ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 武田信義

武田信義

ジャパンナレッジで閲覧できる『武田信義』の国史大辞典・世界大百科事典のサンプルページ

国史大辞典

武田信義
たけだのぶよし
一一二八 - 八六
平安・鎌倉時代前期の武士。治承・寿永の乱に活躍。甲斐源氏。新羅三郎義光の子義清が巨摩郡武田を本居とした。信義は義清の孫で、清光の子として大治三年(一一二八)に生まれ、治承四年(一一八〇)の以仁王の令旨に応じ挙兵、源頼朝方に参じ武功をたてた。同年十月の富士川の戦では平維盛軍を敗走させ、駿河守護となったが、元暦元年(一一八四)六月にはその子一条忠頼が謀叛の企ありとして誅せられ、以後失意のうちに文治二年(一一八六)三月九日死去。五十九歳。墓は山梨県韮崎市の願成寺にある。忠頼誅殺の真相は不明だが、『吾妻鏡』の伝えるところでは「振〓威勢〓之余挿〓〓世志〓之由有〓其聞〓」(元暦元年六月十六日条)と載せており、頼朝による甲斐源氏勢力の抑圧策を示すものといえる。この結果、父の信義が頼朝から勘気を蒙ったことから、駿河守護はこの時期に信義の手を離れたと推定されている。
[参考文献]
『大日本史料』四ノ一 文治二年三月九日条、佐藤進一『(増訂)鎌倉幕府守護制度の研究』
(関 幸彦)


世界大百科事典

武田信義
たけだのぶよし
1128-86(大治3-文治2)

平安末期・鎌倉初期の武将。清光の子,一条忠頼の父。1180年(治承4)以仁王の令旨に応じて甲斐に挙兵。甲斐源氏の中心となり駿河に進出。富士川の戦で平維盛を敗走させ,源頼朝から駿河の守護に補任され,重用される。しかし,81年(養和1)後白河法皇が頼朝追討の下文を与えたとの疑いにより地位が低下。84年(元暦1)子の忠頼が頼朝に謀殺され,失意の中で死去。
[松井 茂]

