ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 歴史書・政治書
  10. >
  11. 日本文徳天皇実録

ジャパンナレッジで閲覧できる『日本文徳天皇実録』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・国史大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本文徳天皇実録
にほんもんとくてんのうじつろく

『文徳実録』ともいう。勅撰 (ちょくせん)の歴史書。10巻。六国史 (りっこくし)の一つ。850年(嘉祥3)より858年(天安2)まで文徳天皇(在位850~858)一代の歴史の編年体の実録。藤原基経 (もとつね)らが、871年(貞観13)に、清和 (せいわ)天皇(在位858~876)の勅により撰集を開始したが、一時中止された。しかし、878年(元慶2)陽成 (ようぜい)天皇(在位876~884)の勅により再開、翌年完成した。本書は、以前の史書に比べて、薨卒 (こうそつ)伝が豊富になった。このことは、律令 (りつりょう)体制の解体期に、古代国家再編に努めた人たちの伝記によって、当代と将来の範としたものと考えられる。『国史大系』所収。

[林 幹彌]



世界大百科事典

日本文徳天皇実録
にほんもんとくてんのうじつろく

日本古代の官撰の史書。略して《文徳実録》ともいう。六国史の第5。10巻。文徳天皇1代,850年(嘉祥3)から858年(天安2)まで9年間のことを記す。清和天皇の命をうけて藤原基経らが編纂にあたり,陽成天皇の879年(元慶3)完成。実録は中国で皇帝1代ごとに,起居注をもとにその治世を記し,歴史編纂の材料としたもの。日本ではここで初めて実録の称を用いたが,以前の国史と体例の上でとくに大きな変化はない。《新訂増補国史大系》所収。
[笹山 晴生]

[索引語]
藤原基経


日本国語大辞典

にほんもんとくてんのうじつろく[ニホンモントクテンワウジツロク] 【日本文徳天皇実録

解説・用例

官撰の史書で、六国史の第五。一〇巻。藤原基経・菅原是善・都良香らの撰。清和天皇の勅により貞観一三年(八七一)編修開始、中絶の後、陽成天皇の勅により再開、元慶三年(八七九)成立。嘉祥三年(八五〇)の践祚から天安二年(八五八)の崩御に至る間の文徳天皇の治世を漢文・編年体で記述。文徳実録。

発音

ニホン=モントクテンノージツロク

〓[ホ]=[ジ]




