ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 説話
  10. >
  11. 孔子家語

孔子家語

ジャパンナレッジで閲覧できる『孔子家語』の日本大百科全書のサンプルページ

日本大百科全書(ニッポニカ)

孔子家語
こうしけご

孔子の言行、逸話を集録した書。略して『家語』ともいう。『漢書 (かんじょ)』芸文志 (げいもんし)の六芸 (りくげい)略論語類には、撰者 (せんじゃ)不明の『孔子家語』27巻が記載されている。原書はつとに亡失したようで、10巻44編からなる現行本は、三国魏 (ぎ)の王粛 (おうしゅく)の偽作。王粛の偽作の意図は、もっぱら後漢 (ごかん)の鄭玄 (じょうげん)の学説を反駁 (はんばく)するための根拠の造作にある。このことは、すでに唐・宋 (そう)以来、学者の知るところであるが、この書は、古事や遺説を多く収めているという点から、案外広く読まれてきた。現行本の文章の大半は、『左伝』『国語』『孟子 (もうし)』『荀子 (じゅんし)』『大戴礼記 (だいたいれいき)』『礼記 (らいき)』などの古籍に重見する。したがって、この書は古籍の文辞の校訂の一資料に供しうる。

[伊東倫厚]



『孔子家語』[百科マルチメディア]
『孔子家語』[百科マルチメディア]

古活字版 王粛(おうしゅく)註(ちゅう) 元和(げんな)(1615~1624)ごろ刊国立国会図書館所蔵
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


