ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祝祭日
  8. >
  9. 外国の祝日
  10. >
  11. クリスマス

ジャパンナレッジで閲覧できる『クリスマス』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

改訂新版・世界大百科事典

クリスマス
Christmas

イエス・キリストの降誕記念日。クリスマスは英語でキリストChristのミサmassの意味。〈Xmas〉と書く場合のXは,ギリシア語のキリスト(クリストス)ΧΡΙΣΤΟΣの第1字を用いた書き方である。フランスではノエルNoël,イタリアではナターレNatale,ドイツではワイナハテンWeihnachtenという。また,12月25日を〈クリスマス・デー〉,その前夜を〈クリスマス・イブ〉,クリスマスから公現祭(1月6日)の前日(ときには1月13日または聖燭節=2月2日)までを〈降誕節Christmastide〉と呼んでいる。

起源

新約聖書にはマリアの処女懐胎に始まるキリストの誕生について記されている(《マタイによる福音書》1:18~25,《ルカによる福音書》1:26~38など)。しかし,その日がいつかということは語られていない。このため,初期キリスト教徒は1月1日,1月6日,3月27日などにキリストの降誕を祝したが,教会としてクリスマスを祝うことはなかった。3世紀の神学者オリゲネスはクリスマスを定めることは異教的であると非難している。クリスマスが12月25日に固定され,本格的に祝われるようになるのは教皇ユリウス1世(在位337-352)のときであり,同世紀末にはキリスト教国全体でこの日にクリスマスを祝うようになった。長い議論の末,クリスマスが12月25日に固定されたのは初期教会の教父たちの体験と英知とによるものであった。

一般に,この時期に大きな祭りを行うことは古い時代の社会の慣習であった。なかでも揺籃期のキリスト教会が改宗を願っていたローマ人やゲルマン人の間には,冬至の祭が盛大に行われていた。納屋には収穫した穀物がたっぷりと積まれている。牧草の欠乏する冬をひかえて屠殺した家畜の肉も十分に貯蔵されている。1年のはげしい労働から解放され,何となく心豊かなこのとき,人々はやがて訪れる食糧不足のときを忘れ,飲みかつ食らう盛大な祭りを行った。生命の恵みを与える太陽の力を弱め,冬をもたらす自然の怒りをやわらげるために,人々は犠牲を捧げ,豊作・豊穣を祈って火をたいた。大方の草木の枯れるときになお緑を保つ常緑樹は永遠の生命の象徴として飾られた。ゲルマン人の冬至の祭ユールについて詳しいことはわからないが,ローマ人の冬至の祭については詳細な記録が文学・絵画・彫刻などに残っている。12月25日はローマの冬至の当日であった。その日は〈征服されることなき太陽の誕生日〉として,3~4世紀のローマに普及していたミトラス教の重要な祭日であった。12月17日から24日まではサトゥルナリアと呼ばれる農耕神サトゥルヌスの祭が行われていた。この期間,家々にはあかあかと火がともされ,常緑樹が飾られた。贈物が交換され,男たちは女の衣服や獣皮などをまとい,ふだん禁止されていたかけ事に興じた。主人と奴隷が席を交換するどんちゃん騒ぎも行われた。

