1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 新井白石
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
新井白石
あらいはくせき
一六五七 - 一七二五
江戸時代中期の儒学者、政治家。名は君美(きんみ)、はじめの名を〓という。通称は与五郎・伝蔵・勘解由。字は在中または済美。白石はその号。ほかに紫陽・錦屏山人・天爵堂・勿斎などとも号した。明暦三年(一六五七)二月十日江戸に生まる。白石の祖父は勘解由と称し、常陸国下妻城主多賀谷宣家に仕えたが、関ヶ原の戦の後、主家とともに所領を失い、以後旧領の地に牢人生活をすごして、慶長十四年(一六〇九)に死去した。白石の父正済(まさなり)はその四男で、九歳の時父に死別し、かつて新井家の召使であった豪農に養われたが、十三歳の時はじめて養子の事実を知りこれを恥じて江戸に出奔した。その後、当時流行のかぶき者のような生活を送り、東奔西走、居所定まらなかったが、三十一歳の時、上総国久留里の城主土屋利直に仕えてその信任を得、目付の職を務めた。白石も幼時から利直にかわいがられ、常に側近く召し使われた。しかし利直の晩年、継嗣をめぐって藩に内紛が生じ、延宝三年(一六七五)利直が死去して頼直の代になると、白石父子もその争いにまきこまれ、同五年白石二十一歳の時、ついに父子ともに土屋家を追われ、他家への奉公も禁ぜられた。その後、豪商角倉了仁や河村瑞賢から縁組の話があったが、白石はこれに応ぜず、父がかつて養子とした相馬藩士郡司正信から仕送りを受けて、浪人生活をした。やがて同七年土屋家が廃絶されたので他家へ仕官も可能となり、天和二年(一六八二)、時の大老堀田正俊に仕えた。しかし貞享元年(一六八四)正俊が殺されて後、堀田家は将軍綱吉に冷遇されるようになり、経済的にも苦しい状態に陥ったので、元禄四年(一六九一)白石は堀田家を去り、再び浪人生活に入った。かれは幼時から学問にすぐれた才能を示したが、青年時代まではほとんど独学ですごした。貞享三年(一六八六)三十歳のころから木下順庵の門に入り、やがてその高弟として木門の五先生または十哲の一人に数えられるに至った。堀田家を去った後、順庵はかれを金沢藩に推薦しようとしたが、白石は同国出身の岡島石梁にその職を譲った。これはかれの友情を示す話として名高い。元禄六年(一六九三)の冬、順庵の推挙により、甲府藩主徳川綱豊(のちの六代将軍家宣)の侍講となり、宝永元年(一七〇四)家宣が五代将軍綱吉の世子として江戸城西ノ丸に入ると、かれも寄合に列せられた。同六年家宣が将軍となってからは、その篤い信任のもとに幕府政治上に積極的な発言をし、前代以来の弊政の改善につとめた。正徳元年(一七一一)には従五位下筑後守に叙任し、武蔵国埼玉郡、相模国鎌倉・高座二郡において一千石を領した。同二年家宣が死去し、その子家継が将軍となって後も、側用人間部詮房とともに政治に力を尽くしたが、享保元年(一七一六)吉宗が将軍となると政治上の地位を失った。その後は不遇のうちに著述にはげんだが、同十年五月十九日六十九歳をもって死去した。法名慈清院殿釈浄覚大居士。墓はもと東京都浅草報恩寺にあったが、今は中野区上高田の高徳寺に移されている。白石は上に立つ為政者がまずみずから高い徳を身につけ、道に則った政治を率先して行うことこそ幕府長久の安定を得る根本だとの信念のもとに、将軍家宣が堯舜のような理想的君主となることを念願して講義をした。その回数は十九年間に千二百九十九日に及んだという。そうして礼楽の振興に力を尽くし、仁愛の精神をもって人民に臨むことを主張した。しかしその政治論はあまりに高遠な理想主義であり、しかもかれ自身圭角の多い人物で、反対意見に対しては妥協することなく徹底的に論破したので、老中などからも「鬼」の異名をうけて忌みきらわれ、やがて間部詮房とともに孤立の状態に陥ってしまい、失意のうちに晩年をおくらざるをえなかった。