ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 生き物
  8. >
  9. 恐竜
  10. >
  11. ティラノサウルス
日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
ティラノサウルス
てぃらのさうるす
tyrannosaur 
[学]Tyrannosaurus rex

北アメリカの白亜紀後期、約7500万年~6550万年前の地層から産出した肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)コエルロサウルス類Coelurosauriaティラノサウルス科Tyrannosauridaeティラノサウルス亜科Tyrannosaurinaeに属する。属名の意味は「暴君竜」で、恐竜のなかでももっとも凶暴であった。全長13メートル、体高6メートル、体重7トン。頭は1.5メートルもあり、長さ15センチメートルの鋭い歯で武装されていた。じょうぶな2本の後肢と巨大な尾をもっていたが、前肢は矮小(わいしょう)な2本指で、頑丈であるが短くて動きが限られていた。しかし1990年ごろからほぼ全身骨格が発掘されるようになり、前肢は想像されていたよりも一回り大きく、十分に餌(えさ)動物を捕まえて食べる筋力はあったと考えられるようになった。戦うときには尾が強力な武器となったと想像される。化石の骨組と、泥底に残されたくぼみ跡から考えると、休息するときは平地に腹ばいになったらしい。この恐竜の足跡が地層面に保存されている例によれば、長さ約67センチメートル、幅約76センチメートル、1歩の間隔約4メートルと計測された。歩行はかなり大股(おおまた)で、しかも速かったと思われるが、それでも時速20キロメートル程度ではなかったかといわれる。近年の研究により、子供は有毛で肢(あし)が長かったと想定されている。子供たちが草食恐竜を追い込んで、待ち伏せしていた親がとどめを刺すというように、家族で狩りを行った可能性があげられている。カナダで大小のアルバートサウルスAlbertosaurusが22体の群れで発見されたことがこの仮説のきっかけとなった。生体力学的検討では、尾を水平に保ち、体の重心を股関節(こかんせつ)よりやや前方に置き、歩行速度は時速約6.4キロメートルといわれる。ワニの骨格などとの比較から、大形で骨太のタイプが雌で、細身できゃしゃなタイプが雄であったらしい。アブミ骨の大きさと形からみると、聴覚が優れていたので、自分の発する声もそれなりの大きさであったろう。脳の研究に基づくと、遠いところからでも、鋭い嗅覚(きゅうかく)により獲物に接近し、立体視により正確な捕獲活動をしたと思われる。死肉食との説もあるが、死肉があればそれも食べ、なければ狩りをしたのであろう。肋骨(ろっこつ)断面で算定される年輪によると、寿命は最大で30歳ほど、13~17歳には成長速度が早かったらしい。
[小畠郁生]



ティラノサウルスの復原図[百科マルチメディア]
ティラノサウルスの復原図[百科マルチメディア]
©寺越慶司


ティラノサウルスの骨格[百科マルチメディア]
ティラノサウルスの骨格[百科マルチメディア]]
Tyrannosaurus rex(ティラノサウルス・レックス) 中生代白亜紀後期 体長11.3m アメリカ サウス・ダコタ州産写真/福井県立恐竜博物館画像ライブラリー
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ティラノサウルスの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 45
検索コンテンツ
1. ティラノサウルス画像
日本大百科全書
)テタヌラ類(下目)コエルロサウルス類Coelurosauriaティラノサウルス科Tyrannosauridaeティラノサウルス亜科Tyrannosaurina ...
2. ティラノサウルス
日本国語大辞典
〔名〕({ラテン}Tyrannosaurus 暴君龍の意)《チラノサウルス》肉食恐龍の一つ。龍盤目。中世代白亜紀後期の北米にすむ。全長一五メートル、体高六メート ...
3. ティラノサウルスの骨格[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
Tyrannosaurus rex(ティラノサウルス・レックス) 中生代白亜紀後期 体長11.3m アメリカ サウス・ダコタ州産 写真/福井県立恐竜博物館画像ラ ...
