ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. >
  8. 童話・昔話・絵本
  9. >
  10. 赤本

赤本

ジャパンナレッジで閲覧できる『赤本』の日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤本
あかほん

江戸中期の草双紙 (くさぞうし)の一種。幼童向けの絵本で、表紙が丹色 (にいろ)(赤)のためこの名がある。寛文 (かんぶん)末年(1670ころ)より、江戸で正月に出版され、享保 (きょうほう)(1716~1736)ごろより、大半紙半切の中本型、5丁(10ページ)1冊とする形式が定まり、これが以後の草双紙の定型となった。その読者対象から、平易な教訓とめでたい結末とが、素朴な挿絵に簡単な会話などの書き入れだけで描かれる。題材は「桃太郎」「舌切り雀 (すずめ)」「鉢かづき姫」「頼光山入 (らいこうやまいり)」などの昔話や御伽草子 (おとぎぞうし)、浄瑠璃 (じょうるり)本で、近藤清春、西村重長、羽川珍重らの画工が手がけている。なお、明治時代以降には、少年向きの講談本などを、表紙が赤を主体にした極彩色であったため、この名でよび、さらに転じて、内容、体裁ともに低級俗悪な本や縁日などで売られるいかがわしい本をいう。

[宇田敏彦]



世界大百科事典

赤本
あかほん

江戸の地で刊行された中本型丹表紙・絵題簽(だいせん)貼付の初期草双紙。5丁1冊を単位とし,1ないし2冊で1編を構成,毎丁絵が主体を占め,これにほとんど平仮名の文を説明風に添える。この通常型の半分大のものに赤小本があり寛文(1611-73)ころの発生,通常型赤本は宝永(1704-11)ころに出,享保(1716-36)ころ行われたらしい。題材は広く多種であるが,お伽話物,祝儀物,合戦物,演劇物,当世物等に大別でき,なかでも室町期物語の系を引くねずみの擬人化作品を多く見る。作者名は見当たらず,画工に近藤清春,西村重長,羽川珍重(はねがわちんちよう),奥村政信,鳥居清満らの名を見る。版元は鱗形屋,村田など。装丁様式はほぼそのまま踏襲され,やがて内容の進化した黒本・青本に移行する。

 なお,明治期に行われた,赤色彩色を主とする表紙を付けた少年向き講談・落語本や,さらには低俗な内容・体裁の本を赤本と称したが,これらは文芸ジャンルとしてまでは熟した意味をもっておらず,草双紙類とは別種である。
[鈴木 重三]

[索引語]
赤小本


日本国語大辞典

あか‐ほん 【赤本

解説・用例

〔名〕

(「あかぼん」とも)

(1)近世に行なわれた草双紙の一種。延宝(一六七三~一六八一)頃から享保(一七一六~一七三六)頃にかけて流行した赤い表紙の子供向けの絵本。内容は桃太郎、鼠の嫁入りなどのおとぎばなしや、浄瑠璃、歌舞伎に取材した祝い物が多い。黄表紙や合巻を導き出した歴史的意義をもつ。また、広く黄表紙以前の草双紙一般をさすこともある。赤表紙。

*雑俳・童の的〔1754~75〕一「赤本も足しに成もの鳴子引」

*洒落本・禁現大福帳〔1755〕三「懐紙摺もの赤本(アカボン)の類其外児らしき品を得たるときは悦ぶ躰をあらはすへき事」

*黄表紙・桃太郎発端話説〔1792〕序「それ赤本(アカホン)は、一つ趣向を種として、万の笑ひとぞなれりける」

*滑稽本・浮世風呂〔1809~13〕二・上「私どもの幼少な時分は鼠の嫁入りや、むかし咄の赤本(アカボン)が此上なしでございました」

(2)明治期に行なわれた少年向きの落語や講談本。表紙が赤など極彩色に印刷されていた。

*落語・昔の詐偽〔1897〕〈三代目春風亭柳枝〉「大入道はお子様方が赤本(アカホン)で御覧になりましたらうが、片方(かたかた)へ鉄の棒を持ちまして片方へ縄を持って居りまするのです」

