1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 五節供
  9. >
  10. 重陽
改訂新版・世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
重陽
ちょうよう

9月9日の節供。陽数(奇数)の極である9が月と日に重なることからいい,重九(ちようきゆう)ともいう。中国行事の渡来したもので,邪気を避け,寒さに向かっての無病息災,防寒の意味もあった。菊花宴ともいい,685年(天武14)を起源とするが,嵯峨天皇のときには,神泉苑に文人を召して詩を作り,宴が行われていることが見え,淳和天皇のときから紫宸殿で行われた。菊は霊薬といわれ,延寿の効があると信じられ,この日,菊酒を飲むことも行われた。また,茱萸(しゆゆ)(カワハジカミ)の袋を柱に菊とともにつけ,悪気を払う風習もあった。5月5日の薬玉を,この日に茱萸袋ととりかえるのが平安時代の後宮で行われている。また,宇多天皇のときをはじめとする菊綿(きくわた)と称する風流な慣習がある。8日の夜に綿を菊花にかぶせ,その露にぬれた菊の香のする綿で9日の朝,肌をぬぐうと,老をすてるといわれ,これを贈物としたことが《紫式部日記》などにくわしい。平安末期には,天皇の出席もなく,平座(ひらざ)が多くなった。
[山中 裕]

中国

中国では陰暦9月9日の重陽の日,人々は酒肴や茶菓を持って小高い丘に登り,茱萸を髪にさし,菊酒を飲んで邪気を払った。ちょうど厳しい冬に入ろうとする晩秋の一日であり,清爽な空気のなかで紅葉を眺めて楽しんだ。重陽節の由来は,一般に梁の呉均(ごきん)著《続斉諧記》の記事を引いて説明される。後漢の有名な方士費長房は弟子の桓景(かんけい)にいった。〈9月9日,きっとお前の家では災いが生じる。家の者たちに茱萸を入れた袋をさげさせ,高いところに登り(登高),菊酒を飲めば,この禍は避けることができる〉。桓景はその言葉に従って家族とともに登高し,夕方,家に帰ると,鶏や牛などが身代りに死んでいた。この逸話には,重陽節を構成する3要素(登高,茱萸,菊酒)が述べられている。重陽節の開始は,遅くとも3世紀前半の魏のころと考えられる。

 後世では,もっぱら収穫が一段落した晩秋の行楽日となる。登高の場所は丘だけでなく,高楼や寺塔の場合もあり,各地に登高の名所を生んだ。茱萸はカワハジカミと呼ばれる呉茱萸を指す。重陽節ごろ,芳烈な赤い実が熟し,その一房を髪にさすと,邪気を避け,寒さよけになるという。その実を浮かべた茱萸酒は,菊の花を浮かべた略式の菊酒とともに,唐・宋時代,愛飲された。呉自牧の《夢粱録》によれば,これによって,陽九の厄(本来,世界の終末を意味する陰陽家の語)を消すという。ちなみに,東晋の陶淵明は菊と酒を愛した詩人として有名であり,重陽節との関係も深い。北宋以後,重陽節は菊花をめでる日ともなり,種類の飛躍的な増加とともに,菊の鉢を山や塔の形に陳列したり,展覧会が開かれたりした。また唐代以来,米の粉を蒸して作った菓子〈糕(こう)〉を食べる風習があり,重陽糕・花糕とも呼ばれ,互いに贈答しあった。現在,重陽節は菊花をめでることなどを除けば,ほとんどすたれている。
[植木 久行]

