NHK大河ドラマ「光る君へ」特集
ジャパンナレッジは約1700冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 歌論書
  10. >
  11. 近代秀歌(歌論書)

近代秀歌(歌論書)

ジャパンナレッジで閲覧できる『近代秀歌(歌論書)』の国史大辞典・日本国語大辞典・日本大百科全書・日本古典文学全集のサンプルページ

国史大辞典
近代秀歌
きんだいしゅうか
藤原定家著。承元三年(一二〇九)源実朝に送ったと思われる歌論書。最も原形に近い島原松平文庫本(一)およびその系統の流布本(二)と自筆本がある。まず紀貫之以後の和歌史を概観して、新古今歌風が反貫之・六歌仙歌風の復興であること、および今後の目標は「寛平以往(前)」つまり貫之・六歌仙両歌風の総合にあると説く。ついで本歌取の説明。終りに(一)(二)では源経信以下近代六人の秀歌を掲げる。後年その部分を自撰『二四代集』中の秀歌に換えたのが自筆本である。(一)は影印があり、(二)と自筆本は『日本歌学大系』三に収める。ほかに『日本古典文学大系』六五、『日本古典文学全集』五〇などに収める。
[参考文献]
石田吉貞『藤原定家の研究』、藤平春男『新古今歌風の形成』、田中裕『中世文学論研究』、福田秀一『中世和歌史の研究』
(田中 裕)


日本国語大辞典
きんだいしゅうか[キンダイシウカ]【近代秀歌】

解説・用例

鎌倉前期の歌論書。一巻。藤原定家著。承元三年(一二〇九)成立。源実朝の問に答えた書簡体の書。和歌の歴史を述べた後、古い言葉、新しい感覚で寛平以後の歌にならうことを説き、秀歌の例を引いたもの。自筆本が残され、定家の歌論中、最も信頼性が高い。

発音

キンダイシューカ

〓[シュ]




日本大百科全書
近代秀歌
きんだいしゅうか

藤原定家(ていか)の歌論書。元来1209年(承元3)将軍源実朝(さねとも)の求めに応じて書き贈ったもの(遣送本(けんそうぼん))。本文は消息体で詠歌の心得を説き、末尾に秀歌例を付す。歌論の要点は初めに紀貫之(きのつらゆき)以来の和歌史批判を通して源経信(つねのぶ)、源俊頼(としより)らいわゆる近代六歌仙の革新や若き日の定家らの新風の根拠を明らかにし、かつ「寛平(かんぴょう)以往」(六歌仙時代)の在原業平(ありわらのなりひら)、小野小町にみられる「余情妖艶(ようえん)の体」を理想とせよといい、そのための方法として「本歌取(ほんかどり)」論を展開する。例歌は当初近代六歌仙のもの計20余首であったが、のちに『二十四代集』(定家八代抄)からの80余首と差し替え(自筆本が現存する)、また遣送本と、それとの中間もしくは合成形態とみられるものや、その他の系統の諸本がある。定家歌論の眼目の書。
[福田秀一]



新編 日本古典文学全集
近代秀歌(歌論集)
【閲覧画面サンプル】
近代秀歌(歌論集) 全体

【上記の拡大画像】
近代秀歌(歌論集) 拡大

【現代語訳】
〔一〕 
今からすると過去のことになったようです。

ある人が「歌はどのように詠んだらいいものか」とお尋ねになりましたので、愚見のままに、少しばかり考え得ていたことを書き記しました。特別な内容が少しもあるわけでなく、それを平凡な文章にまとめて、そのある方に送ったことでした。したがって見苦しいものですが、もっぱら個人的意見を述べた偏見というべきでしょう。

