ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. 年末年始・正月・十二支
  10. >
  11. 大晦日

大晦日

ジャパンナレッジで閲覧できる『大晦日』の国史大辞典・日本大百科全書・日本国語大辞典・日本の歳時記・日本方言大辞典のサンプルページ

国史大辞典

〓
おおみそか
一年の最終の日。毎月ある晦日(「みそか」とは三十日の意)に大の字をつけたのである。大つごもり(「つごもり」は月籠りの義)ともいう。商家では決算に忙しく、家庭では正月祝いの準備を整える。この夜は除夜とも大年の夜とも呼ばれ、その夜半をもって新年の訪れとするので、特につつしみこもるべきものとされた。所によって、年ごもりといって、神社や堂に村人あるいは若衆・小児がこもり、終夜眠ることなく元日を迎えるところがあり、この夜は眠るものではないとする禁忌の観念も行きわたっている。仮眠をするにしても、わざわざ「稲を積む」などと忌み言葉を用いることにしているのもそのためである。この夜半に火を打ち替える行事は各地に残っており、京都の祇園(八坂神社)の白朮(おけら)祭や平野神社の斎火(いみび)祭もその例である。神社によっては終夜大篝火(おおかがりび)を焚くところもある。またこの日は、盆と同じように、亡き魂を迎えて祀る夜でもあった。中部から関東にかけてミタマメシの習俗が伝わっている村があるのはその名残で、文献上では、『枕草子』に、師走の晦日にゆずりはを亡き人に供える食物に敷くことを記し、またこの夜に亡き魂が訪れ来ることを詠んだ和泉式部の和歌もあり、『徒然草』には、都ではすでにすたれたが関東ではこの夜魂まつるわざをすると記している。またこの夜寺々では除夜の鐘をつく。この百八の鐘の音は、宋から始まったといわれ、十二ヵ月・二十四気・七十二候を合算した数であるというが、後世は「百八煩悩」をさますためのものと説かれるようになった。
(萩原 竜夫)


日本大百科全書(ニッポニカ)

大みそか
おおみそか

大晦日と書く。年越 (としこし)、大つごもり、大年 (おおとし)などともいい、1年の最後の日。今日では、商家でも一般家庭でも、新年を迎える準備に忙しいが、本来、1日が夕方から始まるという思想から考えると、この日の夕方からは、新年を意味するものであった。大みそかの夜は正式な食事をするものだといい、これをオセチとよんでいる地方もある。セチは正式な食事のことであるから、この夜の食事が一年中でもっとも重要な食事とみなされていたのである。「年越そばは他所 (よそ)で食べるな」とか「年越をともにしない者はあてにならない」といわれるのも、新年を迎える、すなわち新しい生命力を身につけるとき、一族一家がともにいなければならぬと信じていたからである。東北地方では、この夜ミタマノメシといって握り飯12個(閏年 (うるうどし)は13個)に箸 (はし)を立てて箕 (み)に入れ、仏壇や神棚の下に供えた。これは先祖祭りを意味するもので、大みそかが新しい年を迎える日であるとともに、祖霊祭であったことを示している。「大年の客」といって、昔話のなかに、この夜訪れてくる人々のいる話があるが、これも新しい年をもたらしてくれる来訪神の存在を伝えるもので、この夜が他のみそかと異なり、1年の境という意識だったことを表している。全国の寺院ではこの夜、除夜の鐘といって108回鐘をつき、百八つの煩悩 (ぼんのう)を覚醒 (かくせい)するためといわれているが、一般家庭ではこの鐘を新年を迎える合図にしている。長崎県五島では鶏の鳴き声を年の境としたというが、寺院の鐘より古風な習俗であろう。

[鎌田久子]