[索引語]
重九 菊花宴 菊酒 茱萸 カワハジカミ 菊綿 重陽節 重陽の節供 費長房 登高 ゴシュユ(呉茱萸) 陽九の厄 陶淵明 糕(こう) 重陽糕 花糕
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
重陽の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 942
検索コンテンツ
1. 重陽
世界大百科事典
食べる風習があり,重陽糕・花糕とも呼ばれ,互いに贈答しあった。現在,重陽節は菊花をめでることなどを除けば,ほとんどすたれている。植木 久行 重九 菊花宴 菊酒  ...
2. ちょう‐よう【重陽】
デジタル大辞泉
(せちえ)。中国を起源とし、日本では平安時代に宮中の年中行事として菊の宴が催された。菊の節句。重陽の節。重九。《季 秋》「―の山里にして不二立てり/秋桜子」  ...
3. ちょう‐よう[:ヤウ]【重陽】
日本国語大辞典
809〜13〕二・序「文化六年巳の重陽(チャウヤウ)前後五日の急案」*霜林〔1950〕〈水原秋桜子〉「重陽や古りていよいよたふとき書」*杜甫‐九日詩「旧日重陽日 ...
4. ちょうよう【重陽】
国史大辞典
差」とあるのが文献での初見であり、『類聚国史』はこの宴を重陽節のはじまりとしている。しかし令制の規定では節日とはされておらず、宴であった。さらに『続日本紀 ...
5. 重陽(ちょうよう)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1315ページ ...
6. ちょうよう【重陽】[標準語索引]
日本方言大辞典
はつくにち / はつぐんち九月九日のちょうよう:重陽の節句に炊いて食べる栗飯(くにち(九日))くんち の栗飯九月九日のちょうよう:重陽の節句の酒ちくうざき ...
7. 重陽出仕之小袖 (見出し語:重陽)
古事類苑
服飾部 洋巻 第1巻 435ページ ...
12. 重陽歌會(ちょうようかかい)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 167ページ ...
13. 重陽節(ちょうようせつ)
デジタル大辞泉プラス
中国の祝日。旧暦の9月9日。この日高いところに上ると幸運が訪れるとされる。 2014年10月 ...
14. ちょうよう の 宴(えん)
日本国語大辞典
998〕九月九日「重陽宴」*名語記〔1275〕九「九月には重陽の宴などいひて菊を賞せらるる月也」*太平記〔14C後〕一三・龍馬進奏「菊花の盃を伝へて万年の寿を成 ...
15. ちょうよう‐の‐えん【重陽の宴】
デジタル大辞泉
重陽の日に催される観菊の宴。→菊の宴  ...
16. 重陽の節供
日本大百科全書
旧暦9月9日の行事、九月節供。陽数の九が日月に並ぶ佳日なのでこの名があり、五節供の一つに数えられている。中国の影響を受け、わが国でも古来宮中では、杯(さかずき) ...
17. 重陽の節供[百科マルチメディア]
日本大百科全書
五節供の一つ。「菊の節供」ともよばれ、キクの花を飾ったり、菊花酒(きっかしゅ)を飲んで無病息災を願う風習は古くから行われていた。歌川国貞画『豊歳五節句ノ遊(ほう ...
18. 重陽の節句(ちょうようのせっく) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
旧暦9月9日の節句。五節句の一つで、菊の節句、重九(ちょうく)、お九日(おくにち)とも呼ばれる。陽数(奇数)が重なるめでたい日。古来中国ではこの日に小高い山に登 ...
19. ちょうよう の 節(せつ)
日本国語大辞典
重陽の日。節日の一つとして、祝賀の行事が行なわれた。重陽。《季・秋》*凌雲集〔814〕「重陽節神泉苑賜〓宴群臣 ...
21. 중양-절重陽節
ポケプロ韓日
[名詞]【民俗】重陽(ちょうよう),菊の節句(陰暦の9月9日).▼ この日に菊を入れた餅(もち)を食べる.  ...
27. Chrysanthemum Festival 【菊の節句】
Encyclopedia of Japan
Also called Choyo no Sekku. Festival held on the ninth day of the ninth month in ...
28. 重陽宴 (見出し語:宴)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1320ページ ...
29. 王重陽
世界大百科事典
陝西省咸陽大魏村の人。初めの名は中孚,字は允卿,得道して名を喆(嚞)(てつ),字を知明(智明)と改め,重陽子と号した。最初科挙を目ざしたが果たさず,武挙(武官の ...
30. こ‐ちょうよう[:チョウヤウ]【小重陽】
日本国語大辞典
〔名〕陰暦九月一〇日、重陽の節供の翌日に再び観菊の宴を催すこと。《季・秋》*俳諧・改正月令博物筌〔1808〕九月「小重陽(コチャウヨウ) 唐土にては、京俗今日会 ...
32. てん‐ちょうよう[:チョウヤウ]【展重陽】
日本国語大辞典
〔名〕国忌などのために、宮中で重陽の宴をひと月延ばすこと。*俳諧・続猿蓑〔1698〕冬「菊花ひらく時則重陽といへるこころにより、かつは展重陽のためしなきにしもあ ...
33. とくやま-じゅうよう【徳山重陽】
日本人名大辞典
1797−1870 江戸時代後期の儒者。寛政9年生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。高野春華にまなび,ついで京都で藩儒伊藤氏の門にはいる。のち藩校明道館で教育にあ ...
36. トリトン(原子核)
日本大百科全書
水素の同位体であり、1個の陽子と2個の中性子とからなる原子核で、三重水素原子の核をなす。トリトンは、原子炉の中で重水素が中性子を吸収してγ(ガンマ)線を放出する ...
40. 依疾疫重陽宴 (見出し語:疾病【篇】)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1326ページ ...
41. 神社重陽 (見出し語:神社)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1334ページ ...
42. 依水害重陽宴 (見出し語:水害)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1325ページ ...
43. 幕府重陽 (見出し語:幕府)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1333ページ ...
44. 依諒闇重陽宴 (見出し語:諒闇)
古事類苑
歳時部 洋巻 第1巻 1326ページ ...
45. ànti・déuteron
ランダムハウス英和
n. 〔物理〕 反重陽子.[1964] ...
46. Chóngyáng重阳
ポケプロ中日
[名詞]重陽.旧暦の9月9日の節句.  ...
47. dēnggāo登高
ポケプロ中日
[動詞] 高みに登る. 重陽節(旧暦9月9日)に小高い山に登り,久しく会わない家族や友人をしのぶ.  ...
67. くがくにち【九―九日】[方言]
日本方言大辞典
重陽の節句。九月九日。 伊豆八丈島※078八丈島方言俗通志 =一話一言所収 ...
68. くがつ【九月】[標準語索引]
日本方言大辞典
/ はつくにち / はつぐんちくがつ:九月九日に食べる里芋のみそ汁はいもじるくがつ:九月九日の重陽の節句おくんち / くにち / くにちぜっく / くにちまつり ...
69. くにち【九日】[方言]
日本方言大辞典
(1)九月九日。また、九月九日の重陽の節句。 青森県上北郡082野辺地方言集(中市謙三)1936 三戸郡083青森県五戸語彙(能田多代子)1963 栃木県安蘇郡 ...
70. くりぜっく【栗節句】[方言]
日本方言大辞典
(この日、栗飯くりめしを食べて祝ったところから)九月九日の重陽の節句。 大阪市637方言と大阪(猪飼九兵衛)1948 和歌山県日高郡054方言(雑誌)1931~ ...
71. さけ【酒】[標準語索引]
日本方言大辞典
用の米とさけ:酒んぱなうざき婚宴の終了時、帰る一同に出すどんぶりさけ:酒すえひろ陰暦九月九日、重陽の節句のさけ:酒ちくうざき御輿が神社を出る時にふるまわれるさけ ...
72. せっく【節句】[標準語索引]
日本方言大辞典
てのひなせっく:節句よめぜっく / よめばつ九月九日の重陽のせっく:節句に炊いて食べる栗飯(くにち(九日))くんち の栗飯九月九日の重陽のせっく:節句の酒ちくう ...
73. ちくうざき【菊御酒】[方言]
日本方言大辞典
(酒に菊の葉を入れて霊前に供えるところから)陰暦九月九日、重陽の節句の酒。 沖縄県首里993沖縄語辞典(国立国語研究所)1963 ...
74. あいぎ【間着】
国史大辞典
白縮緬の紅裏(もみうら)一領をつける。四月からは打掛をつけず、白重ねの袷で付帯とする。五月から単(ひとえ)。重陽は上巳同様。玄猪以降は間赤。 [参考文献]関保之 ...
「重陽」の情報だけではなく、「重陽」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