かれは朱子学派の系統に属するが、当時の多くの儒者がもっぱら漢籍上の知識をもつにとどまったのに対し、かれは日本の文献についても強い関心と豊かな知識をもち、これに合理的、実証的態度で臨み、広い領域にわたって独自の見解を表明している。その中でも特に力を注いだのは日本史についての論述であった。家宣への進講案をまとめたものとして、各大名の家の事績を系譜的に述べた『藩翰譜』、摂関政治の創始からの政権の移行をたどり、政治の得失に論評を加えつつ、家康制覇の由来を説いた『読史余論』がある。古代史については、神話に合理的解釈を試み、その中に含まれる歴史的事情を究明しようとした『古史通』があり、さらに『史疑』を著わし、六国史の文献批判を行なったが、これは現在ほとんど伝わっていない。かれの歴史研究は幕政の当面する課題の解決にも活用された。たとえば『本朝宝貨通用事略』はわが国の金銀産出の起源から説きおこして、貿易による宝貨の海外流出の損害を論じ、これが正徳五年(一七一五)の長崎貿易制限の新令の一つの論拠となっている。また礼楽振興のためには、『武家官位装束考』その他、制度史・有職故実に関する考証的著述も少なくない。地誌編著においてもかれは先駆者である。ことにローマ人宣教師シドッチを訊問して得た知識に基づいて著わした『西洋紀聞』『采覧異言』は、鎖国時代において世界の事情を紹介した著述として最も早期のものの一つである。しかもその中において、ヨーロッパの宗教・道徳の価値を否定する一方、その知識・技術の優秀性を認めた態度は、その後長く日本人がヨーロッパ文化に対していだいた観念の起源をなすものであった。また蝦夷地・琉球についての最初のまとまった地誌として、『蝦夷志』『南島志』『琉球国事略』を著わしている。言語・文字の研究においては、『東雅』で広範囲に国語の名詞を集めて、その語源とその後の変遷を考証し、『東音譜』では五十音を表わす漢字について、わが国と当時の中国諸地域とを比較し、『同文通考』では漢字の起源ならびにわが国における神代文字・仮名・国字・俗字などについて述べている。かれはまた漢詩文にもすぐれ、木下順庵に認められたのも、山形へ旅行した時の紀行文によるという。若いころには俳諧を好んだが、堀田家に仕えるころ、学者は漢詩文を工夫すべきだとしてやめた。しかしかれの著書は、その内容とともに、すぐれた和文によって叙述されたものが多いところにその特色がある。かれが幕政上の地位を退いてから著わした『折たく柴の記』は、当時を考える史料としても貴重であり、自叙伝文学としても高く評価されているが、またかれの和文の代表作の一つでもある。『新井白石全集』全六巻がある。→折たく柴の記(おりたくしばのき)
[参考文献]
羽仁五郎『白石・諭吉』、栗田元次『新井白石の文治政治』、宮崎道生『新井白石の研究』
(辻 達也)


日本大百科全書(ニッポニカ)
新井白石
あらいはくせき
[1657―1725]

江戸中期の学者、詩人、政治家。名は君美(きんみ)、通称勘解由(かげゆ)、白石は号。明暦(めいれき)3年2月10日江戸に生まれる。父正済(まさなり)(1597―1678)は久留里(くるり)(千葉県君津(きみつ)市)2万1000石の譜代(ふだい)大名土屋利直(つちやとしなお)(1607―1675)の家臣で目付の職にあったが、白石もこれに仕えて利直の寵愛(ちょうあい)を得た。1677年(延宝5)21歳のとき土屋家の内争に連座して追放禁錮(きんこ)の処分を受けたが、1679年土屋家の改易により禁錮が解け、1682年(天和2)26歳に至り大老堀田正俊(ほったまさとし)へ出仕した。ところが1684年(貞享1)堀田正俊が刺殺されたため、6年後の1691年(元禄4)には堀田家を辞去し、江戸城東に塾を開いて子弟の教育にあたった。