ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 憲法・法律・勅令
  10. >
  11. 独占禁止法

独占禁止法

ジャパンナレッジで閲覧できる『独占禁止法』の世界大百科事典のサンプルページ

世界大百科事典

独占禁止法
どくせんきんしほう

1947年,占領政策の一環としてなされた財閥解体等の経済民主化政策の成果を恒久的に日本に定着させるために,アメリカのアンチ・トラスト法(反トラスト法)を範にとって制定された法律。市場における公正で自由な競争を促進することにより,一般消費者の利益を確保し,同時に,国民経済の民主的で健全な発達を促進することを目的としている。正式名称は,〈私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律〉。独禁法と略称。

性格と各国の状況

資本主義経済体制は,ヨーロッパにおける市民革命によって確立した個人主義と自由主義とに基づく市民法体系をその法的な基盤としている。市民法は〈見えざる手〉の予定調和を前提として,個人の利潤動機に基づく自由な経済活動が,国家の介入を受けずに,市場の非人為的な機能の下でなされるようにする法的基礎となるもので,社会が国家から相対的に独立した夜警国家の理念に基づくものであった。しかし19世紀の欧米諸国の資本主義発展の歴史が示したのは,事業者の自由の完全な放任が,カルテル等の人為的な市場の独占と消費者への不当な高価格をもたらしたり,非倫理的な競争手段によって形成された独占が社会のごく少数の者への富の偏在をもたらし,社会全体としての貧富の差を激化させるという現実であった。

 この現実に対し,協調的なギルドの体質を歴史的に社会に内在させ,国内市場も狭小なヨーロッパ諸国では,繰返しおそった不況の対応策として国がむしろ積極的にカルテル等の独占を利用したこともあり,大勢としては,国家の手によって事業者に自由競争を行わせるための規制を加えるという政策は取られず,社会の主たる関心は,一定の限度で独占を容認しつつ,国家がその価格を監督したり,社会政策によって経済的な弱者を救済するという,経済社会への国家の介入を増大させる方向へ進んだ。

 これに対し,アメリカにおいては,19世紀を通じて存在したフロンティアと広大な国内市場の存在とを背景に,自由競争が適切に行われさえすれば,個人の努力と才能に応じた成功の道がつねに開かれ,このような各人の自由な営為によって社会も進歩発展していくという,自由企業体制の理念が建国以来の伝統として定着していた。そのために,19世紀後半に激化したトラスト等による独占の進行に対して,国家がなんらかの対応をなすべきだという社会的な要求が強まったが,それは自由競争,自由企業体制を否定する国家の全面的な経済への介入を要求するものとはならず,あくまでも自由競争を前提にするものであった。このような社会的な要求が農民のグレンジャー運動等と結びつき,紆余曲折を経た後に,1890年にアメリカで最初の反トラスト法であるシャーマン法Sherman Actが成立した。同法は,政府が国民の経済的競争の手段・方法の審判者として限定的・消極的に経済活動に介入し,このような政府の監視の下で一定のルールにのっとった自由競争を行わせることを意図するものであった。その後,1914年にシャーマン法の不備を補うためにクレートン法Clayton Actと連邦取引委員会法Federal Trade Commission Actとが制定されることにより,日本の独占禁止法のモデルともなったアメリカのアンチ・トラスト法制が整った。

 第2次大戦後,敗戦国たる日本や西ドイツが,アメリカの占領政策の下で独占禁止法制を有することとなったのをはじめとして,ヨーロッパの各国もアメリカの経済的・政治的な影響の下で,それぞれの国情にあわせて独占禁止法制を整備するようになった。現在では,自由主義経済体制をとる国のほとんどは独占禁止法制を整えており,OECDにおいても制限的商慣行委員会が設けられて,先進資本主義国間の競争政策,競争法制の調整を行っている。