重陽と同じ五節供カテゴリの記事
七夕(日本大百科全書(ニッポニカ))
7月7日あるいはその前夜の行事。本来は陰暦で行っていたが、現在は陽暦の7月7日に行う所が多い。東北地方などでは月遅れの8月7日に行っている。七夕は織女祭、星祭などともいい、中国伝来の行事と、日本古来の伝承、さらに盆行事の一環としての行事など、さまざまな要素が入り混じって今日に伝承されている
七草(改訂新版・世界大百科事典)
七種とも書き,春の七草と秋の七草がある。春の七草〈せり,なずな,ごぎょう,はこべら,ほとけのざ,すずな,すずしろ,これや七草〉とうたわれたように,これらを春の七草と称し,この,ごぎょうはハハコグサ,はこべらはハコベ,ほとけのざはタビラコ,すずなはカブ,すずしろは大根とされる。後世これらを七草粥にして正月7日に食べ
重陽(改訂新版・世界大百科事典)
9月9日の節供。陽数(奇数)の極である9が月と日に重なることからいい,重九(ちようきゆう)ともいう。中国行事の渡来したもので,邪気を避け,寒さに向かっての無病息災,防寒の意味もあった。菊花宴ともいい,685年(天武14)を起源とするが,嵯峨天皇のときには,神泉苑に文人を召して詩を作り,宴が行われていることが見え
端午(改訂新版・世界大百科事典)
中国にはじまり,朝鮮,日本でも行われる旧暦5月5日の節供。中国 蒲節,端節,浴蘭節などともいう。〈端〉は〈初〉の意味で,元来は月の最初の午の日をいった。十二支の寅を正月とする夏暦では,5月は午の月にあたり,〈午〉が〈五〉に通じることや陽数の重なりを重んじたことなどから,3世紀,魏・晋以後
雛祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
毎年3月3日に雛人形を飾り、桃花や雛菓子を供えて、白酒で祝う習俗で、「桃の節供」ともいう。婦女子主体の祭りで、男子の五月節供と対置されてもいるが、雛人形主体の節供習俗の歴史は案外に新しい。江戸時代初頭(1630ころ)に宮廷や幕府で三月節供に雛人形にかかわる行事があった記録が現れ、やがて寛文年間(1661~73)以降に
五節供と同じカテゴリの記事をもっと見る


