ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 平安時代
  10. >
  11. 平安時代

ジャパンナレッジで閲覧できる『平安時代』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

国史大辞典・世界大百科事典

国史大辞典
平安時代
へいあんじだい
八世紀末から十二世紀末まで、ほぼ四百年間の長い時期を平安時代と呼ぶのは、延暦十三年(七九四)の桓武天皇の詔によって、新都が「平安京」と命名されたことに基づく。したがって時代の開始はおのずからこの年となるべきであるが、奈良時代との接続を考慮して延暦三年の長岡京遷都、あるいはさかのぼって天応元年(七八一)の桓武天皇即位を以て画期とみる見解もある。また時代の終末は、鎌倉幕府成立の時点とみるのが常識的であるが、その場合も治承四年(一一八〇)の福原遷都、寿永二年(一一八三)のいわゆる十月宣旨、同年の平家都落ち、文治元年(一一八五)の守護地頭設置など、画期に対する見解は必ずしも一致しない。ちなみに『大日本史料』は文治元年十一月を以て編を分けている。
 いずれにせよ平安時代という名称には、政治・文化の中心たる平安京に時代そのものを代表させようとする歴史観がうかがわれる。事実、京・畿内とその中核たる太政官・内裏の政治・文化における比重は大きく、反面、地方の政治力と文化的役割はまだきわめて小さい。その隔差は、何よりも史料の残存状態に反映している。すなわち正史の記述は仁和三年(八八七)八月の光孝天皇崩御を以て終り、以後の私撰国史はいずれもやや簡略かつ杜撰で、これを補うべき貴族の日記も、記事が煩瑣でありながら視野は著しく狭小である。そして地方の実態をうかがうべき古文書の伝存は、延暦から応徳三年(一〇八六)の白河院政開始までの約三百年間に、わずか千二百五十通(『平安遺文』所収)程度にすぎない。以後の百年間に古文書は急激に増加するものの、この史料的貧困が平安時代の研究を阻害したことは否めない。特に正史の断絶した直後の十世紀初頭に、桓武朝以来続けられた律令体制の修正・維持の方針が、延喜二年(九〇二)の一連の格を最後として放棄され、代わって荘園・公領の交錯する在地の実態に即応した新体制への転換が、人事・収取方式など多方面にわたって行われたことが明らかにされつつあるにもかかわらず、この変革の政治過程を直接に具体的に記した史料はまれである。したがって平安時代の政治史は、北家藤原氏の政権独占に至る過程に起った薬子の変・承和の変・応天門の変・陽成天皇廃立・阿衡(あこう)の紛議・菅原道真左遷・安和の変など、さらに藤原氏の内部抗争による花山天皇退位、藤原道長をめぐる諸事件など、陰湿・矮小な政権争いを好んで描写する、近代以前からの歴史叙述が今もなお踏襲されている現状である。蝦夷征討・承平天慶の乱・平忠常の乱・前九年の役および後三年の役などの辺境の戦乱を在地の社会構造との関連において、また遣唐使およびその廃止後の対外交渉を朝鮮・中国の歴史との対比において、また武士団の発生・擡頭を荘園・国衙との関係において考察を深めるなど、今後の政治史・社会史の課題は多いと思われる。
 平安時代史研究の不振は、古代国家の解体と中世社会の成熟の歩みが緩慢かつ平穏だったことに、その主たる原因があるのであろう。ただし、この間に展開した貴族文化は、いわゆる「国風文化」という名称のもとにむしろ高い評価を与えられ、文化史・美術史・風俗史・国文学など多方面の研究者の関心を誘っている。それは、わが民族独自の文化がここではじめて創造され、中世以後諸階層の文化に継受され、永く精神的伝統となったからである。その発展はほぼ一世紀ごとの四期に分けることができる。第一期は嵯峨朝以後の、いわゆる弘仁・貞観期である。皇室の家父長であり、かつすぐれた文化的指導者であった嵯峨天皇を中心とし、北家藤原氏・賜姓源氏の人脈と勅旨田などの経済的基礎に支えられた文化で、『内裏式』『貞観儀式』の制定などによる宮廷儀礼の整備、『凌雲集』以下の勅撰にみられる中国詩文への傾倒、最澄・空海以下による大乗仏教なかんずく密教の摂取などによって、次期の「国風化」を準備した。第二期は光孝朝より村上朝に至る、延喜・天暦期である。この時期は後世の貴族によって「聖代」と仰がれたが、その理由は、蔵人式の制定や蔵人所機構の整備によって宮廷儀礼が完成し、後世の規範となったこと、正史と格式の編纂がそれぞれの最後を飾ったこと、延喜五年の『古今和歌集』勅撰を機として、表音文字たる仮名が完成し、固有の思想感情の表現が自由かつ豊饒になったことなど、主として文化的な成果によるものである。寝殿造第宅・大和絵屏風・和様書道・管弦御遊などが関連して発達し、多彩な年中行事もほぼ完成をみた。醍醐・村上両天皇の親政が古来強調されているが、文化指導者としての宇多天皇の存在をむしろ注目すべきであろう。第三期は一条朝の前後、すなわち摂関全盛期である。藤原氏は政権を独占してのち急速に文化に関心を深め、小野宮・九条両流の故実を以て貴族・官人を規制し、また後宮に才能豊かな女房を配することによって、歴史上比類を見ない女性文化を開花させた。望月の欠けたることなき道長の栄華は周知のことであるが、しかし貴族層の中には、すでに延喜・天暦に対して当代を「末代」と嘆く下降意識が兆し、また厭離穢土(おんりえど)・欣求(ごんぐ)浄土の宗教的自覚も熟しつつあった。第四期は白河・鳥羽両上皇を中心とする院政期であるが、平安時代末をはさんで続く後白河・後鳥羽院政期を合わせて、その特徴を考えるべきであろう。諸上皇の専制権力のもとに展開された諸現象には、たとえば造寺・造仏の盛行と遁世者の輩出という両極分化、説話集や平泉文化にうかがわれる文化の地方浸透、僧兵や男色に代表される世相の頽廃など、時代の末期症状が顕著にあらわれた。かくて、保元以後の「乱世」の到来は、「平安」を名に負う長い時代の終末を告げるものであった。
→古代(こだい)
[参考文献]
『大日本史料』一―三編、川上多助『平安朝』上(『綜合日本史大系』三)、竜粛『平安時代』、竹内理三『律令制と貴族政権』二、橋本義彦『平安貴族社会の研究』
(目崎 徳衛)


