ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 詩歌
  8. >
  9. 詩歌
  10. >
  11. 唐詩三百首

ジャパンナレッジで閲覧できる『唐詩三百首』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

東洋文庫・世界大百科事典

東洋文庫
唐詩三百首 1
とうしさんびゃくしゅ 1
東洋文庫239
蘅塘(こうとう)退士編 目加田誠訳注
中国で『唐詩選』以上に重んじられ,愛誦されてきた唐詩精華集。すべての原詩に読み下しと流麗な訳をあたえ,さらに簡明な解説・語釈を付して鑑賞の便をはかった。第1巻は,五言・七言の古詩および楽府を収める。巻頭に,唐代の詩史・作詩法を概説する序説を付す。
1973年09月刊


東洋文庫 唐詩三百首  P22

表紙
(扉)
五言古詩
感遇 四首
その一
その二
その三
その四
終南山を下り、斛斯山人の宿を過りて置酒す
月下独酌
春思
望嶽
衛八処士に贈る
佳人
李白を夢む 二首
その一
その二
送別
綦毋潜が落第して郷に還るを送る
青谿
渭川の田家
西施詠
秋、蘭山に登りて張五に寄す
夏日、南亭に辛大を懐う
業師の山房に宿り、丁大を待つに至らず
従弟と同に南斎に月を翫び、山陰の雀少府を憶う
西山の隠者を尋ねて遇わず
春、若耶谿に泛ぶ
王昌齢の隠居に宿す
高適、薛拠とともに慈恩寺の浮図に登る
賊退き、官吏に示す
郡斎中の雨、諸文士と燕集す
初めて揚子を発して元大校書に寄す
全椒山中の道士に寄す
長安にて馮著に遇う
夕に盱眙県に次る
東郊
楊氏の女を送る
晨に超師の院に詣りて禅経を読む
渓居
楽府
塞上曲
塞下曲
関山月
子夜歌
春歌
夏歌
秋歌
冬歌
長干行 二首
その一
その二
烈女操
遊子吟
七言古詩
幽州の台に登る歌
古意
陳章甫を送る
琴歌
董大の胡笳を弾ずるを聴き、兼ねて語を寄せ、房給事に弄る
安万善が觱篥を吹くを聴くの歌
夜、鹿門に帰る歌
廬山の謡、盧侍御虚舟に寄す
夢に天姥に遊ぶ吟 留別
金陵の酒肆 留別
宣州の謝朓楼にて校書叔雲に餞別す
走馬川行、封大夫の出師西征を送り奉る
輪台の歌、封大夫の出師西征を送り奉る
白雪の歌、武判官の帰るを送る
韋諷録事の宅にて、曹将軍の画馬の図を観る
丹青の引 曹将軍覇に贈る
韓諫議注に寄す
古柏行
公孫大娘の弟子が剣器を舞うを観る行、并びに序
石魚湖上の酔歌、并びに序
山石
八月十五夜、張功曹に贈る
衡嶽廟に謁し、遂に嶽寺に宿し、門楼に題す
石鼓の歌
漁翁
長恨歌
琵琶行 有序
韓碑
楽府
燕歌行、并びに序
古従軍行
洛陽女児行
老将行
桃源行
蜀道難
長相思 二首
その一
その二
行路難 三首
その一
その二
その三
将進酒
兵車行
麗人行
哀江頭
哀王孫
裏表紙


デジタル版 集英社世界文学大事典
『唐詩三百首』 【とうしさんびゃくしゅ】
中国
中国,唐詩の選集。清(しん)の乾隆(けんりゆう)年間(1736−95)に蘅塘(こうとう)退士(孫洙(そんしゆ),無錫(むしやく)の人)が唐詩の中から各詩体ごとに数十首ずつ,合計310首を選び出して編集した。6巻。8巻本もある。『唐詩選』が初唐・盛唐に偏り,中唐・晩唐の作が少ないのに対し,本書は人口に膾炙(かいしや)する作を網羅していて唐代の詩の概観には便利であり,特に家塾の課本として流行し多くの版がある。注釈書としては,清の陳婉俊(ちんえんしゆん)の『唐詩三百首補注』(1956)がすぐれる。
(松尾良樹)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
唐詩三百首の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 122
検索コンテンツ
1. 『唐詩三百首』 【とうしさんびゃくしゅ】
世界文学大事典