日本における沿革

1947年に制定された独占禁止法は,アメリカのニューディール政策にたずさわったいわゆるニュー・ディーラーたちが,アメリカで実現しえなかった理想的なアンチ・トラスト法を実験的に導入しようとしたもので,カルテルの絶対的禁止や事業能力の不当な格差の存在のみで営業の譲渡を命じうるなどの厳しい,ある意味では非現実的な内容を有するものであった。1949年に一度小改正を施された後に,53年にはアメリカの対日政策の変更を受けて,日本の経済の実態にあわせて47年法を大幅に緩和する大改正が行われた。この改正によって,それまで独立の法律であった事業者団体法が廃止されて独占禁止法8条に統合され,事業能力の格差に基づく排除措置の規定は削除され,合理化カルテルや不況カルテル等の適用除外制度が設けられた(カルテル法)。その後,昭和30年代の高度成長期には,多くの個別適用除外立法が制定されるなど,独占禁止法の運用は必ずしも活発にはなされなくなった。昭和40年代に入って,物価問題が重要な政策課題として認識されるにつれて,独占禁止法の運用も徐々に活発になり,1973年の第1次石油危機を契機にした企業批判のたかまりの中で,77年に独占禁止法の歴史上初めての強化改正が行われ,市場構造にウェイトをおく企業分割規定である,〈独占的状態に対する措置〉の制度や,カルテルに対する課徴金の制度,大規模会社の株式保有総額の規制,同調的値上げの届出制度等々が新設された。

 1990年代に入り財政赤字の拡大が深刻化し,その対応策としての行政改革が大きな政治課題となった。従来の経済的規制の多くを撤廃し,許認可行政権の縮小による小さな政府の実現を目ざす行財政改革は,日本経済の公正の達成を政府の主導によるのではなく,市場への自由な参入と自由な競争によって行うという市場理念の再確認と,その理念の日本社会への実質的な定着を目指すものであり,この方面からの独禁法の運用の改善,法改正も90年代後半の特徴として指摘される。

 このような一連の独禁法の改正の動きの主要なものは,課徴金額の算定方法の変更による増額(1991),法人に対する罰金の増額(1992),適用除外カルテル制度の原則廃止に向けての見直し(1996,1997),公正取引委員会の組織強化の改正(1996),持株会社の全面禁止から原則自由への変更等(1997)である。

概要

独占禁止法の目的は,冒頭に述べたように,公正かつ自由な競争を促進することによって消費者の利益を確保するとともに国民経済の民主的で健全な発展を促進することである。この目的を達成するために,同法は,実体的規定として,一定の取引分野における競争の実質的制限(市場集中)を防止し是正するための諸規定と,市場における集中に限定せずに広く経済力の集中を防止する(一般集中の防止)ための諸規定とをもつ。このほかに同法は,その運用主体である公正取引委員会の組織を定め,公正取引委員会による法の適用手続を定めている。

市場集中

市場集中の防止に関する諸規定は,独占禁止法の中心をなすもので,事業者と事業者団体に対して(8条に事業者団体の禁止行為がまとめて列挙されている),〈不当な取引制限〉(3条),私的独占(3条),一定の取引分野における競争を実質的に制限することとなる株式保有(10,14条),役員の兼任(13条),合併(15条),営業の譲受(16条)と,〈不公正な取引方法〉に該当する行為(19条)をなすことを禁ずるものからなる。同法の違反行為がある場合には,公正取引委員会が事前の審判手続を経て決定する排除措置を命じうるほか,3条違反行為を中心とするいくつかの行為には刑事罰が科されることもある(89条等)。

不公正な取引方法

〈不公正な取引方法〉に関する規定は,放置しておけば私的独占や〈不当な取引制限〉に発展するであろう行為をとらえ,それを早いうちに規制することを意図するものである。これは合併等の規制が,具体的に市場集中が発生する前にこれを未然に防止することを目的とするのと同様の,予防的な規定としての性格を持つ。またすでに述べたように,1977年の改正によって,事業者の行為よりは,現に成立している市場の構造に着目して,一定の市場構造の下で事業者の非競争的な経済成果が見られるときに,公正取引委員会がその営業の一部の譲渡等を命じうる,〈独占的状態に対する措置〉の規定(8条の4)が導入されている。なお,〈不当な取引制限〉の禁止を補完するために,カルテルによって事業者が得た不当な利益を一定の方法によって算定し,その国庫への納入を命ずる課徴金の制度(7条の2,8条の3)も,77年改正で新たに設けられた。

経済力の集中

経済力の集中に関する規定は,戦前の財閥による経済支配と占領政策によるその解体という日本固有の歴史に由来する,持株会社の絶対的な禁止(9条),77年改正で導入された,総合商社の株式保有の制限を目的とする大規模会社の株式保有総額の制限(9条の2),金融会社による経済支配の防止を目的とする株式保有の制限(10条)が主たるもので,ほかに,〈不公正な取引方法〉の中の優越的地位の濫用に関する規定(一般指定13項)を経済力の集中規制の中に含めて理解する説もある。