国史大辞典

日本文徳天皇実録
にほんもんとくてんのうじつろく
六国史のうち五番目の正史で、文徳天皇の一代を対象とする編年体歴史書。『文徳天皇実録』『文徳実録』と略称される。嘉祥三年(八五〇)三月から天安二年(八五八)八月に至る八年六ヵ月を収録。十巻。六国史の中ではじめて「実録」の書名を採用、『日本三代実録』に踏襲された。序文によると、貞観十三年(八七一)に清和天皇が右大臣藤原基経・中納言南淵年名・参議大江音人・大外記善淵愛成・少内記都良香・散位島田良臣に詔して第一次の編纂を行なったが、清和天皇の譲位や編者の死没などで中断、元慶二年(八七八)陽成天皇の勅により基経・良香・良臣に参議菅原是善を加えて第二次の編纂を行い、翌年完成し奏進した。本書の特色としては、政治・法制関係の記事の少ないことが上げられ、他の国史に比べ格の引用がきわめて少ない。また人物の伝記が豊富であり、『続日本後紀』までは原則として四位以上に限っている没伝を、五位にまで拡大して記載している。表現の特徴として、自然の異変を記す際「何以書之、記異也」などと付記するが、この句法は『春秋公羊伝』にみられるところであり、同書に通じていたと考えられる良香が本書の編纂に深くかかわっていたことを示唆するともいわれる。現存する写本は、すべて永正十二年(一五一五)に三条西実隆が卜部本を書写したものを、伝写したものである。活字本に増補六国史本(朝日新聞社)・新訂増補国史大系本がある。
[参考文献]
坂本太郎『六国史』(吉川弘文館『日本歴史叢書』二七)
(柳 雄太郎)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
日本文徳天皇実録の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 226
検索コンテンツ
1. 『日本文徳天皇実録』
日本史年表
879年〈元慶3 己亥⑩〉 11・13 藤原基経ら、 『日本文徳天皇実録』 を撰上(同書序)。
2. 日本文徳天皇実録
日本大百科全書
『文徳実録』ともいう。勅撰ちょくせんの歴史書。10巻。六国史りっこくしの一つ。850年(嘉祥3)より858年(天安2)まで文徳天皇(在位850~858)一代の歴
3. 日本文徳天皇実録
世界大百科事典
日本古代の官撰の史書。略して《文徳実録》ともいう。六国史の第5。10巻。文徳天皇1代,850年(嘉祥3)から858年(天安2)まで9年間のことを記す。清和天皇の
4. にほんもんとくてんのうじつろく[ニホンモントクテンワウジツロク]【日本文徳天皇実録】
日本国語大辞典
官撰の史書で、六国史の第五。一〇巻。藤原基経・菅原是善・都良香らの撰。清和天皇の勅により貞観一三年(八七一)編修開始、中絶の後、陽成天皇の勅により再開、元慶三年
5. にほんもんとくてんのうじつろく【日本文徳天皇実録】
国史大辞典
六国史のうち五番目の正史で、文徳天皇の一代を対象とする編年体歴史書。『文徳天皇実録』『文徳実録』と略称される。嘉祥三年(八五〇)三月から天安二年(八五八)八月
6. 日本文徳天皇実録(著作ID:50260)
新日本古典籍データベース
にほんもんとくてんのうじつろく 文徳天皇実録 文徳実録 藤原基経(ふじわらもとつね) 等 編 通史 元慶二
7. あ‐きょく【阿曲】
日本国語大辞典
〔名〕おもねりまがること。不正をなすこと。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕一二月癸未「私罪条疏云、私罪謂〓
8. あざ‐な【字】
日本国語大辞典
計天皇の諱(たたのみな)は大脚。〈略〉字(みアサナ)は嶋郎」*日本文徳天皇実録‐斉衡三年〔856〕四月戊戌「散位外従五位下氷宿禰継麻呂卒。継麻呂、字宿栄」*源氏
9. い‐び[ヰ‥]【遺美】
日本国語大辞典
〔名〕前人ののこした美しく立派なもの。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕正月己丑「此復〓弘仁遺美
10. いま も 今(いま)も
日本国語大辞典
今を強めた表現。さらにさらに。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕七月丙戌・宣命「今毛今毛(いまモいまモ)風雨時に随ひ五穀豊登しめ」
11. いみ‐な【諱・謚・諡】
日本国語大辞典
邑婆〓」*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕五月壬午「天皇誕生、有
12. いむびにわび‐の‐かみ[いむびにはび‥]【斎火庭火神】
日本国語大辞典
などの神事にこの両神をまつり、斎火屋女(いむびやめ)によって斎火御飯などが調理された。*日本文徳天皇実録‐天安元年〔857〕四月癸酉「有
13. い‐りょう[ヰリャウ]【遺令】
日本国語大辞典
東宮などの遺言。特に、自分の厚葬を戒め薄葬を命じたものをいう。崩後、奏上される。遺命。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕五月壬午「葬
14. い‐るい[ヰ‥]【遺類】
日本国語大辞典
〔名〕(1)生き残った者ども。余類。残党。*日本文徳天皇実録‐嘉祥四年〔851〕二月丁卯「遂為〓先皇
15. いん‐きょう[‥ケフ]【允〓
日本国語大辞典
〔形動タリ〕適切であるさま。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕一二月癸未「篁朝臣所〓執、誠為
16. いん‐きょう[‥ケウ]【陰教】
日本国語大辞典
〔名〕女子の教育。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕五月壬午「宮〓之内、陰教
17. えいまん の=咎(とが)[=災(わざわ)い]
日本国語大辞典
物事が満ち足りている時は、かえって災いが生じやすいということ。*日本文徳天皇実録‐天安元年〔857〕三月辛丑「曲〓施鴻霈
18. えん‐きゅう[ヱンキウ]【円丘】
日本国語大辞典
天皇が冬至に天をまつるために、郊外に築いた円形の塚。古代中国の天子にならったもの。郊祀(こうし)。*日本文徳天皇実録‐斉衡三年〔856〕一一月甲子「有
19. えん‐そう[‥サウ]【艷藻】
日本国語大辞典
〔名〕すばらしい詩や文章。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕一二月癸未「近者、大宰鴻臚館、有〓唐人沈道古者
20. おう‐さい[ワウ‥]【〓〓〓〓〓〓
日本国語大辞典
〔名〕弱く病みつかれること。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕一二月癸未「篁、家貧親老。身亦〓
21. おおうたどころ の 別当(べっとう)
日本国語大辞典
大歌所の長官。大歌。大歌の別当。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕一一月己卯「従四位下治部大輔興世朝臣書主卒。〈略〉能弾〓和琴
