ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生物
  8. >
  9. 恐竜
  10. >
  11. アロサウルス
日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
アロサウルス
あろさうるす
allosaur 
[学]Allosaurus fragilis

北アメリカのジュラ紀後期、約1億5600万年~1億4600万年前の地層から産出した二本肢(あし)の凶暴な性格の肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)鳥獣脚類Avetheropodaカルノサウルス類Carnosauriaアロサウルス上科Allosauroideaアロサウルス科Allosauridaeに属する。全長約10メートル、体重2トンと推定される。長い尾は全長の半分以上にも達し、体のつり合いを保っている。骨の数は425個以上に達する。手の指は3本、足の指は4本あって、ともに鋭いつめをもつ。歯も鋭利で、この歯でかまれたと思われる歯型が草食恐竜である竜脚類の尾骨につけられていたり、竜脚類の一連の足跡の上に踏み込んだようにつけられたアロサウルスの足跡が発見されたりした。連続足跡からの計算では、走る速度は時速30キロメートルともいわれる。最初に尾椎(びつい)の一部がみつかり、アントロデムス・バレンスAntrodemus valensと命名されたが、発掘場所が明瞭(めいりょう)でなく、あまりに断片的で種の特定が困難なため、学者はアントロデムスの名を使わなくなった。しかし命名規約上はアントロデムスのほうに先取権がある。東京都上野の国立科学博物館や鹿児島市の文化センターなどに全身骨格が展示されている。ともに、小川勇吉(ゆうきち)(1888―1972)がアメリカ産の化石を寄贈したものである。小川は三重県出身で、ロサンゼルスで日本語学校教師やホテル経営などをしていたが、たまたま帰国した際に科学博物館を訪れ、日本に恐竜の化石が1体もないことに気づいた(当時74歳)。1960年からユタ州のクリーブランド・ロイド採掘場で「ユタ大学恐竜発掘計画」(資金提供をした国の博物館に全身骨格を1体ずつ配る計画)が実施されることを知り、日本の子供たちに見せるために恐竜1体分の発掘・輸送・組立て費用として基金を寄付した。これにより、1964年(昭和39)4月14日から12日間にわたりアロサウルスの専門家ジェームズ・マドセンJames H. Madsen Jr.が主となって組み立てたものが、日本で組み立てられた最初の恐竜であった。
[小畠郁生]



アロサウルスの復原図[百科マルチメディア]
アロサウルスの復原図[百科マルチメディア]
©寺越慶司


アロサウルスの骨格[百科マルチメディア]
アロサウルスの骨格[百科マルチメディア]
Allosaurus fragilis(アロサウルス・フラギリス) 中生代ジュラ紀後期 体長8.7m アメリカ ユタ州産(原標本:ユタ大学自然史博物館)写真/福井県立恐竜博物館画像ライブラリー
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
アロサウルスの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 25
検索コンテンツ
1. アロサウルス画像
日本大百科全書
獣脚類Avetheropodaカルノサウルス類Carnosauriaアロサウルス上科Allosauroideaアロサウルス科Allosauridaeに属する。全 ...
2. アロサウルス
世界大百科事典
5m大のものが知られている。 分類上メガロサウルス科のアントロデムス属に先取されると考える人もいるが,アロサウルス属を独立した位置に置く人もいる。→恐竜長谷川  ...
3. アロサウルス
日本国語大辞典
ジュラ紀後期に生存した。肉食。全長一二メートル。体重一~二トン。*虫〔1970〕〈黒井千次〉「三億年前にアロサウルスとかステゴサウルスとかいう巨大な爬虫類と共に ...
4. アロサウルスの骨格[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
Allosaurus fragilis(アロサウルス・フラギリス) 中生代ジュラ紀後期 体長8.7m アメリカ ユタ州産(原標本:ユタ大学自然史博物館) 写真/ ...
5. アロサウルスの復原図[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©寺越慶司 ...
6. アントロデムス
世界大百科事典
アメリカのユタ州,コロラド州,ワイオミング州,カナダ,東アフリカ,アジアから知られている。なお,同じ肉食恐竜アロサウルスは分類上このアントロデムス属に先取される ...
7. カマラサウルス
日本大百科全書
。当時の北アメリカには裸子植物やシダ植物が繁茂しており、大形竜脚類の食料源となっていたが、アロサウルスAllosaurusなどの肉食恐竜も多かったので、幼体を含 ...
8. 恐竜画像
日本大百科全書
食恐竜アロサウルスの歯がいっしょに見つかっている。またモンタナ州で発見されたアパトサウルスの骨についた歯型とアロサウルスの歯、およびユタ州クリーブランド・ロイド ...
9. ケラトサウルス
日本大百科全書
ケラトサウルスの個体はわずかしかみつかっていないが、同時代に多数いたアロサウルスAllosaurusの歯はずんぐりと小さいので、アロサウルスの獲物より大きい相手 ...
10. 獣脚類画像
日本大百科全書
yonyxなどを含むスピノサウルス上科Spinosauroideaを別とすると、ジュラ紀のアロサウルス科Allosauridae、シンラプトル科Sinrapto ...
11. 獣脚類[イミダス編 科学]
イミダス 2018
前ごろから、白亜紀後期の6500万年前ごろまで地球上の広い地域で繁栄し、ティラノサウルスやアロサウルスなど、知名度が高い種も多い。近年では、獣脚類が鳥類の祖先に ...
12. ステゴサウルス
日本国語大辞典
gosaurus )「けんりゅう(剣龍)」に同じ。*虫〔1970〕〈黒井千次〉「三億年前にアロサウルスとかステゴサウルスとかいう巨大な爬虫類と共に生き」 ...
13. テタヌラ類画像
日本大百科全書
riaとコエルロサウルス類Coelurosauriaに2区分されている。たとえば、前者にはアロサウルス科Allosauridaeが含まれ、後者にはティラノサウル ...
14. ディロング
日本大百科全書
竜。属名は「皇帝竜」という意味に由来する。 1990年代のなかばに、ティラノサウルス類が、アロサウルスAllosaurusなどを含むカルノサウルス類には属さず、 ...
15. フクイティタン・ニッポネンシス[イミダス編 科学]
イミダス 2018
学名が確定した。尾椎の特徴などが、首と尾の長い大型草食恐竜「ティタノサウルス形類(竜脚類)」のボレアロサウルスに類似することから、その一種と見て調査を続けてきた ...
16. フクイラプトル画像
日本大百科全書
ないかといわれたりした。110に及ぶ形質の分岐分析の結果によって、フクイラプトルは肉食恐竜アロサウルス類の基底となった型を示すものと判明した。上腕骨と尺骨(しゃ ...
17. ブロントサウルス
世界大百科事典
Camarasaurus,ブラキオサウルスなど大型植食性恐竜やコエルルスCoelurus,アロサウルス,ケラトサウルスCeratosaurusなど肉食性の恐竜, ...
「アロサウルス」の情報だけではなく、「アロサウルス」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