 しかし,1990年代中葉以降,日本社会の規制緩和の動きの中で,制定後50年間の日本社会の構造変化,とりわけ即時的な情報通信の手段の普及による各国市場の世界的一体化,各種の流通手段の改善による物流や人の移動の速度と規模の質的な変化等々の条件を前提にして,持株会社の設立の自由化を求める動きが強まり,97年の法改正で,持株会社の設立は原則自由化されることとなった。

適用の除外

社会に発生する経済問題のすべてが競争的な解決になじむものではない以上,競争政策の当然の限界として,ないしは本来競争政策が妥当するにもかかわらず,他の経済政策上の考慮によって独占禁止法の適用が除外される場合がある。独占禁止法はみずからの法体系の中に自然独占に固有の行為(21条),事業法令に基づく正当な行為(22条),無体財産権の行使(23条),一定の組合の行為(24条),公正取引委員会の指定を受けた再販売価格維持行為(24条の2),不況カルテル(24条の3),合理化カルテル(24条の4)をそれぞれ適用除外として定め,22条を受けて〈私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の適用除外に関する法律〉(1947公布)を定めている。この中で,21~24条は独占禁止法の制定当初からある規定で,競争政策の本来の限界に基づく適用除外として理解されており,立法の当初はこの法律(私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の適用除外等に関する法律)以外には,個別の立法として適用除外を定める法律がその後も定められることはないと考えられていた。この意味で独占禁止法は,まさに,将来の日本の経済政策立法の規範となる経済憲法たることが予定されていたのである。しかし24条の2~24条の4が1953年の改正のときに導入されたことをきっかけとして,他の政策的な必要性から,本来競争政策が妥当する場合ないしは領域であるにもかかわらず,競争原理を停止する適用除外が出現してきた。日本の経済が高度成長段階に入った昭和30年代には,個々の産業政策上の必要から,個別法において独占禁止法の適用除外を定める規定を置くものが増加し,このような実態について,独占禁止法が法形式上はカルテルの原則禁止主義をとりつつ,その実,ヨーロッパの諸国と同様のカルテル弊害規制主義に近づいているとの評価もなされた。しかし昭和40年代後半以降は,日本の経済が安定的低成長期に入り,物価問題が深刻化したこともあって,カルテルの適用除外法の見直しが進められ,その数は縮小した。

 昭和50年代になって,第2次石油危機以後適用除外に関して問題となったのは,アルミニウム,石油化学等の構造的な不況産業において,産業構造の改善を図るための事業者の共同行為等を独占禁止法の適用除外等とする特定不況産業安定臨時措置法(1978公布)とその後継法である特定産業構造改善臨時措置法(1983公布)の制定である。おりしも諸外国が日本の欧米諸国に対する輸出超過を問題として,日本の産業政策に対する批判を強めていた中で,OECDの特別グループの報告書が,国際的な競争の公正といった観点から各国の産業政策の調整をなすために,積極的産業調整政策positive adjustment policy(PAP)をあるべき産業政策として評価し,衰退産業に対する保護政策には厳しい基準を当てはめるべきだとする見解を公表したこともあり,これらの法律の制定が過度の,外国事業者に不利な国内事業者の保護になりうるとして,内外に大きな議論を呼んだ。いずれにしても今日では,適用除外を含めた独占禁止法制全体の運用について,国際間の競争の影響を無視しえなくなっている。国際的問題に関しては,独占禁止法6条に特定の国際的協定または契約の禁止と届出義務の定めがある。

同調的値上げ

このほかに,独占禁止法は1977年の改正の際に,同調的値上げの報告義務(18条の2)の規定を設けた。これは,伝統的な競争政策の枠からは説明が困難な,物価抑制の政策手段としての性格を色濃く有する規定である。また独占禁止法違反行為による損害を受けた者は,審決の確定後,加害者に対して無過失損害賠償責任を追及しうるものとされており(25条),訴訟例もいくつかあるが,原告にとって因果関係の立証が困難であるため,損害賠償を勝ち取るのは非常に難しい状況となっている。