このようなローマのサトゥルナリアとゲルマンのユールの祭の時期がイエスの降誕を祝うクリスマスとして選ばれた。教会は既存の祭日をできるかぎり利用することを考えていたからである。とくに,ミトラス教はキリスト教の強敵であった。コンスタンティヌス1世はこれよりさき,類似点の多いミトラス教との習合を考え,321年には毎週の休日を〈太陽の日dies solis=sun day〉と呼ぶことに決めた。クリスマスについても教会の同一の方針をみることができる。その上,当時,キリスト教徒の間にもイエスをこの世の光,太陽と考える習慣があった。ミラノ司教アンブロシウスは〈わが主イエスの降誕したこの聖なる日を“太陽の誕生日”と呼ぼう〉と述べている。クリスマスがいつごろから祝われたかは不明である。初期の東方教会の人々は公現祭をキリスト受洗の日,その神性顕示の日として祝った。彼らはアリウス派の人々で,イエスの受洗を重視し,降誕には意味を認めない人々であった。降誕のときからイエスの神性を信じる正統派キリスト教徒は彼らを異端と考えた。325年のニカエア公会議の異端宣告とほぼ同時期に,西方教会がクリスマスを12月25日に定めたのは異端との区別を明確にするためでもあったかもしれない。ともかく,ローマでクリスマスが12月25日に祝われたのは336年以前であったことはほぼ確実である。この日が決定するまでにさまざまな意見が出された。たとえば,12月末,イエスの生まれたパレスティナ地方は雨季にあたり,羊飼いは野に出ていない。この時期に人口調査が行われた(《ルカによる福音書》2:1~3)証跡はない。学者たちは別の根拠からクリスマスを推定しようとしたが,いずれの見解も十分に説得的ではなかった。こうしてクリスマスは固定された。数世紀の間,異教の慣習はなお強く残り,教会はこれを懸念しながらも,キリスト教の教義と明確に矛盾しないかぎりこれを根絶することなく,同化・習合の方針をとった。以下,イギリスを例として,今日にいたるクリスマスの変遷を鳥瞰しよう。

中世

597年,カンタベリーのアウグスティヌスがイギリス伝道を開始したとき,クリスマスはローマ教会の三大祝日の一つとなっていた。彼は翌年のクリスマスに1万人以上のアングロ・サクソン人に洗礼を施したという。約1世紀後,ベーダはこの日がもと〈母たちの夜〉と呼ばれ,母なる女神の祝日だったと述べている。人々は改宗してもなお,寛大な教会の慈悲により,罪のない異教の祭りをたのしんでいたのである。彼らは常緑樹を飾り,ユールの丸太を燃やし,仮面劇やまじない歌を誦し,踊りに興じた。このようにして,イギリスのクリスマスはユールと降誕節の習合として成立し,アングロ・サクソン暦はこの日から新年を数えることとなった。この慣習は中世末まで残った。アルフレッド大王はクリスマスから公現祭までを聖なる期間と定め,労働を禁じた。王が878年デーン人に一時敗退したのはこのためであるといわれている。なお,上記の期間が聖なる期間と定められたのは567年のトゥールの公会議においてである。アングロ・サクソン人のキリスト教化はデーン人の侵寇により遅滞ないし後退したが,〈ノルマン・コンクエスト〉までにはほぼ完成した。〈クリスマス〉という用語は《アングロ・サクソン年代記》の1043年の項で初めて使用されている。それ以前は〈冬至祭〉または降誕を意味するNativityの語が使用されている。

宗教改革以後

ヘンリー8世,エリザベス1世の時代にもクリスマスはイングランド教会(アングリカン・チャーチ)の三大祝日の一つとして祝われた。当時の文学作品などによると,クリスマスは神に感謝を捧げるとき,正真正銘の喜びのとき,友人・親戚との旧交を温め,貧しい隣人を歓待するときであった。この時代は宮廷生活の華やかさに比し,地方では貧富の差が激化し,過去の人間関係のきずなが破綻しはじめた時代であった。クリスマスは貧しい隣人を歓待するようにという文言が著述家たちによってとくに強調されている。エリザベス1世,ジェームズ1世は故郷の人々を歓待するようにと,クリスマスには廷臣たちを帰省させた。地方自治体は貴族・ジェントリーにこの歓待を義務づけた。とくに凶作の年にはそれが地方の治安維持にとって重大な役割を果たした。1627年のクリスマスに,枢密院はロンドン主教に対して,イギリスに亡命してきたフランスの新教徒救済のため,主教区全体から寄付金を集めるように命じ,古きよき時代のクリスマス精神を懇請した。

