ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. >
  10. べったら市

ジャパンナレッジで閲覧できる『べったら市』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)

べったら市
べったらいち

10月19日(もとは旧暦)東京・日本橋の大伝馬町と小伝馬町を結ぶ街路で開かれる浅漬け大根(べったら漬け)の市。本来は恵比寿講 (えびすこう)(20日)のための道具、供え物の塩鯛 (だい)、恵比寿大黒 (だいこく)の神像などを売る市であったが、のちにべったら漬けを売る市に変わった。盛んなころには「ホラべったら、べったら。買わないで素通りすると着物につくよ」と、人ごみのなかで振り回したり、粕 (かす)のついた手で袖 (そで)を引いたりした。元来は浅漬けといったが、呼び声からべったら漬けとよぶようになったといわれる。

[田原 久]



世界大百科事典

べったら市
べったらいち

東京日本橋の大伝馬町一帯で毎年10月19日夜に開かれる市。翌20日の夷講(えびすこう)の用品を売る市で,神棚,三方(さんぼう)などのほか,近くの魚河岸から売れ残りの干魚などを持ち込んで売ったもので,〈腐市(くされいち)〉と呼ばれていた。《守貞漫稿》にはそれらのほかに,ダイコンの浅漬(あさづけ)を売るようになったことが記されており,この浅漬を〈べったら漬〉と呼んで市民が愛好したため,〈べったら市〉の名が起こった。〈べったら漬〉は生干しのダイコンをこうじ漬にしたもので,こうじがべたつくところからの俗称である。
[鈴木 晋一]

[索引語]
夷講(戎講・恵比須講) 腐市 浅漬 べったら漬
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
べったら市の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 18
検索コンテンツ
1. べったら市
日本大百科全書
10月19日(もとは旧暦)東京・日本橋の大伝馬町と小伝馬町を結ぶ街路で開かれる浅漬け大根(べったら漬け)の市。本来は恵比寿講えびすこう(20日)のための道具、供
2. べったら市
世界大百科事典
売るようになったことが記されており,この浅漬を〈べったら漬〉と呼んで市民が愛好したため,〈べったら市〉の名が起こった。〈べったら漬〉は生干しのダイコンをこうじ漬
3. べったら‐いち【─市】
日本国語大辞典
ベッタラ市といふ」*東京年中行事〔1911〕〈若月紫蘭〉十月暦「十九日 日本橋大伝馬町旅籠町にべったら市(イチ)立つ」
4. べったらいち【べったら市】
国史大辞典
(『東京年中行事』)。現在では夷講とかかわりなく行われているが、変わらぬ賑いを見せている。べったら市の語源は、むき出しのままの浅漬大根を下げて帰るので、他人の着
5. あさづけ‐いち【浅漬市】
日本国語大辞典
〔名〕べったら市の異名。一〇月一九日、東京都日本橋の宝田恵比寿神社を中心に立つ、浅漬大根の市。《季・秋》
6. 市画像
日本大百科全書
各地の市のなかには、特定の商品を名ざしてよばれるものもあり、「雛市ひないち」、「だるま市」、「べったら市」(大根の浅漬けをべったら漬けと称して、東京・大伝馬町で
7. えびす講 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
京都東山の恵美須神社で「二十日ゑびす祭典」が、東京日本橋の宝田恵比寿神社周辺では二十日えびすにちなむ「べったら市」が開かれる。
8. おおでんまちよういつちようめ【大伝馬町一丁目】東京都:中央区/旧日本橋区地区地図
日本歴史地名大系
での間では毎年一月・一〇月の二〇日に行われる宝田神社の恵比寿講の前日、一九日に恵比寿講市(べったら市・くされ市)が開かれた。恵比寿講市はもと杉森稲荷にともに祀ら
9. 共古随筆 46ページ
東洋文庫
上人には見へる故に、名号の札を二枚下さると信ず。 大伝馬町通りより小伝馬町通り、十一月十九日べったら市といふあり。浅漬大根を売る見世多く出る、植木屋の多く出る、
10. くされ‐いち【腐市】
日本国語大辞典
二〇日にかけて開かれる市。もと掛鯛を売るのが起こりだという。野菜、浅漬大根などが売られる。べったら市。*雑俳・柳多留‐九七〔1828〕「生きた目も抜のは馬のくさ
11. 芝大神宮
日本大百科全書
その前後11~21日は「だらだら祭」とよばれ、「生姜市しょうがいち」が立ち、小伝馬町こでんまちょうの「べったら市」とともに著名。飯尾直樹
12. 漬物
世界大百科事典
,祭具などとともにダイコンの浅漬(べったら漬)を売ったのが有名で,後には漬物が中心となり,べったら市と呼ばれるようになった。 ところで,江戸時代には〈藪(やぶ)
13. 東京(都)画像
日本大百科全書
と浅草寺せんそうじの「ほおずき市」、10月は中央区宝田恵比寿神社たからだえびすじんじゃの「べったら市」、11月は台東区鷲神社おおとりじんじゃや新宿花園神社しんじ
14. 東京年中行事 2 188ページ
東洋文庫
らい。それでいてお賽銭が雨霰と降るところは、さすがに東京である。 北風やべったら市の人通り     浪の家 べったら市浅漬さげて酒の人     秋 航 ぶらくと
15. べったら漬け画像
日本大百科全書
麹でべたべたしているところからべったらとよばれ、それが市の名になったものらしい。現在も同地で開かれるべったら市は有名である。原料のダイコンは皮の筋目が残らないよ
「べったら市」の情報だけではなく、「べったら市」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