(3)低級粗悪な本。俗受けをねらった、内容、体裁ともに低俗な本。

*嚼氷冷語〔1899〕〈内田魯庵〉「七八年前初めて赤本(アカホン)が流行し出した時眉を顰める識者が沢山あったが」

*都会の憂鬱〔1923〕〈佐藤春夫〉「気位の高い渚山が、赤本の原稿のことを聞くと、見てゐてもいぢらしいほど喜んだ」

(4)縁日などで売る、いかがわしい内容の本。また、それを売る人をいう隠語。〔隠語輯覧{1915}〕

発音

〓[0]〓[0]/(0)

辞書

言海

正式名称と詳細

表記

赤本言海


上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


赤本の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 225
検索コンテンツ
1. 赤本
日本大百科全書
江戸中期の草双紙くさぞうしの一種。幼童向けの絵本で、表紙が丹色にいろ(赤)のためこの名がある。寛文かんぶん末年(1670ころ)より、江戸で正月に出版され、享保き
2. 赤本
世界大百科事典
説明風に添える。この通常型の半分大のものに赤小本があり寛文(1611-73)ころの発生,通常型赤本は宝永(1704-11)ころに出,享保(1716-36)ころ行
3. あか‐ほん【赤本】
日本国語大辞典
さすこともある。赤表紙。*雑俳・童の的〔1754~75〕一「赤本も足しに成もの鳴子引」*洒落本・禁現大福帳〔1755〕三「懐紙摺もの赤本(アカボン)の類其外児ら
4. あかほん【赤本】
国史大辞典
縦一二・九センチ、横一〇・二五センチ。縹色表紙)は内容は赤本、表紙は出版の時から縹(はなだ)色、赤本としては異形態で、類がほとんどない。赤本の研究には、未開拓の
5. 赤本(あかほん)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 944ページ
6. 【赤本】あかほん
新選漢和辞典Web版
《国》 ①江戸時代の草双紙(くさぞうし)の一つ。こども向けの物語本。 ②低級な本。
7. 赤本
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 358ページ
8. あかほん‐や【赤本屋】
日本国語大辞典
〔名〕赤本(3)を出版、または販売する書店、また、その人。〔秘密辞典{1920}〕*ブウランジェ将軍の悲劇〔1935~36〕〈大仏次郎〉シュネブレ事件・五「ポオ
9. 赤本智恵鑑(著作ID:80308)
新日本古典籍データベース
あかほんちえかがみ 飯袋子(はんたいし) 滑稽本 明和七自序、安永四刊
10. 赤本昔物語(著作ID:597831)
新日本古典籍データベース
あかほんむかしものがたり 烏亭焉馬一世(うていえんば1せい) 作 歌川豊国三世(うたがわとよくに3せい) 画 合巻 文政五
11. 赤本寄本(著作ID:597842)
新日本古典籍データベース
あかほんよせほん 近藤清春(こんどうきよはる) 作 近藤清春(こんどうきよはる) 画 赤本 
12. 戯作花赤本世界(著作ID:930949)
新日本古典籍データベース
けさくのはなあかほんせかい 赤本世界 戯作花赤本世界 式亭小三馬(しきていこさんば) 作 歌川豊国三世(うたがわとよくに3せい) 画 合巻 弘化三刊
13. 百物語(著作ID:4369017)
新日本古典籍データベース
ひゃくものがたり 赤本百物語 
14. みやのしゅくあかほんじんあと【宮宿赤本陣跡】愛知県:名古屋市/熱田区/宮宿/神戸町
日本歴史地名大系
[現]熱田区神戸町 熱田奉行役所の北に位置した。宮宿の正本陣。天保(一八三〇―四四)の書上に一七八坪、建坪一二一坪とある。白本陣(東本陣)に対して西本陣ともいい
15. 鶯墳梅赤本(著作ID:102034)
新日本古典籍データベース
うぐいすづかうめのあかほん 松亭金水(しょうていきんすい) 作 歌川国貞二世(うたがわくにさだ2せい) 歌川芳玉(うたがわよしたま) 画 合巻 初・二編嘉永三、
16. 名聞面赤本(著作ID:1505233)
新日本古典籍データベース
なをきけばつらもあかほん 仮名垣魯文(かながきろぶん) 作 渓斎英泉(けいさいえいせん) 画 狂歌 嘉永二刊
17. 先開梅赤本(著作ID:498317)
新日本古典籍データベース
まずひらくうめのあかほん 山東京伝(さんとうきょうでん) 黄表紙 寛政五刊
18. 昔噺赤本事始(著作ID:579157)
新日本古典籍データベース
むかしはなしあかほんじし 曲亭馬琴(きょくていばきん) 作 歌川豊国三世(うたがわとよくに3せい) 画 合巻 文政八刊
19. 童蒙話赤本事始(著作ID:1030871)
新日本古典籍データベース
わらべはなしあかほんじし 曲亭馬琴(きょくていばきん) 作 歌川豊国三世(うたがわとよくに3せい) 画 合巻 文政七刊
20. 呑込多霊宝縁起(著作ID:405185)
新日本古典籍データベース
のみこんだれいほうえんぎ 十五丁者之赤本尊/工夫編出如来略縁起 山東京伝(さんとうきょうでん) 作 歌川豊国一世(うたがわとよくに1せい) 画 黄表紙 享和二刊
21. 青表紙(あおびょうし)を叩(たた)いた者(もの)には適(かな)わぬ
故事俗信ことわざ大辞典
聖賢の書を読み、ちゃんとした学問のある者にはかなわない。「青表紙」は、黄表紙・赤本に対して、四書五経などの経書をいう。
22. あお‐ほん[あを‥]【青本】
日本国語大辞典
〔名〕(「あおぼん」とも)近世に行なわれた草双紙の名。赤本と黄表紙との中間にあたり、黒本にやや遅れて、延享頃から安永頃にかけて流行した。萠葱(もえぎ)色の表紙で
23. あおほん【青本】
国史大辞典
江戸草紙(広義の草双紙)中の一種。赤本は丹表紙で大衆を掴んだが、年月を経て大衆の読書力や趣味の成長に伴い、本の形態はそのままで、表紙のみ草色に変じ、内容を高め
24. 青物知広合戦(著作ID:4128841)
新日本古典籍データベース
あおものちひろのかっせん 赤本 天保三