1693年、師木下順庵(きのしたじゅんあん)の推薦により甲府綱豊(こうふつなとよ)へ出仕し、侍講として儒教経典および歴史の講義を担当した。この時期の歴史編纂(へんさん)物が有名な『藩翰譜(はんかんぷ)』である。やがて1704年(宝永1)甲府綱豊が5代将軍綱吉(つなよし)の世継ぎとなり、家宣(いえのぶ)と改名して西の丸に入るや、白石も召されて西の丸寄合(よりあい)となった。いままで同様、経書、史書の講義を担当したが、のち家宣の求めにより政治上の意見書をも提出するようになり、1709年(宝永6)綱吉の死により家宣が将軍となってからは、幕府政治に深く参加することとなった。身分についていうと、この年500石の領地を与えられて旗本の列に加えられ、のち1711年(正徳1)には従(じゅ)五位下・筑後守(ちくごのかみ)に叙任されるとともに、加増されて1000石の領主となる。幕政への参加のなかでも重要な意味をもつのは、金銀貨の改良、日朝外交の修正(将軍書翰(しょかん)様式や朝鮮使節応対などの変更)、海舶互市新例(かいはくごししんれい)(外国貿易制限)の実施などである。そのほか皇子皇女の出家廃止の建議、潜入宣教師シドッチの処分案上呈(シドッチ取調べの結果生まれたのが『采覧異言(さいらんいげん)』『西洋紀聞(せいようきぶん)』)、宝永武家諸法度(ほうえいぶけしょはっと)の草案作成などがあり、大小のむずかしい裁判にも参加して数々の名判決を出させてもいる。1712年(正徳2)10月家宣が没したため、二大事業ともいうべき金銀貨改良、外国貿易制限はともに次の7代将軍家継(いえつぐ)の代まで持ち越されるが、これらは8代将軍吉宗(よしむね)の時代にも継続された政策として史的意義が深い。この6、7両代にわたる善政がいわゆる「正徳(しょうとく)の治」である。
 白石は系統をいえば朱子学派に属する儒学者であるが、哲学、倫理学よりは歴史学を得意としたのであり、その業績には『藩翰譜』のほか、将軍への進講録『読史余論(とくしよろん)』、古代史としての『古史通(こしつう)』『古史通或問(わくもん)』があり、自叙伝『折たく柴の記』も当時の現代史としての内容を備えている。上記のほか、最晩年に心血を注いで完成した作品に『史疑(しぎ)』があるが、これはいまは伝わらず、わずかに『白石遺文(いぶん)』中の古代史関係論文がそのおもかげを伝えるのみである。なお、学者白石としての業績は哲学、倫理学、史学のほか、地理学、言語学(とくに国語学)、文学(詩)、民俗学、考古学、宗教学、武学(兵法武器)、植物学(本草学)など広範囲にわたっており、国語学の『東雅(とうが)』は国語辞典の先駆として、国学者賀茂真淵(かもまぶち)や本居宣長(もとおりのりなが)に大いに利用された。文学の『白石詩草』は近世漢詩集の代表として、北海道・千島およびアイヌ研究書の『蝦夷志(えぞし)』、沖縄についての最初の体系的解説書の『南島志(なんとうし)』は民俗学上の傑作として、それぞれ高く評価されている。『采覧異言』『西洋紀聞』の史的役割の大きいことは改めていうまでもない。この学問の領域の広い点では、ボルテールやディドロ、ルソーらフランス18世紀の百科全書派(アンシクロペディスト)に比肩するとされる。
 白石は近世後期、18世紀ごろからは荻生徂徠(おぎゅうそらい)にかわって第一級の学者として評価されるが、在世当時およびそれに近い時期においてはむしろ詩人として、日本最高の詩人として尊敬されていたのである。前記『白石詩草』は朝鮮、琉球(りゅうきゅう)、中国清(しん)朝にも伝わって絶賛を博したし、国内でも荻生徂徠が一目置いたほか、服部南郭(はっとりなんかく)や頼山陽(らいさんよう)によって仰ぎ見られたのである。近代になると、その洋学と合理主義史学とによって学界でとくに尊重され、相次いで著書、全集の刊行が行われるが、その代表著は翻訳されて欧米でも広く読まれている。享保(きょうほう)10年5月19日没、浅草報恩寺に葬る(墓は現在、中野区高徳寺にある)。