観には便利であり,特に家塾の課本として流行し多くの版がある。注釈書としては,清の陳婉俊の『唐詩三百首補注』(1956)がすぐれる。
2. 【唐詩三百首】とう(たう)し さんびゃくしゅ
新選漢和辞典Web版
書名。六巻。清(しん)の乾隆中、蘅塘退士(こうとうたいし)の編。唐詩三百二十首を選び、塾生のテキストとした。
3. 唐詩三百首 1
東洋文庫
中国で『唐詩選』以上に重んじられ,愛誦されてきた唐詩精華集。すべての原詩に読み下しと流麗な訳をあたえ,さらに簡明な解説・語釈を付して鑑賞の便をはかった。第1巻は
4. 唐詩三百首 2
東洋文庫
中国で『唐詩選』以上に重んじられ,愛誦されてきた唐詩精華集。すべての原詩に読み下しと流麗な訳をあたえ,さらに簡明な解説・語釈を付して鑑賞の便をはかった。第2巻は
5. 唐詩三百首 3
東洋文庫
中国で『唐詩選』以上に重んじられ,愛誦されてきた唐詩精華集。すべての原詩に読み下しと流麗な訳をあたえ,さらに簡明な解説・語釈を付して鑑賞の便をはかった。最終第3
6. 唐詩三百首註疏(著作ID:4383848)
新日本古典籍データベース
とうしさんびゃくしゅちゅうそ 章燮(しょうしょう) 註 
7. アラビアン・ナイト 2 3ページ
東洋文庫
講 だんこうれいがんき  そまんじゅ㎜断鴻零雁記〈蘇曼殊・人と作品〉飯 塚  朗 訳㎜㎜㎜唐詩三百首-~3全三巻購鵬田退泌訳臨㎜朝鮮小説史       殆 軸 
8. 義経記 1 3ページ
東洋文庫
講 だんこうれいがんき  そまんじゅ㎜断鴻零雁記〈蘇曼殊・人と作品〉飯 塚  朗 訳㎜簸川唐詩三百首-~3全二巻購㌔田退謝訳蠕㎜朝鮮小説史       姪 粕 
9. 今昔物語集 2 本朝部 3ページ
東洋文庫
講 だんこうれいがんき  そまんじゅ㎜断鴻零雁記〈蘇曼殊・人と作品〉飯 塚  朗 訳㎜獅川唐詩三百首-~3全三巻購触田退蹴訳醐㎜朝鮮小説史       艶 粕 
10. 清俗紀聞 2 46ページ
東洋文庫
その人の好みにて韻書、類書等を用うれども何の書を用うと       いう定めなし。またその間に唐詩三百首ほど背誦せしむる事常なり。作文 ○文章を属する法は、天
11. シーボルト先生 2 その生涯及び功業 3ページ
東洋文庫
そまんじゅ㎜朝鮮小説史  〈カーブースの書・四つの講話〉㎜断鴻零雁記〈蘇曼殊・人と作品〉飯㎜窺知唐詩三百首-~3全二巻小  野丸  山小  野丸 山小  野丸 
12. 菅江真澄遊覧記 3 3ページ
東洋文庫
王妃物語       黒げ、極勤 縄㎜断鴻零雁記〈蘇曼殊・人と作品〉飯 塚  朗 訳㎜㎜㎜唐詩三百首-~3全三巻臓鵬田退職訳醐㎜朝鮮小説史       蛤 胎 
13. 太平天国 1 李秀成の幕下にありて 3ページ
東洋文庫
講 だんこうれいがんき  そまんじゅ㎜断鴻零雁記〈蘇曼殊・人と作品〉飯 塚  朗 訳㎜勘川唐詩三百首-~3全二巻購編田退趾訳淵㎜朝鮮小説史       姶 粕 
14. 中国講談選 248ページ
東洋文庫
五ヵ月も、自分なりに考えつづけ、新しい発見をかさねながら、父の真似をすることに精だしました。「唐詩三百首を熟読すれば、おのずと口にでるようになる」とか申しますが
15. 中国小説史略 1 211ページ
東洋文庫
たまに子供に白居易の「長恨歌」を暗誦させることもあった。陳鴻の作った伝はそれとの関係で有名になり、『唐詩三百首』のなかにも入っていたように思う」と言う。これは「
16. 中国小説史略 2 409ページ
東洋文庫
25唐三蔵取経詩話の版本に関して           1-349唐三蔵西天取経   2-15,25唐詩三百首      1-211董斯張        2略6東
17. 唐詩
世界文学大事典
最大の規模をもつ。しかし,名作の普及という点では,『三体詩』(南宋),『唐詩選』(明),『唐詩三百首』(清)など,通俗的な選集が果たした役割も大きい。 唐詩の研