ピューリタン革命時代

王党派とイングランド教会は楽しい伝統的慣習を象徴する日としてクリスマスを祝った。しかし,謹厳なピューリタンはこの日をローマ・カトリックの祝日として非難し,暴飲暴食,ダンス,かけ事,乱ちき騒ぎその他諸悪に結びつく祭日として攻撃した。すでに《諸悪の解剖》(1583)の著者P.スタッブズは劇場・演劇を誹謗し,仮面劇を装って盗み,売淫,殺人などがクリスマスほど横行する時期はないと記した。17世紀のあるピューリタンは〈クリスマスは主イエスの降誕を祝う日ではなく,バッカス神の祭りである。異教徒はこれを見て,イエスは貪食な享楽主義者,大酒飲み,悪魔の友人と思うだろう〉と嘆いた。穏健派はゆきすぎを是正するにとどめるつもりだった。長期議会もクリスマスに干渉する気はなかった。ところが,1644年,彼らはスコットランドの長老派教会の圧力によって態度決定を迫られたのである。長老派は1583年,スコットランドでクリスマスを完全に禁止した。その後王の命令によって一時復活したが,再びクリスマスを禁止した。議会派の指導者たちは長老派のクリスマス禁止の要求をイングランドで実施することを拒んだが,ついに屈服した。それは議会派の支配する地域でのみ効果を収めた。1647年,議会派はクリスマス禁止法案を可決しようとした。このとき,これに反対する暴動が各地に起こり,ついに家庭でのクリスマスを認めざるをえなくなった。

王政復古(1660)以後

クリスマスは再び教会の三大祝日の一つとなり,人々はこれを自由に祝うことができるようになった。しかし,社会経済上の変化はかつて田舎の地主邸で繰り広げられた伝統的クリスマスの相貌を変え,素朴な人々のどんちゃん騒ぎも廃れ,宗教心も薄れていくことになった。この変化はゆっくりと,かつ不均等に進行した。クリスマス休日が制定され,大学,学校,裁判所,議会はクリスマスから公現祭までを休日とし,官公庁はこの期間の数日を,多忙な部署はその一部を休日とした。一部の人々は聖燭祭(2月2日)までをクリスマスと考えた。19世紀になると,産業革命の余波をうけ,労働条件はきわめて過酷となり,クリスマス休日は当日だけとなった。クリスマスは富裕な家庭では華やかに祝われたが,一般にはこれを祝う費用のない人々が増大し,クリスマスはいよいよ死滅するかに見えた。

ビクトリア時代

19世紀中葉,クリスマスが蘇生した。それはチャーチスト運動の時代であり,大英帝国の威光がもっとも拡大された時期であった。新しいクリスマスでは隣人愛,慈善が重視され,宗教心の復活による宗教的側面の補正が行われ,その上に古い時代のにぎやかな祭りの慣習が輝きを添えた。とくに,クリスマスが子どもを中心とする家族の祭りとなったことがこの時代の特徴である。クリスマス・ツリー,サンタ・クロース,クリスマス・カードが導入され,クリスマス・キャロルが復活し,クリスマス・プレゼントやクリスマス正餐(ディナー)が庶民の家庭に進出した。今日のクリスマスはこのときから始まった。新しいクリスマスの成立に大きく寄与したのはビクトリア女王の夫君アルバート公とC.ディケンズである。アルバート公はドイツからクリスマス・ツリーの習慣をウィンザー城の家庭クリスマスにもちこみ,ディケンズは《クリスマス・キャロル》をはじめいくつかの文学作品を公刊し,クリスマスの楽しさ,陽気さを伝え,同時に,クリスマスのあるべき姿,物質的楽しみを享受するために果たさねばならない慈善などの義務を教えた。新しいクリスマスは急速に浸透し,空論家や反対論者も認めざるをえなくなった。非国教徒も子どもたちが友人仲間の楽しみの輪に入るのを抑止できなくなった。彼らの礼拝堂の一部は会員が国教会に流れ始めたのを見てクリスマス礼拝を開始した。こうして非国教徒の態度も軟化し,イギリス国民が新しいクリスマスを祝うようになった。こうした趨勢に応じて,短縮されていたクリスマス休日もボクシング・デーBoxing Day(クリスマスの翌日で,この日に使用人や郵便配達人などに祝儀の贈物を与える)まで延長されるようになった。それは銀行,官庁のみならず,19世紀末までには一般の商工業従事者にも拡大された。ここにみんなで祝う楽しいクリスマスが成立したのである。

