ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 洒落本
  10. >
  11. 遊子方言

ジャパンナレッジで閲覧できる『遊子方言』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

国史大辞典

遊子方言
ゆうしほうげん
洒落本。一冊。田舎老人多田爺(ただのじじい)作。明和七年(一七七〇)刊と推定される。通人ぶった中年の男が若い息子ふうの男を連れて、柳橋から吉原仲の町の茶屋を経て遊女屋に遊び、盛んに高慢をいい知ったかぶりを見せるが、結局は遊女に冷遇され、おとなしい息子がもてるという筋。うぬぼれの半可通と初心の客を対置し、会話を主とする写実的描写によって滑稽感を盛り上げるという、以後の洒落本の定型を確立した。『勉誠社文庫』三二(影印)、『洒落本大成』四、『日本名著全集』一二所収。
[参考文献]
中村幸彦「遊子方言評注」(『中村幸彦著述集』八所収)
(水野 稔)


日本大百科全書(ニッポニカ)

遊子方言
ゆうしほうげん

洒落本 (しゃれぼん)。小本 (こほん)1冊。1770年(明和7)ごろ江戸刊。作者田舎 (いなか)老人多田爺 (ただのじじい)の正体は『莘野茗談 (しんやめいだん)』(平秩東作 (へつつとうさく)著)にいう丹波 (たんば)屋利兵衛か。丹波屋は大坂の本屋だったが、1761年(宝暦11)以後江戸で文林堂として活躍した。内容は通人ぶった男がその通を示してやろうと、うぶな息子を連れて吉原に遊んだのはいいが、結局半可通を暴露して嫌われ、かえって息子がもてるというもの。写実と滑稽 (こっけい)を基とする短編遊里小説という洒落本の定型を確立。洒落本評判記『戯作評判花折紙 (けさくひょうばんはなのおりかみ)』(1802)に「小書 (こがき)いしやうつけの開山」と称された。

[中野三敏]



世界大百科事典

遊子方言
ゆうしほうげん

洒落本。田舎老人多田爺(いなかろうじんただのじじい)作。1770年(明和7)刊。1冊。書名は漢籍《揚子(ようし)方言》のもじり。作者は大坂下りの書肆丹波屋利兵衛といわれる。通人とうぬぼれている半可通の男が,うぶな商家のむすこをつれて吉原遊郭に遊び,途中の船宿や船中,茶屋などでさかんに通人ぶりを示そうとするが,しだいに化けの皮をあらわし,遊女屋でも女郎に冷遇される。一方むすこは大いにもてるという筋。会話を主とする文体で,人物の服装,言語,動作などを細かく描きつつ,類型的ではあるがその性格を表現し,おのずからに生ずるこっけい感を盛り上げた小説的構成を確立しており,また〈通〉という理念を洒落本に定着させた画期的な作品である。
[水野 稔]

