不比等
ふじわらのふひと
[658/659―720]

飛鳥(あすか)・奈良時代の政治家。藤原鎌足(かまたり)の第2子。武智麻呂(むちまろ)、房前(ふささき)、宇合(うまかい)、麻呂(まろ)、宮子(みやこ)(文武(もんむ)天皇夫人)、安宿媛(あすかひめ)(光明(こうみょう)皇后)の父。名を史とも書く。理由あって山科田辺史大隅(やましなのたなべのふひとおおすみ)の家に養われたからとも伝える。689年(持統天皇3)判事とあるのが初見。大宝律令(たいほうりつりょう)の撰定(せんてい)に参加。そのころ、すでに美努(みの)王に嫁して葛城(かつらぎ)王(後の橘諸兄(たちばなのもろえ))ら三児を産んでいた県犬養三千代(あがたいぬかいのみちよ)と結婚。その宮廷における隠然たる勢力にも助けられて、しだいに政界に進出、中納言(ちゅうなごん)から大納言、ついで補佐の功により食封(じきふ)5000戸を賜ったが、辞退して2000戸にとどまる。708年(和銅1)には右大臣に進み、また女(むすめ)の安宿媛を皇太子首(おびと)皇子(後の聖武(しょうむ)天皇)の妃に納(い)れ、専権的傾向を強くする。718年(養老2)自ら中心となって養老(ようろう)律令の編纂(へんさん)に着手したが、完成を待たずに720年に没した。太政(だいじょう)大臣・正(しょう)一位を贈られ、佐保(さほ)山に火葬したともいう。またのち760年(天平宝字4)にはその功および皇家の外威(がいせき)を理由に、斉太公の故事に倣い、近江(おうみ)12郡に封じて淡海(たんかい)公と称された。なお生前には山階(やましな)寺の維摩会(ゆいまえ)を復興した。
[岸 俊男]



世界大百科事典
藤原不比等
ふじわらのふひと
659-720(斉明5-養老4)

奈良時代初期の重臣。史(ふひと)とも表記。鎌足の次男で,母は車持君国子(くるまもちのきみくにこ)の娘の与志古(よしこ)。幼時は山科(京都市山科区)の田辺史大隅(たなべのふひとおおすみ)の家で育ったので,史と名づけられたという。父の死後3年目に起こった壬申の乱では,田辺一族から近江方の将軍となった者も出たが,不比等自身はまだ少年であったし,乱後の天武朝には,姉妹の氷上(ひかみ)や五百重(いおえ)が天武夫人(ぶにん)としてそれぞれ但馬(たじま)皇女や新田部皇子を生んだためもあって,順調に官途を歩みだしたらしく,持統朝で判事(はんじ)に任命されたときには,数え年31歳で直広肆(じきこうし)(従五位下相当)に昇っていた。判事任命は,父と同じように法律にも関心のあったことを思わせるが,文武朝での大宝律令制定のさいには刑部(おさかべ)親王を補佐し,施行と同時に正三位大納言に昇った。時に42歳。この間,娘の宮子(みやこ)を文武夫人とし,父に賜った藤原という氏を自分の子孫に限定するために,698年(文武2),他の藤原一族はすべて元の中臣という氏に戻らせることに成功し,また文武没後の713年(和銅6)のことであるが,文武天皇の他の配偶者からは嬪(ひん)/(みめ)という称号を剝奪して配偶者を宮子に限定し,その翌年には文武と宮子との間に生まれた首(おびと)皇子(後の聖武天皇)を立太子させ,さらに自分と後妻の県犬養三千代(あがたいぬかいのみちよ)との間に生まれた光明子を716年(霊亀2)には皇太子夫人とするなど,他氏を排除しながら自分の一家と皇室との結びつきを深めていった。

 朝廷では先輩である左大臣正二位石上麻呂(いそのかみのまろ)が717年(養老1)に没すると右大臣正二位のまま首班となり,数人の下僚とともに養老律令の制定に着手したが,完成しないうちに720年8月に病没,10月に太政大臣正一位を贈られ,760年(天平宝字4)8月には淡海公(たんかいこう)の称号が贈られた。女子には宮子,光明子のほかに長屋王(ながやおう),橘諸兄(たちばなのもろえ),大伴古慈斐(おおとものこしび)にそれぞれ嫁した3人が知られ,男子では武智麻呂(むちまろ),房前(ふささき),宇合(うまかい),麻呂(まろ)の4人が不比等没後の政界でそろって活躍した。なお《懐風藻》には不比等の五言詩5首が収められている。
[青木 和夫]

[索引語]
藤原史 淡海公 藤原武智麻呂 藤原房前 藤原宇合 藤原麻呂
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
藤原不比等の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 356
検索コンテンツ
1. 藤原不比等
日本大百科全書
飛鳥(あすか)・奈良時代の政治家。藤原鎌足(かまたり)の第2子。武智麻呂(むちまろ)、房前(ふささき)、宇合(うまかい)、麻呂(まろ)、宮子(みやこ)(文武(も ...