〔二〕 
和歌の道は、浅いようでいてじつは深く、やさしいようにみえてじつはむずかしいものです。だから和歌を真に理解している人はほんの少数しかおりません。

昔、紀貫之は、歌の趣向の立て方が巧妙で、声調の張りがずば抜けて優れ、詞の表す意味が明確で、したがって一首全体から趣向のおもしろみが感じられてくる、という歌いぶりを好んで、余情妖艶の歌風を捨てました。このような貫之の選択が行われて以後の時代は、貫之風を承け継ぐ歌人たちは、ひたすら右のような貫之の好み選んだ歌風になっていきました。しかし、時代が下り、歌人の詩心も衰弱して、声調の緊張感も不十分になり、歌詞も平俗化していったのでした。まして近代に入るとその歌人たちは、ただ思いついた趣向を短歌形式でまとめることしか念頭になくて、詩的表現がどのようにあるべきかをまったく理解していません。そのために、堕落した近代の歌は、表現の巧みさもない

【目次】
近代秀歌(扉)
解題
〔一〕前文
〔二〕和歌史批判
〔三〕自分の立場
〔四〕作歌の原理と方法
〔五〕付言
〔秀歌例〕 (八代集選抄)
〔付〕〔秀歌例〕 (近代六歌仙)

上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


近代秀歌(歌論書)の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 136
※検索結果は本ページの作成時点のものであり、実際の検索結果とは異なる場合があります
検索コンテンツ
1. 近代秀歌(歌論集)
日本古典文学全集
少なくとも8世紀後半に誕生し、以後江戸時代まで文学論史の主軸として他ジャンルに影響を与え続けた。藤原定家の『近代秀歌』(1209年)、『詠歌大概』(1213~1 ...
2. きんだいしうか【近代秀歌】
全文全訳古語辞典
[書名]鎌倉初期の歌論書。一巻。藤原定家著。一二〇九年(承元三)成立。歌について、源実朝の質問に答えた書。和歌史を論じた後、近代歌人の秀歌を挙げつつ、古きよき言 ...
3. 近代秀歌
日本大百科全書
藤原定家(ていか)の歌論書。元来1209年(承元3)将軍源実朝(さねとも)の求めに応じて書き贈ったもの(遣送本(けんそうぼん))。本文は消息体で詠歌の心得を説き ...
4. 近代秀歌
世界大百科事典
歌論書。藤原定家が1209年(承元3)将軍源実朝の依頼で執筆。歌論部は《古今集》の序をふまえた和歌史批判と,その帰結としての作歌理念・表現方法論に分かれ,宇多朝 ...
5. きんだいしゅうか【近代秀歌】
デジタル大辞泉
鎌倉前期の歌論集。1巻。藤原定家著。承元3年(1209)成立。和歌の歴史を述べ、古い言葉を用いつつ新しい感覚を表すことを説き、秀歌の例を引く。  ...
6. きんだいしゅうか[キンダイシウカ]【近代秀歌】
日本国語大辞典
鎌倉前期の歌論書。一巻。藤原定家著。承元三年(一二〇九)成立。源実朝の問に答えた書簡体の書。和歌の歴史を述べた後、古い言葉、新しい感覚で寛平以後の歌にならうこと ...
7. きんだいしゅうか【近代秀歌】
国史大辞典
藤原定家著。承元三年(一二〇九)源実朝に送ったと思われる歌論書。最も原形に近い島原松平文庫本(一)およびその系統の流布本(二)と自筆本がある。まず紀貫之以後の ...
8. い‐おう【以往/已往】
デジタル大辞泉
「平安遷都―の文化」 2 (已往)それより前。以前。往時。 「およばぬ高き姿を願ひて寛平―の歌にならはば」〈近代秀歌〉本来、「以往」はある時からのち、「已往」は ...
9. い‐おう[‥ワウ]【以往】
日本国語大辞典
者」*色葉字類抄〔1177〜81〕「以往 サキツカタ イワウ」*近代秀歌〔1209〕「ことばは古きを慕ひ、心は新しきを求め〈略〉寛平以往の哥にならはば、おのづか ...
10. 石川啄木[文献目録]
日本人物文献目録
民文学全集 17』-『若き日の悩み 秘められた青春日記』石川正雄(編)『石川啄木』岩城之徳『近代秀歌』藤森朋夫『近代文学研究叢書 13』昭和女子大近代文学研究室 ...
11. 伊藤左千夫[文献目録]
日本人物文献目録
6』-『現代日本文学全集月報 32』-『伊藤左千夫歌集』伊藤左千夫『現代国民文学全集 34』-『近代秀歌』藤森朋夫『近代文学研究叢書 14』昭和女子大近代文学研 ...
12. えいがいってい【詠歌一体】
国史大辞典
よくよく心得べき事」以下九ヵ条に分けて、詠歌の初歩的な心得を説く。『新撰髄脳』『俊頼髄脳』『近代秀歌』などの影響も見えるが、「歌の姿の事」における平淡美の主張や ...
13. えいがたいがい【詠歌大概】
国史大辞典
」と説き、ついで詳細に本歌取りの手法を解説する。以上はほぼ定家の『近代秀歌』後半の論旨に等しい。次に詠歌の手本として三代集のほか『伊勢物語』『三十六人集』『白氏 ...
14. 詠歌大概
日本大百科全書
