ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 随筆
  10. >
  11. 酉陽雑俎

ジャパンナレッジで閲覧できる『酉陽雑俎』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

東洋文庫・日本大百科全書・世界大百科事典

東洋文庫
酉陽雑俎 1
ゆうようざっそ 1
東洋文庫382
段成式撰 今村与志雄訳注
唐代の名家に生まれた段成式による百科全書的ひろがりをもつ随筆集。道教・仏教・博物学・衣食習慣・異事奇聞など,当時の思想・社会の底流を明かす貴重な資料でもある。本邦初の完訳で,詳細な校記と訳注を付す。第1巻は,巻一から巻五まで。
1980年07月刊

【閲覧画面サンプル】
酉陽雑俎 1

【目次】
表紙
(扉)
『酉陽雑俎』序
巻一
1 忠志 君王の事跡(一話―二〇話)
2 礼異 儀式習俗の異聞(二一話―三二話)
3 天咫 天界の不思議(三三話―三七話)
巻二
4 玉格 道教の秘儀(三八話―七七話)
5 壺史 道士の逸話(七八話―八七話)
巻三
6 貝編 仏教経典録異(八八話―一六二話)
巻四
7 境異 異国の奇聞(一六三話―一九二話)
8 喜兆 吉事の前兆(一九三話―一九五話)
9 禍兆 禍の前兆(一九六話―一九八話)
10 物革 事物の変異(一九九話―二〇四話)
巻五
11 詭習 奇怪な習俗(二〇五話―二一〇話)
12 怪術 呪術の世界(二一一話―二二六話)
地図 唐代の中国
長安城坊図
洛陽城坊図
裏表紙


日本大百科全書(ニッポニカ)
酉陽雑俎
ゆうようざっそ

中国、唐代の随筆。段成式 (だんせいしき)著。前集20巻、続集10巻。860年ごろ成立。書名は湖南の小酉山の下に、1000巻の書を隠した穴があるという伝説による。宰相で蔵書家であった父をもち、宮中の図書係である校書郎の職について、無類の読書家であった著者が、その該博な知識を駆使して、奇事異談から衣食風習、医学、宗教、動植物に至るまで、世事万端についての見聞、考証を記したもの。なかには非現実的な記事も見受けられ、前集にある「盗侠篇 (へん)」などはほとんど小説といえる内容も含むが、多くは唐代の社会風俗を知るための貴重な記録である。

[今西凱夫]



改訂新版 世界大百科事典
酉陽雑俎
ゆうようざっそ
Yǒu yáng zá zǔ

中国,晩唐時代,段成式(803?-863)の異聞雑記集。前集20巻,後集10巻。段氏は唐代の名家で,父の段文昌は穆宗(ぼくそう)の宰相をつとめた。この書は,段成式自身の見聞を核とし,さまざまな異聞や博物的知識を集大成して成る。その範囲は,中国知識人の正統的な知識のほか,道教や仏教に及び,地域的にはインドやペルシアまで含む。〈雑俎〉と名付けられているように〈ごった煮〉的な内容で,強い主張をもった作品ではないが,特に〈諾皐(だくこう)記〉〈支諾皐〉などの編は,唐末社会の中での説話のあり方を知るためにも重要である。シンデレラ型の物語が,年代的には世界で最も古くこの書物に見えることでも有名。
[小南 一郎]