[宮崎道生]2016年4月18日



世界大百科事典
新井白石
あらいはくせき
1657-1725(明暦3-享保10)

江戸中期の儒学者,政治家。白石は号。名は君美(きんみ)。通称は与五郎,伝蔵,勘解由。字は在中,済美。ほかに紫陽,錦屛山人,天爵堂など。新井家はもと常陸国下妻城主多賀谷氏に仕えたが,関ヶ原の戦の後,主家とともに所領を失う。父正済(まさなり)は江戸へ出奔し,当時流行のかぶき者のような生活を送った。やがて上総国久留里土屋利直に仕え,信任を得て目付を務めたが,お家騒動にまきこまれ,1677年(延宝5)父子ともに土屋家を追い出され,他家への奉公も禁ぜられた。牢人中豪商角倉了仁や河村瑞賢から縁組の話があったが,白石はこれに応ぜず,土屋家が断絶して他家へ仕官も可能となったので,82年(天和2)大老堀田正俊に仕えた。正俊の死後,91年(元禄4)堀田家を去り,再び牢人生活に入った。彼は青年時代まで独学ですごしてきたが,1686年(貞享3)木下順庵に入門し,高弟として木門の五先生または十哲の一人に数えられるに至った。93年順庵の推挙により甲府藩主徳川綱豊(6代将軍徳川家宣)の侍講となり,1704年(宝永1)家宣が叔父5代将軍綱吉の養子となったとき,彼も幕臣として寄合に列せられた。09年家宣が将軍となると,その厚い信任のもとに幕府政治に発言の場を得,幕政の改善につとめた。彼は家宣を中国古代の聖人のような理想的君主にしようと講義につとめ,政治上の実践として礼楽振興に力を尽くし,仁愛の精神をもって人民に臨むことを主張した。11年(正徳1)従五位下筑後守に叙任,知行地1000石を与えられた。翌12年家宣の死後も側用人間部詮房(まなべあきふさ)とともに幼将軍家継を補佐し,通貨改良,貿易制限,司法改革などに努力した。その活躍の時期は〈正徳の治〉とも称される。しかし彼の政治論はあまり理想にすぎ,彼の性格は圭角多く他人と妥協するところがなかったので,しだいに間部詮房とともに孤立の状態となり,16年(享保1)吉宗が将軍となると政治上の地位を失い,晩年は不遇の中に著述にはげんだ。

 白石は朱子学派に属するが,漢籍ばかりでなく日本の文献にも豊かな知識をもち,それに合理的・実証的見解を加えたところに独自性がある。歴史では各大名家の事跡を系譜的に述べた《藩翰譜》,摂関政治から家康制覇に至る間の政治の変転を論じた《読史余論》,神話に合理的解釈を試みた《古史通》があり,地誌には蝦夷地,琉球の最初の地誌というべき《蝦夷志》《南島志》《琉球国事略》のほか,イタリア人宣教師シドッチの尋問によって得た知識に基づく《西洋紀聞》《采覧異言》は,鎖国下に世界事情を紹介した著書として早期に属する。彼は言語・文字の研究でも先駆者で,《東雅》は国語の名詞の語源とその変遷の考証,《東音譜》は五十音の音韻の研究,《同文通考》は漢字の起源と日本の神代文字,かな,国字などを論じた著述である。白石の文章はとくに和文の叙述に特色があり,その代表作というべき自叙伝《折たく柴の記》は,また同時代の幕政その他についての貴重な史料でもある。25年5月19日死去,墓は浅草の報恩寺にあったが,現在は中野上高田の高徳寺に移されている。
[辻 達也]

[索引語]
新井君美 正徳の治 シドッチ,G.B. 東音譜 同文通考
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
新井白石の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1167
検索コンテンツ
1. 新井白石画像
日本大百科全書
江戸中期の学者、詩人、政治家。名は君美(きんみ)、通称勘解由(かげゆ)、白石は号。明暦(めいれき)3年2月10日江戸に生まれる。父正済(まさなり)(1597―1 ...