日本

クリスマスの風習は明治以降に広まる。教会や在日外国人の手を離れ,初めて日本人によって祝われるのは,1875年ころ,原胤昭が設立した銀座の原女学校においてであったといわれる。明治10年代には丸善がクリスマス用品を輸入し,このころから大正期にかけて,クリスマスはしだいに一般家庭でも祝われるようになった。また,クリスマスの語は俳句の季題にもとり入れられ,正岡子規にも〈クリスマスの小き会堂のあはれなる〉の句がある。クリスマスの風習は日本人の生活に定着していくが,宗教的側面が軽んじられたり,商店の歳末売出しに利用される傾向も強まっていく。
[三好 洋子]

音楽

キリスト教の聖節としてのクリスマスは,一年間の教会暦を通じて,もっとも豊かな音楽に装われる。民衆的なクリスマスの音楽は,古くからキャロルcarol(英・米の呼び方。フランスではノエルnoël,ドイツではクリスマスのリートWeihnachtsliedと呼ぶ)として親まれている。北欧諸国ではクリスマスの音楽は主として室内の催しであるが,南欧諸国では屋外に厩舎の聖母子像をあらわす祭壇を設け,その祭壇に向かって音楽を捧げる風習が古くからあった。南イタリアから起こった抒情的な牧笛の音楽シチリアーノsiciliano(6/8または12/8拍子の舞曲)はその典型的な例で,バロック時代を通じて作曲された数多くのクリスマス協奏曲(コレリ,トレリ,マンフレディーニF.O.Manfredini(1684-1762)等)にはきまってシチリアーノの楽章が含まれている。ヘンデルの《メサイア》の降誕の場面に現れる〈ピファ〉(パストラル・シンフォニー)もその一例である。フランスでは,ノエルの旋律によるミサ曲やオルガン変奏曲等も数多く作曲された。

教会内部での聖節としてのクリスマスの儀式は,12月24日の夕べの礼拝(晩課)から始まる。そこで音楽的に重要な役割を果たすのはマニフィカトで,パレストリーナやバッハに名作がある。カトリックの教会では,12月25日の午前零時から第1ミサ(深夜ミサ),第2ミサ(早朝のミサ),第3ミサ(日中のミサ)と,三つのミサが挙げられる。これらのミサはグレゴリオ聖歌で歌われることもあるが,とくに深夜ミサはキャロルやノエルの旋律をちりばめて民衆的な喜びのうちに執行されることが多い。プロテスタントの教会でも深夜の礼拝のほか,クリスマスのシーズンを通じて特別に作曲された作品や賛美歌,オルガン曲が演奏される。とくに有名なのは,壮大な規模をもつバッハの《クリスマス・オラトリオ》である。

クリスマスの音楽には,ルネサンスや中世にまでさかのぼる古曲が多い。比較的新しい作品で全世界に愛唱されているのは,19世紀のグルーバーFranz Xaver Gruber(1787-1863)作曲の《きよしこの夜》である。また,アメリカや日本では,《ジングル・ベル》《ホワイト・クリスマス》などが,広く親しまれている。20世紀の芸術的な楽曲としては,イギリスのブリテンによる《キャロルの祭典》やアメリカのメノッティによるオペラ《アマールと夜の訪問者》などがある。
→クリスマス・キャロル
[服部 幸三]