18. 唐詩三百首 1 0ページ
東洋文庫
東洋文庫 239 平凡社 唐詩三百首1 〓塘退士 編 目加田誠 訳注
19. 唐詩三百首 1 1ページ
東洋文庫
〓塘退士編『唐詩三百首』を三巻に分かち、五言・七言の古詩、および五言・七言の楽府を収めて『唐詩三百首1』とし、五言・七言の律詩を収めて『唐詩三百首2』とし、五言
20. 唐詩三百首 1 21ページ
東洋文庫
入れてよく、五七言の整斉した形であるところがら言えば古詩といってよいものである。いまこの『唐詩三百首』の書物の中の、楽府と古詩との区別があまり明らかでないのもそ
21. 唐詩三百首 1 22ページ
東洋文庫
 『唐詩三百首』について いまこの『唐詩三百首』は清の乾隆癸未(一七六三年)、衡塘退士という人が編纂したもので、衡塘退士、姓は孫、名は法、江蘇無錫の人。康煕の末
22. 唐詩三百首 1 23ページ
東洋文庫
なはいっており、初学者にはまことに便利である。 今、上述の『唐詩三百首註疏』のほか、陳椀俊の補注(商務印書館)、喩守真の『唐詩三百首詳析』、朱自清の緒言のついた
23. 唐詩三百首 1 1ページ
東洋文庫
唐詩三百首1荷塘退士 編目加田誠訳注
24. 唐詩三百首 1 6ページ
東洋文庫
冥冥、 人何ぞ算わん焉」にもとづくか。 O『全唐詩』張九齢「感遇十二首」の中第四首。 O『唐詩三百首』の別本にはこの詩を欠く。  其 二蘭葉春蔵藍桂花秋皎潔欣欣
25. 唐詩三百首 1 9ページ
東洋文庫
隠棲している自分のまごころは、宮中の主君にとどかぬのが当然。 O『全唐詩』「感遇十二首」の中第二首。 O『唐詩三百首』の別本にはこの詩を欠く。
26. 唐詩三百首 1 21ページ
東洋文庫
南側は日あたりが良いから明るい。 O湯 つきうごかす。O曾雲 層雲に同じ。かさなった雲。『唐詩三百首』の別本には層雲に作る。この句、雲のわきおこるのをみて、わが
27. 唐詩三百首 1 35ページ
東洋文庫
暗に引いて、李白の身のつつがないことを祈る。 O君今在羅網、何以有羽翼の二句、『全唐詩』、『唐詩三百首』の別本には、関塞黒の後においている。 O『全唐詩』には、
28. 唐詩三百首 1 39ページ
東洋文庫
O『全唐詩』には、多風波は一に秋多風。若負は一に苦負。身は一に才に作るとあり。 O憔悴 『全唐詩』や『唐詩三百首』の別本には類額に作る。邊  別下馬飲君酒間君何
29. 唐詩三百首 1 97ページ
東洋文庫
O孤駅一軒だけはなれている駅舎。 O浩浩 広大なる形容。あるいは水流の盛大なるさま。ただし章隻の『唐詩三百首註疏』には「浩浩は風大なる貌」とあり。 O冥冥暗い貌
30. 唐詩三百首 1 109ページ
東洋文庫
その悟りを得たことを悦ぶ。 O詩題、『全唐詩』には「農詣超師院読禅(一作蓮)経」とあり。O苔色 『唐詩三百首註疏』には「蒼色」に作るが、いま『全唐詩』にしたがう
31. 唐詩三百首 1 111ページ
東洋文庫
ひびくこと。 O楚天 湖南省南部のあたりは、むかしの楚の地にあたる。天はそら。 O久為 『唐詩三百首註疏』には「人為」とあるが通じがたい。『全唐詩』にしたがう。
32. 唐詩三百首 1 121ページ
東洋文庫
『李太白文集』には「子夜呉歌 春、夏、秋、冬」に作り、『全唐詩』には、「子夜呉歌 一作子夜四時歌」に作る、『唐詩三百首』別本にはこの詩を欠く。其二 夏歌鏡湖三百
33. 唐詩三百首 1 122ページ
東洋文庫
西施といったから越王の宮を引きあいに出したのであり、それほど深い意味を考えなくてもよいQ O『唐詩三百首』別本にはこの詩を欠く。
34. 唐詩三百首 1 126ページ
東洋文庫
経略の要地。「塞下曲」(一一四ベージ)参照。 O『全唐詩』には、鍼は針に作る。 0この詩『唐詩三百首』別本には欠く。長千行二首  其 一妾髪初覆額折花門前劇鳳騨
35. 唐詩三百首 1 149ページ
東洋文庫
