NHK大河ドラマ「光る君へ」特集
ジャパンナレッジは約1700冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 松平信康

松平信康

ジャパンナレッジで閲覧できる『松平信康』の国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典のサンプルページ

国史大辞典

松平信康
まつだいらのぶやす
一五五九 - 七九
戦国時代の武将。竹千代、次郎三郎。永禄二年(一五五九)三月六日駿府で誕生。徳川家康の長男。母は関口義広女(築山殿)。桶狭間の戦後も駿府に抑留されていたが、同五年人質交換で母とともに岡崎へ引き取られた。六年三月、織田信長の女五徳(徳姫)と婚約し、十年五月に結婚。元亀元年(一五七〇)元服して岡崎城主となり、岡崎次郎三郎信康と称した。永禄九年末に父家康は徳川に改姓していたから、以後は徳川信康ということになる。平岩親吉が傅役兼家老とされた。初陣は天正元年(一五七三)九月の三河国設楽郡武節城攻めと伝えるが、場所には疑問あり。同三年、岡崎町奉行大賀弥四郎・松平新右衛門を主謀者とする武田勝頼通謀の家臣一揆は未然に処断したが、種々の不行跡が伝えられており、妻および父との対立が激化したらしい。妻から信長への訴状に端を発して、家康・信長の間で信康処分が議され、七年八月四日に信康は岡崎城を出され、遠江堀川城・同二俣城に移され、九月十五日に切腹させられた。二十一歳。法名騰雲院殿達岩善道大居士。墓所は静岡県天竜市二俣町二俣の清滝寺。
[参考文献]
『(新編)岡崎市史』二、中村孝也『家康の族葉』
(新行 紀一)


日本大百科全書(ニッポニカ)

松平信康
まつだいらのぶやす
[1559―1579]

近世初期、三河 (みかわ)(愛知県)岡崎城主。徳川家康の嫡子、2代将軍秀忠 (ひでただ)の兄。母は正室関口氏(築山殿 (つきやまどの))。幼名竹千代、通称次郎三郎。1567年(永禄10)9歳で織田信長の女 (むすめ)織田氏徳姫と結婚。70年(元亀1)家康が新領土遠江 (とおとうみ)(静岡県)に進出し、引馬 (ひくま)(浜松)を居城とする際、在来の家康の城地三河岡崎城が与えられ、岡崎次郎三郎信康と称した。信康は性剛直で武勇に優れ、よく家康を助けた。1575年(天正3)9月、家康が大井川で武田勝頼 (かつより)と対峙 (たいじ)し、陣を引こうとしたとき、信康は危険の多い殿 (しんがり)を望み、任務を遂行したことなど、よくその人柄を表している。79年夏、信康の室織田氏徳姫は、築山殿と信康とについて罪状12か条を記して父信長に送り、信長は家康の老臣酒井忠次 (ただつぐ)にその真偽をただしたが、忠次が弁疏 (べんそ)しなかったので、信長は両人の処罰を命じたという。その罪状は両人が勝頼と通じて信長に敵対しようとしていたとされている。信長に背くだけの力のなかった家康は、築山殿を切り、信康に自尽を命じた。同年9月15日信康は遠州二俣 (ふたまた)城で切腹した。21歳。信康が勝頼と通じていたとする根拠は薄く、また人柄が粗暴で諸人は恐れていたとする伝えも信じがたい。葬地は遠江清滝寺 (せいりゅうじ)(浜松市天竜区二俣町二俣)。

[林 亮勝]



世界大百科事典

徳川信康
とくがわのぶやす
1559-79(永禄2-天正7)

徳川家康の長男。母は築山殿,関口氏。幼名竹千代,通称岡崎三郎。駿府で生まれ,60年(永禄3)家康自立により母子ともに今川氏真に抑留されたが,人質交換で62年岡崎に迎えられた。67年織田信長の女徳姫と結婚。70年(元亀1)家康の浜松城移転後元服して岡崎城主。若年より武勇の誉れ高かったが,信長に武田勝頼通謀と疑われ,79年9月15日遠江国二俣城で自刃した。
[新行 紀一]