[索引語]
Christmas Xmas ノエル Noël ナターレ Natale ワイナハテン Weihnachten クリスマス・デー クリスマス・イブ 降誕節 Christmastide オリゲネス ユリウス1世 冬至 ユール ミトラス教 サトゥルナリア 太陽の日 dies solis sun day アリウス派 ニカエア公会議 アウグスティヌス ベーダ(人名) アングロ・サクソン暦 アングロ・サクソン年代記 ピューリタン スタッブズ,P. クリスマス休日 クリスマス・ツリー(飾り) キャロル アルバート公 ディケンズ,C. クリスマス・キャロル ボクシング・デー Boxing Day 原胤昭 carol noël クリスマスのリート Weihnachtslied シチリアーノ siciliano マンフレディーニ,F.O. Manfredini,F.O. パストラル・シンフォニー 晩課 ミサ クリスマス・オラトリオ グルーバー,F.X. Gruber,F.X. きよしこの夜 ジングル・ベル ホワイト・クリスマス キャロルの祭典 アマールと夜の訪問者
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
クリスマスの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2316
検索コンテンツ
1. クリスマス【Christmas/Xmas】
デジタル大辞泉
イエス=キリストの誕生を祝う祭り。12月25日に行われる。多くの民族の間にみられた、太陽の再生を祝う冬至の祭りと融合したものといわれる。聖誕祭。降誕祭。《季 冬 ...
2. クリスマス
日本大百科全書
船戸英夫クリスマス料理もともとはクリスマス当日、教会のクリスマス礼拝から帰って、家族あるいは来客がともに祝って食べるディナーの料理をいう。しかし、最近は、クリス ...
4. クリスマス
世界大百科事典
を添えた。とくに,クリスマスが子どもを中心とする家族の祭りとなったことがこの時代の特徴である。クリスマス・ツリー,サンタ・クロース,クリスマス・カードが導入され ...
5. クリスマス
日本国語大辞典
「丁度岩沼の基督降誕祭(クリスマス)に招ばれて行った後へ、君が訪ねて来て」*手袋のかたっぽ〔1943〕〈永井龍男〉「此処の日曜学校へ通ふものが俄然増加した。クリ ...
6. クリスマス
プログレッシブ和英
Eve クリスマスカードa Christmas card クリスマスキャロルa Christmas carol クリスマスケーキa Christmas cake ...
7. クリスマス
ポケプロ和仏
Noël [男性名詞] ◆ クリスマスイブ veille de Noël [女性名詞] ◆ クリスマスカード carte de Noël [女性名詞] ◆ クリ ...
8. クリスマス[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2016
見られる。なお、教会歴では日没を1日の変わり目としており、24日の夜、すなわちクリスマス・イブにはすでにクリスマスが始まっていることになる。イミダス編2007. ...
10. クリス・マス
世界文学大事典
マレーシアの作家。本名カマルディン・ムハマッドKamaludin Muhammad。パハン州出身。マレー語小学校修了後,父親の希望によりイスラーム教修得のため, ...
11. クリスマス 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
イエス・キリストの誕生を祝うキリスト教の祭り。12月24日をイブ、25日をクリスマスとして祝う。実際のイエスの誕生日は不明で、12月25日は古代の太陽信仰に由来 ...
12. クリスマス[島]
世界大百科事典
の知見に入った。当時,島に多数の住居址はあったものの,無人であった。島名は,クックがここでクリスマスを過ごしたことによる。1888年英領となった。19世紀半ば以 ...
13. クリスマス
ポケプロ和独
Fröhliche Weihnachten! クリスマスイブ Weihnachtsabend 男性名詞 クリスマスカード Weihnachtskarte 女性名 ...
14. クリスマス
ポケプロ和西
[女性名詞複数形] クリスマスの|navideño[ña] クリスマスイブ|Noche f Buena,Nochebuena f クリスマスおめでとう|¡ ...
15. クリスマス
ポケプロ和伊
[男性名詞]〜に|a Nataleメリー・〜|Buon Natale!クリスマスイブvigilia di Natale [女性名詞]クリスマスツリーalbero ...
19. Christmas 【クリスマス】
Encyclopedia of Japan
Christmas was first celebrated in Japan as a religious observance in the mid-16t ...
22. Xmas音声
ランダムハウス英和
n. ((話)) =Christmas. (1)Christ を表すギリシア語 Χριστóζの第1字Xと「ミサ」を意味する-mas(<mass)から成る語.1 ...
23. クリスマス‐イブ【Christmas Eve】
デジタル大辞泉
クリスマス前夜。12月24日の夜。また、その時に行う祭り。聖夜。イブ。《季 冬》  ...
24. クリスマス‐イブ
日本国語大辞典
〔1930〕〈桃井鶴夫〉「クリスマス・イーヴ 英Christmas eve クリスマスの前夜、宵祭」*外燈〔1952〕〈永井龍男〉君が痛みを「早く、今年のクリ ...
25. クリスマス・イブ
デジタル大辞泉プラス
赤川次郎の長編ロマンティック・サスペンス。1991年刊行。 2011年11月 ...
26. クリスマス・イブ
デジタル大辞泉プラス
日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター、山下達郎。1983年発売。1988年よりJR東海のクリスマスキャンペーンのCMに起用されヒット。2013年には ...
27. 聖夜(クリスマス・イブ)に死を
デジタル大辞泉プラス
西村京太郎の長編推理小説。1975年刊行。 2011年10月 ...
28. クリスマス・イヴ
デジタル大辞泉プラス
岡嶋二人の長編サスペンス小説。1989年刊行。雪に閉ざされた別荘地を舞台にした、殺人鬼との戦いを描く。 2012年01月 ...
29. クリスマス・イヴ
デジタル大辞泉プラス
日本のテレビドラマ。放映はTBS系列(1990年10月~12月)。全11回。恋愛もの。脚本:内舘牧子。主題歌:辛島美登里。出演:仙道敦子、吉田栄作、松下由樹ほか ...
30. クリスマスオラトリオ【(ドイツ)Weihnachts-Oratorium】
デジタル大辞泉
バッハのオラトリオ。1734年の作。全6部、64曲。クリスマスから新年の公現節(1月6日)までの各祝日に一部ずつ演奏される。  ...
31. クリスマス・オラトリオ
日本大百科全書