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


武田信義の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 79
検索コンテンツ
1. 武田信義
世界大百科事典
1128-86(大治3-文治2) 平安末期・鎌倉初期の武将。清光の子,一条忠頼の父。1180年(治承4)以仁王の令旨に応じて甲斐に挙兵。甲斐源氏の中心となり駿河
2. たけだのぶよし【武田信義】
国史大辞典
一一二八―八六 平安・鎌倉時代前期の武士。治承・寿永の乱に活躍。甲斐源氏。新羅三郎義光の子義清が巨摩郡武田を本居とした。信義は義清の孫で、清光の子として大治三
3. たけだ-のぶよし【武田信義】
日本人名大辞典
1128−1186 平安時代後期の武将。大治(だいじ)3年8月15日生まれ。逸見(源)清光の子。治承(じしょう)4年甲斐(かい)源氏をひきいて挙兵。富士川の戦い
4. 源信義・武田信義
日本史年表
1180年〈治承4 庚子〉 9・10 源(武田)信義 ,甲斐国で挙兵(吾)。 1186年〈文治2 丙午⑦〉 3・9 没。
5. たけだのぶよしやかたあと【武田信義館跡】山梨県:韮崎市/武田村
日本歴史地名大系
[現]韮崎市神山町武田 神山町武田集落の一角にあり、甲斐武田氏の祖武田信義の居館跡と伝える。現在館の遺構は明瞭ではない。しかし字東畑には石塔類が並んだ東西方向に
6. あさり-よいち【浅利与一】
日本人名大辞典
1149−1221 鎌倉時代の武士。久安5年生まれ。武田信義の弟。逸見流弓術の創始者逸見清光の子。壇ノ浦の戦いで,平家方の武将仁井親清(にい-ちかきよ)を遠矢に
7. あしがわむら【芦川村】山梨県:東八代郡
日本歴史地名大系
甲斐と駿河を結ぶ主要古道の一つである。「吾妻鏡」によれば治承四年(一一八〇)に富士川合戦に赴いた武田信義以下の甲斐源氏諸将は「大石駅」に宿していて、当村域を南下
8. あべぐん【安倍郡】静岡県:駿河国
日本歴史地名大系
氏については、鎌倉時代はほとんど不明である。このことは駿河国守護が幕府草創期には甲斐国御家人武田信義で、のち北条氏が引継ぎ得宗領として終始したことと関係すると思
9. 甘利氏
世界大百科事典
甲斐の中世武士。武田氏の庶流。武田信義の子一条次郎忠頼の次男行忠が甲斐国巨摩郡の甘利荘を得て,ここに居を構え甘利氏を称したことに始まる。行忠は源頼朝に捕らえられ
10. あまりのしょう【甘利庄】山梨県:韮崎市
日本歴史地名大系
現在の中巨摩郡白根町北端から韮崎市大草町・旭町地区にかけての地域にあたり、甲斐武田氏の始祖とされる武田信義の館跡のある武田(神山町武田)の地に南接する。当庄の在
11. いさわちょう【石和町】山梨県:東八代郡
日本歴史地名大系
勃発した平治の乱の際、源義朝に従って参戦、敗れて井沢(石和)に逃帰った。彼の跡は甲斐源氏惣領武田信義の子信光が継いだとされるが、相続に至る過程は不詳。信光が本拠
12. いさわのみくりや【石和御厨】山梨県:東八代郡/石和町
日本歴史地名大系
た伊勢神宮の分祀社と伝える(甲斐国志)。帰国後の宣景の消息は不明だが、彼の跡は甲斐源氏の棟梁武田信義の四子信光が継ぎ、伊沢氏を称した。平家討伐に挙兵した甲斐源氏
13. いさわのみくりや【石禾御厨】
国史大辞典
して「石禾御厨二百五十町」とみえる。武田信義の子信光はこの厨を本拠とした。治承四年(一一八〇)九月、源頼朝の使節として甲斐国に派遣された北条時政は、武田信義・一
14. いたがき-かねのぶ【板垣兼信】
日本人名大辞典
?−? 平安後期-鎌倉時代の武将。武田信義の子。平家追討に活躍。太皇太后宮領の駿河(するが)(静岡県)大津御厨(みくりや),遠江(とおとうみ)(静岡県)質侶(し
15. いたがきごう【板垣郷】山梨県:甲府市/旧山梨郡地区/板垣村
日本歴史地名大系
現甲府市東部に位置する。中世初頭に古代の表門郷から分離・独立したと推定される。平安時代末から鎌倉時代初頭にかけて武田信義の子兼信(板垣三郎)がここに本拠を構え、
16. いちじょう-ただより【一条忠頼】
日本人名大辞典
?−1184 平安時代後期の武将。武田信義の子。治承(じしょう)4年甲斐(かい)(山梨県)武田氏の一族とともに反平家の兵をあげる。のち源頼朝軍に合流。源義仲の追
17. いちべむら【市部村】山梨県:東八代郡/石和町
日本歴史地名大系
