ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. >
  8. 野菜
  9. >
  10. レタス

ジャパンナレッジで閲覧できる『レタス』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
レタス
れたす
lettuce 

キク科の一、二年草。和名をチシャ(萵苣)という。ヨーロッパで古くから葉菜として利用され、いろいろな系統、品種群に分化している。葉は楕円(だえん)形ないし長形で、生育中期までは茎はほとんど伸びず、葉は重なり合い結球するものと、結球しないものとがある。茎葉は傷つけると白い乳液が出る。夏にとう立ちして高さ1メートル余になり、上部は枝分れし、黄色の径2~3センチメートルのキク状の頭花をつける。早朝開花し昼前には閉じる。種子は痩果(そうか)で長楕円形で扁平(へんぺい)、長さ3~4.5ミリメートル、白のほかに黄、黒色のものがある。種子は好光性で暗黒下では発芽しにくい特性がある。
 よく栽培される系統には、結球・半結球性のタマヂシャ(玉萵苣)Lactuca sativa L. var. capitata L.と、非結球性のカキヂシャ(掻萵苣、別名アスパラガスレタスasparagus lettuce)var. asparagina Baileyがある。
 タマヂシャはヘッドレタスhead lettuceまたはキャベツレタスcabbage lettuceともよばれる。葉は10枚以上になると結球し、球は径10~20センチメートルになる。結球性レタスの起源年代は明らかでないが、ヨーロッパで16世紀から普及した。日本へは明治時代に導入された。葉は鮮緑色のほか褐紫色のものなど品種が多い。このなかで葉が密に結球しないで、緩く半結球性となり、葉質がきわめて柔らかく、口中で溶けるようなという意味でバターヘッドとよばれる。日本ではこれを一般にサラダナとよんでいる。
 カキヂシャは葉は長形で多数重なり、葉が増えるにつれてすこしずつ茎が伸びる。茎は太く径3センチメートルで柔らかい。葉を順次掻(か)き取って食べ、また伸びて30~50センチメートルになった茎をアスパラガスのように食べるのでアスパラガスレタスの名がある。他にクキチシャ(茎萵苣)ともいう。葉を掻いて食べるレタスはすでに紀元前6世紀にペルシアで利用され、以降、ギリシア、ローマに普及しヨーロッパに広まった。5世紀までには中国に伝わり、日本へは10世紀までには入っていた。これが在来のチシャである。
 このほかに、よく利用されるものに、コスレタスcos lettusと、カールレタスcurled lettuce(和名チリメンヂシャ)var. crispa L.がある。コスレタスは葉は長楕円形、長さ20~30センチメートル、ほぼ直立性で、ハクサイに似た半結球状になり、内部の葉は軟白されている。温暖な気候のイタリアで中世から栽培され、イギリス、フランスに多いが、日本ではほとんど栽培されていない。カールレタスは葉数は少なく、葉は縮れている。結球性と半結球性のもの、色も緑のほかに紅紫色などがある。
 日本での生産は、夏秋レタスが8880ヘクタール、年産24万8500トン(2005)、主産地は長野(68%)、群馬(12%)。冬レタスが8170ヘクタール、年産18万5000トン(2005)、主産地は茨城(17%)、香川(14%)、兵庫(13%)ついで静岡、長崎県など。春レタスが4440ヘクタール、年産11万8100トン(2005)、主産地は茨城(31%)、長野(14%)、兵庫(10%)ついで香川県などとなっており、都市近郊地、夏は高冷地、冬は温暖地などで周年生産供給されている。播種(はしゅ)は3~10月、普通は苗床に播種し、子苗を本畑に定植する。秋播(ま)きがもっとも結球性がよい。冬季はビニルハウス、トンネル内で栽培する。
[星川清親]

利用

レタスは生食野菜の代表とされ、ビタミンAを多く含む。サラダには不可欠で、とくにサラダナはもっとも適した品質を備えている。カールレタスは葉質が縮みをもつとともに歯切れがよいのが好まれる。またスープなどに入れたり、サンドイッチに挟んだりする。アスパラガスレタスおよびコスレタスの葉はレタス本来の淡い苦味をもち、生食には向かないので、一度ゆでて料理する。カキヂシャも和(あ)え物、ごまよごしなどにする。カキヂシャの茎はおもに中華料理に用いられ、ゆでてから種々に味つけする。
[星川清親]



改訂新版 世界大百科事典
レタス
lettuce
Lactuca sativa L.