)」と題する83首の八代集抄出歌が付載され、「風体」の優れた例を示す。内容上近似するものに『近代秀歌』改撰(かいせん)本がある。藤平春男 ...
15. 詠歌大概(歌論集) 473ページ
日本古典文学全集
二大別しているが、その古典歌群をさす。伝誦的な万葉歌をも含めた三代集時代の歌人の歌である。『近代秀歌』によれば、十一世紀後半の源経信あたりから以後。ほぼ久安六年 ...
16. 詠歌大概(歌論集) 474ページ
日本古典文学全集
人かくの如きの事は、全く何度と雖もこれを憚らず。年の内に春は来にけり 月やあらぬ春や昔 『近代秀歌』には、五・七と二句が一続きになっているのをとろうとする場合 ...
17. 詠歌大概(歌論集) 476ページ
日本古典文学全集
俊頼髄脳、古来風躰抄、時代不同歌合、詠歌一体にみえる(以下書名のみを列挙する)。『近代秀歌』の自筆本秀歌例(以下単に「近代秀歌自筆本」と略称)にもある。以下春の ...
18. 詠歌大概(歌論集) 477ページ
日本古典文学全集
高陽院七番歌合、散木奇歌集・一、古来風躰抄、時代不同歌合、詠歌一体。近代秀歌自筆本および近代秀歌原形本の秀歌例(以下単に「近代秀歌原形本」と略)にも。『金葉集』 ...
19. 詠歌大概(歌論集) 478ページ
日本古典文学全集
時代不同歌合。近代秀歌自筆本にも。建久六年(一一九〇)左大将良経家五首歌、慈鎮和尚自歌合、詠歌一体。近代秀歌原形本にも。『伊勢物語』八二段から構想を得た歌。友則 ...
20. 詠歌大概(歌論集) 479ページ
日本古典文学全集
以下秋の歌。恵慶集、後十五番歌合、時代不同歌合。近代秀歌自筆本にも。寂然集、月詣集・七、古来風躰抄、時代不同歌合。御裳濯河歌合、西行法師家集、西行物語。近代秀歌 ...
21. 詠歌大概(歌論集) 480ページ
日本古典文学全集
散木奇歌集・三、古来風躰抄。近代秀歌原形本にも。「野路の玉川」は近江(滋賀県)にある歌枕。壬二集、家隆卿百番自歌合。「月の都」は中国の伝説の月宮殿のこと。後鳥羽 ...
22. 詠歌大概(歌論集) 481ページ
日本古典文学全集
古来風躰抄、八雲御抄。近代秀歌自筆本にも。新撰万葉集・上。近代秀歌自筆本にも。久安六年(一一五〇)崇徳院百首、清輔集、時代不同歌合。宮河歌合、山家集・上、西行法 ...
23. 詠歌大概(歌論集) 482ページ
日本古典文学全集
とも」(万葉・巻十・二二二四 作者未詳)の異伝歌か。近代秀歌自筆本にも。寛平御時后宮歌合、新撰万葉集・上、猿丸大夫集、古来風躰抄。近代秀歌自筆本にも。百人秀歌は ...
24. 詠歌大概(歌論集) 483ページ
日本古典文学全集
和漢朗詠・上、金玉集、三十六人撰、古来風躰抄。貫之集、六帖・六、和漢朗詠・上、俊頼髄脳、時代不同歌合。近代秀歌自筆本にも。「もる山」は近江国(滋賀県)の名所。柿 ...
25. 詠歌大概(歌論集) 484ページ
日本古典文学全集
二四〇 作者未詳)。宮河歌合、時代不同歌合、西行物語。近代秀歌自筆本にも。「秋篠」は大和国(奈良県)の地名。清輔集、時代不同歌合。近代秀歌原形本にも。本説「霜露 ...
26. 詠歌大概(歌論集) 485ページ
日本古典文学全集
他の文献にみえない。伝誦歌か。是則集、六帖・一、時代不同歌合。近代秀歌自筆本にも。『新古今集』作者名「摂政太政大臣」。治承題百首、秋篠月清集、後京極殿自歌合。近 ...
27. 詠歌大概(歌論集) 486ページ
日本古典文学全集
後鳥羽院御集。近代秀歌自筆本にも。本歌「見し人の煙を雲とながむれば夕べの空もむつましきかな」(源氏・夕顔・三六)。ここまで哀傷歌。新撰和歌、六帖・二、古来風躰抄 ...
28. 詠歌大概(歌論集) 487ページ
日本古典文学全集
後京極殿自歌合、秋篠月清集。近代秀歌自筆本にも。時代不同歌合。近代秀歌自筆本にも。二句まで序詞。底本・為秀筆本とも末句「知る人のなき」。近代秀歌自筆本は「知る人 ...
29. 詠歌大概(歌論集) 488ページ
日本古典文学全集
原形と認めて底本を改めた。伊勢集。近代秀歌自筆本にも。三句まで、一部に主意を表す部分を含む序詞。俊忠家恋十首、散木奇歌集・八、時代不同歌合、後鳥羽院御口伝、詠歌 ...
30. 詠歌大概(歌論集) 489ページ
日本古典文学全集
月詣集・六、詠歌一体。近代秀歌自筆本および原形本、僻案抄にも。本歌→四六一ページ注一二。忠岑集、六帖・一・五、新撰朗詠集・下、奥義抄、時代不同歌合。近代秀歌自筆 ...
31. 詠歌大概(歌論集) 490ページ
日本古典文学全集
和漢朗詠・上、綺語抄・下、時代不同歌合。近代秀歌自筆本にも。万葉・巻十一・二八一三・或本歌・作者未詳。元良親王集、六帖・三、古来風躰抄、時代不同歌合。近代秀歌自 ...
32. 老のすさみ(連歌論集) 157ページ
日本古典文学全集