フ石和宿東南ニ市部トテ人戸アル処ノ辺リ、即チ信光ノ館跡ナリ」と記される。当地を支配した信光は武田信義の四男で源頼朝の信任が厚く、甲斐武田氏の基礎を築いた。信光は
18. いもりざわ【庵沢】長野県:茅野市/茅野村
日本歴史地名大系
に、「西茅野村 東の方宮川橋平ニ而いもり沢と云有」とみえる。治承四年(一一八〇)九月、甲斐の武田信義・一条忠頼が平氏追討のために信濃に入り宿営した所であるといわ
19. おおいしのえき【大石駅】静岡県:富士宮市/上条村
日本歴史地名大系
「吾妻鏡」の治承四年(一一八〇)一〇月一三日条に「止宿大石駅」とみえ、源頼朝の協力要請を受けた甲斐源氏の武田信義・一条忠頼らと頼朝の使者北条時政父子とが大石駅に
20. おおたぎりがわ【大田切川】長野県:上伊那郡/宮田村
日本歴史地名大系
那郡との境であったことを証するものか。「吾妻鏡」治承四年(一一八〇)九月一〇日の条には甲斐の武田信義・一条忠頼らが諏訪大明神の神託に力を得て「伊那郡大田切郷之城
21. おかや【岡谷】
国史大辞典
ある。古代『延喜式』所載の左右馬寮所管の官牧の設けられた地である。治承四年(一一八〇)九月、武田信義とその子一条忠頼が伊那郡の平家の一党を討って、諏訪神の神霊に
22. おかやのまき【岡屋牧】
国史大辞典
現在の長野県岡谷市付近。『延喜式』所載信濃国十六牧の一。平安時代末期は左馬寮の管轄。治承四年(一一八〇)武田信義は伊那郡の平氏与党を滅ぼした奉謝として岡仁谷(岡
23. 甲斐国
世界大百科事典
示している。飯田 文弥 甲州(旧国名) 甲斐の黒駒 加吉 河口 水市 八代(やつしろ)荘 甲斐源氏 武田信義 武田氏 安田義定 富士川(河川) 武田信光 武田信
24. かいのくに【甲斐国】山梨県
日本歴史地名大系
井・河内・曾禰・奈胡・浅利・八代らを称し、さらに多数の分脈を派出する。後世とくに繁栄するのが武田信義と加賀美遠光の系統である。信義は武田氏の祖であり、遠光は小笠
25. かとう-みつかず【加藤光員】
日本人名大辞典
,弟景廉(かげかど)とともに参加。石橋山の戦いに敗れ一時甲斐(かい)(山梨県)にのがれたが,武田信義にしたがって駿河(するが)(静岡県)を攻め,橘遠茂(とおもち
26. かみの【神野】静岡県:富士宮市/内野村
日本歴史地名大系
一〇月一四日条に「武田・安田人々、経神野并春田路、到鉢田辺」とみえ、大石駅を立った甲斐源氏の武田信義らと北条時政父子らは軍を進め、神野を経て鉢田(現未詳)辺りに
27. がんじょうじ【願成寺】山梨県:韮崎市/鍋山村
日本歴史地名大系
。鳳凰山と号し、曹洞宗。本尊は阿弥陀如来。古くは天台宗であったといい、開基は逸見冠者清光の子武田信義(法名願成寺殿)とされる。「甲斐国志」によれば初め隆盛であっ
28. きゅうどう【弓道】画像
国史大辞典
流祖とする日置流で、その末流は吉田流以下諸流に分派した。古来の弓術も逸見(逸見清光)・武田(武田信義)・小笠原(小笠原長清)の三流のほか、太子流(聖徳太子)・坂
29. こうそがべごう【香宗我部郷】高知県:香美郡/野市町
日本歴史地名大系
伝証文)に「土左国香美郡内宗我部并深淵」の地頭職に中原秋家が補されたことがみえる。中原秋家は武田信義の子一条忠頼の家臣で、本姓は大中臣であるが甲斐小四郎秋家とも
30. こうふし【甲府市】山梨県
日本歴史地名大系
その子清光は馬の産地である八ヶ岳南麓の逸見に移り、逸見光長・武田信義・加賀美遠光・安田義定など多くの男子を国内の要地に分封して、甲斐源氏発展の礎を築いた。武田信
31. こまぐん【巨摩郡】山梨県:甲斐国
日本歴史地名大系
内乱の際には甲斐源氏が大活躍するが、その中心となったのは当郡武田(現韮崎市)に館を構えた惣領武田信義である。信義は甲斐源氏を率いて積極的に参戦し、信濃国伊那太田
32. しとろのしょう【質侶庄】静岡県:榛原郡/金谷町
日本歴史地名大系
質侶庄には武家政権成立後まもなく地頭が置かれ、補任されたのは板垣三郎兼信(父親は甲斐源氏の総領武田信義)であった。兼信は隣接する大津御厨の地頭をも兼ねていたが、
33. しもやまどの【下山殿】
日本人名大辞典
永禄(えいろく)8年生まれ。穴山梅雪の養女として天正(てんしょう)10年側室となる。11年万千代(武田信義のち松平信吉)を生んだ。天正19年10月6日死去。27
34. しゅご【守護】画像
国史大辞典