チシャ,チサともいい,葉または茎を生食するキク科の一・二年草。一般に呼ばれている結球性のものだけでなく,日本で古くから栽培されていたものなども含めた総称名で,その利用部分や形態から立レタス,茎レタス,葉レタス,玉レタスに分類される。このうち日本で最近多く栽培されているのは玉レタスである。また近年,栽培出荷されるようになったサニーレタスは葉レタスの仲間である。以前から農家の庭などで栽培されていた,葉をかきとって食用にしたカキレタスは立レタスに,根生葉を利用した小型のレタスは葉レタスに所属する。玉レタスはさらにかたく結球し頭部が完全に抱合するクリスプヘッド型,結球が弱く頭部が完全に抱合しないバターヘッド型に分けられ,前者を一般には玉チシャ,玉レタス,結球レタス,あるいは単にレタスと呼び,広い意味のレタスの主体をなしている。後者はサラダナと呼ばれている。

 レタスの原種は地中海東部沿岸から小アジアにかけて分布するL.serriola L.と考えられている。それはレタスに近縁な数種の野生種のうち,この種だけ自由にレタスと交配し種子をつくるからである。レタスはすでに前4500年ごろエジプトで利用されていたことが壁画から知られている。さらにギリシアやイタリアに導入され重要な野菜となった。しかし,これらはいずれも非結球性のレタスであった。ヨーロッパで結球性のレタスが知られるのは16世紀の中ごろになってからである。中国へは西暦600~900年ごろに入り,肥大した茎を食用にする変わった品種群である茎レタスが育成されている。日本には中国を通して導入され,広く栽培されていた。現在日本では〈レタス〉というと玉レタスをさすほど普通な野菜になった結球性のレタスは,明治になって西洋野菜として導入栽培が始まった。また完全に結球するクリスプヘッド型が栽培されるようになったのは第2次大戦後であり,まったく新しい野菜である。今日利用されている結球レタスは16世紀以降ヨーロッパとアメリカで品種改良されたもので,かつての形態からは想像もつかないほど変化してしまっている。

 玉レタスは在来の品種群と異なり,冷涼な気候を好み,種子の発芽は15~20℃が適温であるが,25℃を過ぎると発芽率は著しく落ちる。また高温になると種子は休眠に入る。結球は播種(はしゆ)後40~50日ごろから始まり,結球葉数は約60枚が標準である。葉は円形で光沢があり,葉縁部に欠刻やしわが多い。外葉は緑色であるが結球部分の葉は淡緑色となる。花芽分化後の抽だい(とうだち)は高温長日下で促進される。開花時の草丈は90~120cmとなる。花は頭状花序で,十数個の舌状花をつけ,舌状弁は黄色である。品種改良と栽培地や栽培法によって出荷は年間を通じて行われている。主として都市近郊の平たん地で行われる春まき栽培および秋まき栽培,標高1000m前後の高冷地(長野県,群馬県,岩手県など)を利用する夏まき栽培,温暖地(静岡県,千葉県,和歌山県など)で行われる冬まき栽培などがあり,いずれの作型もビニルなどの保温資材を利用することによって,播種期や収穫期の幅を広げている。食生活の洋風化,消費水準の上昇はレタスの消費を著しく伸ばしている。レタスはサラダとして生食に利用され,食塩かマヨネーズをつけて簡単に食べられ便利である。葉を切るときは金物のにおいが移らないように手でちぎるか木製のナイフを利用するのがよい。
[高橋 文次郎]