2. 新井白石
世界大百科事典
1657-1725(明暦3-享保10) 江戸中期の儒学者,政治家。白石は号。名は君美(きんみ)。通称は与五郎,伝蔵,勘解由。字は在中,済美。ほかに紫陽,錦屛山人 ...
3. あらい‐はくせき【新井白石】
日本国語大辞典
江戸中期の儒者、政治家。名は君美(きんみ)。字は在中、済美。通称勘解由。木下順庵の高弟。徳川家宣、家継に仕え、側用人間部詮房とともに幕政を補佐。武家諸法度の改正 ...
4. あらいはくせき【新井白石】画像
国史大辞典
作の一つでもある。『新井白石全集』全六巻がある。→折たく柴の記(おりたくしばのき) [参考文献]羽仁五郎『白石・諭吉』、栗田元次『新井白石の文治政治』、宮崎道生 ...
5. 新井白石
日本史年表
1693年〈元禄6 癸酉〉 12・16 新井白石 を甲府藩主徳川綱豊の侍講に任じる(新井白石日記)。 1709年〈宝永6 己丑〉 1・‐ 幕府、 新井白石 を登 ...
6. あらい-はくせき【新井白石】
日本人名大辞典
1657−1725 江戸時代前期-中期の儒者。明暦3年2月10日生まれ。新井正済(まさなり)の長男。師木下順庵の推挙で,甲斐(かい)(山梨県)府中藩主徳川綱豊の ...
7. 新井白石[文献目録]
日本人物文献目録
する苦心』中村孝也『新井白石』足立栗園『新井白石 』新井誠夫『新井白石』芳賀幸四郎『新井白石 人間の教師』古川哲史『新井白石遺文』高安月郊『新井白石覚書』宮崎道 ...
8. あらゐはくせき【新井白石】
全文全訳古語辞典
[人名]江戸中期の儒学者・政治家。一六五七年(明暦三)~一七二五年(享保十)。名は君美。木下順庵から教えを受け、将軍徳川家宣・家継に仕えて江戸幕府の政治に参与し ...
9. 【新井白石】あらい(ゐ)はくせき
新選漢和辞典Web版
人名。江戸中期の学者・政治家。名は君美(きみよし)、字(あざな)は済美(さいび)。上総(かずさ)(千葉県)の人。徳川家宣(いえのぶ)につかえて幕府の儒官(じゅ ...
10. 新井白石上書論時政 (見出し語:新井白石)
古事類苑
政治部 洋巻 第3巻 230ページ ...
11. 新井白石仕幕府 (見出し語:新井白石)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 711ページ ...
12. 新井白石善歌 (見出し語:新井白石)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 584ページ ...
13. 新井白石奉封事議皇親之出家 (見出し語:新井白石)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1481ページ ...
14. 新井白石手習 (見出し語:新井白石)
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 742ページ ...
15. 新井白石排佛 (見出し語:新井白石)
古事類苑
宗教部 洋巻 第1巻 58ページ ...
16. 新井白石改貨議 (見出し語:新井白石)
古事類苑
泉貨部 洋巻 第1巻 216ページ ...
17. 新井白石改貨議 (見出し語:新井白石)
古事類苑
泉貨部 洋巻 第1巻 313ページ ...
18. 新井白石洋學 (見出し語:新井白石)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 1023ページ ...
19. 新井白石碑 (見出し語:新井白石)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1182ページ ...
20. 新井白石經濟説 (見出し語:新井白石)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 697ページ ...
21. 新井白石著書 (見出し語:新井白石)
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 475ページ ...
22. 新井白石論幕府財政 (見出し語:新井白石)
古事類苑
政治部 洋巻 第3巻 1083ページ ...