日本国語大辞典

おお‐みそか[おほ‥] 【大晦日・大三十日】

解説・用例

〔名〕

一年の最終日。おおつごもり。おおとし。《季・冬》

*雑俳・柳多留‐二〔1767〕「つねていのうそでは行かぬ大三十日」

*俳諧・類題発句集〔1774〕冬「大晦日 大三十日定なき世の定哉〈西鶴〉」

*滑稽本・浮世風呂〔1809~13〕三・上「去年と云ふととんだ久しい様だが、大卅日(オホミソカ)と元日と夜が明た計で、去年もをかしいぢゃアねへか」

*野菊の墓〔1906〕〈伊藤左千夫〉「年の暮だから一日でも二日でも帰れというて母から手紙がきた故、大三十日(オホミソカ)の夜帰ってきた」

発音

オーミソカ

〓オーミソー〓・オーメソカ〔千葉〕

〓[ミ]〓[ミ]

辞書

ヘボン・言海

正式名称と詳細

表記

大晦日ヘボン言海




日本の歳時記

総目次:時候
おお晦日みそか仲冬
おおおおつごもりおおどし

十二月三十一日のこと。「晦日」はすなわち「」。旧暦では三十日がひと月の末日であった。一年の最後の月の最終日なので、「大」を冠して「大晦日」という。行事や家々のしきたりも多い。「つごもり」は「つきごもり」の略で、旧暦では、月が最も隠れる日。

例句大晦日定なき世の定かな西鶴

鑑賞「定めなき世」(無常の世)と「世の定め」(世間の決まり)を思い知らされる大晦日。『けんむねさんよう』で大晦日の町人生活の悲喜こもごもを描いた西さいかくならではの作。

例句漱石が来て虚子が来て大三十日正岡子規

鑑賞一年のけじめのように親友と愛弟子が訪れた。

例句初島へ大つごもりの水尾を引く星野椿

鑑賞はつしまは熱海市の沖に浮かぶ小島。船のを眺めつつ、小島には小島なりの大晦日があることを思いやる。

例句大年の廃品出るわ出るわ出るわ石塚友二

鑑賞年末の廃品が後から後から出ることへの感嘆。

例句大年や灯ゆるめず滑走路奥坂まや

鑑賞一年最後の夜間飛行を導く滑走路。灯の連なりに緊張感が見てとれる。

[鑑賞者:西村]



日本方言大辞典

おおみそか【大晦日】
[標準語索引/民俗語彙]
あらどし の晩うーとしおーずめおーぜっきおーつごおーつこーつおーつごもおーつもおーつもごおーつもごーおーつもごもおーとしおーどしおーもっせおーもっつぇーおごっついおしつめおつごおつごもおっつめおっつもりおっもごおつもごおつもりおとしおとしとりおまっつぇーおもせおもっせおもっせーおもっついおもっつぇーさき の年の晩しわすのにじゅーくんちしわすのにじゅくにっすーませっきせつきつめとし の晩としとりとしのひにじゅーくんちにじゅくにっ
陰暦十二月が小の月で二十九日までしかない年に、翌元日をとしたこと
なんぶわたくしだいわたくしだい
に作る、譲葉に包んだ餅
でんから
に疫病神を追うため軒に挟んだり神棚に供えたりする小笹に刺した鰯の頭
やすらいわし
に家の門口に立てる長さ一メートルぐらいの棒
おにうちぼー
の十二時過ぎに子供たちがかごにマッチや半紙などを入れて各家を回ってきた時、お返しとして与える小さな餅
とりよ
の夕食
おせち
の日にこんにゃくの白あえを食べて、その日を祝うこと
すなおとし
の夜に門先に燃す火
としび
の夜、めん類を食べること
せーもんばら
の夜十二時ごろに雑煮を祝うこと
にやうら
の夜、火種を継ぐためにいろりに埋める薪
ふくぎ
の夜食べる大根蕎麦
だいこべんじょ
の夜寝る
いね を積む
の前日
こもっせこもっつぇー
の晩
おーしょーがつとし の晩
の晩に若い男女が寺に集まって隠し芸をしたり話をしたりして夜を明かすこと
としもらい
の晩に鬼の面をかぶり、頼まれた家を回って「悪いことをするな」と言って子供のしつけをする人
としどん
の朝の雑煮
ごわかし
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