22. 大江氏
世界大百科事典
を尊くするために後世皇胤として造作したものか,いずれとも決めがたい。音人は《貞観格式》《日本文徳天皇実録》の編纂に参与するなど,文人官僚として活躍,大江氏が学問
23. おおえ‐の‐おとんど【大江音人】
日本国語大辞典
平安前期の漢学者。本主の子。はじめ大枝氏。従三位参議に至る。「貞観格式」「日本文徳天皇実録」の編纂に携わった。著作に「江音人集」「弘帝範」(ともに佚)がある。江
24. おお‐みやじ[おほ‥]【大宮主】
日本国語大辞典
長上例〓」*日本文徳天皇実録‐天安二年〔858〕四月一〇日「帝在
25. おく‐ちょう[‥テウ]【億兆】
日本国語大辞典
、同心同徳」(2)多くの人民をいう。万民。*日本文徳天皇実録‐天安二年〔858〕八月甲寅「恒以
26. おん‐よう[‥ヤウ]【陰陽】
日本国語大辞典
」(2)「おんようじ(陰陽師)」「おんようどう(陰陽道)」「おんようりょう(陰陽寮)」などの略。*日本文徳天皇実録‐仁寿三年〔853〕五月壬寅「並藤善
27. おんよう の 頭(かみ)
日本国語大辞典
陰陽寮の長官。天文、暦数などをつかさどった。うらのかみ。*日本文徳天皇実録‐仁寿三年〔853〕五月壬寅「並藤〈略〉九年二月〈略〉為〓陰陽頭
28. かい‐ご[クヮイ‥]【〓誤】
日本国語大辞典
不軌〓」*日本文徳天皇実録‐天安二年〔858〕六月己酉「祢宜祝等、増以
29. かい‐ぼ【楷模】
日本国語大辞典
〔名〕手本。模範。*日本文徳天皇実録‐斉衡二年〔855〕正月癸卯「今到〓吏部
30. かい‐めつ[クヮイ‥]【灰滅】
日本国語大辞典
〔名〕灰となって滅亡すること。跡かたもなく、ほろびること。*日本文徳天皇実録‐斉衡元年〔854〕一二月甲寅「先父所〓貯積
31. か‐きん【瑕瑾・瑕釁】
日本国語大辞典
るが故に、其器械を完全にせん為め非常の注意を為すが如く』」(2)欠点。短所。あやまち。*日本文徳天皇実録‐斉衡元年〔854〕三月甲辰「親王性操貞潔〈略〉至
32. か‐げん[クヮ‥]【訛言】
日本国語大辞典
〔名〕(1)誤った風評。無根の言。たわごと。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕五月壬午「民間訛言云、今茲三日不〓
33. かも の 斎(いつき)
日本国語大辞典
賀茂神社に奉仕した未婚の皇女または王女。賀茂の斎院。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕七月甲申「皇女晏子内親王為〓伊勢斎
34. から‐かみ【韓神】
日本国語大辞典
肩に取り掛け われ可良可見(カラカみ)の 韓招(からを)ぎせむや 韓招ぎ 韓招ぎせむや」*日本文徳天皇実録‐斉衡元年〔854〕四月癸亥「園神韓神並加
35. かん‐き【姦〓
日本国語大辞典
〔名〕(形動)心がわるく、よこしまであること、また、そのさまや、そのような人。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕二月甲子「最弟、武芸之士、膂力過
36. かん‐じん[クヮン‥]【勧進】画像
日本国語大辞典
〔名〕(1)(─する)勧め、さそうこと。とくに人々に勧めて仏道に導き、善に向かわせること。勧化(かんげ)。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕四月己酉「臣等自
37. かん‐ぺい[クヮン‥]【官兵】
日本国語大辞典
〔名〕国家の兵。国の指揮下の兵隊。官軍の兵。かんぴょう。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕五月壬辰「初逸勢之赴〓配所
38. かん‐れん【閑練】
日本国語大辞典
〔名〕手なれていてよく通じていること。*日本文徳天皇実録‐斉衡二年〔879〕正月癸卯「松影四入〓式部
39. 雅楽画像
世界大百科事典
主(おきよのふみぬし)は和琴にすぐれており,816年(弘仁7)大歌所別当に任ぜられた(《日本文徳天皇実録》嘉祥3年(850)11月6日条の卒伝)。〈常に節会に供
40. がっかん‐いん[ガククヮンヰン]【学館院・学官院】
日本国語大辞典
の別当職と領する荘園が伝領された。長官(別当)には、橘氏長者等が任じ、院領を管理した。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕五月壬午「后亦与
41. き‐さく【毀削】
日本国語大辞典
〔名〕こぼち削ること。こわれてなくなっていること。また、やせて肉がおちること。*日本文徳天皇実録‐嘉祥四年〔851〕二月丁卯「先皇崩後、哀慕追恋、不
42. きゅうこく‐にとう[キウコクニタウ]【九国二島】
日本国語大辞典
日向・薩摩・大隅の九か国と、壱岐・対馬の二島から成るために呼ばれた。きゅうこくじとう。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕二月乙巳「夫大宰府者、西極之大壌中国
43. きょ‐あん【拠鞍】
日本国語大辞典
〔名〕馬の鞍にまたがること。乗馬。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕一二月癸未「篁随〓父客遊、便
44. きょう‐ゆう[ケウイウ]【教誘】
日本国語大辞典
〔名〕正しい方向に教え誘うこと。教え導くこと。教導。*日本文徳天皇実録‐仁寿三年〔853〕九月丙申「延祥〈略〉数歳辞〓家、師
45. きょう‐れん[キャウ‥]【鏡奩】
日本国語大辞典
〔名〕鏡を入れておく箱。かがみばこ。*日本文徳天皇実録‐嘉祥三年〔850〕五月壬午「以〓宝幡及鏡奩之具
46. きょく‐せき【跼蹐・局蹐】
日本国語大辞典
蹐」とあるのによる)「きょくてんせきち(跼天蹐地)」に同じ。*日本文徳天皇実録‐仁寿三年〔853〕五月戊午「助心性清直、不
47. きん‐こ【金鼓】
日本国語大辞典
〔名〕(「金」「鼓」は共に古代中国の楽器)(1)鉦(しょう)と太鼓。鉦や太鼓。*日本文徳天皇実録‐天安二年〔858〕五月癸亥「於〓侍従殿
48. ぎゃく‐し【逆施】
日本国語大辞典
〔名〕普通とは反対の方法をとること。理に逆らって行なうこと。げきし。→とうこうぎゃくし(倒行逆施)。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕一二月癸未「以
49. く‐げ【公家・公卿】
日本国語大辞典
〔名〕(1)(公家)おおやけ。天皇をいい、さらに天皇を中心とする朝廷をいう。*日本文徳天皇実録‐仁寿二年〔852〕正月乙酉「亦幸〓豊楽院
50. ぐ‐ぶ【供奉】
日本国語大辞典
東西階下〓」*日本文徳天皇実録‐仁寿元年〔851〕六月甲辰「春祭に供奉せる使等中に有
「日本文徳天皇実録」の情報だけではなく、「日本文徳天皇実録」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