[索引語]
lettuce Lactuca sativa チサ
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
レタスの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 556
検索コンテンツ
1. レタス画像
日本大百科全書
別名アスパラガスレタスasparagus lettuce)var. asparagina Baileyがある。 タマヂシャはヘッドレタスhead lettuce
2. レタス
世界大百科事典
分や形態から立レタス,茎レタス,葉レタス,玉レタスに分類される。このうち日本で最近多く栽培されているのは玉レタスである。また近年,栽培出荷されるようになったサニ
3. レタス画像
日本国語大辞典
1936〕四月一四日「にはとりのトサカの料理が出た。レタスとパイとコーヒー」*ボロ家の春秋〔1954〕〈梅崎春生〉「つひに野呂菜園のレタスに人肥を使ひ始めたので
4. レタス【lettuce】
数え方の辞典
▲枚 植物としては「株」で数えます。「玉」は球状の野菜や果物を数える語です。レタスの葉はそれぞれ「枚」で数えます。 ⇒野菜
5. レタス[標準語索引]
日本方言大辞典
きしゃな / せーよーちしゃ / よーちさ
6. レタス(れ足す)言葉[新語流行語]
イミダス 2018
「飲める」を「飲めれる」、「読める」を「読めれる」とするように、「可能」を表す動詞に、本来は不要な「れ」が入ったもの。「れ入り言葉」「れ入れ言葉」とも。近年、
7. レタスの栽培[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
ヨーロッパで古くから葉菜として利用され、日本へは明治時代に導入された。夏は高冷地、冬は温暖地などで周年生産供給されている。生食野菜の代表とされる ©Shogak
8. アレタス(Arethas)
世界大百科事典
ン写本はアレタスの命により能筆家ヨハネスが895年11月に完成したものであるが,これを1801年クラークE.D.Clarkeがパトモスの僧院で発見してイギリスに
9. アレタス(Arethas)
世界人名大辞典
〔†932以後〕 カッパドキアの聖職者.カイサリアの主教.フォティオスの弟子で,古代の文献,特にプラトンやキリスト教の護教家の文献を集め複写したほか,古典の注釈
10. カールレタス(プリーツレタス)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
11. コスレタス[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
ローメインレタスともいう ©Shogakukan
12. サニー‐レタス
日本国語大辞典
〔名〕({洋語}sunny lettuce )レタスの一つ。やわらかく、紅色がかったちりめん状の広葉で、結球しない。
13. ステムレタス[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
14. ステムレタス[カタカナ語]
イミダス 2018
[stemlettuce]【植物・園芸】クキチシャ.レタスの一種.茎と若い葉を食用にする.セルタスともいう.
15. ステムレタス(山くらげ)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
ステムレタスの青茎品種の干物 ©Shogakukan
16. セレタス
日本国語大辞典
〔名〕({洋語}celettuce セロリとレタスのイメージを盛り込んだ名)カンランとハクサイの雑種であるハクランを雌性親、ハクサイを花粉親として交雑し得られた
17. タレタス(Thalētas)
世界人名大辞典
 前7世紀のギリシアの音楽家,詩人.クレタ島に生まれ,スパルタで活動した.主としてパイアン(paian; アポロン讃歌)を作ったというが,作品は現存しない.
18. タレタス
世界文学大事典
古代ギリシャの音楽家。クレタ島のゴルテュンに生まれ,スパルタで活動。伝プルタルコス『音楽について』によれば,クレティコス(長短長格)やパイオン(長短短短格または
19. ピレタス
世界文学大事典
古代ギリシャの詩人,文法家。より正しくはピリタスPhilītās。コス島生まれのギリシャの詩人,文法家。同郷出身のプトレマイオス2世の教育係を務めた。またゼノド
20. フィレタス(Philētas)
世界人名大辞典
 前4世紀末から前3世紀初め頃のギリシアの詩人,文法学者.フィリタス(Philitas)ともいう.コス島に生まれる.プトレマイオス2世やテオクリトス,ゼノドトス
21. ヘッドレタス(クリスプ型)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
22. ヘッドレタス(サラダナ)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
23. ロメインレタス(← romaine lettuce)[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
非結球型レタス
24. 皇天(こうてん)親(しん)無(な)く惟(ただ)徳(とく)を是(これ)輔(たす)く
故事俗信ことわざ大辞典
大いなる天は、特別に誰とだけ親しくなるということはしない。ただ徳を行なう者を援助するだけである。「皇天」は、天の敬称。 書経‐蔡仲之命「皇天無レ親、惟徳是輔。民
25. アイソトープ画像
日本大百科全書
ールド)などで、農作物、草花、樹木などの品種改良がなされており、すでに水稲、コムギ、ダイズ、レタスなどで成功している。(4)医学への利用 医学の分野では、診断に
26. アキノノゲシ画像
日本大百科全書
あり、風散布される。和名は、花がノゲシに似て秋に咲くことによる。日本、朝鮮、中国に分布する。レタスと同属で、近縁種に飼料植物リュウゼツサイがあるが、アキノノゲシ
27. アキノノゲシ画像
世界大百科事典
ゲシなどと比べて白っぽい。黒色の果実には短い柄のある冠毛がつき,風によって散布される。野菜のレタスと同属で,有毒ではないので食用にされることがある。また,本種と
28. 朝日(村)画像
日本大百科全書
で、この東方に展開する鎖(くさり)川の扇状地に耕地が広がる。標高が800メートルもあるので、レタスなどの高冷地野菜のほかブドウやブロッコリー、トマトなどの野菜栽
29. 朝日[村]
世界大百科事典
がそびえ,村の中央を鎖川が北東流する。鎖川の開析扇状地での畑作を主とする農業が主産業であり,レタス,ハクサイ,トマト,キャベツなどの高原野菜の栽培が盛ん。中心集
30. アスクレピアデス
世界文学大事典
人。サモス島出身で,サモスのアスクレピアデスまたはシケリデスSikelidēsと呼ばれる。ピレタスやテオクリトスと同時代の人。アスクレピアデスは彼の詩友であるヘ
31. 天草[市]
世界大百科事典
人口3493(2005)。南部は八代海に面し,三方を山に囲まれた急傾斜地帯である。農業が基幹産業で,レタス,オクラなどの野菜やかんきつ類の栽培と水稲,畜産を組み
32. 天草下島
世界大百科事典
的農業を営み,サツマイモを飼料とする養豚,肉用牛などの畜産や,飼料作物のほか施設園芸の果樹やレタスなどの野菜の生産がみられる。沿岸には半農半漁の集落が多く,北部
33. ありあけちょう【有明町】長崎県:南高来郡
日本歴史地名大系
設立。野菜作りではニンジン、ジャガイモ、レタスが国指定の産地とされたほか、昭和四〇年代後半からは施設園芸農業が盛んとなり、年間を通じてトマト、キュウリ、レタス
34. アリゾナ画像
日本大百科全書
電に利用されている。 農業は、フェニックス、トゥーソン、ユマなどの地域を中心に行われ、綿花、レタス、トウモロコシ、牧草、畜産物が主要生産物である。鉱業も重要な産
35. 阿波[市]
世界大百科事典
農業は古くから畑作中心であったが,大正用水,板名用水が大正期に完成してからは水田中心となった。近年はレタスの栽培が盛んで,イチゴの栽培も行われている。赤池 享一
36. 淡路島画像
日本大百科全書
県下の90%以上を占め、レタス、ハクサイ、キャベツも県下最大の生産地となり、ピーマン、イチゴ、ネギの生産も増大している。これは昭和50年代から始まった三毛作(水
37. 淡路平野
日本大百科全書
淡路島における農牧業の中心地として発達している。ことに出荷量が全国有数のタマネギの栽培を中心として、レタス、ハクサイの生産が多く、乳牛、ブタの飼育も県下最大規模
38. 萎黄病(作物)
日本大百科全書
シによって伝搬される。 ファイトプラズマによっておこるものは、野菜類や草花類に多く、トマト、レタス、ニンジン、パセリ、ホウレンソウ、アスター、キンセンカ、コスモ
39. 移植
日本大百科全書
が行われるようになった。たとえば、イネの移植には田植機が広く利用され、サツマイモ、キャベツ、レタス、タマネギ、トマト(加工用)などの苗の移植にも、各種の移植機が
40. 移植
世界大百科事典
自動的に移植する自動式とがある。ペーパーポット移植機はすでにテンサイで実用化され,キャベツ,レタスでも実用化が試みられている。移植と同時にビニルマルチを行ってい
41. いたのぐん【板野郡】徳島県
日本歴史地名大系
なお第二次世界大戦後、吉野川流域の畑地では阪神市場向けの蔬菜や果実が栽培され、藍住町のニンジン、吉野町のレタス、松茂町のサツマイモ、レンコン、ナシ、上板町のカキ
42. 一戸[町]
世界大百科事典
酪農,畜産,畑作を中心とする農業が主要産業で,山麓丘陵地では酪農の育成団地化や搾乳加工団地化が進められ,またレタス,アスパラガスなど高冷地野菜が栽培されている。
43. 茨城(県)画像
日本大百科全書
得て全国第1位を保つほか、ピーマン、露地メロン、トマト、ナスやミツバ、ニラなども第1、第2位。近年冬、春のレタスやカリフラワーなどの洋菜も第1位となった。それぞ
44. 岩井(茨城県)
日本大百科全書
明治時代の鉄道計画が実らず、ようやく1958年芽吹大橋の完成で、京浜地方と結ばれ近代化を始めた。農業はレタス、夏ネギ、トマトなど野菜が多く、茶は現在も名産品。工
45. 岩手(町)画像
日本大百科全書
中心の沼宮内は奥州街道の宿駅として栄えた。かつては南部馬、キャベツの産地であったが、近年はアスパラガス、レタス、葉タバコ栽培などが盛ん。御堂観音付近に北上川の源
46. イング【John Ing】
国史大辞典
、八年十一月の弘前基督公会創立に功があった。また自然科学の知識に富み、トマト・アスパラガス・レタス・リンゴなどの種子や苗木をアメリカから移植した。日本語は話せな
47. 雲仙[市]
世界大百科事典
主産業は農漁業で,第2次大戦前はタバコとユリ根を特産とし,ユリ根の輸出も行われた。現在はジャガイモ,タマネギ,レタスが中心で,段々畑が発達している。いりこの特産
48. エスカルゴ
日本大百科全書
日本へは、主として殻を別添した水煮缶詰が輸入されている。なお、食用にするカタツムリは、普通キャベツやレタス、ブドウの葉などを餌料(じりょう)にして飼育する。河野
49. 園芸
世界大百科事典
様,生育の速い一年草的なものが多いが(アブラナ類,ダイコン,ネギ類,ニンジン,ホウレンソウ,レタスなど),果実を食用とする果樹のほとんどは木本か,多年草である(
50. 大野原
日本大百科全書
築造され、溜池灌漑(ためいけかんがい)による豊かな農地に生まれ変わった。稲作のほか、タバコ、レタスを栽培し、ミカンの栽培面積も多い。1987年、雲辺寺ロープウェ
「レタス」の情報だけではなく、「レタス」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