桐葉は桐陰に作る。また如鴻毛は皆鴻毛、一に如鴻毛。津吏は津口、一に津吏に作るとあり。 O『全唐詩』、『唐詩三百首』別本には、故郷は旧郷に作る。 琴  歌主人有酒
36. 唐詩三百首 1 158ページ
東洋文庫
落つる貌」とみえる。『唐詩三百首註疏』はこの二字で落葉の音をあらわすとする。なお、ここまでが一解で、胡茄の音の悲しさと、これを琴に弾ずるさまをいう。 O董夫子董
37. 唐詩三百首 1 170ページ
東洋文庫
世間なみの堅苦しい生き方をしない意思をあらわしたものである。 O鳳歌笑孔邸 孔邸は孔子のこと。『唐詩三百首註疏』には、孔子の名をいうのを避けて「孔某」に作るが、
38. 唐詩三百首 1 181ページ
東洋文庫
O『全唐詩』には、姻濤は煙濤。清猿は清獲。同車は廻車。去号は去時に作る。また雲霞は『全唐詩』、『唐詩三百首』別本には雲霓に作る。
39. 唐詩三百首 1 191ページ
東洋文庫
煙塵飛 『唐詩三百首註疏』には「叛を作すなり」とあり、西方におこった兵乱による煙塵をいう。O漢家大将 現在のことを直接叙するのを避け、漢といいかえたもの。封大夫
40. 唐詩三百首 1 228ページ
東洋文庫
李泌の衡山に隠れたるが為に作る。謀議の之を貢薦せんことを欲するなり」と題下注がある。なお『唐詩三百首』別本にも「注」字を欠くかたちが多い◎ O『全唐詩』には、天
41. 唐詩三百首 1 237ページ
東洋文庫
此れより草書長進し、豪蕩感激すと。即ち公孫知る可し臭。 序の注 O大暦二年七六七年。なお『唐詩三百首註疏』には「大歴」に作るが、年号としては『唐書』その他の資料
42. 唐詩三百首 1 245ページ
東洋文庫
O江海凝青光 川や海が青い光を凝結させてしずまりかえる。『唐詩三百首註疏』によって「青光」とするが、『詳註』本、『全唐詩』『唐詩三百首』の別本には、「清光」とし
43. 唐詩三百首 1 248ページ
東洋文庫
さかずぎをとりあげて石魚石に対する、の意であろうQしたがって『唐詩三百首註疏』が「向漁」に作るのは不適当とおもわれるので、いま、『唐詩三百首』の別本、『全唐詩』
44. 唐詩三百首 1 250ページ
東洋文庫
しまの意。『爾雅』「釈水」に「水中の居る可きを、洲と曰う」とある。 O向魚 既述のごとく、『唐詩三百首註疏』の「向漁」を「向魚」に改めた。
45. 唐詩三百首 1 254ページ
東洋文庫
いまあがった雨が十分にうるおいをもたらし、の意Q「足」の字は『唐詩三百首註疏』には「定」に作るが、定では解しがたいので、いま『唐詩三百首』の別本と『韓昌黎集』(
46. 唐詩三百首 1 255ページ
東洋文庫
述のごとく、『唐詩三百首註疏』には「定」に作るのを「足」に改めた。『全唐詩』には「足」に作る。 O『全唐詩』には、鋪床は鋪 。疏糊は疎糊。風生衣は風吹衣に作り、
47. 唐詩三百首 1 261ページ
東洋文庫
唐制では参軍簿尉に過があると笞杖の刑をうけた、としている。なお、「塵埃」を『唐詩三百首註疏』には「塵侯」に作るが、意味が通じないので『唐詩三百首』の別本、『全唐
48. 唐詩三百首 1 283ページ
東洋文庫
科に玖の義がある。『韓昌黎集』の注に「石鼓を安んずる処を謂う」とあり。なお『唐詩三百首註疏』には「旧科」に作るが、意味を判じ難いので、『唐詩三百首』の別本、『韓
49. 唐詩三百首 1 285ページ
東洋文庫
石鼓が保存されないので心が沈んでしまうことである。 O不得人 『全唐詩』『唐詩三百首』別本ともに不収入に作る。 O臼科 『唐詩三百首註疏』には旧科に作るが、上述
50. 唐詩三百首 1 287ページ
東洋文庫
船歌のこと。または櫓の音とも船をこぐときのかけごえともいう。おうあい、と読む説もあるが、いま、『唐詩三百首註疏』に指摘するように、『藝苑名言』に「湖中歌を節する