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


松平信康の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 19
※検索結果は本ページの作成時点のものであり、実際の検索結果とは異なる場合があります
検索コンテンツ
1. 松平信康
日本大百科全書
近世初期、三河みかわ(愛知県)岡崎城主。徳川家康の嫡子、2代将軍秀忠ひでただの兄。母は正室関口氏(築山殿つきやまどの)。幼名竹千代、通称次郎三郎。1567年(永
2. まつだいらのぶやす【松平信康】
国史大辞典
一五五九―七九 戦国時代の武将。竹千代、次郎三郎。永禄二年(一五五九)三月六日駿府で誕生。徳川家康の長男。母は関口義広女(築山殿)。桶狭間の戦後も駿府に抑留さ
3. 松平信康[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:2件 『岡崎三郎信康』伊藤至郎『信康卿と築山殿』関口泰
4. まつだいら-のぶやす【松平信康】
日本人名大辞典
⇒徳川信康(とくがわ-のぶやす)
5. いなただつぐ【伊奈忠次】画像
国史大辞典
定)の長男として三河国幡豆郡小嶋(愛知県西尾市)に生まれ、天正七年(一五七九)徳川家康の嫡男松平信康自殺後、一時堺へ出奔したが、同十年六月小栗仁右衛門吉忠の同心
6. おかざきじょうか【岡崎城下】愛知県:岡崎市
日本歴史地名大系
よんだりしており、この頃、岡崎城下に芸能者・医師・職人たちが集まって来ていたことを示す。天正四年、松平信康在城頃、三遠の地に盆踊が流行、信康はこれを好み岡崎城下
7. おかざきのぶやす【岡崎信康】
国史大辞典
松平信康(まつだいらのぶやす)
8. こうじょうじ【江浄寺】静岡県:清水市/旧有渡郡地区/江尻宿/江尻町
日本歴史地名大系
が残され、近世初期本尊修繕に広範な人々の喜捨があったことが知られる。また寺内に徳川家康の長男松平信康の遺髪を納めた供養塔がある。「言継卿記」弘治三年(一五五七)
9. せいりゅうじ【清瀧寺】静岡県:天竜市/二俣村
日本歴史地名大系
以後長安院とよばれたという(「清瀧寺記」寺蔵)。天正七年(一五七九)九月に徳川家康の嫡子徳川信康(松平信康)が二俣城で自刃。その後、家康は信康の供養のために長安
10. つきやまどの【築山殿】
国史大辞典
弘治三年(一五五七)、松平元康(徳川家康)と結婚し、永禄二年(一五五九)には長男の竹千代(のちの松平信康)を生み、さらにのちには長女亀姫(奥平信昌夫人)を生んで
11. 徳川信康
日本大百科全書
松平信康
12. とくがわのぶやす【徳川信康】
国史大辞典
松平信康(まつだいらのぶやす)
13. 徳川信康[文献目録]
日本人物文献目録
松平信康[松平信康]
14. とくひめ【徳姫】
日本人名大辞典
織豊-江戸時代前期,織田信長の娘。永禄(えいろく)2年3月2日生まれ。10年三河(愛知県)岡崎城主松平信康(のぶやす)(徳川家康の長男)と結婚,2女を生む。信康
15. ばんしょういん【万松院】神奈川県:小田原市/風祭村地図
日本歴史地名大系
旧東海道の北にある。祝融山と号し、曹洞宗。本尊は聖観音。開基は小田原城主大久保忠世、徳川家康の嫡男松平信康の供養のために建立したと伝える(小田原盛衰記)。もと愛
16. ふじづかこせんじょう【富士塚古戦場】愛知県:安城市/上条村
日本歴史地名大系
戦が繰広げられた安城合戦の主戦場の一つ。天文九年六月、織田信秀と安祥城の森左馬助長家、援軍の松平信康・藤井松平利長とが白兵戦を展開した。両軍の死傷者は一千余人を
17. まゆみやまじょうあと【真弓山城跡】愛知県:東加茂郡/足助町/足助村
日本歴史地名大系
して落城。信玄は下条伊豆守信氏を城代として入れ、足助地方の支配に当たらせた。信玄が没すると、松平信康が足助城を攻略、旧主鈴木重直に守らせた。「当代記」によると、
18. 室町殿物語 2 50ページ
東洋文庫
信貞:雅楽鹸W。長好:従五位下左京亮。童名は長。長次:童名は於縁。長兵衛」。女子は蒲生氏郷妻・松平信康妻・滝川一益妻・筒井定次妻、他四名。三 談合  四六の注三
19. 1579年〈天正7 己卯〉
日本史年表
策彦周良(79,禅僧)。 7・4 油屋常祐(堺商人)。 8・29 築山殿(徳川家康正室)。 9・15 松平信康(21,武将)。 10・2 種子島時堯(5
「松平信康」の情報だけではなく、「松平信康」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