25. あか‐こほん【赤小本】
日本国語大辞典
行なわれた初期の赤本の称。半紙半截(はんせつ)の小型本であったところからいう。のち、享保(一七一六~三六)頃から大型化し、大半紙半截の中本形式となり、五丁で一冊
26. あか‐びょうし[‥ベウシ]【赤表紙】
日本国語大辞典
之を立つ〉烏装櫛比(〈注〉くろひょうし)、表題皆の金字を鏤ばめ晃々眼を射る」(2)「あかほん(赤本)(1)」に同じ。*洒落本・無量談〔1771〕序「よしや桃太郎
27. あかびょうし の 小双紙(こぞうし)
日本国語大辞典
「あかほん(赤本)(1)」に同じ。*俳諧・鶉衣〔1727~79〕前・中・三一・妖物論「ただ赤表紙の小双紙に、はづかしき姿はとどめられける」
28. 秋山記行・夜職草 192ページ
東洋文庫
三)ほぐ上にて角茶斤茶の包紙、嘉穿白の反直人形象、嘉しξく隻手翼打手て、ゑなりみかけごししゃう赤本の絶形を覧て寓し、文庫の替箱に何程となく、たまたま師坊の遠目に
29. あにい【兄】
日本国語大辞典
東京地方で用いる。*洒落本・禁現大福帳〔1755〕序「山手の惣領(アニイ)が、惣勘定といふ高慢らしい赤本を貸て行しゆへ」*滑稽本・浮世風呂〔1809~13〕前・
30. いせ道中(著作ID:92320)
新日本古典籍データベース
いせどうちゅう 赤本 
31. イラストレーション
世界大百科事典
江戸時代の草双紙にたどることができよう。江戸中期から後期にかけて大衆文学の主流をしめた草双紙(赤本,黒本,青本,黄表紙,合巻の総称)は,半紙半裁二つ折りの各ペー
32. 浮世めいたい記(著作ID:663547)
新日本古典籍データベース
うきよめいだいき 赤本 
33. 浦島太郎画像
日本大百科全書
与えられて伝説の悲劇性を本地物の祝言性に変更する。謡曲『浦島』も同じ傾向であるが、さらに近世に入ると赤本などにも収められ子供向きに脚色され、錦絵にしきえなどにも
34. 浦島太郎
世界大百科事典
とるようになる。また,浦島に“太郎”の名が付与され,竜宮城の名称が現れるのもこのころである。江戸時代の赤本類ではさらに童話化が進み,太郎は亀の背に乗って地上と竜
35. うらしまたろう【浦島太郎】
日本架空伝承人名事典
とるようになる。また、浦島に“太郎”の名が付与され、竜宮城の名称が現れるのもこのころである。江戸時代の赤本類ではさらに童話化が進み、太郎は亀の背に乗って地上と竜
36. 鱗形屋
世界大百科事典
。浄瑠璃本屋として知られ,多くの古浄瑠璃を出版した。また,《花咲爺》《桃太郎》《舌切雀》などの赤本や仮名草子,吉原細見を出版。菱川師宣の《高屛風くだ物語》もここ
37. うろこがたや【鱗形屋】
国史大辞典
大伝馬町三丁目に店を構え、鶴鱗堂と号し、初代三左衛門、以後孫兵衛と称した。万治ごろより浄瑠璃本を刊行、のち赤本・黒本・青本・黄表紙・咄本などをも出版。黄表紙最初
38. えぞうし【絵双紙】
国史大辞典
江戸時代に大衆向きに刊行された絵を主体にした出版物で、多くは仮名書きの文章が添えられている。広義の絵双紙は、赤本・黒本・青本・黄表紙・合巻などの草双紙や絵入浄瑠
39. え‐ぞうし[ヱザウシ]【絵草紙・絵双紙】
日本国語大辞典
上んと思ふ折から」(2)江戸時代、女性や子供のためにさし絵を多く入れた通俗的な読み物。とくに、赤本、黒本、青本、黄表紙、合巻などの草双紙の一般的な呼び名。*随筆
40. 江戸小咄集 2 407ページ
東洋文庫
丸作画堀出金成葭州先生霊松竜鱗庵撰美満寿連春潮画墨洲山人、鍋二丸峨眉丸面とぼけ先生並木久兵衛嫡赤本狂歌傭鶴の毛衣意戯常談塩梅よし新製欣々雑話臆の掛金福ぼたん  
41. 江戸時代(年表)
日本大百科全書
0)6月 林家『続本朝通鑑』1672(寛文12)熊沢蕃山『集義和書』1673(延宝1)このころ赤本(草双紙の一)出る。談林俳諧流行1674(延宝2)関孝和『発微
42. 江戸繁昌記 2 243ページ
東洋文庫
中心に興隆した(天)小照似顔。肖像(三む草紙本草双紙。江戸時代の通俗な挿絵入りの読物。表紙によって、赤本・黒本・黄表紙・合巻などを言うが、ここでは合巻をさす(四
43. えどぶんがく【江戸文学】
国史大辞典
うる。が、その反面、作品によっては、かなり観念的道義性の強いものも認められる。江戸では早くから赤本・青本などの絵双紙類が行われていたが、やがて黄表紙となってはじ
44. 絵本画像
日本大百科全書
17世紀と18世紀の境の40年間が赤本の草創発展の時期であり、とくに享保きょうほう時代(1716~1736)が黄金時代といわれる。時代の影響で、有能な絵本作家が
45. 絵本
世界大百科事典
そのころから江戸では出版が盛んになり,やがて赤表紙をつけた子ども相手の5~6枚の中本や小本が現れた。それは赤本と呼ばれて1678年(延宝6)のころから18世紀半
46. え‐ほん[ヱ‥]【絵本】
日本国語大辞典
に近い子ども向けの小型絵本も出版されたが、一八世紀中葉以後、赤本・青本・黒本などと称されるものが流行した。(3)特に江戸では、赤本と称される丹表紙の中本が大量に
47. ゑんまきぶつなりやきがうかぬ(著作ID:114363)
新日本古典籍データベース
えんまきぶつなりゃきがうかぬ 近藤清春(こんどうきよはる) 画 赤本 
48. 大話
日本大百科全書
空想の連鎖譚たんで、その内容にはさまざまな変化がある。江戸時代から人気のある笑話であり、江戸前期の赤本『ただとる山のほととぎす』や、黄表紙の『虚言うそ八百万八伝
49. おくむら-としのぶ【奥村利信】
日本人名大辞典
51)のころの人。奥村政信の門弟といわれ,漆絵(うるしえ)の作品がおおく,美人画を得意とした。赤本,黒本,青本等に挿絵をかく。寛延のころには「作奴化物退治」3巻
50. おくりの判官(著作ID:4380650)
新日本古典籍データベース
おぐりのはんがん 赤本 享保九刊
「赤本」の情報だけではなく、「赤本」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