4. ティラノサウルスの復原図[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©寺越慶司 ...
5. エオドロマエウス[イミダス編 科学]
イミダス 2018
ギリシャ語で「夜明けの走者」を意味するエオドロマエウスという学名が付けられた。歯や指などの特徴から、ティラノサウルスなど獣脚類と呼ばれる肉食恐竜の祖先で、二足歩 ...
6. オルニトスケリダ[地球科学]
イミダス 2018
スケリダ(Ornithoscelida)」という分類名が提案された。この説では、獣脚類のティラノサウルスと鳥盤類のトリケラトプスが近縁であることとなり、恐竜の研 ...
7. 恐竜画像
日本大百科全書
なかったと想像される。ティラノサウルス、プラテオサウルス、パキケファロサウルス、アンキケラトプスには長い嗅索がみられ、大脳半球の膨らみがあった。脳の大きなティラ ...
8. 恐竜[地球科学]
イミダス 2018
字形になっている。鳥盤目では、恥骨が坐骨と平行になっている。竜盤類には二足歩行で肉食性のティラノサウルス(白亜紀)、二足歩行で植物食のイグアノドン(白亜紀)、あ ...
9. 恐竜の胚[地球科学]
イミダス 2018
見つかることはまれだが、それでも、ゴビ砂漠の白亜紀後期の地層からは獣脚類(デイノニクスやティラノサウルスなどが分類される)の胚の骨格が、また、パタゴニアの同じ時 ...
10. 恐竜の歯の形とあごの仕組み〔図E〕[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
あごのかみ合わせ(蝶番(ちょうつがい))の仕組みは、ティラノサウルス(竜盤目)では、ほぼ歯槽の示す直線状にあり、あごは鋏(はさみ)のように閉じられる。トリケラト ...
11. ケラトサウルス
日本大百科全書
大きな歯をもつケラトサウルスのほうが有利であろう。この仲間には長さ18センチメートルの歯(ティラノサウルスTyrannosaurusなみ)をもつものがいたらしい ...
12. コエロフィシス
日本大百科全書
変異が認められる。きゃしゃなタイプが雄で、がっしりしたタイプが雌という可能性が指摘され、ティラノサウルスTyrannosaurusの場合と似る。小畠郁生 ...
13. 獣脚類画像
日本大百科全書
。さらにコエルロサウルス類のなかで、コムプソグナトゥス科Compsognathidaeやティラノサウルス上科Tyrannosauroideaを除いたものがマニラ ...
14. 獣脚類[イミダス編 科学]
イミダス 2018
三畳紀後期にあたる2億3000万年前ごろから、白亜紀後期の6500万年前ごろまで地球上の広い地域で繁栄し、ティラノサウルスやアロサウルスなど、知名度が高い種も多 ...
15. スー[カタカナ語]
イミダス 2018
[Sue]【生物】世界最大の恐竜ティラノサウルスの愛称.  ...
16. 成長曲線[地球科学]
イミダス 2018
組んでいる。彼らはティラノサウルス科に属する複数の恐竜の成長様式を解析し、T.レックスだけがどうして巨大化したのかを明らかにした。彼らは、T.レックスを含むティ ...
17. テタヌラ類画像
日本大百科全書
分されている。たとえば、前者にはアロサウルス科Allosauridaeが含まれ、後者にはティラノサウルス科Tyrannosauridaeが含まれる。この両者に共 ...
18. ディロング
日本大百科全書
lurosauriaティラノサウルス類Tyrannosauriaに属する白亜紀前期の恐竜。属名は「皇帝竜」という意味に由来する。 1990年代のなかばに、ティラ ...
19. ドロマエオサウルス
日本大百科全書
鼻先より頬(ほお)がずっと幅広なので目は正面を向き立体視できた。こういう特徴はティラノサウルス類に似ているので、ティラノサウルスTyrannosaurus同様に ...