孔子家語の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 451
検索コンテンツ
1. 孔子家語画像
日本大百科全書
略して『家語』ともいう。『漢書かんじょ』芸文志げいもんしの六芸りくげい略論語類には、撰者せんじゃ不明の『孔子家語』27巻が記載されている。原書はつとに亡失したよ
2. こうしけご【孔子家語】
日本国語大辞典
中国の儒書。現行本一〇巻四四編は魏の王粛の偽作とされる。原本は「漢書‐芸文志」によると二七巻。孔子の言行および弟子との問答(論議)、伝聞などを「左伝」「史記」「
3. こうしけご【孔子家語】
国史大辞典
賜わると、最初に元の王広謀の『標題句解孔子家語』を印行した。いわゆる伏見版である。その後、太宰純(春台)が日本伝存の古鈔本をもって校訂し王注本の旧にかえし『増注
4. 孔子家語(こうしけご)
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 1081ページ
5. 孔子家語(著作ID:4379796)
新日本古典籍データベース
こうしけご 王粛(おうしゅく) 注 
6. 【孔子家語】こうし けご
新選漢和辞典Web版
書名。十巻。孔子の言行や門人との問答をしるしたもの。著者は明らかでないが、魏(ぎ)の王粛(おうしゅく)の偽作であるという。
7. 冢註家語(著作ID:1041505)
新日本古典籍データベース
ちょうちゅうけご 家語 孔子家語 冢田大峯(つかだたいほう) 漢学 寛政四刊
8. 『孔子家語句解』
日本史年表
1515年〈永正12 乙亥②〉 2・‐ 上杉憲房, 『孔子家語句解』 を足利学校に寄進。
9. 孔子家語解(著作ID:4391244)
新日本古典籍データベース
こうしけごかい 家語 漢学 
10. 孔子家語合注諺解(著作ID:178369)
新日本古典籍データベース
こうしけごがっちゅうげんかい 孔子家語国字解 高田鏡湖(たかだきょうこ) 漢学 寛政五序、同六刊
11. 孔子家語増註(著作ID:2562)
新日本古典籍データベース
こうしけごぞうちゅう 太宰春台(だざいしゅんだい) 漢学 
12. 孔子家語補註(著作ID:25821)
新日本古典籍データベース
こうしけごほちゅう 岡白駒(おかはっく) 漢学 寛保元刊
13. 『孔子家語』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
古活字版 王粛おうしゅく註ちゅう 元和げんな(1615~1624)ごろ刊国立国会図書館所蔵
14. 『標題句解孔子家語』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
古活字版(伏見版ふしみばん) 上巻 王広謀おうこうぼう句解 1599年(慶長4)刊国立国会図書館所蔵
15. 標箋孔子家語(著作ID:53827)
新日本古典籍データベース
ひょうせんこうしけご 太宰春台(だざいしゅんだい) 増注 千葉芸閣(ちばうんかく) 標箋 漢学 寛政元刊
16. おうしゅく【王粛】(Wáng Sù)
世界人名大辞典
家であり学者である王粛は貴重な文献を見る機会に恵まれた.孔子22世の孫の孔猛から提供された《孔子家語》はその一つであり,王粛は注解を施してこの書を世に現した.し
17. じょう【師襄】(Shīxiāng)
世界人名大辞典
が周文王の姿を幻視し,その曲が文王の作と見抜いた時,孔子に敬意を表した.〖文献〗 史記47.孔子家語8.
18. しつちょうかい【漆雕開】(Qīdiāo Kāi)
世界人名大辞典
だけ現れる.《史記》(仲尼弟子列伝)は,《論語》の引用に「字子開」という3字を加えるのみ.《孔子家語》は孔子より11歳若いとするが,《韓非子》(顕学篇)が述べる
19. しゅくりょうこつ【叔梁紇】(Shūliánghé)
世界人名大辞典
歳の時,死んだという.死後,魯の東,防山に葬られた.〖文献〗 史記47.左伝襄公10,17.孔子家語
20. ちゅうきゅう【仲弓】(Zhònggōng)
世界人名大辞典
か,《荘子》でしばしば孔子と並称される「子弓」も仲弓のことだと言われる.《史記索隠》引用の《孔子家語》に,孔子より29歳若いという.近年出現した戦国楚簡に《仲弓
21. あい‐せい【哀声】
日本国語大辞典
崎柳条〉一六「其哀声(アヒセイ〈注〉カナシミ)人を動かせども。妻孥其事故(わけ)を解せず」*孔子家語‐顔回「其母悲鳴而送〓之、哀声有
22. あく‐どう[‥ダウ]【悪道】
日本国語大辞典
一「子としては親を善に導(みちびく)べきを、反(かへっ)て悪道へ陥いれしむること有べきや」*孔子家語‐五儀解「君子之悪〓悪道
23. 排蘆小船(近世随想集) 314ページ
日本古典文学全集
『石上私淑言』二「詩はもと人の性情を吟詠するわざなれば、ただものはかなく女わらはべの言めきてあるべき也。孔子家語に詩之失愚といへる言にて其心ばへをさとるべし。唐
24. 夷画像
字通
り 亦た夷懌せざらんや 夷説 いえつ よろこぶ。〔孔子家語、五帝徳〕〓~四凶を
25. 帷画像
字通
大臣。 帷殿 いでん 帷宮。 帷薄 いはく すだれ。 帷幕 い(ゐ)ばく 帷帳。また、閨房。〔孔子家語、五刑解〕古の大夫~〓亂にして男
26. いえ 貧(まず)しくして親(おや)老(お)ゆれば祿(ろく)を択(えら)ばずして仕(つか)う
日本国語大辞典
祿不〓択仕(ロクエラバズシテツカフ)」*孔子家語‐致思「家貧親老、不〓
27. 家(いえ)貧(まず)しくして親(おや)老(お)ゆれば祿(ろく)を択(えら)ばずして仕(つか)う
故事俗信ことわざ大辞典
ズシテツカフ)」諺語大辞典(1910)「家貧しく親老(オ)ゆれば祿を択(エラ)ばずして仕ふ」孔子家語‐致思「家貧親老、不レ択レ祿而仕」
28. 家(いえ)を移(うつ)して妻(つま)を忘(わす)る
故事俗信ことわざ大辞典
たいそう忘れっぽいことのたとえ。 諺語大辞典(1910)「家(イヘ)を移して妻を忘る」孔子家語‐賢君「哀公問二於孔子一曰、寡人聞、忘之甚者、徙
29. い‐き[ヰ‥]【遺記】
日本国語大辞典
進于御影堂陀羅尼田〓也」*孔子家語‐本姓解「先王典籍錯乱無〓紀、而乃論
30. 出雲国風土記(風土記) 160ページ
日本古典文学全集
『和名抄』に「穎 加尾。穂ナリ」。祈年の祭の『祝詞』に「朝の御食夕べの御食の加牟加比に」。贄は『孔子家語』六本の注に「贄ハ執リテ礼ヲ為ス所以ナリ」。日本では、神
31. 逸文(風土記) 530ページ
日本古典文学全集
揚子江(長江)の大河も源はわずかに盃を浮かべる程度の小川という聞き語りを孔子が話したもの。『孔子家語』にも載る。淵源の意で「…濫觴記」と書名によく使用される。水
32. いばく 修(おさ)まらず
日本国語大辞典
「いはく(帷薄)修まらず」に同じ。*孔子家語‐五刑解「有〓〓淫乱男女無
33. 帷幕(いばく)修(おさ)まらず
故事俗信ことわざ大辞典
「帷薄(いはく)修まらず」に同じ。 孔子家語‐五刑解「有下坐二淫乱男女無〓
34. 婬画像
字通
婬虐 いんぎやく みだらで、はげしい。 婬荒 いんこう(くわう) みだら。女色ですさむ。〔孔子家語、子路初見〕桓子〓に女樂を受け、君臣婬
35. 浮世物語(仮名草子集) 186ページ
日本古典文学全集
。行状。ふるまい。感心すべきものと思ってまねる。役に立つ厳しい忠告は喜ばれない、の意の諺。『孔子家語』の「良薬ハ口ニ苦クシテ病ニ利シ、忠言ハ耳ニ逆ヒテ行ニ利ス」
36. 浮世物語(仮名草子集) 193ページ
日本古典文学全集
対し、気によって後天的に生ずる性質をいう。以下は、陰陽五行説に基づく生物の分類のしかたで、『孔子家語』巻六を原拠とするもの。了意の『安倍晴明物語』(寛文二年〈一
37. 馬(うま)を相(そう)するに輿(よ)を以(もっ)てし、士(し)を相(そう)するに居(きょ)を以(もっ)てす
故事俗信ことわざ大辞典
馬以レ輿、相レ士以レ居」孔子家語‐子路初見「孔子曰、里語云、相レ馬以レ輿、相
38. えい‐へい【鋭兵】
日本国語大辞典
〔名〕(1)鋭利な兵器。鋭い武器。*孔子家語‐屈節解「鋭兵尽〓於斉〓
39. 江戸繁昌記 1 244ページ
東洋文庫
毎日遠い道のりを、米を担いで売りにいったという、親孝行な行為にも較べることができる。出典は『孔子家語』致思、「子路昔日、昔者由也事二二親一之時、常食二薬嚢→為レ
40. 江戸繁昌記 2 16ページ
東洋文庫
れいしと蘭草と。転じて善人。君子。腹わたの腐ったような連中に遠ざかり、清純な地にいて子弟を教育した。『孔子家語』六本篇、「与二善人旧居。如レ入二芝蘭之室珀久而不
41. 江戸繁昌記 2 18ページ
東洋文庫
きぬ者の、良くする所ではなかった(昊)原憲字は子思、原憲は姓 名。鄭玄によれば魯人である。『孔子家語』によれば、孔子より少きこと三六歳。顔淵と同じく清貧 に甘ん
42. 江戸繁昌記 2 259ページ
東洋文庫
許して以来、江戸市民の篤い信仰を受けるようになった(莞)楚人弓を…度章の小さいことをいう。『孔子家語』好生篇に、「楚恭王出遊。亡烏陣之弓。左右請求之。王日。止。
43. 〓[〓]画像
字通
えんえん 少しもえあがった火。〔孔子家語、観周〕〓
44. えんえん に 滅(めっ)せずんば炎炎(えんえん)を若何(いかん)せん
日本国語大辞典
(「孔子家語‐観周」の「〓〓
45. 燄燄(えんえん)に滅(めっ)せずんば炎炎(えんえん)を若何(いかん)せん
故事俗信ことわざ大辞典
の施しようがなくなるというたとえ。「燄燄」は、火の燃えはじめの、まだ火力の盛んでないさま。「孔子家語‐観周」の「燄燄不レ滅、炎炎若何。涓涓不レ壅、終
46. えんこうじ‐ばん[ヱンクヮウジ‥]【円光寺版】
日本国語大辞典
が山城国(京都府)伏見に建立した円光寺で、家康が寄贈した木活字によって、閑室和尚が刊行した「孔子家語」「武経七書」「貞観政要」「吾妻鏡」等の書籍。伏見版。エンコ
47. 王粛画像
日本大百科全書
注釈し、当時の大儒鄭玄じょうげんやその高弟孫炎そんえんの学説に反対し、自らが擬作したという『孔子家語けご』を引証しては論駁ろんばくしたのを『聖証論せいしょうろん
48. 王粛
世界大百科事典
施し,大儒と仰がれた。孔子の言行を記す《孔子家語(こうしけご)》10巻は,彼の偽作とされる。また《偽古文尚書》を彼の名に帰する説もある。興膳 宏 Wáng Sù
49. おう‐しゅく[ワウ‥]【王粛】
日本国語大辞典
当時尊ばれていた鄭玄(じょうげん)の学説に反対して、多くの経書の注釈書を作り、またその論拠とするため「孔子家語(けご)」などを偽作した。(一九五~二五六)オーシ
50. おかはっく【岡白駒】
国史大辞典
る。明和四年(一七六七)十一月八日没。七十六歳。京都迎称寺に葬る。著述多く『詩経毛伝補義』『孔子家語補註』『箋註蒙求』などは、江戸時代を通じて使用された。また中
「孔子家語」の情報だけではなく、「孔子家語」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