アロサウルスと同じ恐竜カテゴリの記事
アロサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカのジュラ紀後期、約1億5600万年~1億4600万年前の地層から産出した二本肢の凶暴な性格の肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)鳥獣脚類Avetheropodaカルノサウルス類Carnosauriaアロサウルス上科Allosauroideaアロサウルス科Allosauridaeに属する
ティラノサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカの白亜紀後期、約7500万年~6550万年前の地層から産出した肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)コエルロサウルス類Coelurosauriaティラノサウルス科Tyrannosauridaeティラノサウルス亜科Tyrannosaurinaeに属する
マンモスゾウ(日本大百科全書(ニッポニカ))
氷河時代のゾウを代表するもの。学名のprimigeniusは、特異な形をした臼歯(きゅうし)の化石をもとに名づけられ、ケナガマンモスともよばれる。北緯50度以北のシベリアの凍土地帯では、毛や肉や血液が氷づけで保存されている遺体がみつかる
エリオプス(日本大百科全書・世界大百科事典)
古生代ペルム紀(二畳紀)前期の、約2億8000万年前に北アメリカにいた大形両生類の迷歯類中でも代表的な肉食動物。堅固な頭骨をもち、全長約2メートル。体が頑丈で、扁平(へんぺい)の大きな頭骨の口蓋(こうがい)の左右両側に、大きな眼球や眼筋があり
恐竜と同じカテゴリの記事をもっと見る


「アロサウルス」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
オコゼ(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
硬鰭類に属する海魚で、古くは「ヲコジ」「ヲコシ」と呼んだ(『和名類聚抄』『新撰字鏡』など)。形はなはだ醜く、しかもとげに毒があってこれに刺されると長い間痛む。しかし味は美味で、これを山の神が非常に喜ぶという伝承が古くからある
スズキ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱スズキ目スズキ科に属する海水魚。北海道から鹿児島、および台湾、朝鮮半島、中国などの沿岸に分布する。全長1メートルに達し、体は長く側扁する。体色は背側は青灰色で、腹側は銀白色である。若魚は背側や背びれに小黒点が散在するが、成魚では消える
アワビ(日本大百科全書・世界大百科事典)
軟体動物門腹足綱ミミガイ科に属する巻き貝のうち、とくに食用に供されるような大形種の総称。[奥谷喬司]形態貝殻は螺旋が殻口へ向かって急に大きくなるため、通常の巻き貝とは著しく異なり耳形あるいは卵楕円形の浅い皿形をなす。螺塔は低く後方へ寄っている
ウナギ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ウナギ科Anguillidaeの魚類の総称。ウナギ類は深海で産卵し、淡水域に入って成長する魚で、南北アメリカの西岸域、南アメリカ中・南部の大西洋域、アフリカ中・南部の大西洋域などを除く世界各地に分布する。分布の中心はセレベス海周辺などの東南アジアである
ハモ(日本大百科全書・世界大百科事典)
硬骨魚綱ウナギ目ハモ科の魚類の総称、またはそのなかの1種。日本近海に分布するハモ科Muraenesocidaeは、ハモ属Muraenesoxの2種(ハモ、スズハモ)、ハシナガアナゴ属Oxycongerの1種(ハシナガアナゴ)、ワタクズハモ属Gavialicepsの1種(ワタクズハモ)の4種
生き物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る