2. 藤原不比等
世界大百科事典
659-720(斉明5-養老4) 奈良時代初期の重臣。史(ふひと)とも表記。鎌足の次男で,母は車持君国子(くるまもちのきみくにこ)の娘の与志古(よしこ)。幼時は ...
3. ふじわら‐の‐ふひと【藤原不比等】
デジタル大辞泉
[659〜720]奈良初期の公卿。鎌足(かまたり)の二男。諡号(しごう)、文忠公・淡海公。右大臣。大宝律令・養老律令の編纂(へんさん)に参加。娘の宮子は文武天皇 ...
4. ふじわら‐の‐ふひと【藤原不比等】
日本国語大辞典
奈良初期の公卿。右大臣。父は鎌足。母は車持国子の娘。大宝律令撰修に参画、養老律令を完成。平城京遷都を主唱し、氏寺山階寺を奈良に移して興福寺と改めた。後室橘三千代 ...
5. ふじわらのふひと【藤原不比等】
国史大辞典
養老五年、不比等の一周忌に創建された。『懐風藻』に詩五首を載せる。 [参考文献]上田正昭『藤原不比等』(『朝日選書』三二〇) (笹山 晴生) 多武峯墓(とうのみ ...
6. 藤原不比等
日本史年表
700年〈文武4 庚子⑦〉 6・17 刑部親王 ・ 藤原不比等 らに律令(『大宝律令』)を撰定させ、禄を賜う(続紀)。 710年〈和銅3 庚戌〉 3・‐ 藤原不 ...
7. ふじわらの-ふひと【藤原不比等】
日本人名大辞典
659−720 飛鳥-奈良時代の公卿(くぎょう)。斉明天皇5年生まれ。藤原鎌足(かまたり)の次男。母は車持与志古娘(くるまもちの-よしこのいらつめ)。藤原四家の ...
8. 藤原不比等[文献目録]
日本人物文献目録
否認す』谷井済一『再び藤原鎌足及び藤原不比等の墓所に就いて』谷井済一『淡海公の説』黒川真道『藤原鎌足及不比等墓所考、追考』喜田貞吉『藤原不比等及三千代』田口卯吉 ...
9. Fujiwara no Fuhito 【藤原不比等】
Encyclopedia of Japan
659−720 Aristocrat and court official. The second son of Fujiwara no Kamatari, h ...
10. 藤原不比等興家 (見出し語:藤原不比等)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1669ページ ...
11. 藤原不比等諡號 (見出し語:藤原不比等)
古事類苑
封祿部 洋巻 第1巻 56ページ ...
12. 藤原不比等賜度者 (見出し語:藤原不比等)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1536ページ ...
13. 県犬養氏
世界大百科事典
一族の三千代(橘三千代)は天武朝から元正朝までの5朝に歴任し,元明天皇から橘氏を賜った。彼女は夫藤原不比等を助けるかたわら,同族の繁栄をはかり,県犬養広刀自を聖 ...
14. 県犬養橘三千代
日本大百科全書
初め美努(みの)王に嫁し、葛城王(橘諸兄(たちばなのもろえ))、牟漏(むろ)女王らを産み、藤原不比等(ふひと)に再嫁して光明子(こうみょうし)を産む。持統(じと ...