「唐詩三百首」の情報だけではなく、「唐詩三百首」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

唐詩三百首と同じ詩歌カテゴリの記事
しい‐か 【詩歌】(日本国語大辞典)
漢詩と和歌。詩と歌。*高野本平家物語〔13C前〕三・少将都帰「この古き詩哥(シイカ)を口ずさみ給へば」*風姿花伝〔1400〜02頃〕六「仮令、名所・旧跡の題目ならば、その所によりたらんずるしいかの、言葉の耳近からんを、能の詰め所に寄すべし」
空華集(国史大辞典)
五山詩文集。義堂周信(空華道人)著。二十巻十冊。南北朝時代成立。すでに貞治六年(一三六七)十二月には草稿の一部ができていた。しかし、五山版八冊は巻首に延文四年(一三五九)の中巌円月の序、洪武九年(永和二、一三七六)の
梅花無尽蔵(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
五山文学作品。著者は万里集九、万里の居所庵名をもって書名とした。七巻八冊。巻一から巻三までは七言絶句の作品を編年順に配列する。巻一は応仁の乱前から文明十七年(一四八五)九月まで、巻二は太田道灌の招請に応じて、江戸下向から始めて長享二年(一四八八)九月まで
狂雲集(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一休宗純の詩集。書名は一休が狂雲子と号したことに由来する。その生涯の言行は不羈奔放、洒脱自在なものがあったが、この詩集はそれを如実に伝える。一休は天性詩文の才に秀でたが、広く古典を学ぶことによってさらにすぐれた。『一休年譜』によれば、一休没年八十八歳の時に
唐詩三百首(東洋文庫・世界大百科事典)
中国で『唐詩選』以上に重んじられ,愛誦されてきた唐詩精華集。すべての原詩に読み下しと流麗な訳をあたえ,さらに簡明な解説・語釈を付して鑑賞の便をはかった。第1巻は,五言・七言の古詩および楽府を収める。巻頭に,唐代の詩史・作詩法を概説する序説を付す
詩歌と同じカテゴリの記事をもっと見る


「唐詩三百首」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
連歌集(日本古典文学全集)
賦何人連歌連歌集(扉)例言文和千句第一百韻(扉)作品解説・作者解説賦何人連歌姉小路今神明百韻(扉)作品解説・作者解説賦朝何連歌水無瀬三吟百韻(扉)作品解説・作者解説何人湯山三吟百韻(扉)作品解説・作者解説何人宗祇独吟何人百韻(扉)作品解説・作者解説
唐詩三百首(東洋文庫・世界大百科事典)
中国で『唐詩選』以上に重んじられ,愛誦されてきた唐詩精華集。すべての原詩に読み下しと流麗な訳をあたえ,さらに簡明な解説・語釈を付して鑑賞の便をはかった。第1巻は,五言・七言の古詩および楽府を収める。巻頭に,唐代の詩史・作詩法を概説する序説を付す
幕府衰亡論(東洋文庫)
明治前期に輩出した旧幕臣出身のジャーナリスト中,奇才をうたわれた福地桜痴。尊王の美名をもって明治新政府を賛美する史書の氾濫した当時,猛然とその誤りを主張した傑作。『幕末政治家』(501)の姉妹編。1967年02月刊表紙(扉)第一章 幕府衰亡の因由
慊堂日暦(東洋文庫)
江戸後期の儒学者松崎慊堂は,該博な学識をもって知られ,渡辺崋山をはじめ多くの学者,文人墨客を友とした。彼らとの交遊を記した本書は,文化文政期の学界の消息を知るためにも貴重な記録。第1巻は,文政6年(1823)4月から同9年6月6日まで
北斉書(国史大辞典)
中国北朝の北斉の正史。李百薬ら奉勅撰。本紀八巻、列伝四十二巻、計五十巻。貞観十年(六三六)完成奏上。はじめ隋代に李徳林が紀伝体の『斉書』を編し、編年体の王劭『斉志』と並び行われていたが、唐初貞観三年、太宗の命により先行五朝(北斉・北周・梁・陳・隋)
古典文学に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る