 石油危機後,一方で独占禁止法を強化し,他方で構造改善のために適用除外制度を新設する動きが見られたが,日本の貿易黒字が増大し,財政赤字解消のために行政改革が大きな政治課題となる1980年代以降は,独占禁止法の適用除外の見直しが急ピッチで進み,1996年から97年にかけて,従来の適用除外立法を原則的に廃止する方向での立法作業が進められた。現在では,独禁法以外の個別立法で適用除外カルテル制度が残されたものは,中小企業の保護関係を中心に非常に少数になり,法制度的にも市場における競争中心の体系が取られるようになった。

 以上見てきたように,現在の独占禁止法はさまざまな政策的考慮の中で,単に競争政策を実施する法手段という以上の,多様な性格の法に変容しつつあるといってもよい。しかし,伝統的な競争政策の枠組みの中においても,独占禁止法が実現すべきは競争の効率性か多数の競争者の存在という状態かという点での理解が対立していることもあり,経済政策の法である独占禁止法は,その時代の社会的な要請との関係で,ときに,経済的な弱者保護を主眼にした運用がなされたり,ときには逆に,効率を重視する運用がなされることとなるのは避けられず,ある幅でゆれ動く宿命の下にあるといえよう。
→独占
[来生 新]

[索引語]
アンチ・トラスト法 反トラスト法 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律 独禁法 シャーマン法 クレートン法 連邦取引委員会法 事業者団体法 独占的状態に対する措置 課徴金 株式保有制限 同調的値上げ 市場集中 排除措置 経済力の集中 適用除外
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