日本文徳天皇実録と同じ歴史書・政治書カテゴリの記事
扶桑略記(日本大百科全書・世界大百科事典)
神武天皇から堀河天皇までの漢文編年体の歴史書。平安末期の成立で、著者は阿闍梨皇円(?―1169)。仏教関係に重点が置かれている。堀河天皇の1094年(嘉保1)で終わっているので、この後に成立したことは確かである。13世紀後半に成立したと考えられている『本朝書籍目録』によれば30巻
薩藩旧記雑録(日本歴史地名大系・国史大辞典)
前編四八巻・後編一〇二巻・追録一八二巻・付録三〇巻 別称 旧記雑録(原名) 伊地知季安・伊地知季通編 分類 記録 写本 国会図書館・国立公文書館・九州大学・東京大学史料編纂所・鹿児島県立図書館など 解説 幕末鹿児島藩の史学者・記録奉行であった父季安の志を継ぎ
愚管抄(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉時代初期に成った日本の通史。慈円(慈鎮)作。七巻。『本朝書籍目録』に六巻とあるのはあるいは第一・二巻を合わせた表現か。また『愚管抄』第二巻記述中に、山門のことを記した「一帖」があるとみえるのは、別に現存する、延暦寺勧学講の記録断簡にあたると思われる
神皇正統記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
南北朝時代に書かれた歴史書。北畠親房著。片仮名まじりの文で書かれ、当初の巻数は未詳であるが、流布本の多くは六巻。親房は、暦応元年(延元三、一三三八)九月、南朝の頽勢を挽回するために、義良親王・次子顕信とともに海路伊勢から東国に
幕府衰亡論(東洋文庫)
明治前期に輩出した旧幕臣出身のジャーナリスト中,奇才をうたわれた福地桜痴。尊王の美名をもって明治新政府を賛美する史書の氾濫した当時,猛然とその誤りを主張した傑作。『幕末政治家』(501)の姉妹編。1967年02月刊表紙(扉)第一章 幕府衰亡の因由
歴史書・政治書と同じカテゴリの記事をもっと見る