20. フクイラプトル画像
日本大百科全書
った型を示すものと判明した。上腕骨と尺骨(しゃくこつ)が細く長く、コムプソグナトゥス類やティラノサウルス類以外の大部分のコエルロサウルス類のものに似ている。手の ...
21. ワイドインタビュー問答有用 /767 恐竜発掘のスペシャリスト=小林快次・北海道大学総合博物館教授
週刊エコノミスト 2018-19
み)は、その実感を体験できることだと思います。  ◇命の発展と滅亡 ── 恐竜といえば、ティラノサウルス(Tレックス)やトリケラトプスが、子どもたちにも変わらず ...
「ティラノサウルス」の情報だけではなく、「ティラノサウルス」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ティラノサウルスと同じ恐竜カテゴリの記事
アロサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカのジュラ紀後期、約1億5600万年~1億4600万年前の地層から産出した二本肢の凶暴な性格の肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)鳥獣脚類Avetheropodaカルノサウルス類Carnosauriaアロサウルス上科Allosauroideaアロサウルス科Allosauridaeに属する
ティラノサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカの白亜紀後期、約7500万年~6550万年前の地層から産出した肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)コエルロサウルス類Coelurosauriaティラノサウルス科Tyrannosauridaeティラノサウルス亜科Tyrannosaurinaeに属する
マンモスゾウ(日本大百科全書(ニッポニカ))
氷河時代のゾウを代表するもの。学名のprimigeniusは、特異な形をした臼歯(きゅうし)の化石をもとに名づけられ、ケナガマンモスともよばれる。北緯50度以北のシベリアの凍土地帯では、毛や肉や血液が氷づけで保存されている遺体がみつかる
エリオプス(日本大百科全書・世界大百科事典)
古生代ペルム紀(二畳紀)前期の、約2億8000万年前に北アメリカにいた大形両生類の迷歯類中でも代表的な肉食動物。堅固な頭骨をもち、全長約2メートル。体が頑丈で、扁平(へんぺい)の大きな頭骨の口蓋(こうがい)の左右両側に、大きな眼球や眼筋があり
恐竜と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ティラノサウルス」は生き物に関連のある記事です。
その他の生き物に関連する記事
エリオプス(日本大百科全書・世界大百科事典)
古生代ペルム紀(二畳紀)前期の、約2億8000万年前に北アメリカにいた大形両生類の迷歯類中でも代表的な肉食動物。堅固な頭骨をもち、全長約2メートル。体が頑丈で、扁平(へんぺい)の大きな頭骨の口蓋(こうがい)の左右両側に、大きな眼球や眼筋があり
マンモスゾウ(日本大百科全書(ニッポニカ))
氷河時代のゾウを代表するもの。学名のprimigeniusは、特異な形をした臼歯(きゅうし)の化石をもとに名づけられ、ケナガマンモスともよばれる。北緯50度以北のシベリアの凍土地帯では、毛や肉や血液が氷づけで保存されている遺体がみつかる
チンアナゴ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科に属する海水魚。静岡県富戸(ふと)、高知県柏島(かしわじま)付近の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾南部、フィリピン、マダガスカルなどのインド洋・太平洋に広く分布する
ゼブラウツボ(日本大百科全書(ニッポニカ))
硬骨魚綱ウナギ目ウツボ科に属する海水魚。八丈島、屋久島(やくしま)、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾南部、南シナ海などインド洋・太平洋に広く分布する。体は細長く、側扁(そくへん)する。皮膚にはしわが多い。躯幹(くかん)部(胴部)は長く
ティラノサウルス(日本大百科全書(ニッポニカ))
北アメリカの白亜紀後期、約7500万年~6550万年前の地層から産出した肉食恐竜。分類学上は竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)コエルロサウルス類Coelurosauriaティラノサウルス科Tyrannosauridaeティラノサウルス亜科Tyrannosaurinaeに属する
生き物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る