[索引語]
Yǒu yáng zá zǔ 段成式
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
酉陽雑俎の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 642
検索コンテンツ
1. 酉陽雑俎
日本大百科全書
中国、唐代の随筆。段成式だんせいしき著。前集20巻、続集10巻。860年ごろ成立。書名は湖南の小酉山の下に、1000巻の書を隠した穴があるという伝説による。宰相
2. 酉陽雑俎
世界大百科事典
中国,晩唐時代,段成式(803?-863)の異聞雑記集。前集20巻,後集10巻。段氏は唐代の名家で,父の段文昌は穆宗(ぼくそう)の宰相をつとめた。この書は,段成
3. ゆうようざっそ[イウヤウザッソ]【酉陽雑俎】
日本国語大辞典
中国唐代の子部の小説類の一つ。二〇巻。続集一〇巻。段成式撰。八六〇年頃成立。内容は、仙仏人鬼から、動植物に至るまでの広範な怪事異聞を、三六の部立に分けて随筆風に
4. 『酉陽雑俎(ゆうようざつそ)
世界文学大事典
段成式の異聞集。前集20巻,続集10巻。正史に漏れた歴史の遺事・逸話,伝承された神話や怪異な説話,婚礼葬儀をはじめとする民間の習俗,動植物などの博物志的な記述な
5. 酉陽雑俎(著作ID:4380534)
新日本古典籍データベース
ゆうようざっそ 唐段少卿酉陽雑俎 段成式(だんせいしき) 撰 
6. 『酉陽雑俎』 【ゆうようざっそ】
世界文学大事典
→ 段成式 【だんせいしき】
7. 酉陽雑俎 1
東洋文庫
唐代の名家に生まれた段成式による百科全書的ひろがりをもつ随筆集。道教・仏教・博物学・衣食習慣・異事奇聞など,当時の思想・社会の底流を明かす貴重な資料でもある。本
8. 酉陽雑俎 2
東洋文庫
唐代の名家に生まれた段成式による百科全書的ひろがりをもつ随筆集。道教・仏教・博物学・衣食習慣・異事奇聞など,当時の思想・社会の底流を明かす貴重な資料でもある。本
9. 酉陽雑俎 3
東洋文庫
唐代の名家に生まれた段成式による百科全書的ひろがりをもつ随筆集。道教・仏教・博物学・衣食習慣・異事奇聞など,当時の思想・社会の底流を明かす貴重な資料でもある。本
10. 酉陽雑俎 4
東洋文庫
唐代の名家に生まれた段成式による百科全書的ひろがりをもつ随筆集。道教・仏教・博物学・衣食習慣・異事奇聞など,当時の思想・社会の底流を明かす貴重な資料でもある。本
11. 酉陽雑俎 5
東洋文庫
唐代の名家に生まれた段成式による百科全書的ひろがりをもつ随筆集。道教・仏教・博物学・衣食習慣・異事奇聞など,当時の思想・社会の底流を明かす貴重な資料でもある。本
12. かんかん【韓幹】(Hán Gàn)
世界人名大辞典
),〈牧馬図〉(台北故宮博物院)がある.〖文献〗 歴代名画記9.唐朝名画録.寺塔記(上)(《酉陽雑俎》続5所収).〖参考〗 長島健:唐の画家韓幹, 1960(《
13. だんせいしき【段成式】(Duàn Chéngshì)
世界人名大辞典
歴任.温庭筠(おんていいん),李商隠と名を斉しくしたが,詩は2人に及ばない.広い見聞と知識に基づいて,《酉陽雑俎, 20巻》《続集, 10巻》を編んだ.古今の事
14. あく‐そう[‥サウ]【悪瘡】
日本国語大辞典
uo (アクサウヲ)ワヅラワセラレテ」*酉陽雑爼「土檳榔〈略〉主治〓悪瘡
15. いち‐げき【一撃】
日本国語大辞典
田独歩〉三「舌頭の戦なら〈略〉多年の手練を以て一撃(ゲキ)の下に国子さんを破って見せます」*酉陽雑爼‐寺塔記・下「一撃百千有〓規、
16. 打ち出の小槌
日本大百科全書
出していたが、ここでは打ち出と小槌と二つの物にしている。 この類の宝物譚は外国にも多いが、中国の唐代の『酉陽雑俎ゆうようざっそ続集』に、新羅しらぎの古伝としてみ