改訂新版 世界大百科事典
平安時代
へいあんじだい

日本史の時代呼称の一つ。8世紀末から12世紀末に至る400年間を政権の所在地平安京によって名づけたもの。その始期および終期については,いろいろな考え方が可能であるが,政治の画期に重点をおくと,平安京を開いた桓武天皇の即位の年,781年(天応1)を始点とし,平氏滅亡,守護・地頭設置,朝廷改革により,源頼朝が鎌倉政権を確立した1185年(文治1)を終点とするのが穏当であろう。さらにこの400年は,10世紀初頭の醍醐天皇の治世と,11世紀後半に入った後三条天皇の治世とを境として,前期・中期・後期に分けられるが,またおもに社会経済史的な観点から,前期と中期の境を古代史上の画期とし,中期・後期を古代末期と称することもあり,別に中期以降あるいは後期を中世に入れる見解もある。

政治過程

まずこの時代の国内政治の推移を概観すると,称徳女帝の治下,皇位をめぐる暗闘と仏教政治により,律令支配体制は動揺し,これに危機感をいだいた律令官僚貴族藤原氏は,女帝の死去を機に,政局の転換を図った。藤原氏は天智天皇の皇孫光仁天皇を擁立し,皇統は天武系より天智系に移って,朝政刷新の気運が朝廷の内外にみなぎった。10年余の光仁朝の後を継いだ桓武天皇は,引き続いて仏教政治の払拭と律令政治の振興に努めたが,さらに旧体制からの脱却を決定づけるため,新都経営に着手した。すなわち長岡京の造営であり,さらに多少の曲折を経て,794年(延暦13)の平安遷都に実を結んだ。また前代以来の蝦夷の反乱に対し,天皇は坂上田村麻呂を登用して積極的な征戦と鎮定策を講じ,以後長く大規模な蝦夷の反乱は跡を絶つに至った。しかし長期にわたった造都と征夷が,財政と民生を圧迫したことは否定できず,桓武天皇の没後即位した平城天皇は,財政の緊縮と民政の振興に鋭意努力した。ただその反桓武朝的な政治姿勢が,譲位後にかかわらず,平城遷都を嵯峨天皇に強要するに及び,いわゆる薬子の変を引き起こし,平城上皇は落飾出家して政界から引退せざるをえなくなった。

 この騒動を克服した嵯峨は,以後30年にわたり天皇あるいは上皇として宮廷に君臨し,平安宮を〈万代の宮〉と宣言して,平安王朝の基盤を確立した。嵯峨朝に始まる格式(きやくしき)と儀式の編纂は,中国生れの律令と儀制を日本の風土になじませ,やがて公家法と有職故実(ゆうそくこじつ)の世界に引き継がれた。また新設の蔵人所(くろうどどころ)と検非違使(けびいし)は,後世まで永く重要な機能を果たし,貴族政権に大きな地位を占めた。一方,嵯峨天皇の腹心として活躍した藤原冬嗣は,廟堂における北家藤原氏の優位を確立し,冬嗣の後を継いだ良房は,承和の変を機として,伴氏,橘氏等を朝廷から排除し,冬嗣の外孫文徳天皇を皇位につけることに成功した。ついで良房は人臣最初の太政大臣に任命され,その外孫清和天皇が幼少で即位するや,事実上執政の権を握り,さらに866年(貞観8)応天門の変を機に摂政の詔をこうむり,藤原摂関制へ道を開いた。

 しかしその道は必ずしも平坦ではなく,宇多天皇の強烈な抵抗にあい,醍醐天皇の親政の意欲の前に,しばらく足ぶみせざるをえなかった。宇多天皇は生母班子女王とともに,藤原氏の後宮支配を抑制する一方,橘広相,菅原道真らを登用して藤原氏の専権を防ごうとし,醍醐天皇は諸政の刷新に熱意をもやした。ただ〈延喜の治〉とたたえられた治績も,格式や国史の編纂などに律令政治の最後の花を咲かせたのにとどまり,有名な荘園整理令も,これを境として中央政府の地方支配を後退させた。醍醐の没後まもなく起きた平将門の乱と藤原純友の乱は,朝廷に大きな衝撃を与えたが,これを〈承平・天慶(てんぎよう)の乱〉と名づけて,歴史の転換の標識とするのも理由なしとしない。946年(天慶9)即位した村上天皇は,朱雀朝以来の関白藤原忠平が没すると,摂関を置かず,忠平の2子実頼・師輔兄弟を左右大臣に配し,醍醐皇子重明親王や源高明を重用し,それらの協調の上に20年に及ぶ宮廷の平和と安定をもたらし,後世〈天暦(てんりやく)の治〉とうたわれる治世を現出した。しかしその間,忠平の妹である母后穏子,師輔の女皇后安子の後宮支配はいよいよ強まり,藤原氏全盛への地ならしが着実に進められた。また960年(天徳4)の内裏焼亡は,天皇に大きな挫折感を味わわせたばかりでなく,朝廷の矮小化の糸口を開くものとなった。