赤本と同じ童話・昔話・絵本カテゴリの記事
(改訂新版・世界大百科事典)
間に危害を加える想像上の怪物,妖怪変化。鬼と呼ばれる表象の内容は多種多様であり,時代によっても変化しているので,それをまんべんなく説明することはきわめて難しい。〈おに〉という語は,人に見えず隠れ住んでいることを意味する〈隠(おん)/(おぬ)〉に由来するとする説や
桃太郎(日本大百科全書(ニッポニカ))
昔話。英雄が悪者を退治することを主題にした異常誕生譚(たん)の一つ。婆(ばば)が川を流れてくる桃の実を拾う。桃から男子が生まれる。桃太郎と名をつける。桃太郎が一人前になると、鬼が島へ黍団子(きびだんご)を持って鬼征伐に行く。
金太郎(国史大辞典)
伝説的人物。源頼光の郎等なる勇猛の士として、『今昔物語集』二八、『古今著聞集』九、『酒呑童子』(御伽草子)などに公時の名がみえる。江戸時代初期の金平浄瑠璃では主人公金平の父として語られ、その一つたる寛文四年(一六六四)刊の『漉根悪太郎』では坂田民部金時と称され、足柄山で山姥が奉った子とされる。
イソップ物語(改訂新版・世界大百科事典)
ギリシアのイソップ(アイソポス)が作ったと伝えられる動物寓話集。動物などの性格や行動に託して,ギリシアの一般大衆に,いかにすれば人は平穏無事に人生をおくることができるかを教える処生訓であった。この寓話形式はすでにヘシオドス(《農と暦(仕事と日々)》202~212行)
グリム(兄弟)(日本大百科全書(ニッポニカ))
兄ヤーコプJacob Grimm(1785―1863)、弟ウィルヘルムWilhelm Grimm(1786―1859)ともにドイツの説話学の創始者。『グリム童話集』で有名。この2人の下に3人の弟と妹1人がいる。ヘッセン王国のハーナウで生まれる。1791年、父が地方裁判所の判事に栄転したためシュタイナウという村に移住。
童話・昔話・絵本と同じカテゴリの記事をもっと見る