15. あがたいぬかい‐の‐たちばな‐の‐みちよ【県犬養橘三千代】
デジタル大辞泉
[?〜733]奈良前期の女官。美努(みぬ)王に嫁して橘諸兄(たちばなのもろえ)を産み、藤原不比等に再嫁して光明皇后を産んだ。文武・聖武天皇の養育にあたり、橘姓を ...
16. あがたいぬかい‐の‐みちよ【県犬養三千代】
日本国語大辞典
大和、奈良時代の女官。初め美努王(みぬおう)に嫁して橘諸兄(たちばなのもろえ)を産み、のちに藤原不比等(ふひと)と再婚して光明皇后を産む。文武、聖武両天皇の養育 ...
17. あがたのいぬかいのみちよ【県犬養三千代】
国史大辞典
?―七三三 奈良時代の女性。藤原不比等の妻、光明皇后の母。従四位下県犬養宿禰東人の女で、はじめ敏達天皇の曾孫にあたる美努王に嫁し、葛城王(橘諸兄)・佐為王(橘 ...
18. あがたのいぬかいの-みちよ【県犬養三千代】
日本人名大辞典
飛鳥(あすか)-奈良時代の女官。三野(みのの)王の妻となり橘諸兄(たちばなの-もろえ)らを,のち藤原不比等(ふひと)と再婚して光明(こうみょう)皇后を生んだ。和 ...
19. 安積親王
世界大百科事典
聖武天皇の皇子。母は県犬養広刀自。同腹の姉妹に井上内親王,不破内親王がある。聖武天皇の正妻光明子は藤原不比等の女で718年(養老2)阿倍内親王(のちの孝謙天皇) ...
20. あすかべおう【安宿王】
国史大辞典
生没年不詳 奈良時代の皇族。長屋王の子。母は藤原不比等の女。そのため長屋王の変で、罪を免れた。天平九年(七三七)従五位下。玄蕃頭・治部卿・中務大輔・播磨守兼迎 ...
21. あすかべおう【安宿王】
日本人名大辞典
?−? 奈良時代,長屋王の子。母は藤原不比等(ふひと)の娘。長屋王の変の際は母の縁で罪をまぬかれ,玄蕃頭(げんばのかみ),治部卿,播磨守(はりまのかみ),讃岐( ...
22. 安宿王
世界大百科事典
奈良時代の皇族。長屋王の子。生没年不詳。729年(天平1)長屋王が謀反の疑いで自尽したとき,母が藤原不比等の女であるので,黄文王(きぶみのおう),山背王とともに ...
23. あま【海人・海士・海女・蜑】
日本国語大辞典
子〉昭和二三年「海女(アマ)沈む海に遊覧船浮む」【二】〔一〕龍宮珠(たま)取り伝説の海女。藤原不比等(ふひと)が、龍神に奪われた明珠をとりもどそうと、讚岐の志度 ...
24. 天離(あまさか)る月星
デジタル大辞泉プラス
長岡良子による漫画作品。古代幻想ロマンシリーズ第3弾。藤原不比等の幼少期を描く。『ボニータ』1985年5月号~8月号に連載。秋田書店ボニータコミックス全1巻。  ...
25. いえます【家増】
日本人名大辞典
戦国時代の画家。土佐派。京都青蓮院(しょうれんいん)の藤原鎌足(かまたり),定恵(じょうえ),藤原不比等(ふひと)の三像一幅の絵をかいたという。元亀(げんき)2 ...
26. いおえのいらつめ【五百重娘】
日本人名大辞典
藤原鎌足(かまたり)の娘。氷上(ひかみの)娘の妹。新田部(にいたべ)親王を生む。「尊卑分脈」は後年,異母兄の藤原不比等(ふひと)と通じ,藤原麻呂(まろ)を生んだ ...
27. いさがわじんじゃ【率川神社】奈良県:奈良市/奈良町/本子守町
日本歴史地名大系
氏人口伝云、率川社者、故右大臣藤原是公所建立也、其後毎二季之祭日、有公家御幣使」とあって、藤原不比等の曾孫是公の建立となっている。しかしすでに養老令に当社祭礼「 ...
28. いしかわのとすのいらつめ【石川刀子娘】
国史大辞典
夫人藤原宮子娘の産んだ首(おびと)皇子(聖武天皇)の立太子を実現するためであったらしい。陰謀の主役は、藤原不比等と県犬養宿禰三千代であったと推定される。この処分 ...