 村上天皇についで即位した冷泉天皇は病弱のため,実頼が関白となって摂関制は再出発したが,師輔の後継者たちは,左大臣源高明を前途の障害になるとみて,969年(安和2)安和(あんな)の変を起こして高明を失脚させた。こうして他氏排斥に終止符をうった藤原氏は,やがて摂関の座をめぐって骨肉の争いを展開した。そして一時は兄兼通のもとに雌伏していた兼家が,兼通の没後,機をとらえて花山天皇出家事件を演出し,外孫の一条天皇を位につけ,待望の摂政の座についた。しかも兼家は右大臣を辞して,初めて無官の摂政となり,摂政を太政大臣以下三公の上に立つ最高至上の地位に押しあげた。ついで兼家の没後,摂関の座はその子道隆・道兼・道長および道隆の子伊周の間で激しく争われたが,結局は道長が最後の勝利をおさめて政権を握った。もっとも道長は,外孫後一条天皇の即位後短期間摂政に就任するまで,一条・三条両朝においては摂政にも関白にも任ぜられず,内覧宣下をうけた左大臣の地位にとどまった。しかしその地位は,関白に准ずる輔弼(ほひつ)の臣と,公事執行の権を握る一上(いちのかみ)の座を併せもつものであり,時人から摂政・関白に異ならずと評された。たしかに幼帝の代行者である摂政と,成人天皇を補佐する関白とは,制度上異なるところはあるが,摂関政治は,摂政ないし関白が朝廷を掌握し,主導する政治形態であるから,実際政治のうえでは両者の間に決定的な差異はなく,道長の例はその証左ともなる。道長は頼通に摂政を譲った後も,〈大殿〉と呼ばれて政治の実権を握り,政局の安定が続いた。それを支えたのは,道長の女子たちによって後宮を独占し,天皇をも一家のうちにとりこんだ外戚体制にほかならない。しかし外戚体制は,危険な両刃の剣でもある。道長の後を継いだ頼通・教通らは女子に恵まれず,ついに外戚の地位を維持することに失敗し,1027年(万寿4)道長が没すると,摂関家の勢威は急速に下降線をたどった。

 そして1068年(治暦4)即位した後三条天皇は,宇多天皇以来170年ぶりの藤原氏を外戚としない天皇であった。その治世はわずか5年足らずであったが,天皇が強力におし進めた新政は,歴史の流れを大きく変えることになった。荘園整理令と記録荘園券契所の設置,宣旨斗の制定,皇室経済の再編と充実などがそれである。しかもこの新政は,権門勢家の上に立つ天皇の全国支配権を強く印象づけることになった。これを受け継いだ白河天皇親政期においても,朝廷は引き続き天皇を中心として回転し,院政成立の素地を作った。

 いわゆる院政は,白河天皇のいだいた皇位継承の構図を実現することを目的とした譲位が契機となって始まったが,さらに1107年(嘉承2)堀河天皇の没後,幼少の鳥羽天皇が践祚するや,白河上皇の執政はいよいよ本格化し,常態化した。しかし院政といっても,特別の執政機関があったわけではなく,上皇は旧来の政治機構の背後にあって,それに指示と裁断を与え国政を動かしたのである。その上皇の耳目となり,手足となって活躍したのが,当時〈院近臣〉といわれた中・下級廷臣である。そして律令軍制が崩壊したなかで,武士を院の北面に伺候させるという形で掌握し,政権の支えとしたのは院政の大きな特色であり,これを巧みに利用して急速に台頭したのが平氏である。伊勢の中小武士団の首領にすぎなかった平正盛は,所領寄進などを媒介として白河上皇に結びつき,その子忠盛は北面の武士の統率者の地位を獲得し,さらに鳥羽院政下では有力な院近臣の一員にまでのし上がった。これに対し,源氏は義家没後の内紛や,その後継者為義の政治的才能の貧困により,平氏に勝るとも劣らない武力を持ちながら,中央政界においては劣勢を余儀なくされた。一方,貴族社会では,専制的な上皇の執政のもとで,旧来の慣行は無視され,秩序は乱れ,ついには恣意的な皇位継承が皇室や摂関家の内紛をよび起こし,武士を引きこんで抗争するまでに至った。

 1156年(保元1)の保元の乱がそれで,騒乱は半日で終わったが,平安京創設以来初めての市中の合戦は,世人に大きな衝撃を与えた。この乱によって,武士の政治的立場は飛躍的に高まり,ことに源氏が為義・義朝父子の相克により大きな損傷を受けたのに対し,平氏は清盛を筆頭にして一族が朝廷に進出し,さらに平治の乱(1159)によって,源氏の勢力を都から一掃し,中央・地方の軍事権を掌握した。ただ清盛は独自の武家政権の樹立を志向せず,みずから太政大臣にのぼったのをはじめ,一門を朝廷の要職に配し,さらに女子の徳子を高倉天皇の皇后とし,外孫安徳天皇を位につけるなど,かつての藤原氏と同様の手法をもって政権の掌握を図った。この公家の外被をまとった武家政権に対し,危機感を強めた旧勢力は,おのずから後白河上皇のもとに結集し,なかでも強大な武力を誇る南都北嶺の寺社勢力は,反平氏的行動を強めていった。平安後期に入って,寺院の俗界進出,所領拡張運動は激化し,その尖兵として活動した僧兵の横行には,院政政権も手を焼き,源・平両氏の武力をもって鎮圧するほかなかった。しかし王法・仏法の守護を標榜する寺社勢力が,新興武士勢力の政権に危機感を高めたのは当然である。ことに万代の王城を捨てて摂津福原に遷都した清盛の行動は,彼らの反平氏運動に拍車をかけた。源頼朝をはじめ各地の源氏は,好機到来とみて兵を挙げ,1181年(養和1)清盛が没すると,その2年後には早くも平氏は都から追い落とされて西海に浮かび,85年(文治1)壇ノ浦の合戦に敗れて滅亡し,頼朝の鎌倉政権が確立するに至ったのである。