[索引語]
田舎老人多田爺 通
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
遊子方言の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 286
検索コンテンツ
1. いうしはうげん【遊子方言】
全文全訳古語辞典
[書名]江戸中期の洒落本。一冊。田舎老人多田爺作。一七七〇年(明和七)刊。江戸吉原で通人ぶった男が振られ、野暮な初心者がもてる話を、洗練された会話文で展開。洒落
2. 『遊子方言』
日本史年表
1770年〈明和7 庚寅⑥〉 この年 田舎老人多田爺 『遊子方言』 刊か。
3. 遊子方言
日本大百科全書
洒落本しゃれぼん。小本こほん1冊。1770年(明和7)ごろ江戸刊。作者田舎いなか老人多田爺ただのじじいの正体は『莘野茗談しんやめいだん』(平秩東作へつつとうさく
4. 遊子方言
世界大百科事典
洒落本。田舎老人多田爺(いなかろうじんただのじじい)作。1770年(明和7)刊。1冊。書名は漢籍《揚子(ようし)方言》のもじり。作者は大坂下りの書肆丹波屋利兵衛
5. ゆうしほうげん[イウシハウゲン]【遊子方言】
日本国語大辞典
江戸中期の洒落本。一冊。田舎老人多田爺(ただのじじい)作。明和七年(一七七〇)刊。書名は漢の揚雄の著「揚子方言」のもじり。江戸吉原を舞台とする一夜の遊興において
6. ゆうしほうげん【遊子方言】
国史大辞典
『勉誠社文庫』三二(影印)、『洒落本大成』四、『日本名著全集』一二所収。 [参考文献]中村幸彦「遊子方言評注」(『中村幸彦著述集』八所収) (水野 稔)
7. 遊子方言(著作ID:1783206)
新日本古典籍データベース
ゆうしほうげん 田舎老人多田爺(いなかろうじんただのじじ) 洒落本 明和七刊
8. あい‐ぎ[あひ‥]【間着・合着】画像
日本国語大辞典
上着とはだ着の間に着る衣服。*洒落本・禁現大福帳〔1755〕三「肌衣相着(アイギ)は色々を装ひ」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「黒羽二重の紋際もちとよごれし
9. あい‐さつ【挨拶】
日本国語大辞典
脱衣之礼儀〓也」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「おかみさま。あれは何かおかしなもので御座りますぞへ。大がいにあいさつをして
10. あい‐そう[‥サウ]【愛想・愛相】
日本国語大辞典
そ風情も面白けれ。更に愛そうもない景ぢゃが、されども、ちっとけうがることがあるぞ」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「ここの女房は、あまり愛想(アイソウ)がよく
11. あし が=遠(とお)い[=遠(とお)くなる・=遠(とお)のく]
日本国語大辞典
足遠い。〓足が近い。*洒落本・遊子方言〔1770〕霄の程「すっきと御足か御遠(とふ)く成なんしたの」*人情本・春色梅児誉美〔183
12. あだ‐つ・く【徒付・婀娜付】
日本国語大辞典
いちゃつく。じゃらつく。*雑俳・柳多留‐一〔1765〕「あだついた客ははしごでどうつかれ」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「さる内の奥座敷の女郎が東洲にあだつ
13. あち‐ら【彼方】
日本国語大辞典
に成て参りましたに」(2)他称。話し手、聞き手両者から離れた人を指し示す(遠称)。*洒落本・遊子方言〔1770〕霄の程「兄(あに)さん、其三味線箱、あちらへ上げ
14. あに‐さん【兄様】
日本国語大辞典
*洒落本・魂胆惣勘定〔1754〕上「あにさんとは、茶屋船宿のむすこ。或は兄弟の事なり」*洒落本・遊子方言〔1770〕霄の程「御亭(ごて)さん御出なんし。兄(アニ
15. あゆ・ぶ【歩】
日本国語大辞典
をしかりながらいで行」(2)同行する。出かける。また、特に、遊里通いする。あよぶ。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「吉原へ行く。あゆばないかとゆったれば」*洒
16. あら‐ほど【─程】
日本国語大辞典
の代名詞に「ほど」がついた時は、「あら」「こら」「そら」「どら」となることが多い。*洒落本・遊子方言〔1770〕しののめのころ「宵からあらほど、おれがゆって聞せ
17. あわせ‐びん[あはせ‥]【合鬢】
日本国語大辞典
享保の頃流行した。*洒落本・禁現大福帳〔1755〕三「是に次なるは合鬢(アワセヒン)の旁」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「男ぶり大きく、人柄よく、合びんにて
18. い・い【好・善・良】
日本国語大辞典
生じた語か。明和、安永頃(一七六四~八一)から広まり使われたらしく、明和八年(一七七一)頃「遊子方言・発端」には通り者が「ゑい」を用い、明和八年「侠者方言」に「
19. いかい 事(こと)
日本国語大辞典
怒ぞ」*日葡辞書〔1603~04〕「Icaicotouo (イカイコトヲ) ミタ」*洒落本・遊子方言〔1770〕霄の程「これはいかい事。客ひとりに、むこ八人じゃ
20. いずれ 菖蒲(あやめ)
日本国語大辞典
うことにいう。*雑俳・削かけ〔1713〕「見くらべる・いづれあやめと引ぞわづらふ」*洒落本・遊子方言〔1770〕夜のけしき「猶もすががきの音にうかされて、五つの
21. いずれ菖蒲(あやめ)
故事俗信ことわざ大辞典
ばた)」に同じ。 雑俳・削かけ(1713)「見くらべる・いづれあやめと引ぞわづらふ」洒落本・遊子方言(1770)夜のけしき「猶もすががきの音にうかされて、五つの
22. いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)
故事俗信ことわざ大辞典
何れあやめと見まがふごとく」雑俳・削かけ(1713)「見くらべる・いづれあやめと引ぞわづらふ」洒落本・遊子方言(1770)夜のけしき「猶もすががきの音にうかされ
23. いっけ‐ずる・い【─狡】
日本国語大辞典
〔形口〕(「いっけ」は接頭語「いけ」の変化した形)「いけずるい(─狡)」を強めた言い方。*洒落本・遊子方言〔1770〕夜のけしき「いっけずるい、早く来さっしゃゐ
24. いっ‐ぱい【一杯・一盃】
日本国語大辞典
93〕イソポの生涯の事「yppai (イッパイ)ヅツ ヒキウケ ヒキウケ ノムニ」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「そんなら、茶づけ一ぱいかきこんで、はやく行
25. いつつ の=町(まち)[=巷(ちまた)]
日本国語大辞典
角(すみ)町の五町。転じて、吉原をいう。五筋(いつすじ)の巷。五丁町(ごちょうまち)。*洒落本・遊子方言〔1770〕夜のけしき「猶もすががきの音にうかれて、五つ
26. いつつ‐もん【五紋】
日本国語大辞典
)と左右の肩の前とにおのおの一つずつ、合計五か所につく。五所紋(いつところもん)。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「わきざし立派に、黒縮緬(くろちりめん)の綿