歌詞としている。ただし全体に一貫した筋書きはなく、音楽としての統一性にも欠けるため、むしろクリスマスから新年にかけて各祝日に用いる6曲からなる「連作カンタータ」 ...
32. クリスマス‐オラトリオ
日本国語大辞典
(原題 {ドイツ}Weihnachts〓Oratorium )ヨハン=セバスチャン=バッハ作曲。一七三四年作。キリスト降誕の物語が ...
33. クリスマス・オラトリオ
デジタル大辞泉プラス
オラトリオ(1734)。原題《Weihnachtsoratorium》。全6部で構成され、クリスマスから公現節(1月6日)までの祭日において、一部ずつ演奏される ...
34. クリスマス音楽
日本大百科全書
多声で作曲された声楽曲もしばしば演奏されてきた。また、クリスマスのために書かれた器楽曲も、とくにバロック時代には多く現れた。なかでもコレッリの『クリスマス協奏曲 ...
35. クリスマスカクタス
日本大百科全書
ygocactus truncatus K. Sch. をさす場合が多く、混乱がある。花がクリスマスのころ自然に咲くのはシャコバサボテンで、カニバサボテンは早春 ...
36. クリスマス‐カード【Christmas card】
デジタル大辞泉
クリスマスを祝って友人などに贈る絵入りのカード。《季 冬》  ...
37. クリスマス・カード
日本大百科全書
伝える手紙。主としてクリスマスにちなんだ美しい絵を表紙とし、中に祝いのことばを記す。クリスマスと同時に新年を祝うことばを併記することが多い。文字と絵を印刷した最 ...
38. クリスマス・カード
世界大百科事典
クリスマスの挨拶を送るカード。イギリスでは18世紀末から手作りのカードを送る風習があり,19世紀前半にはその用紙として縁飾を印刷したものが売られていた。絵柄と字 ...
39. クリスマス‐カード
日本国語大辞典
card )《クリスマスカルト》クリスマスを祝福して友人、知己などに贈る絵入りのカード。《季・冬》*仏国風俗問答〔1901〕〈池辺義象〉新年に於ける一般の風俗「 ...
40. クリスマスキス イブに逢いましょう
デジタル大辞泉プラス
日本のテレビドラマ。放映はテレビ東京系列(1995年10月~12月)。全11回。脚本:池田裕幾ほか。主題歌:TRF。出演:中嶋朋子、佐藤敦啓、森本レオほか。 2 ...
41. クリスマスキャロル【A Christmas Carol】
デジタル大辞泉
ディケンズの小説。1843年刊。守銭奴スクルージがクリスマスの前夜に見た夢によって改心し、人間らしい心を取り戻す。  ...
43. クリスマス・キャロル
日本大百科全書
1843年刊。その後数年にわたって発表された5編の『クリスマス物語集』の第一作。主人公スクルージは人情のかけらもないけちん坊の守銭奴だが、クリスマスの前夜に、も ...
44. クリスマス・キャロル
世界大百科事典
クリスマスの時期に歌われる宗教的な民謡を総称する。ただし,キャロルは英語の呼び方で,フランスではノエルnoël,ドイツではクリスマスのリートWeihnachts ...
45. クリスマス・キャロル
世界大百科事典
イギリスの作家ディケンズの中編小説。1843年のクリスマスにあわせて発表。けちん坊の老人スクルージが,クリスマスの前夜に幽霊の訪問を受けて自分の過ちを教えられ, ...
46. クリスマス‐キャロル
日本国語大辞典
carol )《クリスマスカロル》クリスマスを祝う讚美歌。《季・冬》*外来語辞典〔1914〕〈勝屋英造〉「クリスマス・カロルChrstmas carol (英 ...
47. クリスマスキャロル[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2016
その後19世紀に入り、世間にクリスマスへの関心がよみがえるとともに、キャロルの復興運動が起こり、古来のキャロルに加え新しい曲も作られるようになる。今日では、宗教 ...
49. 『クリスマス・キャロル』
世界文学大事典
亡者が,クリスマスの前夜に見た夢によって改心し,貧者・弱者への愛情を取り戻す,という筋は子供だましのようだと思われるかもしれない。しかし,いまでは当然のことと考 ...
51. クリスマス‐ケーキ【Christmas cake】
デジタル大辞泉
クリスマス用のデコレーションケーキ。  ...
52. クリスマス‐ケーキ
日本国語大辞典
cake )クリスマス用のデコレーションケーキ。《季・冬》*尖端語百科辞典〔1931〕〈早坂二郎・松本悟朗〉「クリスマス・ケーキchristmas cake  ...
53. クリスマスケーキ[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2016
クリスマスに食べるケーキ。フランスのブッシュ・ド・ノエルは、薪の形のロールケーキで、クリスマスイブに大きな薪を暖炉で燃やす習慣「ユールログ」に由来する。イギリ ...
54. クリスマス‐セール【Christmas sale】
デジタル大辞泉
デパートや商店などで、クリスマスの買物をあてこんで行う売り出し。  ...
55. クリスマス‐セール
日本国語大辞典
〔名〕({英}Christmas sale )デパートや商店などで、クリスマスのプレゼントをあてこんでクリスマス前に行なう売出し。 ...
56. クリスマス‐ソング【Christmas song】
デジタル大辞泉
クリスマスに歌われる歌。  ...
57. クリスマスソング 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
また、世界のポピュラーミュージックのクリスマスソングで最もよく耳にするのは、ビング・クロスビーの「ホワイトクリスマス」。日本の若者の間では山下達郎の「クリスマス ...
58. クリスマスチェア[百科マルチメディア]
日本大百科全書
アケボノアセビの代表種。花は淡紅色で美しく、庭木や鉢植えに利用される 〓Shogakukan ...
59. クリスマス‐ツリー【Christmas tree】
デジタル大辞泉
クリスマスの飾りに立てる木。普通はモミかエゾマツの若木を用い、モール・ろうそく・豆電球などで飾る。  ...
60. クリスマス・ツリー
日本大百科全書
クリスマスの飾りに立てる木。ヨーロッパにはキリスト教が入る以前から、雪と闇(やみ)に閉ざされた真冬に緑と陽光の春を願う強い期待感があり、そのシンボルとして常緑の ...
61. クリスマス・ツリー
世界大百科事典
ラスブルク(現,ストラスブール)ではクリスマスに色紙で作ったバラの花やリンゴや砂糖などを飾った木を立てると記されている。クリスマス・ツリーは,元来クリスマスの日 ...
62. クリスマス‐ツリー
日本国語大辞典
〔名〕({英}Christmas tree )《クリスマストリー》クリスマスの装飾として立てる常緑樹。種々の飾りを施し、ろうそくを点じたりする。ふつう、樅(もみ ...
「クリスマス」の情報だけではなく、「クリスマス」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

