ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 経済
  8. >
  9. 金融
  10. >
  11. フィッシャー効果

ジャパンナレッジで閲覧できる『フィッシャー効果』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)

フィッシャー効果
ふぃっしゃーこうか
The Fisher hypothesis
The Fisher effect

アメリカの経済・統計学者I・フィッシャーが提唱した理論。予想インフレ率(予想物価上昇率、期待インフレ率ともいう)が変化すると、名目金利(表面上の金利)も同様に変化し、実質金利には影響しないという効果のこと。

 フィッシャーが提案した金利と予想インフレ率に関する関係式はフィッシャー方程式とよばれ、基本的には直接観察できない実質金利は、名目金利から予想インフレ率を引いたもので表される(実質金利=名目金利-予想インフレ率)。実質金利であれ、名目金利であれ、金利はこれから未来にかけてどのくらいの利子がつくかという将来に関する情報であり、他方、現時点から将来にかけての予想インフレ率は未知である。このため、(事前の)実質金利は、名目金利から予想インフレ率を差し引いたもので近似されるのである。

 ここで、経済の長期均衡においては、自然利子率(長期均衡における中立的な実質金利)が実現するため、予想インフレ率の変化が名目金利のみを変化させ、実質金利には影響を与えないという見解をフィッシャー効果(またはフィッシャー仮説、フィッシャー法則)とよぶ。換言すれば、フィッシャー方程式の実質金利に自然利子率を代入しても、この方程式の関係が成立すると考えられる。

 フィッシャー効果の現実的な是非については、さまざまな実証研究が行われている。1980年代に行われた多くの研究では、否定的な見解が示されることが多かったが、これらの研究は、直接観察できない予想インフレ率をどう扱うかという部分にむずかしさがあった。その後、物価連動国債の発行が各国で進み、予想インフレ率を直接に観察できるようになった。物価連動国債は、インフレ連動債ともよばれ、物価の動向に連動して元本が増減するため、インフレがおきても実質的価値が減少しない国債である。このデータを用いた実証研究によれば、長期的にみた実質金利は安定しており、名目金利の動きがおもに予想インフレ率から影響を受けているとみられるとする実証結果が得られることが多く、フィッシャー効果が成立している(予想インフレ率の動きが名目金利に反映される)と考えられる。

[平田英明]2021年1月21日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
フィッシャー効果の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2
検索コンテンツ
1. フィッシャー効果
日本大百科全書
め、予想インフレ率の変化が名目金利のみを変化させ、実質金利には影響を与えないという見解をフィッシャー効果(またはフィッシャー仮説、フィッシャー法則)とよぶ。換言
2. フィッシャー効果[カタカナ語]
イミダス 2018
[Fisher effect]【経済・金融】実質金利は名目金利から物価上昇率を引いて得られるという考え方.
「フィッシャー効果」の情報だけではなく、「フィッシャー効果」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

フィッシャー効果と同じ金融カテゴリの記事
金融早期健全化法(日本大百科全書(ニッポニカ))
体力の落ちた金融機関に予防的に公的資金を注入できるように定めた法律。正式名称は「金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第143号)。バブル経済崩壊後の1998年(平成10)10月に成立・施行され、都市銀行や地方銀行など
国立印刷局(日本大百科全書(ニッポニカ))
日本銀行券、各種証券類、郵便切手、『官報』などの製造を行う独立行政法人。独立行政法人国立印刷局法(平成14年法律第41号)に基づき、2003年(平成15)4月に設立された。1871年(明治4)7月にこれまで外国に依頼していた紙幣印刷を国内で行うために創設された大蔵省紙幣司
債務保証(日本大百科全書・世界大百科事典)
信用力や十分な担保のない個人、法人、団体などが借入れ、物やサービスの購入、不動産の賃借契約を行うときに、その返済や支払いの義務(債務)を、第三者が保証する行為。借入金の返済や、代金、家賃などの支払いができない場合、借り手にかわって第三者である保証人が返済
外国為替及び外国貿易法(日本大百科全書・世界大百科事典・法律用語辞典)
日本の国際取引に関する基本法。略称は「外為法(がいためほう)」。国際取引に対して為替(金融)の側面と貿易(物)の側面の両方からの規律を定めている。1949年(昭和24)制定。昭和24年法律第228号。かつては「外国為替及び外国貿易管理法」と称していたが
ディスクロージャー(日本大百科全書・世界大百科事典)
企業、政府、地方自治体などが、自ら保有している情報を開示すること。情報開示ともいう。なお、この項目では企業のディスクロージャーについて解説する。[武田典浩]2020年7月21日企業のディスクロージャー投資家が投資判断をする際には
金融と同じカテゴリの記事をもっと見る


「フィッシャー効果」は社会に関連のある記事です。
その他の社会に関連する記事
憲政擁護運動(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
1912~13年(大正1~2)と、24年(大正13)の二度にわたって展開された藩閥専制政府打倒を目ざす政党、民衆の運動。護憲運動と略称する。[阿部恒久]▲第一次護憲運動行財政整理により財源を確保し、日露戦後経営の完遂を期す第二次西園寺公望(さいおんじ
満蒙独立運動(国史大辞典・世界大百科事典)
満蒙(中国東北および内モンゴル)地方の中国から分離独立を企てた二度にわたる日本の一部軍人・大陸浪人の謀略工作。(一)第一次満蒙独立運動辛亥革命直後の明治四十五年(一九一二)初め、大陸浪人川島浪速は清朝の崩壊に乗じ、皇族粛親王善耆を擁立して満洲を独立さ
大正デモクラシー(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
日露戦争後から大正末年にかけ、政治の世界を中心に、社会・文化の分野にまで顕著に現われた民主主義的、自由主義的傾向。〔研究状況〕信夫(しのぶ)清三郎『大正デモクラシー史』(昭和二十九年(一九五四)―三十四年)以来、「大正デモクラシー」の用語がひろく使わ
フィッシャー効果(日本大百科事典)
アメリカの経済・統計学者I・フィッシャーが提唱した理論。予想インフレ率(予想物価上昇率、期待インフレ率ともいう)が変化すると、名目金利(表面上の金利)も同様に変化し、実質金利には影響しないという効果のこと。フィッシャーが提案した金利と予想インフレ率に
国立国会図書館(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
1948年(昭和23)「国立国会図書館法」の制定に伴い設置された図書館。英語名はNational Diet Library。翌1949年、東京の上野にあった、上野図書館(帝国図書館)を支部図書館として合併、1961年国会議事堂わきに本館(東京都
社会に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る