レタスと同じ野菜カテゴリの記事
焼芋(日本国語大辞典)
焼いた薩摩芋。《季・冬》*評判記・秘伝書〔1655頃〕下ほんの事「やきぐり、やきいもは、いきくさくなる也」*俳諧・骨書〔1787〕上「朝の月狩の竹鑓手束弓〈青蘿〉 来かかるものが焼芋を喰ふ〈樗良〉」
ピーマン(日本大百科全書・世界大百科事典)
トウガラシのうちで、果実に辛味がない甘いトウガラシの1変種。明治時代にアメリカから導入されたイスパニア種といわれる品種がもとになり、今日までに日本人の嗜好(しこう)に適合した多くの品種が作出されて、第二次世界大戦後急速に普及した
レタス(日本大百科全書・世界大百科事典)
キク科の一、二年草。和名をチシャ(萵苣)という。ヨーロッパで古くから葉菜として利用され、いろいろな系統、品種群に分化している。葉は楕円形ないし長形で、生育中期までは茎はほとんど伸びず、葉は重なり合い結球するものと、結球しないものとがある
ニンニク(日本大百科全書・世界大百科事典)
ユリ科(APG分類:ヒガンバナ科)の多年草。ガーリックの名でよばれることもある。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料としまた強壮薬とするために栽培される。原生野生種は未発見であるが、キルギス砂漠地帯が原生地とみられている
カボチャ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。カボチャ属の野生種は新大陸のみに分布し、その多くはメキシコおよび中央アメリカで、11種に及ぶ。栽培種5種のうちニホンカボチャ、クリカボチャ、ペポカボチャは世界で広く栽培されている
野菜と同じカテゴリの記事をもっと見る


