ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 歴史書・政治書・法令
  10. >
  11. 建武以来追加

建武以来追加

ジャパンナレッジで閲覧できる『建武以来追加』の国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典のサンプルページ

国史大辞典

建武以来追加
けんむいらいついか
室町幕府の追加法を編纂した法令集。室町幕府は鎌倉幕府に次いで『御成敗式目』を基本法とし、必要に応じて追加を発布した。『建武以来追加』は、建武年間(一三三四―三八)以来の室町幕府の追加集の意であり、『建武式目』に対する追加を意味するものではない。最古の写本は、文明十七年(一四八五)書写の尊経閣文庫本で、建武以来追加の本来の形を示している。一般に流布している『群書類従』武家部所収本は、建武五年から永正十七年(一五二〇)に至る二百十箇条の室町幕府追加法などを含み、もっとも条文数が多い。内閣文庫所蔵『建武式目追加』は両者の中間形態である。『建武以来追加』の諸本は、尊経閣文庫本・内閣文庫本・群書類従本のいずれかの系統に属し、かつこの順に増補されてきたもので、もっとも複雑で条文数の多い類従本は、諸本にみえる法令のほとんどすべてを収めている。諸本の比較によって、『建武以来追加』は、応永末年ごろを最初とし、文安・長禄・永正ごろなど、数次にわたり増補、編纂されたものであることがわかる。概して室町幕府法は、鎌倉幕府法に比べて指導的役割が弱まっているが、徳政令など経済関係法規は増加している。今日、『建武以来追加』の研究には、佐藤進一・池内義資が『建武以来追加』のみならず、諸書より室町幕府関係の法令を蒐集、編年順に配列した『中世法制史料集』二によることが多く、『中世政治社会思想』上(『日本思想大系』二一)において笠松宏至が付した注釈は、抄出ながら有益である。
[参考文献]
『群書解題』一六下、上横手雅敬「建武以来追加の成立」(小葉田淳教授退官記念事業会編『(小葉田淳教授退官記念)国史論集』所収)、赤松俊秀「建武以来追加について」(『歴史と地理』二八ノ三)、小林保夫「『建武以来追加』成立試考」(『古文書研究』一六)
(上横手 雅敬)


日本大百科全書(ニッポニカ)

建武以来追加
けんむいらいついか

室町幕府の発布した法令の集成。室町幕府は鎌倉幕府の継承者を標榜 (ひょうぼう)したから、個々の法令は「御成敗式目 (ごせいばいしきもく)」に対する追加法と意識されたので、この名称がある。幕府の創立から永正 (えいしょう)年間(1504~21)まで、初期には朝廷や荘園 (しょうえん)領主との関係、守護の権限などの規定が多く、中期以降は経済・財政関係の法が多い。前田育徳会尊経閣 (そんけいかく)文庫所蔵の「当御代 (とうごだい)建武以来追加条々」100か条がもっとも古いが、『群書類従』所収の「建武以来追加」は200余条。数度にわたって編纂 (へんさん)されたと思われる。

[羽下徳彦]



世界大百科事典

建武以来追加
けんむいらいついか

室町幕府が発布した追加の法令集。書名は《建武式目》の追加ではなく,《御成敗式目》を本法とする建武年間以後の追加を意味する。室町幕府の追加法令集は多くの条文数(約100~200条余)よりなるものと,比較的少ない条文からなるものに大別できる。後者は種々な名称で呼ばれ,その編成も多様だが,前者は《建武以来追加》《建武式目追加》など類似の書名が付されており,収録条文数には幅があるものの,いずれもほぼ編年順に配列されている。文明年間(1469-87)の古写本も現存するが,数次にわたる増補編纂をへて,最終的な型は永正・大永(1504-28)ころの成立と考えられる。1338年(延元3・暦応1)より1520年(永正17)に至る180余年間の法を収めるが,寺社・本所関係,守護・地頭関係などの国制的な広がりをもつ法令は初期のみで,正長(1428-29)以降は徳政令をめぐる売買貸借法がほとんどを占め,発布対象からかな交りの法令が増加してくる。《群書類従》所収。
[後藤 紀彦]