孔子家語と同じ説話カテゴリの記事
江談抄(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代後期の説話集で、大江匡房の談話を集めたもの。「江談」の偏をとって『水言鈔』とも題される。信西入道(藤原通憲)の父藤原実兼の筆録とされてきたが、内容からみて筆録者は複数であると考えられる。成立は匡房の没年(天永二年(一一一一))を下限と見るべきであろうが
発心集(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
中世の仏教説話集。鴨長明の編著。流布本は八巻八冊、異本は五巻五冊である。長明が説話の蒐集に取りかかったのは、出家して、大原の別所にいたころからであろうが、成立の年次は明らかでない。おそらく『方丈記』の書かれた建暦二年(一二一二)よりは後であろう。流布本は百二話
古事談(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉初期の説話集。王道后宮、臣節、僧行、勇士、神社仏寺、亭宅諸道の6巻からなる。源顕兼編で、編者の没年(1215)直前の成立か。称徳女帝の淫事、花山帝の出家の真相、在原業平と伊勢斎宮との密通事件とその事後処理など、貴族社会や政治にまつわる秘話や裏面話の数々があからさまに
撰集抄(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉時代の仏教説話集。著者不明。九巻九冊もしくは三冊の広本と九巻三冊の略本とがあり、広本は説話数百二十一、略本は五十八。巻末に、寿永二年(一一八三)讃州善通寺の方丈の庵で記したとあるが、認め難い。成立年代については、多くの内部徴証を勘案した諸説があって
今物語(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
倉時代の説話集。一巻。『本朝書籍目録』に「信実朝臣抄」とし、藤原信実の編著と伝えられる。延応元年(一二三九)以後遠からぬ時期の成立か。平忠度・徳大寺実定などと女房たちとの情話をはじめ、和歌・連歌に関する芸能談を中心に、僧侶の滑稽談に及ぶ短篇五十三を収める
説話と同じカテゴリの記事をもっと見る