大晦日の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1190
検索コンテンツ
1. おお‐つごも【大晦日】
日本国語大辞典
[方言]〔名〕一年の最終の日。大みそか。《おおつごも》岐阜県海津郡498 愛知県愛知郡563 三重県志摩郡585 奈良県吉野郡038 山口県791 徳島県811
2. おお‐つごもり[おほ‥]【大晦・大晦日】
日本国語大辞典
色盛衰記〔1688〕一・五「けふは鰒汁(ふくじる)して死ば其身の仕合なり。迚(とて)も行先の大晦日(ツゴモリ)、人が生けては置まじと」*新編常陸国誌〔1818~
3. おお‐つもごり[おほ‥]【大晦・大晦日】
日本国語大辞典
」*浮世草子・傾城禁短気〔1711〕一・二「大晦日(ツモゴリ)に算用のあはぬかほつき」*俳諧・手挑灯〔1745〕中「大晦(ヲホツモコリ)魂祭 大晦日の夜先祖の玉
4. おお‐みそか[おほ‥]【大晦日・大三十日】
日本国語大辞典
《季・冬》*雑俳・柳多留‐二〔1767〕「つねていのうそでは行かぬ大三十日」*俳諧・類題発句集〔1774〕冬「大晦日 大三十日定なき世の定哉〈西鶴〉」*滑稽本・
5. おおみそか【大晦日】[頭見出し]
故事俗信ことわざ大辞典
大晦日(おおみそか)に蕎麦(そば)を食(く)えば=商売(しょうばい)が繁盛(はんじょう)する〔=運気(うんき)がよくなる〕・大晦日(おおみそか)に早(はや)く寝
6. おおみそか【大〓日】
国史大辞典
一年の最終の日。毎月ある晦日(「みそか」とは三十日の意)に大の字をつけたのである。大つごもり(「つごもり」は月籠りの義)ともいう。商家では決算に忙しく、家庭で
7. 大晦日(おおみそか)[新語流行語]
情報・知識 imidas
31歳の、初婚年齢ギリギリ女性。
8. 大晦日(おおみそか) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
。新しい歳神様を迎えるために寝ないで待つ日とされ、早く寝ると白髪になるなどの言い伝えがある。大晦日の夜のことを除夜(じょや)といい、神社では火を焚いて厄祓いの神
9. おほ-つごもり【大晦日】
全文全訳古語辞典
していう。特に、江戸時代では、一年中の総決算日であった。 「大晦日に、あらましに正月の用意をして」〈西鶴・世間胸算用・5・1〉大晦日に、あらかた正月の準備をして
10. おほ-みそか【大晦日】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕十二月末日。「おほつごもり」とも。 「大晦日定めなき世の定めかな」〈西鶴〉一年中の総決算の大晦日がやって来た。無常で定めない世の中であるが、借金を払わな
11. 大みそか
日本大百科全書
大晦日と書く。年越としこし、大つごもり、大年おおとしなどともいい、1年の最後の日。今日では、商家でも一般家庭でも、新年を迎える準備に忙しいが、本来、1日が夕方か
12. おおみそか【大晦日】[標準語索引]
日本方言大辞典
とりよおおみそか:大晦日の夕食おせちおおみそか:大晦日の日にこんにゃくの白あえを食べて、その日を祝うことすなおとしおおみそか:大晦日の夜に門先に燃す火としびおお
13. おーつごも【大晦日】[方言]
日本方言大辞典
一年の最終の日。大みそか。 岐阜県海津郡498岐阜県方言集成(瀬戸重次郎)1934 愛知県愛知郡563愛知郡誌(愛知郡役所)1923 三重県志摩郡585三重県方
14. 大晦日 (見出し語:晦日)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1428ページ
15. 大晦日と除夜 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
陰太陽暦(旧暦)で、日没を1日の区切りとしていたため、大晦日の日が暮れると新年となり、正月を祝う儀礼が始まりました。つまり本来は、大晦日の夕食が新年最初の食事に