[索引語]
建武式目追加
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


建武以来追加の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 171
検索コンテンツ
1. 建武以来追加
日本大百科全書
前田育徳会尊経閣そんけいかく文庫所蔵の「当御代とうごだい建武以来追加条々」100か条がもっとも古いが、『群書類従』所収の「建武以来追加」は200余条。数度にわた
2. 建武以来追加
世界大百科事典
少ない条文からなるものに大別できる。後者は種々な名称で呼ばれ,その編成も多様だが,前者は《建武以来追加》《建武式目追加》など類似の書名が付されており,収録条文数
3. けんむいらいついか【建武以来追加】
日本国語大辞典
室町時代の法令集。室町幕府が必要に応じて追加制定した法令を集成したもので、書名は鎌倉幕府の御成敗式目に建武以後の法令を追加するの意。
4. けんむいらいついか【建武以来追加】
国史大辞典
上横手雅敬「建武以来追加の成立」(小葉田淳教授退官記念事業会編『(小葉田淳教授退官記念)国史論集』所収)、赤松俊秀「建武以来追加について」(『歴史と地理』二八ノ
5. 建武以來追加(けんむいらいついか)
古事類苑
法律部 洋巻 第1巻 683ページ
6. 建武以来追加(著作ID:2512450)
新日本古典籍データベース
けんむいらいついか 法制 
7. あい‐きゅう[あひキフ]【相給・合給】
日本国語大辞典
した。ただし、所領を後に寺社に寄進してしまった場合は、給人と寺社とで均分した。*内閣文庫本建武以来追加‐観応三年〔1352〕九月一八日(中世法制史料集二・追加法
8. あく‐せん【悪銭】
日本国語大辞典
弃悪銭〓」*内閣文庫本建武以来追加‐永正五年〔1508〕八月五日(中世法制史料集二・追加法三四六)「あく銭売買儀、一切可
9. あずかり‐ち[あづかり‥]【預地】
日本国語大辞典
子細〓、動施行猶予之間」*内閣文庫本建武以来追加‐延文二年〔1357〕九月一〇日(中世法制史料集二・追加法八一)「預地同料所已下事、自
10. あんど‐かた【安堵方】
日本国語大辞典
〔名〕室町幕府開創期の職名。安堵状の発給など安堵に関する事柄の管轄機関。*内閣文庫本建武以来追加‐貞和二年〔1346〕閏九月二七日(中世法制史料集二・追加法)「
11. あんど の 御判(ごはん)
日本国語大辞典
案堵御判在〓之」*内閣文庫本建武以来追加‐文明八年〔1476〕八月二四日(中世法制史料集二・追加法二七〇)「就
12. い‐けん【意見・異見】
日本国語大辞典
矣」*実隆公記‐延徳二年〔1490〕九月一日「昨日奉行衆意見、本所之儀得利云々」*内閣文庫本建武以来追加‐永正七年〔1510〕一〇月二〇日・右筆方意見条々(中世
13. いち‐えん[‥ヱン]【一円】
日本国語大辞典
〇日「其上東方蜂起、小山於田一円之上、宇都宮自吉野下向本国之由、飛脚到来云々」*内閣文庫本建武以来追加‐応安元年〔1368〕六月一七日(中世法制史料集二・追加法
14. いっこくへいきん‐さた【一国平均沙汰】
日本国語大辞典
〔名〕室町時代、一国すべてを対象として徳政令などの特定の法令を施行すること。*内閣文庫本建武以来追加‐嘉吉元年〔1441〕九月一二日(中世法制史料集二・追加法二
15. うかがい‐ごと[うかがひ‥]【伺事】
日本国語大辞典
奉行人を数番に分けてそれぞれの番定日に伺い事をする番伺(ばんうかがい)とがある。*内閣文庫本建武以来追加‐正長二年〔1429〕八月二〇日(中世法制史料集二・追加
16. うけとり‐じょう[‥ジャウ]【受取状・請取状】
日本国語大辞典
あるいは、文書を受け取った旨をしるした文書。古くは返抄(へんしょう)といった。*内閣文庫本建武以来追加‐観応二年〔1351〕六月一三日(中世法制史料集二・追加法
17. うけ‐にん【請人・受人】
日本国語大辞典
其明〓候」*内閣文庫本建武以来追加‐永享八年〔1436〕五月二二日(中世法制史料集二・追加法二〇六)「諸人借物請人事、於
18. うっ‐とう[‥タウ]【鬱陶】
日本国語大辞典
事由〓」*内閣文庫本建武以来追加‐康永三年〔1344〕七月四日(中世法制史料集二・追加法一三)「諸国守護人非法事 有
19. うるうづき‐やく[うるふづき‥]【閏月役】
日本国語大辞典
〔名〕語義未詳。毎年の定例の課税ではなく、閏月のある年に、別に閏月の分として課された税か。*内閣文庫本建武以来追加‐明徳四年〔1393〕一一月二六日(中世法制史
20. え‐しゃく[ヱ‥]【会釈】
日本国語大辞典
静憲法印院宣の御使にて様々会釈(エシャク)申しければ、ことのほかにくつろぎ給ひたり」*内閣文庫本建武以来追加‐文和元年〔1352〕一一月一五日(中世法制史料集二
21. えり‐せん【撰銭】
日本国語大辞典
奈良時代から江戸時代に至る間、しばしばその規制が行なわれた。えりぜに。せんせん。*内閣文庫本建武以来追加‐明応九年〔1500〕一〇月(中世法制史料集二・追加法三
22. 撰銭令
日本史年表
1500年〈明応9 庚申〉 10・‐ 幕府, 撰銭令 を発布(建武以来追加)。 1505年〈永正2 乙丑〉 10・10 幕府, 撰銭令 を出す(蜷川家文書)。
23. えり‐もの[ゑり‥]【彫物】
日本国語大辞典
〔名〕彫りつけたもの。彫刻物。ほりもの。*内閣文庫本建武以来追加‐(貞和二年一二月~六年二月)〔1346~1350〕(中世法制史料集二・追加法四六)「過差儀、且
24. 応安の半済令
日本史年表
幕府,皇室領・殿下渡領・寺社一円領以外の諸国本所領での半済施行を定める( 応安の半済令 )(建武以来追加)。
25. おう‐りょう[アフリャウ]【押領】
日本国語大辞典
俊明不受清衡贈遺金薄事「清衡は王地を多く押領して、ただ今謀叛を発すべきもの也」*内閣文庫本建武以来追加‐貞和二年〔1346〕一二月一三日(中世法制史料集二・追加