17. うちでのこづち【打出小〓
国史大辞典
それを振ると、思いのままに何でも出せるという小さな槌。大陸の伝承としては、『酉陽雑爼』などの諸書に、同じような如意宝を得て、思いのままに酒食を出したと伝えられ
18. 燕京歳時記 北京年中行事記 73ページ
東洋文庫
この時代になると彼女の所在もきまって西方の仙境たる毘掃山  であるということになる。唐の段成式の『酉陽雑俎』には、王母は姓を楊といい名を回といい、  一名を娩診
19. 臙脂
世界大百科事典
ラックカイガラムシ(現在の中国名は紫膠虫)の分泌物からとれた染料のことである。唐の段成式の《酉陽雑俎(ゆうようざつそ)》によれば,真臘(カンボジア)産で,真臘で
20. 疥画像
字通
。 疥壁 かいへき 壁に落書きする。〔酉陽雑俎、十二、語資〕大〓の末、禪師玄覽
21. 甲子夜話 2 42ページ
東洋文庫
腰を反する計何の趣意にや心得ざりしに、近頃『酉陽雑俎』を読に同きことあり。此書は唐の段成式の所レ著。然れば反腰は古へより有ると見へたり。『酉陽雑俎』日。元和初有
22. 甲子夜話 2 263ページ
東洋文庫
〕 第十七巻に、肥前国の辺鄙、人なし商のこと云たり。今その図を見出したれば紗写す。〔=〕 『酉陽雑俎』にアリ〔虫〕とヂガバチ〔同〕とのことを言へり。真に視るが如
23. 桂
世界大百科事典
にさかのぼって,月の中に桂の木と蟾蜍(ひきがえる)がいるという民話が普遍化し,唐の段成式の《酉陽雑俎(ゆうようざつそ)》には,500丈の桂を呉剛という男が切ろう
24. かつら‐おとこ[‥をとこ]【桂男】
日本国語大辞典
、桂男(カツラヲトコ)のぬしさんにほれたがえんかヱヱ」(1)は「酉陽雑俎‐天咫」に、古くからの言い伝えとして、月の中に高さ五〇〇丈の桂があり、その下で仙道を学ん
25. かまど‐うま【竈馬】
日本国語大辞典
学名はDiestrammena apicalis 《季・秋》*俳諧・滑稽雑談〔1713〕七月「竈馬 酉陽雑俎云、竈馬、状如〓促織
26. かまど の 神(かみ)
日本国語大辞典
〕「にぎやかに・かまどの神はいつかるす」*書言字考節用集〔1717〕三「竈神 カマドノカミ〔酉陽雑俎〕竈神有〓六女
27. かみなり‐うお[‥うを]【雷魚】
日本国語大辞典
一名かみなりうを。古へは常陸水戸に産す。今は出羽秋田に多し。この魚、性雷声を好めり。ゆへに酉陽雑俎にこれを雷魚といふ」
28. 鐶
字通
〔字鏡集〕鐶 ミミカネ・ユビカネ・タマキ・クサリ 鐶鈕 かんちゆう(くわんちう) とって。金の把手。〔酉陽雑俎、十三尸〓(墓穴)〕後魏の俗、
29. が‐じん[グヮ‥]【画人】
日本国語大辞典
、俳人、詩人の要は、能く宇宙の幾微を吹鼓し、神韻縹緲、恍乎として自然と同化冥合するに在り」*酉陽雑俎‐続集・寺塔記・上「曼殊院東廊、大暦中、画人陳子昂画
30. 『楽府雑録』 【がふざつろく】
世界文学大事典
話にも富む。894(乾寧1)年以後の成立とされ,中国古典戯曲論著集成本がすぐれる。作者は,『酉陽雑俎』の著者段成式の子で,詩人温庭筠の女婿である。
31. き‐かん【奇寒】
日本国語大辞典
頃綿入も欲しかった奇寒(キカン)は日暮方から蒸籠(せいろう)に蒸さるる怪しい暑さに換って」*酉陽雑俎‐語資「劼問〓少遐
32. キツネ画像
世界大百科事典
向けることだという。妖怪としてのキツネは,人間に化けて人をたぶらかしたり,火を発したりするとされ(《酉陽雑俎》巻十五などに記述),とくに魏・晋以降多くの伝説を生
33. きゃく‐りょく【脚力】
日本国語大辞典
」(2)遠方に急用や音信を伝えたり、荷物の運送などに従事する使いの者。飛脚。かくりき。きゃくりき。*酉陽雑俎‐恠術「元和末、塩城脚力張儼、逓〓牒入
34. 共古随筆 224ページ
東洋文庫