23. 新井白石論無服之殤 (見出し語:新井白石)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 637ページ ...
24. 新井白石辭而不富商養子 (見出し語:新井白石)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 619ページ ...
25. 新井白石驛傳意見 (見出し語:新井白石)
古事類苑
政治部 洋巻 第4巻 1371ページ ...
26. 新訂 西洋紀聞
東洋文庫
宝永5年(1708),キリスト教禁令下の日本に潜入をはかった宣教師シドチと,彼を尋問した白石。その息づまる対決は,一編の奇しきドラマであり,東西文化交流史上の事 ...
27. 日本漢詩集
日本古典文学全集
4世紀ごろより中国から入ってきた漢籍を訓読によって日本語化し、さらには本家に倣って「漢詩」をつくるようになる。飛鳥時代の大友皇子や大津皇子にはじまり、平安期には ...
28. 新井白石蔵書印[図版]画像
国史大辞典
天爵堂図書記 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
29. あらいはくせきにっき【新井白石日記】
国史大辞典
徴証すべき一貫した史料として、きわめて貴重である。刊本を『大日本古記録』に収める。 [参考文献]『新井白石日記』下解説(『大日本古記録』) (斎木 一馬)  ...
30. 『新井白石日記』
日本史年表
1693年〈元禄6 癸酉〉 10・‐ 新井白石、 『新井白石日記』 を記す(~享保8年8月)。  ...
31. 新井白石遠州公を評す(著作ID:1099190)
新日本古典籍データベース
あらいはくせきえんしゅうこうをひょうす  ...
32. 新井白石伝(著作ID:615850)
新日本古典籍データベース
あらいはくせきでん 伝記  ...
33. 新井白石辭而不富家養子 (見出し語:養子)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 620ページ ...
34. アイヌ
日本大百科全書
て人々の北方への関心は高まり、水戸藩では探検船を北海道に派遣し、実地調査を行うほどであった。新井白石の『蝦夷志(えぞし)』(1720)にはアイヌに関する詳細な記 ...
35. あがさむら・ちゃはなむら【赤佐村・茶花村】鹿児島県:大島郡/与論町
日本歴史地名大系
「あがさ泊」が記される。寛文八年(一六六八)の琉球国郷帳でも間切はなく、「むきや村あかさ村」とある。新井白石の「南島志」(享保四年自序)には「阿賀佐村」とみえる ...
36. 安積澹泊
世界大百科事典
った。33年致仕したが,なおも校訂を続け,その完了直後に没した。学者として謙虚な態度を持し,新井白石,室鳩巣,荻生徂徠らと親交を結んだ。博識でとくに史学に長じ, ...
37. あさかたんぱく【安積澹泊】
国史大辞典
水戸梅香の自宅に没した。八十二歳。墓は水戸市内の常磐共有墓地にある。学者としてきわめて謙虚で、新井白石・室鳩巣・荻生徂徠らと親交があった。博識で特に史学にすぐれ ...
38. あさか-たんぱく【安積澹泊】
日本人名大辞典
朱舜水(しゅ-しゅんすい)の門にまなぶ。元禄(げんろく)6年彰考館の総裁となり,「大日本史」編修につくした。新井白石,室鳩巣(むろ-きゅうそう)らと親交があった ...
39. あさくら-かげひら【朝倉景衡】
日本人名大辞典
く)家。万治(まんじ)3年4月25日生まれ。幕臣。常陸(ひたち)水戸藩医朝倉重景の子。姉の夫新井白石にまなぶ。「本朝軍器考集古図説」をまとめ,白石の「本朝軍器考 ...
40. あさくらそうてきわき【朝倉宗滴話記】
国史大辞典
朝倉教景の教訓書。『宗滴物語』『朝倉英林入道家誡』(新井白石写)、『荻原氏筆記』『宗滴雑談』『宗滴兵談』『宗滴夜話』ともいう。荻原某の筆記。一巻。成立は十六世 ...