26. おお‐たぶみ[おほ‥]【大田文】
日本国語大辞典
行光、清定〓云々」*内閣文庫本建武以来追加‐応安五年〔1372〕七月一一日(中世法制史料集二・追加法一一二)「所詮召
27. おおま‐あんど[おほま‥]【大間安堵】
日本国語大辞典
〔名〕(「大間」は行間を広くあけて書くこと)人名の部分を空白にしてある安堵状(あんどじょう)。*内閣文庫本建武以来追加‐応永二九年〔1422〕七月二六日・御成敗
28. おき‐づき【置月】
日本国語大辞典
〔名〕質入れをした月。*内閣文庫本建武以来追加‐永正一七年〔1520〕二月一二日(中世法制史料集二・追加法三九七)「定徳政事〈略〉かく、さうく等、置月の外十二ケ
29. おき‐て【置手】
日本国語大辞典
〔名〕置く人。質を置く人。*内閣文庫本建武以来追加‐永正一七年〔1520〕二月一二日(中世法制史料集二・追加法三九九)「万一寄〓事於左右
30. おもて を 替(か)う
日本国語大辞典
申之〓」*内閣文庫本建武以来追加‐暦応二年〔1339〕五月一九日(中世法制史料集二・追加法四)「縦雖
31. おり‐もん【織紋】
日本国語大辞典
〔名〕紋柄を織り出したもの。*内閣文庫本建武以来追加‐応安二年〔1369〕二月二七日(中世法制史料集二・追加法一〇二)「禁制〈略〉一 せいかうの大口、をりもんの
32. かえ‐ち[かへ‥]【替地】
日本国語大辞典
あるいはその土地。また領主が収用した土地、または領主に返還された土地の代地をいう。代替地。*内閣文庫本建武以来追加‐応永二九年〔1422〕七月二六日(中世法制史
33. かえらぎ
日本国語大辞典
〔名〕「かいらぎ(海花皮)」に同じ。*内閣文庫本建武以来追加‐応安二年〔1369〕二月二七日(中世法制史料集二・追加法一〇三)「中間凡下輩、えほしかけ・きぬこし
34. 鎌倉五山
日本史年表
1373年〈【北朝】応安6・【南朝】文中2 癸丑⑩〉 10・9 幕府, 鎌倉五山 について定める(建武以来追加)。
35. かり‐ぬし【借主】
日本国語大辞典
三五・北野通夜物語事「来年世立ち直らば、本物計(ばかり)を借り主に返納すべし」*内閣文庫本建武以来追加‐永享八年〔1436〕五月二二日(中世法制史料集二・追加法
36. かわ‐て[かは‥]【川手・河手】
日本国語大辞典
〓止由」*内閣文庫本建武以来追加‐貞和二年〔1346〕一二月一三日(中世法制史料集二・追加法四二)「構
37. かんれいならびにまんどころかべがき【管領〓政所壁書】
国史大辞典
後者が政所の所轄法令であるかもしれない。「追加」を最も多く集めている『建武以来追加』との比較研究の結果では、法令の排列がよく一致しており、本書は『建武以来追加
38. きぬ‐ごし【絹腰】
日本国語大辞典
〔名〕武士装束の一つ。絹の腰当て。*内閣文庫本建武以来追加‐貞治六年〔1367〕一二月二九日(中世法制史料集二・追加法九〇)「同輩、直垂之絹裏、絹腰、并烏帽子懸
39. きゅう‐ち[キフ‥]【給地・給知】
日本国語大辞典
〔名〕(1)「きゅうでん(給田)」に同じ。*内閣文庫本建武以来追加‐文和四年〔1355〕八月二二日(中世法制史料集二・追加法七九)「士卒等掠
40. きゅう‐めい[キウ‥]【糾明・糺明】
日本国語大辞典
天皇おどろき給て、糺明におよばず、右大臣に召仰て、すでに誅せらるべきになりぬ」*内閣文庫本建武以来追加‐貞和二年〔1346〕(中世法制史料集二・追加法一六)「為
41. ぎん‐けん【銀剣】
日本国語大辞典
〓之」*内閣文庫本建武以来追加‐(貞和二年一二月~六年二月カ)〔1346~50か〕(中世法制史料集二・追加法四七)「止
42. く‐げん【公験】
日本国語大辞典
配惣庄〓」*内閣文庫本建武以来追加‐応永二九年〔1422〕七月二六日(中世法制史料集二・追加法一六九)「寺社本所領訴訟事 不
43. くばりぶぎょう【賦奉行】
国史大辞典
安堵奉行の職掌と定められていた。『新式目』には訴状が非拠のとき分配すべからずと誡め、また『建武以来追加』には賦奉行以外の訴状受理や、奉行の分配遅滞を、裁判混乱の
44. ぐんしょるいじゅう【群書類従】
国史大辞典
書・沙弥洞然長状 22 武家部 四〇〇 御成敗式条・御成敗式目追加 四〇一 建武式目条々・建武以来追加 四〇二 侍所沙汰篇・大内家壁書・政所壁書 四〇三 早雲寺
45. けっ‐しょ【闕所・欠所】
日本国語大辞典
七郎と中ふんの御せいはいをかふり候ぬる上は、かいふむのほうこうを、いたすへく候」*内閣文庫本建武以来追加‐応永二九年〔1422〕七月二六日(中世法制史料集二・追
46. けっしょ【闕所】
国史大辞典
機会があれば、その一族の者などより、由緒地としてこれの返還を願い出たのは当然である。なお、『建武以来追加』第三百四十六条の永正五年(一五〇八)八月七日の法令に、
47. けん‐か[‥クヮ]【喧嘩・諠譁】
日本国語大辞典
己言〓申請諠譁」*内閣文庫本建武以来追加‐貞和二年〔1346〕一二月一三日(中世法制史料集二・追加法二七)「縦雖
48. けんだんかた‐さた【検断方沙汰】
日本国語大辞典
〔名〕「けんだんさた(検断沙汰)(1)」に同じ。*内閣文庫本建武以来追加‐貞和二年〔1346〕月日未詳(中世法制史料集二・追加法一六)「苅田狼藉事 為
49. こう‐おつ[カフ‥]【甲乙】
日本国語大辞典
甲乙之妨〓者也」*内閣文庫本建武以来追加‐暦応三年〔1340〕四月一四日(中世法制史料集二・追加法六)「近年武家被官人、甲乙之輩、令
50. こうぶ【洪武】
日本国語大辞典
〔名〕「こうぶつうほう(洪武通宝)」の略。*内閣文庫本建武以来追加‐永正五年〔1508〕八月五日(中世法制史料集二・追加法三四五)「其外のとたう銭、えいらく、こ
「建武以来追加」の情報だけではなく、「建武以来追加」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