「孔子家語」は古典に関連のある記事です。
その他の古典に関連する記事
養生訓(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
江戸時代に出た心身の養生法を説いた最も著名な書。著者は福岡藩の学者貝原益軒。八巻。正徳三年(一七一三)著者八十四歳の著。医薬の知識をもつ父の指導で少年期に医薬および食物の性をほぼ知るに至った彼は、長い浪人期に医者になるつもりで再度長崎へ行く。
猿蓑(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
江戸前期の俳諧撰集(はいかいせんしゅう)。去来(きょらい)、凡兆(ぼんちょう)共編。其角(きかく)序、丈草(じょうそう)跋(ばつ)。1691年(元禄4)5月成り、同年7月3日、京の井筒屋庄兵衛(しょうべえ)の手により刊行。乾(けん)、坤(こん)2冊。
五輪書(世界大百科事典・日本大百科全書)
江戸初期の兵法書。二天一流の流祖宮本武蔵の著。仏教の〈五大〉,地水火風空にかたどって5巻に分かれ,地の巻は兵法の大意,水の巻は兵法の利,火の巻は合戦の理,風の巻は他流の評論,空の巻は兵法の奥義について述べている。1643年(寛永20)から45年
建武以来追加(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
室町幕府の追加法を編纂した法令集。室町幕府は鎌倉幕府に次いで『御成敗式目』を基本法とし、必要に応じて追加を発布した。『建武以来追加』は、建武年間(一三三四―三八)以来の室町幕府の追加集の意であり、『建武式目』に対する追加を意味するものではない。最古の
応仁記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
応仁・文明の乱を題材とした室町時代の戦記文学。著者は明らかでないが、成立の時期は応仁・文明の乱の直後、それも文明五年(一四七三)からさほど時間を経ないころの作と考えられる。内容は三巻からなっているが、各巻とも何々事という見出しを付したいくつかの話に
古典に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