指揮して検断にあたる役職に有力御家人を任命し、これを守護・守護人と称したようで、遠江国の安田義定、駿河国の武田信義や下総国の千葉常胤らの名前が『吾妻鏡』にみえて
35. すたまちょう【須玉町】山梨県:北巨摩郡
日本歴史地名大系
清光はのちに逸見を拠点として逸見冠者を称し(尊卑分脈)、また治承四年(一一八〇)九月には挙兵した甲斐源氏武田信義らが信濃国伊那郡大田切郷城(現長野県駒ヶ根市)の
36. すみよしじんじゃ【住吉神社】山梨県:甲府市/旧山梨郡地区/畔村
日本歴史地名大系
いたが、武田信義が現在地に勧請し、社殿を造営したという。神護景雲年間(七六七―七七〇)に高畑に勧請された当社を、元亀年間(一五七〇―七三)に移されたとする説や(
37. 駿河国画像
日本大百科全書
それら荘園の荘官および京都から下向した在庁官人などが土着し、有力な在地勢力ができた。鎌倉期の守護は、甲斐かいの武田信義のぶよしが1180年(治承4)富士川合戦の
38. 駿河国
世界大百科事典
源頼朝は1180年(治承4)8月に伊豆で挙兵,10月には富士川の戦で平氏軍を破り,駿河守護に武田信義を補任して,みずからは鎌倉に入った。その4年後に信義の子一条
39. するがのくに【駿河国】画像
国史大辞典
平氏勢力の一拠点であった。しかし橘遠茂が甲斐源氏に敗れ、また富士川の戦で平氏の主力が敗れると、頼朝によって武田信義が当国の守護に任ぜられたのを皮切りに、代々、北
40. するがのくに【駿河国】静岡県
日本歴史地名大系
頼朝追討の平氏軍を富士川で迎え撃った富士川合戦は大きな意味をもっていた。その直後、戦功のあった武田信義が駿河国守護となっている(「吾妻鏡」同年一〇月二一日条)。
41. せいりつかてい【成立過程】 : 守護
国史大辞典
指揮して検断にあたる役職に有力御家人を任命し、これを守護・守護人と称したようで、遠江国の安田義定、駿河国の武田信義や下総国の千葉常胤らの名前が『吾妻鏡』にみえて
42. 曾我物語 134ページ
日本古典文学全集
頼朝の娘大姫の許婚として鎌倉にいたが、義仲追討後、頼朝に討たれた。武田信義の長男。元暦元年六月謀反の疑いにより誅殺。甲斐源氏。武田信義の弟。遠江守護となるが、建
43. たけたごう【武田郷】山梨県:韮崎市/武田村
日本歴史地名大系
当地に館を構えて武田姓を称し、これが甲斐武田氏の祖となったといわれてきた。神山町武田地内には武田信義の館跡と伝える地もある。しかし、源義清は常陸国吉田郡武田郷(
44. たけだ-ありよし【武田有義】
日本人名大辞典
?−1200? 平安後期-鎌倉時代の武将。武田信義の子。甲斐(かい)(山梨県)の豪族。平重盛につかえたが,治承(じしょう)4年(1180)源頼朝の挙兵に父,兄弟
45. 武田氏画像
世界大百科事典
護職に任ぜられた。一族の逸見,加賀美,安田氏も栄えたが,甲斐源氏の勢力を恐れた頼朝によって,武田信義の長男一条忠頼と弟の安田義定は謀殺された。嫡系は忠頼の弟石和
46. たけだ-のぶみつ【武田信光】
日本人名大辞典
1162−1248 平安後期-鎌倉時代の武将。応保2年生まれ。武田信義の5男。治承(じしょう)4年源頼朝の挙兵にくわわる。甲斐(かい)(山梨県)石和(いさわ)を
47. たけだはちまんぐう【武田八幡宮】山梨県:韮崎市/北宮地村
日本歴史地名大系
館内に移し、これを祀ったことに始まるという。清和天皇の時代には奉幣と社領の寄進がなされ、その後武田信義が桜ノ御所続きの広庭というところに居城(白山城)を構えて当
48. たちばなの-とおもち【橘遠茂】
日本人名大辞典
駿河(するが)(静岡県)の目代(もくだい)。治承(じしょう)4年平家追討のため駿河に侵入しようとした甲斐源氏の武田信義軍とたたかい,敗れて討たれた。
49. たやじょうあと【田屋城跡】広島県:高田郡/八千代町/土師村
日本歴史地名大系
家書上によると中村氏は新羅三郎義光四代の後裔で、源頼朝に属し軍功により駿河国地頭職に補された武田信義より出て、その四代武田弥八郎信貞のとき甲斐中村庄に住んだため
50. だいふくじ【大福寺】山梨県:東八代郡/豊富村/上大鳥居村
日本歴史地名大系
三九)と伝えるがつまびらかではない(寺記)。その後光厳(飯室禅師)によって再建される。光厳は武田信義嫡男一条忠頼の子と伝える(尊卑分脈)。飯室山と号するのは光厳
「武田信義」の情報だけではなく、「武田信義」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