「レタス」は食べ物に関連のある記事です。
その他の食べ物に関連する記事
トチノキ(世界大百科事典・日本大百科全書・日本国語大辞典)
7枚の小葉からなる大型の掌状複葉と白い大きな円錐花序をつけるトチノキ科の落葉高木で,庭園樹,街路樹として植えられる。ときに高さ35m,直径4mにも達し,幹の樹皮は黒紫褐色で外層がはがれると波状の紋様が現れる。枝は太く張って広い樹冠をなし
ザクロ(世界大百科事典・日本大百科全書・日本国語大辞典)
観賞用,食用,薬用に栽培されるザクロ科の落葉樹。地中海東岸から北西インドに至る地方に分布し,西南アジア地域でもっとも古くから栽培された果樹の一つである。ヨーロッパにはギリシア時代,中国には3世紀終りごろ,日本へは平安期以前に渡来している
ショウガ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ショウガ科(APG分類:ショウガ科)の多年草。ハジカミ(薑)ともいう。地下茎を食用とする。茎は地中にあり、節くれだって肥大し、塊茎となる。節から地上に伸び出る茎状のものは、鱗片(りんぺん)状の葉や葉鞘(ようしょう)部が重なった偽茎で
おはぎ(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
餅菓子の一種。萩餅(はぎのもち)の女房詞(ことば)。ぼた餅ともいう。糯米(もちごめ)と粳米(うるちまい)を等量に混ぜて炊き、粗くすり搗(つ)いて丸め、きな粉や餡(あん)、すりごまなどをまぶしたもの。春つくるのがぼた餅、秋つくるのがおはぎ
カボチャ(日本大百科全書・世界大百科事典)
ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。カボチャ属の野生種は新大陸のみに分布し、その多くはメキシコおよび中央アメリカで、11種に及ぶ。栽培種5種のうちニホンカボチャ、クリカボチャ、ペポカボチャは世界で広く栽培されている
食べ物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る