べったら市と同じカテゴリの記事
祇園祭(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
京都市東山区祇園町に所在する八坂(やさか)神社の祭礼。毎年7月17日から24日まで行われる。以前は祇園会(え)あるいは祇園御霊会(ごりょうえ)ともいった。東京の神田祭、大阪の天神祭とともに三大祭に数えられている。起源は、平安時代の869年(貞観11)に全国に疫病が流行したため
(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般に公的でめでたい祝いの宗教的儀式、つまり祝祭を意味する。多くの人を集め、酒や食料が大量に消費されることも多い。そこから「お祭り騒ぎ」などの表現も出てくる。本来は宗教的行為であるが、単に多くの人を集め、にぎやかさや華やかさが強調されて宗教的意味がなくなると、「港祭」とか商店街の「○○祭」
管絃祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
神事には往々にして管絃を奉奏することが行われるが、とくにその規模を大きくして神輿(みこし)を船中に奉安し、管絃を吹奏して神霊をなぐさめる神事。広島県廿日市(はつかいち)市宮島町の厳島(いつくしま)神社、福井県敦賀(つるが)市の金崎宮(かねがさきぐう)などで行われている。
忌籠祭(改訂新版・世界大百科事典)
斎籠祭,居籠祭とも記す。祭りの執行に際して,神職など祭りに直接関与する者は外部との関係を絶ち,神霊を迎えることができる心身になるために,特定の期間・場所で心身を慎む。これが氏子全員に課せられている祭りをとくに忌籠祭という。
悪態祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
集まった群衆が互いに悪口を言い合うことが特徴の祭礼。悪口(あっこう)祭、悪たれ祭、喧嘩(けんか)祭などともいう。相手を言い負かせば幸運を得るとしたことに基づくらしいが、年頭の祭りに多く、もと年占(としうら)の意味が濃かったようである。
祭と同じカテゴリの記事をもっと見る


「べったら市」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
べったら市(日本大百科全書・世界大百科事典)
10月19日(もとは旧暦)東京・日本橋の大伝馬町と小伝馬町を結ぶ街路で開かれる浅漬け大根(べったら漬け)の市。本来は恵比寿講(えびすこう)(20日)のための道具、供え物の塩鯛(だい)、恵比寿大黒(だいこく)の神像などを売る市であったが、のちにべったら
ハローウィン(日本大百科全書・世界大百科事典)
本来は聖夜の意味。イギリスでは10月31日の夜、カボチャなどのウリ類をくりぬいて提灯(ちょうちん)をつくり、藁(わら)人形やムギの穂でさまざまの動物をつくり、仮面、仮装して行列し、広場のたき火の周りで歌ったり踊ったりし、最後に人形を燃やす。これは古い
時代祭(日本大百科全書・国史大辞典)
京都市左京区岡崎にある平安神宮の祭礼。桓武(かんむ)天皇が平安京に遷都した日を記念して、10月22日に行われる。平安神宮は桓武天皇を祭神に(のち孝明(こうめい)天皇も合祀(ごうし))、平安奠都(てんと)1100年を記念して1895年(明治28)創建
送り火(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
門火(かどび)ともいい、一般には盆が終わり、精霊(しょうりょう)を送るため、家の入口、四つ辻(つじ)、墓などで焚(た)く火のこと。所によっては葬式の出棺のまぎわ、あるいは婚礼のおり娘が生家を出るとき、家の入口で火を焚く習俗があり、これも送り火とか門火
長月(日本大百科全書・日本国語大辞典)
陰暦9月の異称。語源は明らかではないが、中古以来、夜がようやく長くなる月の意の夜長月の略称といわれてきた。稲熟(いなあがり)月、稲刈(いなかり)月、穂長月などが変化したものとする説もあり、近時では、9月は5月と並ぶ長雨の時季で「ながめ」とよぶ物忌みの
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る