16. 大晦日に蕎麦を食えば=商売が繁盛する〔=運気がよくなる〕〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔諺語大辞典(1910)〕〔大和高田地方俗諺〕
17. 大晦日に早く寝ると白髪がふえる〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔俚諺調(1906頃)二戸郡(岩手県)〕〔秋田県鹿角郡俗信集〕〔大野誌(神奈川県)〕〔やまなしの方言と俚諺〕
18. 大晦日に湯に入れば瘧がかえる〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
顔に皺(しわ)がよるなどともいう。「瘧」は一、二日おきに発熱する病気。「かえる」は、再発するの意。〔諺語大辞典(1910)〕〔日本の俗信・一(富山)〕
19. おおみそか の 客(きゃく)
日本国語大辞典
「おおとし(大年)の客(きゃく)」に同じ。
20. 大晦日の晩に食べる蒟蒻は一年中の腹の中の砂をとる〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔図説日本民俗学全集・二(奈良)〕
21. 大晦日の晩に入浴せぬと梟になる〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔諺語大辞典(1910)〕
22. 大晦日の晩飯を早く食わないと翌年の仕事に遅れる〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔秋田県鹿角郡俗信集〕
23. 大晦日の夜庭を綺麗に掃除しないと、翌年田が荒れる〈俗信・俗説〉
故事俗信ことわざ大辞典
〔秋田県鹿角郡俗信集〕
24. 大晦日は猫の手も借りたい
故事俗信ことわざ大辞典
大晦日の忙しさをいう。〔諺語大辞典(1910)〕
25. 大晦日曙草紙(著作ID:118456)
新日本古典籍データベース
おおみそかあけぼのそうし 歌川 豊国 三世(うたがわ とよくに 3せい) 歌川 国貞 二世(うたがわ くにさだ 2せい) 山東 京山(さんとう きょうざん) 作
26. 元日から大晦日まで笑う者はない
故事俗信ことわざ大辞典
一年中笑ってばかりいる者はない。人生には楽しいことばかりはない。〔諺苑(1797)〕
27. 日暮れと大晦日はいつでも忙しい
故事俗信ことわざ大辞典
俳諧・世話尽(1656)曳言之話「日暮(ヒクレ)と大晦日(おほツゴモリ)はいつも忙(イソガハシ)」世話詞渡世雀(1753)上「日暮(ヒクレ)と大晦日(オホツゴモ
28. 本所に蚊がいなくなれば大晦日
故事俗信ことわざ大辞典
江戸の本所は低湿地で蚊が多く、寒くなっても蚊が多いことを誇張していうことば。〔諺語大辞典(1910)〕
29. 夕方は一日の大晦日
故事俗信ことわざ大辞典
夕方は一日中でいちばん忙しい。〔諺語大辞典(1910)〕
30. しょう の 大晦日(おおみそか)
日本国語大辞典
*俳諧・本朝文選〔1706〕一・辞類・四季辞〈許六〉「すでに〈略〉廿九日といふなり。けふは小の大晦日。一日の違ひとはいひながら、一年中の大油断」
31. ひぐれ と 大晦日(おおつごもり)はいつでも忙(いそが)しい
日本国語大辞典
*俳諧・世話尽〔1656〕曳言之話「日暮(ヒクレ)と大晦日(おほツゴモリ)はいつも忙(イソガ(ハシ))」*世話詞渡世雀〔1753〕上「日暮と大晦日(オホツゴモリ
32. やれんのか!大晦日!2007[イミダス編 文化・スポーツ]
情報・知識 imidas
2007年12月31日の大みそかに、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで行われる総合格闘技のイベント。1997年にスタートして以来、日本の総合格闘技界をリードし
33. 安永九年大晦日掛雑記(著作ID:4417792)
新日本古典籍データベース
あんえいくねんおおみそかがかりざっき 記録 安永九
34. 嘉永七寅年大晦日掛(著作ID:4417795)
新日本古典籍データベース
かえいななとらのとしおおみそかがかり 記録 嘉永七