クリスマスと同じ外国の祝日カテゴリの記事
万聖節(改訂新版・世界大百科事典)
キリスト教のすべての聖人を記念する祝日。カトリック教会では〈諸聖人の祝日〉と呼ぶ。また一般にハローマスHallowmas(hallowはアングロ・サクソン語で〈聖人〉の意)とも呼ばれる。西方教会では11月1日,東方教会では聖霊降臨祭後の最初の日曜日に祝う。この祝日は4世紀に東方教会で始まり,しだいに西欧に伝わったが
クリスマス(改訂新版・世界大百科事典)
イエス・キリストの降誕記念日。クリスマスは英語でキリストChristのミサmassの意味。〈Xmas〉と書く場合のXは,ギリシア語のキリスト(クリストス)ΧΡΙΣΤΟΣの第1字を用いた書き方である。フランスではノエルNoël,イタリアではナターレNatale,ドイツではワイナハテンWeihnachtenという。また,12月25日を
復活祭(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
典礼暦年と移動祝祭日の中心をなすキリスト教の教会暦における最大の祭日。英語ではイースターといい,これは春の女神(元来は夜明けの女神)を意味するチュートン語に由来するといわれる。復活祭から聖霊降臨祭までの期間を復活節と呼ぶが,とくに復活徹夜祭をもって盛大に祝う。
聖霊降臨祭(改訂新版・世界大百科事典)
キリスト教の教会暦で復活祭に次ぐ祭日の一つ。聖霊降臨のできごとは,キリストの復活のできごとから50日目,旧約の五旬祭の日に起こったので,キリスト者にとってこのできごとを記念する日が聖霊降臨祭となった。《使徒行伝》の第2章にも書かれているように,この日使徒の説教によって,多くの人が洗礼を受け
外国の祝日と同じカテゴリの記事をもっと見る