27. い‐つづ・る[ゐ‥]【居続】
日本国語大辞典
〔自ラ四〕連日、同じ場所で遊興する。居続けする。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「あすも、もし降らば、ぶんながしの、久しぶりで、ゐつづろうもしれやせん」
28. いなかろうじん-ただのじじい【田舎老人多田爺】
日本人名大辞典
屋利(理)兵衛とされる。明和7年(1770)ごろ,のちの洒落本(しゃれぼん)の定型となった「遊子方言」をかいた。
29. いび・る
日本国語大辞典
〔他ラ五(四)〕(1)弱い立場にある相手に、精神的または肉体的な苦痛を与える。いじめる。さいなむ。*洒落本・遊子方言〔1770〕更の体「『何にもせ、ちょッと、お
30. いんす
日本国語大辞典
用形に付き、話し手が聞き手に対して使用する丁寧語。近世、江戸の遊里語。ます。いす。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「おまへ様は、おみわすれ申しいんして御座りま
31. うきよ‐し【浮世師】
日本国語大辞典
野茗談〔18C後〕「丹波屋利兵衛といふもの浮世師といふもののいふことをつくりて、遊子方言と題して」
32. うけあい‐ひき[うけあひ‥]【請合引】
日本国語大辞典
〔名〕他人の支払いを保証して、自分の負担とすること。信用貸しに立て替え払いをすること。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「もし又、つとめの請合引(ウケアイヒキ)
33. うぬ‐ぼれ【自惚・己惚】
日本国語大辞典
優れていると思い、得意になっている状態、気持。また、その人。うぬぼ。うぬ。おのぼれ。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「吉野やのきゃつめは、うぬぼれでいまいまし
34. え
日本国語大辞典
愛(エ)苦しゑ 水葱(なぎ)の本 芹(せり)の本 吾は苦しゑ」(2)呼び掛ける時に言うことば。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「『どこへ、つけますゑ申』『そん
35. え・い【善・好】
日本国語大辞典
にこべい」*歌舞伎・姫蔵大黒柱〔1695〕一「そちを手討にして俺が腹を切ればえい」*洒落本・遊子方言〔1770〕「いつでも、にぎやかで、ゑい事だの」「書紀‐
36. えど【江戸】
日本国語大辞典
その他の遊里、深川、品川、新宿などの土地からみて、江戸市中をさしていう語。→江戸へ出る。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「今日は江戸へ参りました」*咄本・一の
37. 江戸温泉紀行 276ページ
東洋文庫
戯作にもしばしば利用 される。黄表紙『通増安宅関』は本書と同様、冒 頭を謡曲にする。洒落本『遊子方言』では登場人物が「船弁慶」の一節を口ずさむ。この種の例は多い
38. えもん‐ざか【衣紋坂】
日本国語大辞典
9〕後・三「衣紋坂(エモンザカ)・大門口、人の風俗常にあらざれば、我心我にあらず」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「そうこういふうちに、是は衣紋坂。やっぱり、
39. おあん‐なん・す
日本国語大辞典
【一】〔他サ変〕(「おあがりなんす」の変化した語)「食べる」「飲む」などの意を敬っていう遊里語。*洒落本・遊子方言〔1770〕「『いや此やうな事いわずと、一ぱい
40. おいらん【花魁・娼妓】画像
日本国語大辞典
どが、姉女郎を「おいらの(姉女郎)」といったところから出た語という)(1)姉女郎。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「おかさんに、おゐらんで、おっしゃりんす」*
41. おおき・い[おほきい]【大】
日本国語大辞典
は大きいんだから、熱いのだって我慢できるでせう」(3)音量が大である。数量が多い。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「声が大きいかな」*交易問答〔1869〕〈加
42. おおき‐な[おほき‥]【大─】
日本国語大辞典
漱石〉一「笹原を這ひ出すと向ふに大きな池がある」(2)音量が大である。数量が多い。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「大きな声だぞよ」*人情本・春色梅児誉美〔1
43. おお‐たば[おほ‥]【大束】
日本国語大辞典
言って落着いてゐるよ」(3)(形動)偉そうな態度を示すさま。偉そうな口を利くこと。→大束に出る。*洒落本・遊子方言〔1770〕更の体「『これ新これ新』『なんでお
44. おお‐ながし[おほ‥]【大流】
日本国語大辞典
よしわらに大ながし、四五日宿へ帰らねど」(2)するはずの事をすっかり省いてしまうこと。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「行かれます行かれます。そして本所は大流
45. おお‐びたい[おほびたひ]【大額】
日本国語大辞典
百会(ひゃくゑ)の穴まで取りあげ、角を錐先(きりさき)の如くとがらせて抜き上ぐること」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「すこしあたまのはげた、大本多(おほほん
46. おお‐ほんだ[おほ‥]【大本多】
日本国語大辞典
〔名〕男性の髪の結い方の一つ。本多髷の形を大きくしたもの。明和・安永(一七六四~一七八一)頃流行した。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「小春(こはる)のころ柳
47. おざん・す
日本国語大辞典
かに内はおざんせん」〔二〕補助動詞として丁寧の意を表わす。(で)ございます。です。*洒落本・遊子方言〔1770〕霄の程「なにせまい所じゃおざんせん。せんどおまへ
48. お‐たいら[‥たひら]【御平】
日本国語大辞典
くずして、楽にすわること。「おたいらに」の形で人に楽にすわるようにすすめるときにいう。*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「おたゐらにおめしなはりやせ」*珍太郎日
49. おどり‐こ[をどり‥]【踊子】
日本国語大辞典
す」*洒落本・禁現大福帳〔1755〕四「踊子(オドリコ)は雪にたとへて清らかなり」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「まへの河岸(かし)へ、おどり子(コ)二三人
50. おなんど‐ちゃ【御納戸茶】
日本国語大辞典
水問答の事「女のやうな紋所を付たる黒羽二重に、御納戸茶(オナンドチャ)の裏をつけ」*洒落本・遊子方言〔1770〕発端「丹後嶋の小袖、した着は御納戸茶(オナントチ
「遊子方言」の情報だけではなく、「遊子方言」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