29. いしかわの-とすのいらつめ【石川刀子娘】
日本人名大辞典
るが,和銅6年ふたりともその称号を禁じられた。首(おびとの)皇子(聖武天皇)の擁立にからむ藤原不比等,県犬養三千代(あがたのいぬかいの-みちよ)の陰謀によるとい ...
31. 妹背山婦女庭訓(浄瑠璃集) 347ページ
日本古典文学全集
おちぶれてみすぼらしい。「尾羽打カラス 牢人者なとの窶レたる貌を云」(俚言集覧)。藤原鎌足の子、藤原不比等。「淡海公」は死後の称。節日(季節の変り目など節目の日 ...
32. うえつきじあと【殖槻寺跡】奈良県:大和郡山市/郡山城下
日本歴史地名大系
寺ともいったらしい。創建については不詳であるが、「七大寺年表」和銅二年(七〇九)一〇月条に藤原不比等が殖槻道場で継摩会を修せしめたとあるのをとれば、平城遷都以前 ...
33. うめのみやしやあと【梅宮社跡】京都府:綴喜郡/井手町/井手村
日本歴史地名大系
」とも付す。これによれば、檀林皇后の祀った神は、もと橘諸兄の母でのち藤原不比等夫人となった県犬養宿禰三千代が祀り、次いでその子光明皇后(諸兄とは異父妹)および乙 ...
34. 梅宮大社
日本大百科全書
橘清友(きよとも)(檀林皇后の父)をあわせ祀(まつ)っている。初め県犬養三千代(あがたいぬかいのみちよ)(藤原不比等(ふひと)の妻、光明(こうみょう)皇后の母) ...
35. うめのみやたいしゃ【梅宮大社】京都市:右京区/西梅津村地図
日本歴史地名大系
」とも付す。これによると檀林皇后橘嘉智子の祀った神は、もと諸兄の母でのち藤原不比等夫人となった県犬養宿禰三千代が祀り、次いでその子光明皇后(諸兄とは異父妹)およ ...
36. 栄花物語 196ページ
日本古典文学全集
興福寺維摩会。十月十日から藤原鎌足の忌日である十六日までの七日間、『維摩経』を講ずる法会。藤原不比等。鎌足男。贈正一位太政大臣。父鎌足の念持仏を本尊に興福寺を建 ...
37. えちぜんのくに【越前国】福井県
日本歴史地名大系
経て若狭―越前への道も重要視された。寛平三年(八九一)には関白・太政大臣であった藤原基経が、藤原不比等の近江(淡海公)、藤原良房の美濃(美濃公、また忠仁公ともい ...
38. 大鏡 332ページ
日本古典文学全集
時に妊娠六か月で、生れた子が男ならば臣の子に、女ならば自分の子にしようと仰せになった、誕生したのが藤原不比等である、と記す。男子は、『大鏡』では中臣意美麿とする ...
39. 大鏡 333ページ
日本古典文学全集
中臣意美麿とて、宰相までなりたまへり。天智天皇の御子の孕まれたまへりし、右大臣までなりたまひて、藤原不比等のおとどとておはしけり。亡せたまひて後、贈太政大臣にな ...
40. おおとものこしび【大伴古慈斐】
国史大辞典
持統天皇九年(六九五)生まる。吹負の孫、祖父麻呂の子。少にして才幹があり学才もあった。それを見込んでか藤原不比等はその女を妻とさせた。天平勝宝八歳(七五六)五月 ...
41. おおともの-こしび【大伴古慈斐】
日本人名大辞典
695−777 奈良時代の公卿(くぎょう)。持統天皇9年生まれ。妻は藤原不比等(ふひと)の娘。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)8年出雲守(いずものかみ)のとき朝 ...
42. 大伴安麻呂
世界大百科事典
ふけい),兄の御行(みゆき)とともに天武側について従軍した。708年(和銅1)元明天皇から藤原不比等らとともに子々孫々供奉し各自努むべき勅を賜う。710年都は平 ...