「クリスマス」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
日本万国博覧会(国史大辞典)
昭和四十五年(一九七〇)三月十五日から九月十三日まで、アジアで最初の万国博覧会として、大阪府吹田(すいた)市の千里丘陵地帯約三三〇万平方メートルを会場に、「人類の進歩と調和」を統一テーマに開催された国際博覧会。国際博覧会条約にもとづく第一種一般博覧会
事始(国史大辞典)
(一)御事始・事八日ともいう。十二月八日(上方は十三日)に煤払(すすはらい)をして正月の準備を始めること。また二月八日に農事を始めることをもいう。月日に異同があり、十二月十三日を事始(『日次紀事』)、十三日(江戸城)または八日(江戸府中)を事納
煤払い(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
正月を迎えるにあたって、家の内外を清掃する年中行事。いろりで薪(たきぎ)を燃す生活では、煤のたまることが多かった。近来は実用的な大掃除(おおそうじ)の意味で、正月飾りの直前にあたる12月25日前後にする家が多いが、もとは年神(としがみ)祭りのための
オランダ正月(日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸時代、長崎出島(でじま)のオランダ商館では、在留オランダ人が故国の生活様式と習慣に従い、太陽暦の1月1日に新年の祝宴を開いていた。この日、長崎奉行所の役人、町年寄、出島乙名(おとな)、オランダ通詞ら日ごろオランダ商館に関係の深い日本人が招かれた。
べったら市(日本大百科全書・世界大百科事典)
10月19日(もとは旧暦)東京・日本橋の大伝馬町と小伝馬町を結ぶ街路で開かれる浅漬け大根(べったら漬け)の市。本来は恵比寿講(えびすこう)(20日)のための道具、供え物の塩鯛(だい)、恵比寿大黒(だいこく)の神像などを売る市であったが、のちにべったら
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る