社会,経済

この時代の社会経済の動向は,一言でいえば律令的土地制度の崩壊と,それを背景とした武士勢力の台頭であろう。律令的土地制度の根幹は,いうまでもなく班田制であるが,口分田の班給は,800年(延暦19)の班田を最後として急速に廃退し,それに伴って調庸の欠負未進も常態化した。桓武天皇は勘解由使(かげゆし)を新設し,交替式を編纂して,国司の施政を督励したが,班田制の維持は年を追って困難になった。一方,貴族・社寺および富裕農民の土地兼併はますます進展し,皇室もこれに対抗して後院領以下の勅旨田を盛んに設定したため,公田はいよいよ減少して輸租の減退を招いた。また班田制と表裏をなす戸籍制度も崩壊し,課役の逃避が常態となった。さらに中央官司も財政の窮乏に苦しみ,その公用を支えるため,879年(元慶3)畿内5ヵ国に4000町の官田を設置し,ついでそれを諸司に配分したので,大蔵省などを中心とする財政の中央集権制が崩れ,さらに諸司が個別に領有する諸司田が広範に成立した。

 そこで政府は,902年(延喜2)一連の荘園整理令を発し,国司の権限を強化し,荘園の増大を防ぐとともに,国司の検田によって国衙の基準国図に公田を登録し,公田の維持と租庸調の徴収を国司に義務づけた。しかしこれは中央政府が地方支配を国司に委任したことをも意味し,政府の統治力は地方から大きく後退することになり,以後地方の治安の乱れが慢性化する一因にもなった。またこの整理令は,一面では既設荘園の公認ともなり,国衙公田と荘園が併存する体制のもとで,富裕農民はいちだんと力をたくわえていった。彼らは国衙や荘園領主に官物・年貢を完納するかぎりにおいて,耕作権と下地進止権を保持し,空閑地や荒廃田の開墾に努めて治田を増やし,開発領主から武士への道を歩んでいった。また貴族社会においては,摂関政治の進展に伴い,公卿などの朝廷の上層部は,北家藤原氏や賜姓源氏に独占され,上流貴族と中・下流貴族の間の断層が深まって,階層分化が進んだ。

 たび重なる荘園整理令にもかかわらず,権門勢家への荘園の寄進はいよいよ盛んになったが,律令俸禄制も頼りにならず,荘園の寄進にあずかることも少ない中・下級官人は,家学・家業を身につけて官司機構に足場を固める一方,実収の多い国司=受領(ずりよう)の地位の獲得に狂奔した。徴税請負人と化した受領は,一定の官物を中央に納めると,さらに収奪をほしいままにして私財をたくわえ,それを中央における活躍の支えとし,人事権を握る権門に財力奉仕して地位の維持を図り,任地の行政は在庁官人にまかせてかえりみなかった。こうして地方政治はますます荒廃し,在地豪族が随所に横行した。1027年(万寿4)ころから数年にわたって房総地方を荒らしまわった平忠常もその一人であり,奥羽の地も前九年・後三年の両役を経て,事実上奥州藤原氏の支配地域と化した。これら東国・奥羽の騒乱を鎮定したのは,頼信・頼義・義家の3代にわたる源氏で,この征戦を通じて源氏と東国武士との間には強固な主従関係が結ばれた。東国の有力な豪族は,広大な私領を開発し,在庁官人となって国衙機構に重要な地位を占め,強大な武力を擁する者が少なくなかった。彼らに棟梁として擁立された源氏が,近畿・西国の中小武士団を従える平氏に最終的に打ち勝った要因は,源・平両氏の率いる武士団の内容の差にあったともいえる。

文化,風俗

この時代の初期は,唐風文化の最盛期といわれるが,前代以来中国から輸入された文物も,ようやく日本人になじみ,自前の漢詩文を創作する力を育てた。嵯峨天皇を中心とする宮廷では,《凌雲集》以下の漢詩集が相ついで勅撰され,唐礼を土台として《儀式》が編纂され,宮城の殿門も唐風の佳号がつけられた。また令制の大学では経書を講授する明経道を中心としたが,漢詩文の盛行を背景として,紀伝道が重んぜられるようになり,紀伝道中心の文章院が設立され,さらに藤原氏の勧学院のように,有力氏族の子弟教育機関も設けられた。中期に入って,和文・和歌の全盛期においても,漢詩文は廷臣必須の教養として重視されたが,その間,紀伝道は菅原氏・大江氏等の,明経道は清原氏・中原氏等の家学となり,学問専業化の道を開いた。

 一方,和文・和歌は,9世紀末までに完成したかな文字の普及により,飛躍的な発展をとげた。905年(延喜5)《古今和歌集》が勅撰されてから,勅撰漢詩集に代わって勅撰和歌集がつぎつぎに撰集されたが,ことに《古今集》の仮名の序文は,和文が公式の場で認められたものとして,その意味は大きい。また仮名が女文字といわれた風潮と,藤原氏の外戚体制を背景として,後宮の女房を中心とする女流作家が輩出し,《源氏物語》《枕草子》などの名作を生み出した。しかし藤原摂関勢力の後退は,摂関家と後宮を活躍の場としてきた女房たちにも暗い影を落とし,よき昔をなつかしむ方向にむかわせた。道長の栄華をしのぶ《栄華物語》がその口火を切り,《大鏡》以下の〈鏡もの〉がこれに続いた。また同じころ,《今昔物語集》をはじめとする説話集が世に現れ,浄土信仰の盛行を反映して,往生談がその重要な部分を占めるとともに,地方や社会の下層からも多くの話が集められ,貴族の関心が広がっていく傾向を物語っている。その文体もかなの和文から漢文読み下しに近いかな交り文へ移り,さらにリズミカルな和漢混淆体の軍記物を生み出した。