〔六〕連歌の稽古に読むべき本 所詮、学ぶ者の胸にあてて見侍るべきものは、限りなしといへども、勅撰は、歌の品多く入る故に、よろしからぬも侍るべし。古今集の中にだに ...
33. 老のすさみ(連歌論集) 158ページ
日本古典文学全集
たもの。『愚問賢注』に、「後堀河院に奉られたる秀歌大体など、常に御覧ぜらるべき歟」とある。『近代秀歌』のこと。承元三年(一二〇九)、定家が源実朝に書き送った本の ...
34. 太田水穂[文献目録]
日本人物文献目録
太郎『「潮音」と太田水穂の象徴主義』中野菊夫『太田水穂全集 10巻10冊』太田五郎等(編)『近代秀歌』藤森朋夫『近代短歌・人と作品』太田青丘『人と作品現代文学講 ...
35. 岡麓[文献目録]
日本人物文献目録
太田正文『岡麓文献目録稿』太田正文『岡麓文献目録 追加』-『現代作家の人及作風』川島益太郎『新選岡麓集』-『近代秀歌』藤森朋夫『アララギの人々』五味保義『岡先生 ...
36. 落合直文[文献目録]
日本人物文献目録
先生第五十遠忌追悼録』渡辺真吉(編)『近代文学研究叢書 7』昭和女子大近代文学研究室(編)『近代秀歌』藤森朋夫『人と作品現代文学講座 1』木俣修等(編)『鑑賞と ...
37. 尾上柴舟[文献目録]
日本人物文献目録
『尾上柴舟著書目録』-『尾上柴舟年譜』-『現代作家の人及作風』川島益太郎『新選尾上柴舟集』尾上柴舟(編)『近代秀歌』藤森朋夫『人と作品現代文学講座 2』木俣修等 ...
38. 折口信夫[文献目録]
日本人物文献目録
3』窪田空穂等(編)『現代日本文学全集 76』-『現代日本文学全集月報 87』-『釈迢空』室生犀星『近代秀歌』藤森朋夫『釈迢空の人生』塚崎進『折口信夫とその人生 ...
39. 金子薫園[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:4件 【逐次刊行物】:5件 『現代作家の人及作風』川島益太郎『近代秀歌』藤森朋夫『人と作品現代文学講座 2, 3』木俣修等(編)『鑑賞 ...
40. 歌論
日本大百科全書
がりと深さに求めたのであって、その子定家(ていか)は韻律以上に歌語のイメージ表現を重視し、『近代秀歌』『毎月抄』などによって虚構の方法による叙情の回復を説いた。 ...
41. 歌論
世界大百科事典
俊成の子藤原定家は,《近代秀歌》《詠歌大概》《毎月抄》等の歌論を書いて,俊成の歌論を一歩推し進めた。〈詞(ことば)は古きを慕ひ,心は新しきを求め,及ばぬ高き姿を ...
42. 歌論集
日本古典文学全集
少なくとも8世紀後半に誕生し、以後江戸時代まで文学論史の主軸として他ジャンルに影響を与え続けた。藤原定家の『近代秀歌』(1209年)、『詠歌大概』(1213~1 ...
43. 詠歌大概(歌論集)
日本古典文学全集
少なくとも8世紀後半に誕生し、以後江戸時代まで文学論史の主軸として他ジャンルに影響を与え続けた。藤原定家の『近代秀歌』(1209年)、『詠歌大概』(1213~1 ...
44. 毎月抄(歌論集)
日本古典文学全集
少なくとも8世紀後半に誕生し、以後江戸時代まで文学論史の主軸として他ジャンルに影響を与え続けた。藤原定家の『近代秀歌』(1209年)、『詠歌大概』(1213~1 ...
45. 国歌八論(歌論集)
日本古典文学全集
少なくとも8世紀後半に誕生し、以後江戸時代まで文学論史の主軸として他ジャンルに影響を与え続けた。藤原定家の『近代秀歌』(1209年)、『詠歌大概』(1213~1 ...
46. 歌意考(歌論集)
日本古典文学全集
少なくとも8世紀後半に誕生し、以後江戸時代まで文学論史の主軸として他ジャンルに影響を与え続けた。藤原定家の『近代秀歌』(1209年)、『詠歌大概』(1213~1 ...
47. 新学異見(歌論集)
日本古典文学全集
少なくとも8世紀後半に誕生し、以後江戸時代まで文学論史の主軸として他ジャンルに影響を与え続けた。藤原定家の『近代秀歌』(1209年)、『詠歌大概』(1213~1 ...
48. かろんしょ【歌論書】
国史大辞典
広範囲にわたっている。鎌倉時代、『歌仙落書』、『続歌仙落書』、『後鳥羽院御口伝』、『瑩玉集』(鴨長明)、『近代秀歌』(藤原定家)、『詠歌大概』(同)、『毎月抄』 ...
49. 川田順[文献目録]
日本人物文献目録
友回想記 2巻2冊』川田順『川田順歌集』五島茂(解説)『住友回想記』川田順『葵の女』川田順『近代秀歌』藤森朋夫『鑑賞と研究現代日本文学講座 12』-『老ひたる蜈 ...
50. 北原白秋[文献目録]
日本人物文献目録
一『北原白秋雑纂』木俣修『近代短歌史 3』窪田空穂等(編)『我が愛する詩人の伝記』室生犀星『近代秀歌』藤森朋夫『人と作品現代文学講座 4‐5, 7‐9』木俣修等 ...
「近代秀歌(歌論書)」の情報だけではなく、「近代秀歌(歌論書)」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