43. おおとものやすまろ【大伴安麻呂】
国史大辞典
同三年朝政に参議し、兵部卿を経て、慶雲二年(七〇五)大納言、大宰帥をかねた。このころ石上麻呂・藤原不比等につぐ重臣であった。和銅七年(七一四)正三位大納言をもっ ...
44. おおとりごう【大鳥郷】大阪府:和泉国/大鳥郡
日本歴史地名大系
賜姓されている。〓登の姓は聖武の諱の首と藤原不比等の名を避けるために、首と史を廃して一時期称された姓である。「行基大僧正舎利瓶記」によると行基 ...
45. 諡
日本大百科全書
第二のほう、すなわち人臣では、(1)太政(だいじょう)大臣になった人に諡号を賜ったのが例(藤原不比等(ふひと)の文忠公など)であるが、入道した人には諡はない。( ...
46. 諡
世界大百科事典
いる(土御門天皇,東山天皇の名のごとき)。 臣下の場合は,国家に大功のあった人に贈られる。藤原不比等に贈られた漢風諡は,文忠公であった。太政大臣の官にあった者は ...
47. 刑部親王・忍壁親王
日本史年表
700年〈文武4 庚子⑦〉 6・17 刑部親王 ・ 藤原不比等 らに律令(『大宝律令』)を撰定させ、禄を賜う(続紀)。 703年〈大宝3 癸卯④〉 1・20  ...
48. おさかべ‐しんのう[:シンワウ]【忍壁親王・刑部親王】
日本国語大辞典
父とともに東国で戦う。川島皇子、広瀬王、竹田王などと「帝紀」および上代の諸事を撰し、また、藤原不比等などと「大宝律令」を制定。慶雲二年(七〇五)没。オサカベシン ...
49. かいふうそう【懐風藻】
国史大辞典
托した官人集団の詩が、『懐風藻』の詩であった。その中できわだって詩数も多く、本格的な詩を残すのが藤原不比等とその三子、総(房)前・宇合・万里(麻呂)で、『万葉集 ...
50. 海竜王寺
日本大百科全書
律宗の寺。総国分尼寺法華寺の隣地にある。731年(天平3)光明(こうみょう)皇后御願寺で、藤原不比等(ふひと)の旧殿を改めて仏閣とし、735年入唐(にっとう)僧 ...
「藤原不比等」の情報だけではなく、「藤原不比等」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

藤原不比等と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「藤原不比等」は日本書紀に関連のある記事です。
その他の日本書紀に関連する記事
続日本後紀(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
『日本後紀』に続く勅撰の歴史書。20巻。「六国史」の4番目。833年(天長10)の仁明天皇の即位より850年(嘉祥3)の仁明の死去と葬儀に至る18年の歴史を記す。855年(斉衡2)文徳天皇の命により藤原良房、藤原良相、伴善男、春澄善縄、県犬養貞守の5人が編集にあたり、清和天皇の869年
日本後紀(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
『続日本紀』に続く勅撰の歴史書。40巻。「六国史」の第三番目。792年(延暦11)より833年(天長10)に至る桓武、平城、嵯峨、淳和四天皇の時代42年間の記録を編年体でまとめたもの。819年(弘仁10)嵯峨天皇の指示を受け、藤原冬嗣、藤原緒嗣らが編纂を開始した。
藤原不比等(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
六五九-七二〇奈良時代の政治家。鎌足の第二子。史とも書く。母を車持国子の女与志古娘とし、不比等を天智天皇の皇胤とする説があるが、信用しがたい。斉明天皇五年(六五九)生まれる。幼時山科の田辺史大隅の家に養われたといわれ
続日本紀(日本大百科全書・東洋文庫・改訂新版 世界大百科事典)
『日本書紀』に続く勅撰の歴史書。40巻。「六国史」の2番目。697年(文武天皇1)より791年(延暦10)に至る95年間を編年体で叙述する。797年(延暦16)に全40巻が完成・奏上されたが、それまでの編集過程は複雑である
六国史(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
官撰の6種の国史の総称。奈良・平安時代に編纂された『日本書紀』『続日本紀』『日本後紀』『続日本後紀』『日本文徳天皇実録』『日本三代実録』がそれである。国史の編纂は古く、7世紀、聖徳太子のときに『天皇記』以下が完成したといわれるが
日本書紀に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る