 つぎに目を宗教に転ずると,この時代の初め,入唐僧最澄および空海によって開かれた天台・真言二宗は,仏教界に新風を吹き込んだ。二宗は比叡山の延暦寺と高野山の金剛峯寺を拠点としたため,前代の南都仏教に対し,山岳仏教ともいわれるが,一面では祈禱を主とする密教の行法をもって,宮廷・貴族の精神生活に深く入りこんだ。しかし中期に入ると,天台僧徒の間に浄土思想がたかまり,《往生要集》を著して浄土信仰を説いた源信や,市中に阿弥陀念仏の功徳をとなえた〈市聖(いちのひじり)〉空也らの活動は,貴賤上下に大きな反響をよびおこした。さらに後期に入ると,1052年(永承7)を末法の初年とする末法思想が,災害や騒乱の頻発によって拍車をかけられ,人心は新しい救い,新しい仏教の出現を待ち望んだ。

 また生活文化の面においても,この時代は民族文化の土台をきずき,その形成に大きく貢献した。朝廷の儀服は,唐風の礼服・朝服から,和様化した束帯・衣冠に移り,さらに着ごこちよい直衣(のうし)・狩衣が平常服となった。平安宮も大極殿以下朝堂院の殿舎は,瓦葺き・石畳の唐風宮殿であったが,居住区の内裏の殿舎は,檜皮(ひわだ)葺きに床板張の和風建築であった。これに系譜を引く貴族の邸宅は,寝殿を中心にして,前栽や築山,あるいは池を配し,自然を豊かに取り入れた寝殿造が普及し,屋内は障子や屛風で間仕切りして,大和絵がそれらを飾った。

 朝廷・貴族の年中行事も,唐風の強い令制の節日(せちにち)行事に日本の季節と風土が影響してしだいに姿を変え,さらに民間の習俗も取り入れられた反面,宮中の追儺(ついな)が民間の〈鬼やらい〉になったように,宮廷から民間に流布した行事もあり,上下相応じて民俗をはぐくんだ。ことに平安末期には,庶民の遊芸であった田楽や今様が宮廷社会でもてはやされ,そこにも次代の文化のいぶきを感じとることができる。

対外関係

蝦夷征討も一段落した804年(延暦23),桓武天皇は二十数年ぶりに遣唐使を派遣し,これに同行した最澄と空海が,帰朝後それぞれ新仏教を興したことはよく知られている。ついで838年(承和5),また遣唐使が発遣されたが,この2度の遣唐使が持ち帰った唐の文物が,唐風文化の興隆に拍車をかけたことはいうまでもない。その後894年(寛平6),宇多天皇は菅原道真を遣唐大使に任命したが,道真の上奏によって派遣を停止したため,承和の使節が最後の遣唐使となった。遣唐使停廃の理由としては,航海の危険や唐国内の騒乱などが考えられるが,一面では唐や新羅の商船の来航がますます盛んになり,それによる文物の流入や僧侶の渡航も絶えず,遣唐使を派遣する必要が減退したことも確かである。また新羅の北,唐の東に接する渤海は,唐と新羅に対抗するため,奈良時代からしばしば使節を日本に送って親交を求めてきたが,8世紀後半には,朝貢に名をかりた交易の利を目ざして頻繁に来航するようになった。

 ところが10世紀に入ると,日本の歴史が大きな転換を経験するのと時を同じくして,東アジアでも各地に変動が起きた。まず中国では,907年唐が滅んで五代十国の乱世に突入し,926年には契丹が渤海を滅ぼして遼を建て,935年には高麗が新羅に代わって朝鮮半島を統一した。ついで960年に建国した宋は,979年ようやく中国統一に成功した。この間,動乱の余波として,新羅の辺民がしばしば対馬や北九州を侵したので,日本は辺境の防備を厳にするとともに,対外交渉にいちだんと消極的になった。しかし大陸の情勢が安定した10世紀後半には,宋の商船の来航と日本僧の入宋が盛んになり,ことに11世紀後半には,北方の遼の圧迫に苦しむ宋の神宗が,国書を贈って積極的に対日接近を図り,日宋貿易もますます活発になった。その後1127年,宋は女真族の金に追われて南遷し,南宋として再建されたが,12世紀後半に入ると,平清盛の貿易振興政策によって,再び日宋貿易が盛んになった。日本から砂金,水銀や漆器,屛風,扇子などの工芸品,さらに刀剣類が輸出され,かの地で名声を博したことはよく知られている。中国からは高級織物や書籍などが輸入され,日本の貴族の間に珍重されたが,とくに大量に輸入された宋銭は全国に流通し,商業・経済の発達に大きな役割を果たした。

 こうして10世紀後半以降,おおむね平穏な対外関係を保っていた間に,突発的に起きたのが,1019年(寛仁3)の刀伊(とい)の入寇である。これは遼の支配下にあった女真族の一部族が壱岐・対馬を襲い,北九州にも上陸して寇掠した事件であるが,大宰権帥藤原隆家をはじめ,在地豪族の奮戦によって,短時日の間に撃退することができた。その際,高麗は北走する賊船を迎え撃ち,多数の日本人捕虜を救出して九州に送り返してきた。日本と高麗との間には公式の国交はなかったものの,かの元寇に至るまでは,終始友好的な関係が続いたのである。
→院政 →古代社会 →摂関政治 →律令制
[橋本 義彦]