41. あさくらたかかげじゅうしちかじょう【朝倉孝景十七箇条】
国史大辞典
本書は『朝倉敏景十七箇条』(群書類従所収本)、『朝倉英林壁書』(黒川本)、『朝倉英林入道子孫へ一書』(新井白石本)、『朝倉敏景条々』(百和香本)など、題名が諸本 ...
42. 朝倉孝景条々
世界大百科事典
戦国武将朝倉孝景(英林)が子の氏景に残したとされる家訓。《朝倉英林壁書》(黒川本),《朝倉英林入道子孫へ一書》(新井白石本),《朝倉敏景十七箇条》(群書類従本) ...
43. 字(あざな)
日本大百科全書
氷宿禰継麻呂(ひのすくねつぐまろ)の宿栄などのように、姓氏や姓(かばね)を配したが、江戸時代になると、新井白石(名は君美(きんみ))の在中、貝原益軒(名は篤信) ...
44. アジ画像
世界大百科事典
そのほか定置網,底引網,釣りなどでも漁獲される。 〈アジとは味なり,その味の美をいふなりといへり〉と新井白石の《東雅》に述べられているように美味な魚として知られ ...
45. アジア
世界大百科事典
《地球図》(1648)をもとに,シドッチらの供述を合わせて作られた。シドッチの訊問に当たった新井白石は,その《采覧異言》の中で,〈アジア 漢に亜細亜(ヤアスイヤ ...
46. アフリカ【阿弗利加・亜弗利加】
日本国語大辞典
漢字表記の「利未亜」は利瑪竇(マテオ=リッチ)の「坤輿万国全図」(一六〇二)に見られ、日本にも伝わり、新井白石の「采覧異言‐二」(一七一三)などにも用いられてい ...
47. あまのたくも【蜑の焼藻】
国史大辞典
森山孝盛の自叙伝。『蜑の焼藻の記』『海士の焼藻の記』ともいう。新井白石の『折たく柴の記』にならって本書を著わした。上下二冊。寛政十年(一七九八)に成った。記事 ...
48. 雨森芳洲
日本大百科全書
語と朝鮮語を本格的に学び、文教と外交の両面で活躍、ことに朝鮮使節の応接に功績があった。同門の新井白石(あらいはくせき)とはしばしば対立したが敬愛は変わらず、また ...
49. 雨森芳洲
世界大百科事典
る朝鮮との応接に活躍,朝鮮語,中国語に通じその声名は内外に高かった。また名分を重んじ,同門の新井白石と将軍王号問題で論争した。著書に《橘窓文集》《たはれ草》その ...
50. あめのもりほうしゅう【雨森芳洲】
国史大辞典
対馬に在っては常に韓人と応接し、通訳なしに会話することができ、韓国語の研究にも成果をあげている。新井白石とは同門の間柄であったが、交遊は円滑でなく、特に正徳元年 ...
「新井白石」の情報だけではなく、「新井白石」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

新井白石と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「新井白石」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
徳川慶喜(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三七 - 一九一三 江戸幕府最後の第十五代将軍。一八六六―六七在職。水戸藩主徳川斉昭(烈公)の七男として、天保八年(一八三七)九月二十九日江戸水戸藩邸に生まれた。生母は吉子女王(有栖川宮王女、貞芳院、文明夫人)。幼名七郎麿、字子邦、諱昭致・慶喜、雅号興山
勝海舟(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八二三 - 九九 幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男
吉田松陰(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三〇 - 五九 幕末の思想家、教育者。長門の人。幼名虎之助、のち大次郎、松次郎、寅次郎に改む。名は矩方、字は義卿または子義、松陰・二十一回猛士と号す。天保元年(一八三〇)八月四日、父長州藩士杉百合之助常道(家禄二十六石)・母滝の次男として
井伊直弼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八一五 - 六〇 江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)など
ペリー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一七九四 - 一八五八 米国海軍軍人。幕末の日本に来航して日米和親条約締結をした人物。一七九四年四月十日父クリストファーChristopher Ramond Perryと母セーラSarah Wallace (Alexander)Perryの三男としてロードアイランド州に生まれる。少年期をニューポートなどで育ち
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る