「重陽」は五節供に関連のある記事です。
その他の五節供に関連する記事
五節供(日本大百科全書(ニッポニカ))
1月7日の七草、3月3日の雛祭、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽の五つの節供をいう。これらの節日はいずれも中国伝来の要素がみられる。1月7日は中国で人日という。これは東方朔の占書に、正月1日に鶏を占い、2日には狗を占い、3日には羊を占い、4日には猪を占い、5日には牛を占い、6日には馬を占い
節供(句)(改訂新版・世界大百科事典)
年中行事を構成する日。年に何回かある重要な折りめのことで,基本的には神祭をする日である。迎えた神に神饌を供して侍座し,あとで神人共食することによってその霊力を身につけようとするもので,氏神祭や正月,盆も重要な節供といえよう。小豆粥を食べる正月15日を粥節供,あとで神人共食することによって
雛祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
毎年3月3日に雛人形を飾り、桃花や雛菓子を供えて、白酒で祝う習俗で、「桃の節供」ともいう。婦女子主体の祭りで、男子の五月節供と対置されてもいるが、雛人形主体の節供習俗の歴史は案外に新しい。江戸時代初頭(1630ころ)に宮廷や幕府で三月節供に雛人形にかかわる行事があった記録が現れ、やがて寛文年間(1661~73)以降に
端午(改訂新版・世界大百科事典)
中国にはじまり,朝鮮,日本でも行われる旧暦5月5日の節供。中国 蒲節,端節,浴蘭節などともいう。〈端〉は〈初〉の意味で,元来は月の最初の午の日をいった。十二支の寅を正月とする夏暦では,5月は午の月にあたり,〈午〉が〈五〉に通じることや陽数の重なりを重んじたことなどから,3世紀,魏・晋以後
重陽(改訂新版・世界大百科事典)
9月9日の節供。陽数(奇数)の極である9が月と日に重なることからいい,重九(ちようきゆう)ともいう。中国行事の渡来したもので,邪気を避け,寒さに向かっての無病息災,防寒の意味もあった。菊花宴ともいい,685年(天武14)を起源とするが,嵯峨天皇のときには,神泉苑に文人を召して詩を作り,宴が行われていることが見え
五節供に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る