松平信康と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(国史大辞典・日本大百科全書・日本架空伝承人名事典)
一五六七 - 一六一五 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。幼名御弁丸、のち源次郎。左衛門佐と称す。名は信繁。幸村の名で有名であるが、この称の確実な史料はない。高野山蟄居中に剃髪して好白と号した。永禄十年(一五六七)信濃国上田城主真田昌幸の次男
上杉景勝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五五 - 一六二三 安土桃山・江戸時代前期の大名。越後春日山城・会津若松城主、出羽国米沢藩主。幼名を卯松、喜平次と称し、はじめ顕景と名乗った。弘治元年(一五五五)十一月二十七日に生まれる。父は越後国魚沼郡上田荘坂戸(新潟県南魚沼郡六日町)
真田昌幸(国史大辞典)
安土桃山時代の武将。初代上田城主。幼名源五郎、通称喜兵衛。安房守。真田弾正幸隆の第三子として天文十六年(一五四七)信濃国に生まれる。信之・幸村の父。武田信玄・勝頼父子に仕えて足軽大将を勤め、甲斐の名族武藤家をついだが、兄信綱・昌輝が天正三年(一五七五)に
真田信之(真田信幸)(国史大辞典)
安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。初代松代藩主。幼名は源三郎。はじめ信幸、のち信之と改めた。号は一当斎。真田安房守昌幸の嫡男として永禄九年(一五六六)生まれた。母は菊亭(今出川)晴季の娘。幸村の兄。昌幸が徳川家康に属したため
本多正信(国史大辞典)
戦国時代から江戸時代前期にかけて徳川家康に仕えた吏僚的武将。その側近にあり謀臣として著名。通称は弥八郎。諱ははじめ正保、正行。佐渡守。天文七年(一五三八)三河国に生まれる。父は本多弥八郎俊正。母は不詳であるが松平清康の侍女だったという。徳川家康に仕え
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「松平信康」は武将・大名・王・官僚・僧に関連のある記事です。
その他の武将・大名・王・官僚・僧に関連する記事
武田勝頼(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五四六-八二戦国・安土桃山時代の武将。甲斐の武田信玄の四男。母は諏訪頼重の娘。天文十年(一五四一)六月、父晴信(信玄)が武田家当主となり、翌十一年信濃国諏訪郡を攻め、諏訪頼重を誅殺した際、その娘を側室として同十五年勝頼が生誕した。四男なので諏訪氏の
松平広忠(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五二六-四九戦国時代の三河国の武将。徳川家康の父。千松丸、仙千代、次郎三郎。父は清康、母は青木貞景女。大永六年(一五二六)岡崎生まれ。天文四年(一五三五)十二月に清康が尾張守山で死んだ時は十歳。織田信秀の来襲は撃退したが、桜井松平家の信定に追われて
松平信康(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五九-七九戦国時代の武将。竹千代、次郎三郎。永禄二年(一五五九)三月六日駿府で誕生。徳川家康の長男。母は関口義広女(築山殿)。桶狭間の戦後も駿府に抑留されていたが、同五年人質交換で母とともに岡崎へ引き取られた。六年三月、織田信長の女五徳(徳姫)と
平岩親吉(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五四二-一六一一戦国時代末期徳川家康に仕えた武将で、江戸時代初頭に譜代大名となる。天文十一年(一五四二)三河国に生まれる。父は松平宗家譜代の親重。母は天野清右衛門貞親の女。幼時より徳川家康に仕え、家康が幼名竹千代のころ、人質として駿府の今川義元のも
鳥居元忠(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五三九-一六〇〇戦国・安土桃山時代の武将。天文八年(一五三九)生まれ。鳥居忠吉の子で、徳川家康が今川氏の人質となったとき駿府に随従し,のち,家康の三河統一、遠江経略の戦に従軍する。元亀三年(一五七二)の三方原の戦で負傷して跛になったという。天正十年
武将・大名・王・官僚・僧に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1700冊以上(総額750万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