独占禁止法の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 495
検索コンテンツ
1. 独占禁止法
日本大百科全書
律。正式名称は「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」(昭和22年法律第54号)。独占禁止法と呼称されることが一般的で、独禁法と略称されることもある。執
2. 独占禁止法
世界大百科事典
Actとが制定されることにより,日本の独占禁止法のモデルともなったアメリカのアンチ・トラスト法制が整った。 第2次大戦後,敗戦国たる日本や西ドイツが,アメリカの
3. どくせんきんし‐ほう[‥ハフ]【独占禁止法】
日本国語大辞典
〔名〕「私的独占の禁止および公正取引の確保に関する法律」の略称。昭和二二年(一九四七)経済民主化の一環として、財閥解体のあとを受け、独占の再生を防止するために制
4. どくせんきんしほう【独占禁止法】
国史大辞典
いとりひきいいんかい) [参考文献]公正取引委員会事務局編『独占禁止政策三十年史』、同編『独占禁止法改正』 (柴垣 和夫)
5. 独占禁止法
日本史年表
私的独占の禁止および公正取引の確保に関する法律( 独占禁止法 )を公布(7月1日一部を、20日全面施行)。 1949年〈昭和24 己丑〉 6・18 独占禁止法
6. 独占禁止法(独禁法)[流通産業]
情報・知識 imidas
「流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針」「フランチャイズ・システムに関する独占禁止法上の考え方」「不当廉売に関する独占禁止法上の考え方」「不当な返品に関する
7. 独占禁止法(2009改正)[イミダス編 日本政治]
情報・知識 imidas
独占禁止法は「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」が正式名称。2009年6月3日に改正法が成立。改正の主なポイントは、(1)課徴金制度等の見直し、(
8. セブン−イレブン労働問題【2020】[ニュースのおさらい【2020】]
現代用語の基礎知識
団体交渉権はないと判断した。オーナー側は行政訴訟を起こす見込みだ。 一方、本部と加盟店の取引は、独占禁止法 の観点からも注目されている。本部が優越的な地位を利用
9. どくせん‐きんしほう【独占禁止法】
法律用語辞典
⇒私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
10. アメリカIT企業の独占化【2019】[【ニュースのおさらい】【2019】]
現代用語の基礎知識
、取引先に対して不当な「協力金」を負担させたとして、公正取引委員会が2018年3月、同社に独占禁止法違反(優越的地位の乱用)容疑で立入り検査をした。メーカー側と
11. アメリカ合衆国画像
世界大百科事典
義の生み出す各種弊害を除こうとする社会改良主義の運動が高まった。1890年のシャーマン法(独占禁止法)の制定はこれら反トラスト運動の要求に対するひとつの解答を示
12. アメリカン・キャン
日本大百科全書
密閉機械の販売またはリースにより、とくに第一次世界大戦にかけて急成長した。1912年以降は独占禁止法で訴えられたため、同業他社を合併することなく発展を続けた。第
13. アンチ・トラスト法
世界大百科事典
反トラスト法ともいい,アメリカの独占禁止法制のことである。アメリカの独占禁止法が〈反トラスト法〉とよばれるに至ったことについては,歴史的理由がある。アメリカでは
14. RCA
日本大百科全書
産・運用)を支配するようになった。 1933年、ニューディール政策の一環として、連邦政府の独占禁止法裁判の結果、RCAは親会社のGEから分離した。1930年代か
15. いきがい‐てきよう【域外適用】
法律用語辞典
適用による犯罪者処罰等が認められているほか、諸国間の経済的相互依存関係の進展を背景として、独占禁止法等につき域外適用を律する国際法の規則について種々議論が行われ
16. いしかわいちろう【石川一郎】
国史大辞典
推され、同二十三年三月、経団連第二回定時総会で初代会長に選任。復興金融金庫設立、賠償問題、独占禁止法改正問題、講和問題などで戦後の財界の第一人者として指導的役割
17. 一人会社
世界大百科事典
の合理的判断にもとづき意図的に一人会社をつくって,これを継続的に利用する場合が多い。97年独占禁止法改正により,持株会社が原則として認められたが(独禁法9条の改
18. いっていの‐じぎょう‐ぶんや【一定の事業分野(独禁法上の)】
法律用語辞典
競争関係にある一群の事業者の活動範囲を意味する独占禁止法上の用語。同法上この語が用いられているのは、独占的状態の定義(二⑦)及び事業者団体による事業者の制限の禁
19. いっていの‐とりひき‐ぶんや【一定の取引分野(独禁法上の)】
法律用語辞典
一定の供給者群と需要者群との間に成立する市場を意味する独占禁止法上の用語(例、二⑤⑥)。同法上この語は、競争の実質的制限の有無を判断する際の要件として用いられて
20. いって‐はんばい‐けいやく【一手販売契約】
法律用語辞典
排他条件付取引の一つ。これによって不当に競争者の取引の機会を減少させるおそれがある場合には、独占禁止法上、不公正な取引方法とされる(二⑨・一九)。 →不公正な
21. いまむら-しげかず【今村成和】
日本人名大辞典
56年北海学園大教授。経済法,行政法を専攻し,日本における独占禁止法の研究を主導した。平成8年10月13日死去。83歳。東京帝大卒。著作に「私的独占禁止法の研究
22. インターネット広告
日本大百科全書
っている。情報量や交渉力で強い立場にあるIT企業が検索広告市場を事実上支配しているとして、独占禁止法制に基づく調査や規制の動きが相次いでいる。ヨーロッパ連合(E
23. イーストマン・コダック
日本大百科全書