遊子方言と同じ洒落本カテゴリの記事
遊子方言(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
洒落本。一冊。田舎老人多田爺(ただのじじい)作。明和七年(一七七〇)刊と推定される。通人ぶった中年の男が若い息子ふうの男を連れて、柳橋から吉原仲の町の茶屋を経て遊女屋に遊び、盛んに高慢をいい知ったかぶりを見せるが、結局は遊女に冷遇され、おとなしい息子
通言総籬(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
山東京伝作の洒落本(しゃれぼん)。一冊。天明七年(一七八七)刊。京伝の当り作の黄表紙(きびょうし)『江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)』(天明五年)中の人物、艶二郎・喜之介・志庵をそのまま流用し、其一に喜之介宅、其二に吉原遊里と、二つの場面
傾城買四十八手(国史大辞典・世界大百科事典)
江戸時代後期の洒落本。山東京伝作。寛政二年(一七九〇)刊。一冊。さまざまのタイプの遊客遊女との会話を四つの場面に描き分け、遊興・恋愛における男女の手くだ・技巧・感情を細かく鋭い観察と巧妙な写実手法によって、辛辣にまたユーモラスに描き、のちの諸作品への
傾城買二筋道(日本大百科全書・世界大百科事典)
洒落本(しゃれぼん)。1冊。梅暮里谷峨(うめぼりこくが)著。雪華画。1798年(寛政10)刊。書名は自序に「遊冶郎(いろをとこ)の乖功(ゆきすぎ)は醜夫(ぶをとこ)の温柔(うちば)には猶(なほ)及ばざるがごとし」とあり、遊里における行きすぎと誠実の
洒落本と同じカテゴリの記事をもっと見る