武田信義と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(国史大辞典・日本大百科全書・日本架空伝承人名事典)
一五六七 - 一六一五 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。幼名御弁丸、のち源次郎。左衛門佐と称す。名は信繁。幸村の名で有名であるが、この称の確実な史料はない。高野山蟄居中に剃髪して好白と号した。永禄十年(一五六七)信濃国上田城主真田昌幸の次男
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本架空伝承人名事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五五 - 一六二三 安土桃山・江戸時代前期の大名。越後春日山城・会津若松城主、出羽国米沢藩主。幼名を卯松、喜平次と称し、はじめ顕景と名乗った。弘治元年(一五五五)十一月二十七日に生まれる。父は越後国魚沼郡上田荘坂戸(新潟県南魚沼郡六日町)
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「武田信義」は武将・大名・王・官僚・僧に関連のある記事です。
その他の武将・大名・王・官僚・僧に関連する記事
武田信義(国史大辞典・世界大百科事典)
一一二八-八六平安・鎌倉時代前期の武士。治承・寿永の乱に活躍。甲斐源氏。新羅三郎義光の子義清が巨摩郡武田を本居とした。信義は義清の孫で、清光の子として大治三年(一一二八)に生まれ、治承四年(一一八〇)の以仁王の令旨に応じ挙兵、源頼朝方に参じ武功を
阿野全成(国史大辞典・世界大百科事典)
一一五三-一二〇三鎌倉時代前期の僧籍の武士。幼名今若、醍醐禅師・阿野冠者という。また勇力あり悪禅師という。父は源義朝、母は常盤。義朝が平治の乱に敗死したのち母は今若・乙若(義円)・牛若(義経)の三児を連れて逃れたが、平清盛に召し出され
源実朝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一一九二-一二一九鎌倉幕府第三代将軍。一二〇三―一九在職。幼名千幡。建久三年(一一九二)八月九日鎌倉で誕生。父は源頼朝、母は北条政子。正治元年(一一九九)正月十三日父が急死、兄頼家が第二代将軍となった。建仁三年(一二〇三)の八月二十七日
源行家(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
?-一一八六平安・鎌倉時代前期の武将。本名義盛。為義の十男、熊野新宮に住し新宮十郎と呼ばれた。治承四年(一一八〇)四月八条院蔵人となり行家と改名、同年五月に挙兵した以仁王の令旨を奉じ東国に下向、源頼朝をはじめとする諸国源氏の蜂起を促した。
大江広元(世界大百科事典・日本大百科全書)
鎌倉前期の幕府の重臣。式部少輔大江維光の子で,明経博士中原広季の養子となり,鎌倉に下るまでは外記として文筆の職にあった。源頼朝と親しかった,同じ広季の養子親能の関係から頼朝に招かれ,1184年(元暦1)以来,幕府の公文所ついで政所の別当となり
武将・大名・王・官僚・僧に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