近代秀歌(歌論書)と同じ歌論書カテゴリの記事
無名抄(世界大百科事典)
鴨長明が1211年(建暦1)以後に書いた晩年の歌論書。別名《無名秘抄》《長明無名抄》など。彼の師事した俊恵(しゆんえ)とその歌林苑での詠歌活動,《新古今和歌集》撰進期の和歌所寄人として新風に衝撃を受けた体験などを通じて,随想ふうに和歌観を展開している
近代秀歌(歌論書)(国史大辞典・日本国語大辞典・日本大百科全書・日本古典文学全集)
藤原定家著。承元三年(一二〇九)源実朝に送ったと思われる歌論書。最も原形に近い島原松平文庫本(一)およびその系統の流布本(二)と自筆本がある。まず紀貫之以後の和歌史を概観して、新古今歌風が反貫之・六歌仙歌風の復興であること、および今後の目標は「寛平以往(前)」
八雲御抄(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉時代の最大の歌学書。順徳天皇の御撰。全六巻。承久三年(一二二一)までに成ったと思われる原稿本は伝存不明。佐渡において増補されたのが草稿本(内閣文庫蔵本など)であり、さらに増補し藤原定家に与えられたものが広く伝存し、後人が私記を追加したものがあり
正徹物語(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歌論書。二巻。正徹著。二巻のうち上巻を「徹書記物語」、下巻を「清巌茶話」と称するものもある。下巻は智蘊の聞書と見る説もあるが未詳。成立年時は文安五年(一四四八)とする説と宝徳二年(一四五〇)とする説がある。上・下別々に成立したものか否かもまだはっきりわからない
詠歌大概(歌論集)(日本古典文学全集)
歌の内容は、なにより新鮮な詩情をとらえようとすべきであり〔人がまだとらえたことのない、新しい着想を求めて詠むべきである〕、表現にあたっては古歌の歌詞を用いるべきである〔歌詞として用いる語句は、三代集における優れた歌人の用いたもの以外に出てはならない。『新古今集』に入集している
歌論書と同じカテゴリの記事をもっと見る