建武以来追加と同じ歴史書・政治書・法令カテゴリの記事
扶桑略記(日本大百科全書・世界大百科事典)
神武天皇から堀河天皇までの漢文編年体の歴史書。平安末期の成立で、著者は阿闍梨皇円(?―1169)。仏教関係に重点が置かれている。堀河天皇の1094年(嘉保1)で終わっているので、この後に成立したことは確かである。13世紀後半に成立したと考えられている『本朝書籍目録』によれば30巻
薩藩旧記雑録(日本歴史地名大系・国史大辞典)
前編四八巻・後編一〇二巻・追録一八二巻・付録三〇巻 別称 旧記雑録(原名) 伊地知季安・伊地知季通編 分類 記録 写本 国会図書館・国立公文書館・九州大学・東京大学史料編纂所・鹿児島県立図書館など 解説 幕末鹿児島藩の史学者・記録奉行であった父季安の志を継ぎ
愚管抄(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉時代初期に成った日本の通史。慈円(慈鎮)作。七巻。『本朝書籍目録』に六巻とあるのはあるいは第一・二巻を合わせた表現か。また『愚管抄』第二巻記述中に、山門のことを記した「一帖」があるとみえるのは、別に現存する、延暦寺勧学講の記録断簡にあたると思われる
神皇正統記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
南北朝時代に書かれた歴史書。北畠親房著。片仮名まじりの文で書かれ、当初の巻数は未詳であるが、流布本の多くは六巻。親房は、暦応元年(延元三、一三三八)九月、南朝の頽勢を挽回するために、義良親王・次子顕信とともに海路伊勢から東国に
幕府衰亡論(東洋文庫)
明治前期に輩出した旧幕臣出身のジャーナリスト中,奇才をうたわれた福地桜痴。尊王の美名をもって明治新政府を賛美する史書の氾濫した当時,猛然とその誤りを主張した傑作。『幕末政治家』(501)の姉妹編。1967年02月刊表紙(扉)第一章 幕府衰亡の因由
歴史書・政治書・法令と同じカテゴリの記事をもっと見る