奨子役切音積人死作レ鬼鬼死作レ璽笈二書此一貼レ門則離二鬼  崇千里一又酉陽代酔ナドニ委し  酉陽雑俎云時俗干門上画虎頭書響字謂陰府鬼神之名可三以消二瘡痛一 (五
35. 教坊記・北里志 127ページ
東洋文庫
一銭がただちに金六商や銀六両を指すと定まっているわけではない◎一方、一銭を百文とする例は、唐の段成式の『酉陽雑俎』、皇甫枚の『三水小憤』などにも見られ、唐の末期
36. 琴棊書画 198ページ
東洋文庫
また謝変礼という人が香櫨を二つに剖いて盃となし、天子より下賜された酒を客に勧めた話を載せている。これは『酉陽雑俎』捲に出ている魏の鄭公懇の碧笥杯繭膝の故事と好一
37. 近世説美少年録 120ページ
日本古典文学全集
序、古文真宝後集)。「機関カラクリ 〔酉陽雑爼〕近ロ一古冢ヲ開ク云云、某審ニスルニ佗無シ、必ズ機関ナラン」(名物六帖・器財箋五・凡百雑器)
38. 近世説美少年録 122ページ
日本古典文学全集
「団坐マトイスル、クルマザ」(雑字類編・五)。自由自在に人の眼をくらますたくらみ。「機関カラクリ 〔酉陽雑俎〕近口一古冢ヲ開ク云々、某審ニスルニ佗無シ、必ズ機関
39. 義経記 1 4ページ
東洋文庫
英飯 塚   朗中野美代子ヴァ!ルミ:キ岩 本   裕訳著訳著括 撰郁訳注訳著訳著窺㎜飾棚輯酉陽雑俎-~5全五巻㎜王船山詩文集    〈修羅の夢〉謝ライラとマジ
40. ぎょ‐しん【漁津】
日本国語大辞典
〔名〕川や海の漁港。*菅家文草〔900頃〕四・寄白菊四十韻「水国親賓絶、漁津商賈喧」*酉陽雑俎「平原高〓城東有
41. 衢画像
字通
やはり瞿kiuaと声義の関係があろう。 衢宇 くう 街道筋。 衢柯 くか 四方にはり出た木の枝。〔酉陽雑俎、寺塔記上、聖柱聯句の序〕上座〓
42. くろ‐ずいしょう[‥ズイシャウ]【黒水晶】
日本国語大辞典
の如き眼の光鋭く」(2)黒紫色の葡萄(ぶどう)をいう。*随筆・独寝〔1724頃〕下・一三〇「酉陽雑爼に見へしは一名馬乳(まかにい)、又黒水晶ともいふ。天竺にては
43. 軽(輕)画像
字通
けいけい 軽刑。 軽鷁 けいげき 小舟。 軽健 けいけん 身軽く健康。〔酉陽雑俎、続八、支動〕鄲縣の侯生なる〓
44. 〓画像
字通
戸締まり。 〓鎖 けいさ 錠前。〔酉陽雑俎、語資〕〓王常て
45. けい‐さ【〓鎖】
日本国語大辞典
〔名〕錠をかけてとざすこと。また、その錠。*酉陽雑俎‐語資「見〓草中一櫃
46. 荊楚歳時記 31ページ
東洋文庫
⑧ 却鬼丸  魔よけの丸薬。唐の段成式の『酉陽雑俎』前集巻一「礼異」の条に「梁主、常に伝詔の童をして群臣に歳旦の酒・辟悪散・却鬼丸の三種を賜う」とあり、民間の
47. 荊楚歳時記 54ページ
東洋文庫
飾ったものらしい◎注に見える博戯の賦は、そのことを記したものとしては最も古い。唐の段成式の『酉陽雑俎』(『古今図書集成』歳功典巻二十所引)によると「立春の日、士
48. 荊楚歳時記 57ページ
東洋文庫
練燕を作った人の手際のよさを賞した言葉。⑪ 青書を銜え  繰燕の口に青書をくわえさすことか。『酉陽雑俎』前集巻一、礼異に「北朝婦人……立春、春書を進む。青ぎ給を
49. 荊楚歳時記 86ページ
東洋文庫
① 下生の日  釈尊の降誕日。経典には四月八日説のものが多いが、唐の段成式の『酉陽雑俎』前集巻四、焉者国(函ゆ旨号舞)の条に「五月五日。彌勒下生」とあり、西域で
50. 荊楚歳時記 143ページ
東洋文庫
あり、多くの禁忌の例をあげている。その中に食物の禁忌が多いのは暑気との関係からであろうか。『酉陽雑俎』前集巻十一、広知の条には「五月五日、血を見る勿れ」とある。
「酉陽雑俎」の情報だけではなく、「酉陽雑俎」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