[索引語]
薬子の変 承和の変 応天門の変 平将門の乱 藤原純友の乱 安和(あんな)の変 摂関政治 院政 保元の乱 平治の乱 遣唐使 日宋貿易 刀伊(とい)の入寇
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
平安時代の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 21755
検索コンテンツ
1. ちゅうこへいあんじだい【中古(平安時代)】 : 漢文学
国史大辞典
〔中古(平安時代)〕 約四百年のうち、初期は、嵯峨天皇を中心として、詩全盛であり、唐も、盛唐から中唐にあたり、李白・杜甫から白楽天らに至る多くの詩人の集も渡来
2. 平安時代
日本大百科全書
る。ところで平安時代には支配体制の変更を伴う政策の転換が二度あったが、それはかならずしも政界主導者の交替と関係がないので、ここでは国家支配体制の転換でもって時期
3. 平安時代
世界大百科事典
日本史の時代呼称の一つ。8世紀末から12世紀末に至る400年間を政権の所在地平安京によって名づけたもの。その始期および終期については,いろいろな考え方が可能であ
4. へいあん‐じだい【平安時代】
日本国語大辞典
*日本美術史〔1891頃〕〈岡倉天心〉平安時代平安時代にありては、仏法を離れて文学を奨励するの風を生じ」*国文学小史〔1899〕〈和田万吉・永井一孝〉三・一「
5. へいあんじだい【平安時代】
国史大辞典
八世紀末から十二世紀末まで、ほぼ四百年間の長い時期を平安時代と呼ぶのは、延暦十三年(七九四)の桓武天皇の詔によって、新都が「平安京」と命名されたことに基づく。
6. へいあんじだいのしゅじゅうけつごう【平安時代の主従結合】 : 主従制
国史大辞典
平安時代の主従結合〕 平安時代は律令制の変質・衰退期であって、国家権力による個人の統制支配や保護が不完全となり、社会的に劣位にあるものは、自己の身体・財産の
7. Heian period 【平安時代】
Encyclopedia of Japan
As defined in this encyclopedia, the Heian period is a span of nearly 400 years
8. 平安時代(年表)
日本大百科全書
政治・経済784(延暦3〔天皇〕桓武)2月 大伴家持を持節征東将軍とする。6月 藤原種継らを造長岡宮使とする。11月 長岡京遷都785(延暦4〔天皇〕桓武)9月
9. 三宝絵 平安時代仏教説話集
東洋文庫
平安中期,出家した尊子内親王に源為憲が献じた仏教入門書。表題には「絵」とあるが,絵は失われて詞書だけがのこる。本生譚,経典の功徳,仏教・年中行事などを内容とする
10. へいあんじだいこうき【平安時代後期】 : 歌合/(二)
国史大辞典
(二)平安時代後期  摂関政治が衰え、院側近の中流貴族が政治経済の実権を握るにつれて、歌合の本質は、文芸評論を中心とした中世的なものに変わって来た。方人が同時
11. へいあんじだいぜんき【平安時代前期】 : 歌合/(一)
国史大辞典
(一)平安時代前期  最初期の歌合は、光孝・宇多両朝における和歌再興の手段として歌合が奨励されたが、晴儀の歌合として、その形式が整うにつれて、遊宴的な意義が強
12. へいあんじだいぜんきのせいじ【平安時代前期の政治】 : 古代
国史大辞典
平安時代前期の政治〕 宝亀元年の称徳女帝の病死に際し、藤原氏が機敏に策動して天智天皇の孫の光仁天皇を擁立し、僧道鏡を政界から追放すると、天皇は奈良時代後半の
13. 平安時代の雨具[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
馬の手綱を引く男は藺笠いがさをかぶり、蓑みのを雨具として使用した。『信貴山縁起絵巻しぎさんえんぎえまき』 写国立国会図書館所蔵
14. 平安時代の貴族の酒宴[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
各人の前に高坏たかつきと折敷おしきが並べられ、料理の皿や酒盃しゅはいが置かれている。食事は塩乾保存食品が多く、消化不良を起こしやすかったという。『餓鬼草紙』 東
15. 平安時代の牛車[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
平安時代中期ころには、貴族の乗用として全盛を極め、華美風流を競い合った。写真は女装した二条天皇が八葉車はちようぐるまに乗って脱出する場面。『平治物語絵巻』 「六
16. 平安時代の碁[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
主上と薫かおるの対局。唐制に倣ならい、上首である帝みかどが黒石を持っている。『源氏物語絵巻』 「宿木やどりぎ」 写国立国会図書館所蔵
17. 平安時代の寝具[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
御帳みちょうを立てて寝所をつくり、宿直物とのいものの衾ふすまをかけ、畳の上に寝る貴族。当時は寝るときも烏帽子えぼしをつけていた。『源氏物語絵巻』 「柏木かしわぎ
18. 平安時代の住宅(法住寺殿配置図)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
寝殿造。白河法皇の御所©西川勝也
19. 平安時代の落書き/浄瑠璃寺の落書き[美術]
イミダス 2018
2010年8月、京都府木津川市の国宝浄瑠璃寺三重塔の下層部の天井板に、平安時代の落書きと思われるものがあることがわかった。浄瑠璃寺といえば、池を前に静謐(せい
20. 平安時代美術
世界大百科事典
はじめ,文化史の上でも大きな転換期であった。これから政治・文化の中心が京都に存在した約400年間がいわゆる平安時代であり,美術の歴史の上でもこれを一つの時代とみ
21. へいあんじだい‐ぶんがく【平安時代文学】
日本国語大辞典
〔名〕平安時代の文学。初期には空海や菅原道真を頂点とする漢詩文が盛んであったが、仮名の発達と仮名文の普及は女性に自由な自己表現の方法をもたらし、紫式部・清少納言
22. 鉢の図[図版]画像
国史大辞典
片方白の星鉢 二方白の星鉢 四方白の星鉢 総覆輪の筋鉢 椎形の筋鉢 桃形の貼合せ鉢 南蛮鉢の倣製鉢 平安時代以来の鉢 近世の当世鉢 (c)Yoshikawa k
23. Heian literature 【平安時代の文学】
Encyclopedia of Japan
The literature of the Heian period (794−1185) may be divided into three parts: t
24. えんげき【演劇】 : 演劇/〔外来芸能の定着・日本化時代(平安時代末すなわち十二世紀中ごろまで)〕
国史大辞典
〔外来芸能の定着・日本化時代(平安時代末すなわち十二世紀中ごろまで)〕 舞楽は宮廷貴族および大社寺の式楽として、九世紀ごろその曲目・様式および制度がほぼ現在の