「遊子方言」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
浮世物語(日本古典文学全集)
【現代語訳】一浮世という事「ちょっと古くなりましたが、俗謡の『おかしなものだ、心というのは、自分のものでありながら、少しもままにならぬとは』という歌を、身分ある人も庶民も、男も女も、老人も若者も、みなうたっていま
御伽物語(日本古典文学全集)
【現代語訳】第一荒れ果てた寺を再興した僧の事昔の人で、時を惜しんで、灯を掲げ、夜を昼のように明るくして、続けて過した人がいる。それなのにあなたはなぜ、時を惜しまずお眠りなさるのか。私のような、聞いた片端から忘れる
集外歌仙(日本古典文学全集)
【現代語訳】集外歌仙左嶺の炭竈平常縁立ち昇る煙が立っていなくては、炭竈がそこにあるとも、さあ見てもわからない、峰には白雪が積っていて。煙によってはじめて白雪に蔽われた峰の炭竈が知られるという趣向。古風だが手馴れて
一休ばなし(日本古典文学全集)
この数年来、栗栖野の片隅に閉じこもって、萩の下枝や篠の葉などを集めてきて、それを葺き並べて、雨漏りのする粗末な庵の漏りを止め、嵐を防ぐ手だてとし、たった一鉢の食物や藜の吸い物をすすって、うつらうつらと
曾我物語(日本古典文学全集)
日本の報恩の合戦、謝徳の闘諍の集並びに序〔一〕そもそも、日域秋津島と申すのは、国常立尊からこの方、天神七代・地神五代、合せて十二代は、神代のこととてさて置く。地神五代の末の御神を、早日且居尊と申しあげ
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る