「近代秀歌(歌論書)」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
野白内証鑑(日本古典文学全集)
野白内証鑑一之巻目録自分の行状の弁解をした野郎の話秘密の色遊びはばれたが、始めより末に至って情勢が好転した野郎の大臣。その相手は羽ぶりのよい撞木町の女郎。悪性をささやいてすすめる耳塚の駕籠屋。客に肌を見せない白人の話 外面は菩薩のようだが内情は
豊後国風土記(日本古典文学全集)
豊後の国。郡は八所、〔郷は四十、里は百十〕駅は九所、〔みな小路〕烽は五所、〔みな下国〕寺は二所〔一つは僧の寺、一つは尼の寺〕である。

豊後の国は、本、豊前の国と合わせて一つの国であった。昔、纏向の日代の宮で天下をお治めになった大足彦の天皇
魯迅 その文学と革命(東洋文庫)
中国近代文学の父であり,偉大な思想家でもある魯迅は,知識人としての苦悩のなかで,中国の「寂寞」を見つめ,自らをも傷つける「革命」を志向する。著者会心の魯迅伝。1965年07月刊
論語徴(東洋文庫)
秦・漢以前の古文辞に対する確固たる自信から孔子の言論を読みとく,論語の注釈のなかでもっとも論争的な注釈書。卓抜した孔子論を展開するとともに,徂徠自身の思想も開陳する。第1巻は,学而,為政,八佾,里仁,公冶長,雍也,述而,泰伯。1994年03月刊
近世和歌集(日本古典文学全集)
年内立春 去年と今年の二本の緒で縒り合わせて掛けて同じ年が一本にまとまらないように、こんがらがってなかなか理解できない春はやって来た。やや趣向倒れの感がある。長嘯子としては機知を働かせたのだろうが。鶯 軒端の梅が咲いていて、一晩中鶯の到来を
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1700冊以上(総額750万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