「赤本」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
夢酔独言他(東洋文庫)
小吉は海舟の父で,幕末の貧乏御家人のひとり。幕府の衰退期を奔放不羈に生きた小吉の生涯は泰平の化政時代が生みだした倦怠と虚無感をもたたえている。『平子龍先生遺事』を併録。1969年05月刊【閲覧画面サンプル】【上記の拡大画像】【目次】表紙(扉)
新花摘(世界大百科事典・日本大百科全書)
俳諧句文集。与謝蕪村著。1797年(寛政9)刊。蕪村は其角の《華摘》にならって亡母追善の夏行(げぎよう)を発起し,1777年(安永6)4月8日より発句1日10句の詠を続けたが,16日間で中絶,その後余白を利用して関東や丹後の修業時代の回想的諸話を
江戸生艶気樺焼(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸時代の小説、黄表紙。山東京伝画作。三冊。天明五年(一七八五)刊。題名は「江戸前うなぎの蒲焼」のもじり。金満家仇気屋の独り息子艶二郎は醜いくせにうぬぼれが強く、悪友北里(きたり)喜之助・悪井志庵などにそそのかされ、情事の浮名を世間にひろめようと
誹風柳多留(国史大辞典)
川柳風狂句集。百六十七冊。初篇明和二年(一七六五)より二十二篇天明八年(一七八八)まで呉陵軒可有編。二十三篇寛政元年(一七八九)如猩編。二十四篇同三年一口編。二十五篇より二十九篇まで和笛編。三十篇文化元年(一八〇四)一口編。三十一篇より七十篇
日本永代蔵(井原西鶴集)(日本古典文学全集)
初午は乗って来る仕合せ天は、何も言わず国土に深い恩恵を施しているが、人間は、誠実でありつつ、虚偽に及ぶことも多い。それは、人の心が、本来、無の状態にあり、事物に反応するだけのものだからだ。このように、人間が善と悪との中間で揺れ動きつつ生きる
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