35. 世間胸算用/大晦日ハ一日千金(著作ID:39941)
新日本古典籍データベース
せけんむねさんよう/おおつごもりはいちにちせんきん 胸算用/大晦日ハ一日千金 井原 西鶴(いはら さいかく) 浮世草子 元禄五刊
36. 天明元年大晦日懸雑記(著作ID:4417793)
新日本古典籍データベース
てんめいがんねんおおみそかがかりざっき 記録 天明元
37. 天明七年大晦日掛(著作ID:4417794)
新日本古典籍データベース
てんめいななねんおおみそかがかり 記録 天明七
38. 宝暦大晦日掛(著作ID:4417791)
新日本古典籍データベース
ほうりゃくおおみそかがかり 記録 
39. HERO'S[格闘技]
情報・知識 imidas
PRIDEのエース格だった桜庭和志が参戦した。08年からは07年末に格闘技イベント「やれんのか! 大晦日! 2007」を開催した実行委員会と共同で、新イベント「
40. ほうそう【方相氏】(Fāngxiāngshì
世界人名大辞典
中国の神.険道神ともいわれ,絶えず険しい顔をしている.4つの目で常に四方を見渡し,悪鬼を追い払い,疫病鬼を駆逐する.《周礼》では,熊の皮を被り,黄金4つ目の仮面
41. あいないかんのんどう【相内観音堂】青森県:三戸郡/南部町/相内村
日本歴史地名大系
当堂で越年したとの伝承をもつが、「此時小ノ月ヲ転正月元日大晦日被遊御祝被遊候」とあって、南部の私大はこの時に始まるとされる。私大は一二月が小の月の場合、元日を仮
42. あかいけむら【赤池村】愛知県:愛知郡/日進町
日本歴史地名大系
り人足、鳴海宿への助郷、夫銀・堤銀などがあった(徇行記)。村特有の風習に家名長重行事があり、大晦日に「やなたらし、お前の裏の福榎の木、黄金花咲く銭が成る(中略)
43. あか‐ゲット【赤─】
日本国語大辞典
田舎者。おのぼりさん。*漫才読本〔1936〕〈横山エンタツ〉自序伝「僕達赤毛布(アカゲットウ)は大晦日の晩だといふのに見物に出掛けたのです」(3)((2)から転
44. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 144ページ
東洋文庫
日を費したが、何れにしても今日の発達した汽船の航海から見ると殆どうその話のやうである。西洋の大晦日には乗組員一同打寄って祝宴を開き、ウラー・ウラーの声を挙げ余興
45. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 145ページ
東洋文庫
初め一同窃かに心配したが、幸にして恙なく此境を過ぎることが出来た。十二月二十九日は恰度日本の大晦日で、田口俊平の狂句があるo   まだかすと聞いて嬉しぎ年の暮私
46. 秋山記行・夜職草 166ページ
東洋文庫
山の夙の中に妹と背がねる一、茶煎は、予が立寄る毎の家に見たる、皆鍋鋏なり。一、米は、一年中に大晦日の晩に限り、正月三箇日は、栃にも餅栃と云あり、是を製して三(注
47. 秋山記行・夜職草 306ページ
東洋文庫
深更のすすはき畳をたたきて雅人を驚し、暁の餅つき臼の響して下戸に涙を流さしむ。浅草の歳の市は明日に在り、大晦日は隣にあるが如し。かかる中にては、筆もとりかね申候
48. 秋山ちえ子
情報・知識 imidas
1991年に第39回菊池寛賞、97年東京都文化賞、99年にエイボン女性大賞を受賞。著書に、「大晦日のローストビーフ」(76年、文化出版局)、「さよならを言うまえ
49. あきやま-ちえこ【秋山ちえ子】
日本人名大辞典
放送は14年まで45年間つづいた。宮城県出身。東京女高師(現お茶の水女子大)卒。本名は橘川ちゑ。著作に「大晦日のローストビーフ」「近くなった町」「種を蒔く日々─
50. あくたいまつり【悪態祭】
国史大辞典
ないが正月の初詣での時が一般に多く、年占にもなっている。京都祇園社の初詣でや足利市毘沙門堂の大晦日の悪態祭など古くから知られ、その他も昔は多かったが次第に廃絶し
「大晦日」の情報だけではなく、「大晦日」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