酉陽雑俎と同じ随筆カテゴリの記事
方丈記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉時代の随筆。著者鴨長明。一巻。広本と略本三種とがあり、広本の奥に、建暦二年(一二一二)三月末桑門の蓮胤(長明の法号)が外山(京都市伏見区日野の法界寺の南)の庵で執筆したとある。広本には、大福光寺本(重要文化財)などの古本系と嵯峨本などの流布本系の諸本があり
甲子夜話(東洋文庫)
東洋文庫306 上は将軍大名の逸話から,下は狐狸妖怪の奇聞まで,ありとあらゆる話柄を記した江戸時代随筆集の白眉。表題は,文政4年(1821),静山62歳の11月甲子の夜に起筆されたことにちなむ。第1巻は,巻一から巻十九まで
酉陽雑俎(東洋文庫・日本大百科全書・世界大百科事典)
東洋文庫382 段成式撰 今村与志雄訳注 唐代の名家に生まれた段成式による百科全書的ひろがりをもつ随筆集。道教・仏教・博物学・衣食習慣・異事奇聞など,当時の思想・社会の底流を明かす貴重な資料でもある。本邦初の完訳で,詳細な校記と訳注を付す。第1巻は
随筆と同じカテゴリの記事をもっと見る


「酉陽雑俎」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
一休ばなし(日本古典文学全集)
この数年来、栗栖野の片隅に閉じこもって、萩の下枝や篠の葉などを集めてきて、それを葺き並べて、雨漏りのする粗末な庵の漏りを止め、嵐を防ぐ手だてとし、たった一鉢の食物や藜の吸い物をすすって、うつらうつらと
曾我物語(日本古典文学全集)
日本の報恩の合戦、謝徳の闘諍の集並びに序〔一〕そもそも、日域秋津島と申すのは、国常立尊からこの方、天神七代・地神五代、合せて十二代は、神代のこととてさて置く。地神五代の末の御神を、早日且居尊と申しあげ
御裳濯河歌合(日本古典文学全集)
御裳濯河歌合西行法師判者俊成卿一番左持山家客人岩戸を開けた天照大神のその昔に、いったい誰がこのように(御裳濯河のほとりに美しく咲いている)桜を植えたのであろうか。右野径亭主神路山には月が清らかに澄んで
傾城買二筋道(日本大百科全書・世界大百科事典)
洒落本(しゃれぼん)。1冊。梅暮里谷峨(うめぼりこくが)著。雪華画。1798年(寛政10)刊。書名は自序に「遊冶郎(いろをとこ)の乖功(ゆきすぎ)は醜夫(ぶをとこ)の温柔(うちば)には猶(なほ)及ばざるがごとし」とあり、遊里における行きすぎと誠実の
傾城買四十八手(国史大辞典・世界大百科事典)
江戸時代後期の洒落本。山東京伝作。寛政二年(一七九〇)刊。一冊。さまざまのタイプの遊客遊女との会話を四つの場面に描き分け、遊興・恋愛における男女の手くだ・技巧・感情を細かく鋭い観察と巧妙な写実手法によって、辛辣にまたユーモラスに描き、のちの諸作品への
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る