「建武以来追加」は古典に関連のある記事です。
その他の古典に関連する記事
五輪書(世界大百科事典・日本大百科全書)
江戸初期の兵法書。二天一流の流祖宮本武蔵の著。仏教の〈五大〉,地水火風空にかたどって5巻に分かれ,地の巻は兵法の大意,水の巻は兵法の利,火の巻は合戦の理,風の巻は他流の評論,空の巻は兵法の奥義について述べている。1643年(寛永20)から45年
建武以来追加(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
室町幕府の追加法を編纂した法令集。室町幕府は鎌倉幕府に次いで『御成敗式目』を基本法とし、必要に応じて追加を発布した。『建武以来追加』は、建武年間(一三三四―三八)以来の室町幕府の追加集の意であり、『建武式目』に対する追加を意味するものではない。最古の
応仁記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
応仁・文明の乱を題材とした室町時代の戦記文学。著者は明らかでないが、成立の時期は応仁・文明の乱の直後、それも文明五年(一四七三)からさほど時間を経ないころの作と考えられる。内容は三巻からなっているが、各巻とも何々事という見出しを付したいくつかの話に
渋沢栄一伝記資料(国史大辞典)
財団法人竜門社の編纂・刊行による渋沢栄一の伝記資料。竜門社では、栄一の死後、嫡孫で相続人だった渋沢敬三の意見により伝記の執筆と伝記資料の蒐集編纂とを分けて行う方針をとり、伝記の執筆を幸田露伴に、伝記資料の蒐集編纂を幸田成友に依頼した。こうしてまず
徳川慶喜公伝 1(東洋文庫)
幕末・維新期の通史として最高水準にあるといわれる本書は,財界の大御所渋沢栄一が旧主の汚名をそそぐため明治26年に企画したもの。以後25年におよぶ歳月を費やして完成された。第1巻は,慶喜の誕生と幼児期について記す第1章から,安政の大獄にともなう隠居
古典に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