大晦日と同じ年末年始・正月・十二支カテゴリの記事
年の市(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
年の暮に立つ市で、ところによっては暮市・節季市・斎満(いみて)市・ツメマチなどと呼ぶ。年取りや正月用の飾り物、料理や材料その他盆までに必要と見越される物を売買するために立つ市。もともと、その年の収穫物の処分、年貢皆済の折目にまつわる経済上の必要性と
オランダ正月(日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸時代、長崎出島(でじま)のオランダ商館では、在留オランダ人が故国の生活様式と習慣に従い、太陽暦の1月1日に新年の祝宴を開いていた。この日、長崎奉行所の役人、町年寄、出島乙名(おとな)、オランダ通詞ら日ごろオランダ商館に関係の深い日本人が招かれた。
煤払い(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
正月を迎えるにあたって、家の内外を清掃する年中行事。いろりで薪(たきぎ)を燃す生活では、煤のたまることが多かった。近来は実用的な大掃除(おおそうじ)の意味で、正月飾りの直前にあたる12月25日前後にする家が多いが、もとは年神(としがみ)祭りのための
事始(国史大辞典)
(一)御事始・事八日ともいう。十二月八日(上方は十三日)に煤払(すすはらい)をして正月の準備を始めること。また二月八日に農事を始めることをもいう。月日に異同があり、十二月十三日を事始(『日次紀事』)、十三日(江戸城)または八日(江戸府中)を事納
(新選漢和辞典・日本国語大辞典)
①〈つつし・む〉うやまう。「寅畏(いんい)」②寅車(いんしゃ)は、兵車の名。③〈とら〉十二支の第三位。(ア)時刻では、午前四時ごろ。また、午前三時から五時。(イ)方角では、東北東。(ウ)動物では、虎(とら)。(エ)陰暦正月。
年末年始・正月・十二支と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大晦日」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
初詣(日本大百科全書・世界大百科事典・平成ニッポン生活便利帳)
新年最初に神仏に参詣(さんけい)すること。大晦日(おおみそか)の晩から元日にかけては、村の氏神にこもって起き明かすものであったが、前半は除夜の鐘を聞き、後半は初詣でと、二つを別々の行事に分けたのであろう。恵方(えほう)参りともいって、その年の明きの
書初(日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
解説・用例〔名〕新年に初めて毛筆で文字を書く正月の行事。昔から、一月二日(江戸時代、寺子屋などでは五日)に恵方(えほう)に向かってめでたい意味の詩歌成句などを書いた。ふではじめ。吉書初(きっしょはじ)め。試筆。かきはじめ。《季・新年》*満済准后日記
初夢(日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
解説・用例〔名〕年の初めに見る夢。(イ)節分の夜から立春の明けがたに見る夢。*山家集〔12C後〕上「たつ春の朝よみける年くれぬ春来べしとは思ひ寝にまさしく見えてかなふ初夢」*俳諧・増山の井〔1663〕正月「初夢立春の朝の夢也」*随筆・嬉遊笑覧
大晦日(国史大辞典・日本大百科全書・日本国語大辞典・日本の歳時記・日本方言大辞典)
一年の最終の日。毎月ある晦日(「みそか」とは三十日の意)に大の字をつけたのである。大つごもり(「つごもり」は月籠りの義)ともいう。商家では決算に忙しく、家庭では正月祝いの準備を整える。この夜は除夜とも大年の夜とも呼ばれ、その夜半をもって新年の訪れ
新嘗祭(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
「にいあえのまつり」、また音読して「しんじょうさい」ともいう。「にいなめ」は古代の稲の収穫祭であるが、民間儀礼と宮廷祭祀に分化している。民間の新嘗としては、『万葉集』の東歌(あずまうた)に女性だけで祭を行なっていたことを示す歌二首がみえる
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