「日本文徳天皇実録」は古典に関連のある記事です。
その他の古典に関連する記事
渋沢栄一伝記資料(国史大辞典)
財団法人竜門社の編纂・刊行による渋沢栄一の伝記資料。竜門社では、栄一の死後、嫡孫で相続人だった渋沢敬三の意見により伝記の執筆と伝記資料の蒐集編纂とを分けて行う方針をとり、伝記の執筆を幸田露伴に、伝記資料の蒐集編纂を幸田成友に依頼した。こうしてまず
徳川慶喜公伝 1(東洋文庫)
幕末・維新期の通史として最高水準にあるといわれる本書は,財界の大御所渋沢栄一が旧主の汚名をそそぐため明治26年に企画したもの。以後25年におよぶ歳月を費やして完成された。第1巻は,慶喜の誕生と幼児期について記す第1章から,安政の大獄にともなう隠居
昔夢会筆記 徳川慶喜公回想談(東洋文庫)
最後の将軍徳川慶喜は,毀誉褒貶にかこまれてその実体が捉えがたい。本書は私家版として25部だけひそかに刷られ,以後公刊されることのなかった稀覯本。読書人垂涎の書である。1966年10月刊【閲覧画面サンプル】【目次】表紙(扉)徳川慶喜公伝自序第一半弓と
日本三代実録(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・国史大辞典)
50巻。六国史(りっこくし)の一つ。『文徳(もんとく)実録』に続く勅撰(ちょくせん)の歴史書。清和(せいわ)(在位858~876)、陽成(ようぜい)(在位876~884)、光孝(こうこう)(在位884~887)三天皇の時代30年を収めた編年体の実録。
日本文徳天皇実録(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・国史大辞典)
『文徳実録』ともいう。勅撰(ちょくせん)の歴史書。10巻。六国史(りっこくし)の一つ。850年(嘉祥3)より858年(天安2)まで文徳天皇(在位850~858)一代の歴史の編年体の実録。藤原基経(もとつね)らが、871年(貞観13)に、清和(せいわ)
古典に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る