25. 古代/飛鳥・奈良時代~平安時代中期[考古学]
イミダス 2018
を営んだこと、また遣隋使・遣唐使を派遣したことなどを端緒として、日本の古代国家形成が進んだ。平安時代前期(9世紀)を境として、唐帝国の衰退にあわせるように律令制
26. こんいん【婚姻】 : 婚姻/〔上世(大化改新時代―平安時代前半。律令時代)〕
国史大辞典
〔上世(大化改新時代―平安時代前半。律令時代)〕 この時代になっても「こなみ」と「うはなり」の別は存したので、当時の立法者はこの慣習と中国で行われていた重婚禁
27. こんいん【婚姻】 : 婚姻/〔中世(平安時代後半―室町時代)〕
国史大辞典
〔中世(平安時代後半―室町時代)〕 この時代には戸籍の制はなくなったが、一夫多妻は行われ、鎌倉時代には、三妻までは持つことを認める、とする記録がある。鎌倉幕府
28. さいばん【裁判】 : 裁判/〔上世(大化改新時代―平安時代前半。律令時代)〕
国史大辞典
〔上世(大化改新時代―平安時代前半。律令時代)〕 大化改新の過程における、唐から継受した律令制により全国の土地人民を直接支配する統一国家体制形成への志向は、大
29. さいばん【裁判】 : 裁判/〔中世(平安時代後半―室町時代)〕
国史大辞典
〔中世(平安時代後半―室町時代)〕 平安時代後半に荘園が発達し、権門勢家寺社である荘園の領主は不輸すなわち年貢免除の特権を有し、かつ不入(国使不入)すなわち国
30. しけい【死刑】 : 死刑/〔上世(大化改新時代―平安時代前半。律令時代)〕
国史大辞典
〔上世(大化改新時代―平安時代前半。律令時代)〕 唐より律令制が継受された上世では、主要刑罰として笞・杖・徒・流・死の五罪の制が設けられた。中国では五刑と呼ば
31. しけい【死刑】 : 死刑/〔中世(平安時代後半―室町時代)〕
国史大辞典
〔中世(平安時代後半―室町時代)〕 中世の前期である平安時代の末ごろには、世が乱れたので「土はっつけ」(逆さ磔)のような刑罰が行われた。鎌倉時代になると、刑罰
32. そうぞく【相続】 : 相続/〔上世(大化改新時代―平安時代前半。律令時代)〕
国史大辞典
〔上世(大化改新時代―平安時代前半。律令時代)〕 中国の律令制の継受の行われた上世の令の規定では、家の相続である継嗣相続と戸令応分条による財産相続とがあった。
33. そうぞく【相続】 : 相続/〔中世(平安時代後半―室町時代)〕
国史大辞典
〔中世(平安時代後半―室町時代)〕 次の中世は荘園時代であると考える。その前期は平安時代後半期で荘園の発達期であるが、この時期に武士の間に、一家・一門・一流な
34. 中世/平安時代後期・鎌倉・南北朝・室町・戦国時代[考古学]
イミダス 2018
歴史/文献時代2。 12世紀中頃~16世紀中頃。中世の始まりについては多様な説があるが、ここでは、荘園(権門寺社の所領)と公領(国衙領・国有地)が対等である荘
35. 袍 : 図-平安時代中期以降の袍画像
世界大百科事典
36. 外取と内取の高紐[図版]画像
国史大辞典
(式正鎧初期-平安時代末期) 小桜威鎧(厳島神社蔵) 紺糸威鎧(厳島神社蔵) 赤糸威鎧(御嶽神社蔵) 紫綾威鎧(大三島神社蔵) (鎌倉時代) 紫裾濃鎧(御嶽神社
37. とうがくたいてい【東嶽大帝】(Dōngyuèdàdì)
世界人名大辞典
られる[1011:大中祥府4].《封神演義》では黄飛虎が死後に東嶽大帝に封神される.日本にも平安時代に泰山府君信仰が伝わった.
38. ほうそう【方相氏】(Fāngxiāngshì)
世界人名大辞典
付け,黒い衣と赤い裳を身にまとい,矛と盾を持ち眷属を引き連れ悪鬼を追い払い,疫鬼を駆逐するものという.日本では平安時代初期頃から,大晦日に宮中で行われる〈鬼やら
39. あ【吾・我】
日本国語大辞典
ワにはワドリ(吾鳥)の一例しか見られないこと、ア・アレには卑称謙称的性格の認められる例が存在すること、平安時代以降はア・アレは一般には用いられなくなったこと等か
40. あ【吾・我】
全文全訳古語辞典
、私(の帰り)を待っていらっしゃることであろう、父上や母上は。[要点]上代に多く用いられた。平安時代では「あが君」「あ子」などと、親愛の情をこめていう場合によく
41. あ【彼】
日本国語大辞典
〔代名〕他称。話し手、聞き手両者から離れた事物を指し示す(遠称)。平安時代以降用いられ、格助詞「の」を伴って連体修飾語となることが多い。あれ。か。→あの。*竹取
42. あ【有】
日本国語大辞典
聞・推定)」を伴うとき、撥音便化して「あん」となり、その撥音が表記されなかったもの。主として平安時代に行なわれた表記法)(1)動詞「ある」に同じ。*伊勢物語〔1
43. あ【足】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕足。脚。上代では単独でも用いられたが、平安時代以降は「あぶみ(鐙)」「あがき(足掻)」などのように融合した形で用いられる。 「あの音せず行かむ駒もが葛飾
44. あいうちむら【相打村】青森県:北津軽郡/市浦村
日本歴史地名大系
露草の福島城跡遺跡3は縄文晩期の土器片出土。同遺跡2は十三湖岸の鰊崎にあり、三二個の竪穴群で平安時代後期頃と推定され、土師器・土錘・鉄製刀子・鞴口など出土。最後
45. あいおいし【相生市】兵庫県
日本歴史地名大系
なお播磨最古の那波野丸山窯跡をはじめ、奈良時代の光明山窯跡ほか市域全域に約一三〇基の窯跡があり、平安時代後期まで生産が行われていた。古代は赤穂郡八野郷(和名抄)
46. あいかわ【藍韋】
国史大辞典
無文の藍韋と小文の藍韋がある。藍韋で、特に浅く染めたのを青韋、深く染めたのを搗韋(かちかわ)という。平安時代以来、武具・馬具・調度類の装束韋に多く用い、青韋装束
47. 合口
日本大百科全書
用いず、柄つかの口と鞘さやの口とが直接あうものをいう。短刀の拵のもっとも一般的な形式として、平安時代から江戸時代まで盛行しているが、室町時代末期には上杉景勝かげ
48. あいくちづくり【合口造】
国史大辞典
正倉院宝物などの箱の遺例からすると、奈良時代の箱の蓋は被蓋造か印籠蓋造がほとんどで、合口造は平安時代後期からのものが多く、これは和風の形式ともいえそうである。合
49. あいこうぐん【愛甲郡】
国史大辞典
の空閑地四百町内見開田十五町を淳和院の費用に充てたことがみえる。式内社は小野神社一座である。平安時代に毛利荘が立てられ、鎌倉時代には愛甲荘(熊野山領)もあった。
50. あいさりいせき【相去遺跡】岩手県:北上市/相去村
日本歴史地名大系
昭和四八年(一九七三)・四九年の調査により平安時代の竪穴住居跡三六棟・登窯一基・焼土遺構一七基、縄文時代のフラスコピット八基・落し穴状遺構八基が検出された。平安
「平安時代」の情報だけではなく、「平安時代」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

平安時代と同じ平安時代カテゴリの記事
平安時代(国史大辞典・世界大百科事典)
八世紀末から十二世紀末まで、ほぼ四百年間の長い時期を平安時代と呼ぶのは、延暦十三年(七九四)の桓武天皇の詔によって、新都が「平安京」と命名されたことに基づく。したがって時代の開始はおのずからこの年となるべきであるが、奈良時代との接続を考慮して延暦三年
国債(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
国がその経費をまかなうために行う金銭債務をいう。その場合,国債証券を発行するものを狭義の国債,証券の発行を伴わないものを借入金(年度内に償還する条件のものを一時借入金という)という。なお,国債と地方債を総称して公債という。国債の制度国債は償還期限に
平安時代と同じカテゴリの記事をもっと見る


「平安時代」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
廃藩置県(日本大百科全書・世界大百科事典)
1871年(明治4)7月、全国の藩を廃して県を置き、中央集権的統一国家を樹立した政治変革。版籍奉還(はんせきほうかん)後、政府は中央集権化政策を積極的に推進したが、とくに1870年秋から1871年春にかけては、岩倉具視(ともみ)の「建国策」に示される
国債(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
国がその経費をまかなうために行う金銭債務をいう。その場合,国債証券を発行するものを狭義の国債,証券の発行を伴わないものを借入金(年度内に償還する条件のものを一時借入金という)という。なお,国債と地方債を総称して公債という。国債の制度国債は償還期限に
長岡京(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
784年(延暦3)から794年まで,山城国乙訓(おとくに)郡(現在の京都府向日(むこう)市,長岡京市,京都市,乙訓郡大山崎町)にあった古代の都城。奈良時代末期の781年(天応1),父光仁天皇からはからずも帝位をゆずられた山部親王(桓武天皇)は,旧都
太政大臣(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
令制における太政官(だいじようかん)の最高の官職で,日本固有の職。和訓では〈おおまつりごとのおおまえつぎみ〉といい,唐名では(大)相国。令では唐の三師(太師,太傅,太保),三公(太尉,司徒,司空)を兼ねる重職と位置づけられ,適任者のない場合には欠員と
恵美押勝の乱(世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典)
奈良時代に恵美押勝(藤原仲麻呂)が起こした反乱。橘奈良麻呂の変を未然に鎮圧した藤原仲麻呂は,早世した長男真従の妻であった粟田諸姉をめあわせた大炊王を淳仁天皇として擁立し,またみずからを恵美押勝と称すること,私的に銭貨を鋳造し出挙(すいこ)を行うこと
日本の歴史に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る