いえなくなった。ポラロイド、3Mなど国内同業他社との競争も、イーストマン・コダックに対する独占禁止法違反訴訟と相まって激化、1990年にはポラロイドから提訴され
24. ウィリアムソン(Williamson, Oliver Eaton)
世界人名大辞典
とを指摘.企業の統合が単に市場支配力強化を目的としていないことを理論的に明らかにし,単純に独占禁止法を適用すべきではないと主張した.オストロム(Elinor O
25. Windows Media Player
日本大百科全書
された、WMPを搭載しないWindows製品が販売されている。2006年には韓国においても独占禁止法違反とされたため、同様の対応が取られた。編集部
26. うんちん‐きょうてい[‥ケフテイ]【運賃協定】
日本国語大辞典
運賃率の制定および適用に関して行なう協定。自動車、船舶、定期航空等の業者相互間で結ぶものを除いては独占禁止法で禁止されている。ウンチンキョーテ
27. うんちん‐きょうてい【運賃協定】
法律用語辞典
運賃・料金の額、割戻し・割引き、収受方法等に関する運送事業者間の協定。独占禁止法により不当な取引制限として禁止されるが、船舶運航事業者及び本邦航空運送事業者等に
28. 映画
世界大百科事典
作群)の作品を撮った。1938年には政府(司法省)が8大映画会社を相手どって反トラスト法(独占禁止法)違反のかどで訴え,戦後(1946)各社の傘下の劇場チェーン
29. 営業
世界大百科事典
は肯定)。なお,独占禁止法は実質的に競争を制限する営業譲受けまたは〈不公正な取引方法〉による営業譲受けを禁止し,また違反行為の事前審査のためその届出を要求してい
30. 営業譲渡
日本大百科全書
定を置いている(会社法21~23条、株式会社につき467~470条・309条2項11号)。独占禁止法は、事業譲渡により独占や競争制限をもたらすことのないよう、一
31. えいぎょう‐じょうと【営業譲渡】
法律用語辞典
行わない譲受人も譲渡人の営業上の債務について弁済の責任を負う(一七)。一定の事業の譲受けには、独占禁止法による制限がある(一六・一七)。 →企業権 会社
32. えいぎょうの‐ちんたいしゃく【営業の賃貸借】
法律用語辞典
株主総会の特別決議が必要とされる(*会社三〇九②[11]・四六七①[4])。一定の事業の賃借には、独占禁止法による制限がある(一六①[3])。 →経営の委任
33. NBC
日本大百科全書
運営する会社として設立。翌1927年ネットワーク事業が2系統に拡大されたが、1939年連邦政府から独占禁止法の疑いで提訴された。1943年5月、連邦最高裁判所で
34. MGM
日本大百科全書
繰り返し、2021年にアマゾン・ドット・コム傘下に入った(2021年時点で、アメリカ政府が独占禁止法違反としてアマゾンのMGM買収を審査中)。本社はカリフォルニ
35. MGM
世界大百科事典
で腕をふるった。50年代になってハリウッドを襲ったテレビの脅威,下院非米活動委員会の攻撃,独占禁止法による映画事業の部門分離などの問題をかかえた苦悩の時期を迎え
36. AT&T
日本大百科全書
ベル・システムの親会社となった。佐藤定幸萩原伸次郎訴訟和解と1984年の分割1956年以来何回となく独占禁止法違反訴訟の対象となったが、1974年から7年越しの
37. おうだく‐しんけつ【応諾審決】
法律用語辞典
勧告審決ともいう。平成一七年の独占禁止法の改正により、勧告制度の廃止とともに、この応諾審決も廃止された。なお、平成二五年の独占禁止法の改正により、勧告制度から改
38. 音楽著作権
日本大百科全書
において、複数のレコード会社が新規事業者の参入を阻害したとして、公正取引委員会や裁判所から独占禁止法違反があったとされており、音楽の流通構造の再編においても公正
39. 海運
日本大百科全書
open conferenceとがある。後者はアメリカを発着する航路における同盟で、同国の独占禁止法の関係上、新規加盟が自由で、盟外船の排除の手段に制限があるな
40. 海運業
世界大百科事典
はイギリス籍船だった。そのうえアメリカでは,欧州船主に許されている海運同盟の諸行為の多くが独占禁止法違反とみなされ,また海運業を支える外国貿易業自体の発展が遅れ
41. 海運同盟
日本大百科全書
ファレンスclosed conference(閉鎖同盟)と、アメリカを基点とし、アメリカの独占禁止法の関係から新規参入を原則として認め、さらに運賃延戻し制や闘争
42. 海運同盟
世界大百科事典
の盟外船対策を自由に講じうる立場にあるわけではない。すなわち,公正な競争と無差別を重んじ,独占禁止法を厳しく運営しているアメリカは,1961年改正の〈海運法Sh
43. かいうん‐どうめい【海運同盟】
法律用語辞典
組織。海上運送法では、運賃その他の運送条件、航路、配船等に関する協定について、届出制とし、独占禁止法の適用除外が認められている(*海運二八)。 海運 ...
44. 会社画像
世界大百科事典
ものとして,準則主義をとっている。そのうえで,国家経済的ないしは国民経済的観点からの規制は独占禁止法などのいわゆる経済法にゆだねるとともに,法人格の濫用に対して
45. かいしゃの‐やくいん【会社の役員】
法律用語辞典
いうが、会社法上は、株式会社の取締役、会計参与及び監査役をいうものとされている(三二九①)。独占禁止法上は、支配人又は本店若しくは支店の事業の主任者等も含む(二
46. かかく‐カルテル【価格─】
日本国語大辞典
{ドイツ}Kartell )価格に関する企業間協定。一般消費者の不利益を招くことが多いので、原則的には独占禁止法で禁止されている。
47. かかくカルテル【価格カルテル】
法律用語辞典
事業者が、価格競争を避けるために、他の事業者と共同して、価格を決定し、維持し、又は引き上げる行為。独占禁止法上、不当な取引制限として禁止され、違反行為は、排除命
48. 価格差別
世界大百科事典
争および買手の市場における企業間の競争)を阻害するおそれもある。横倉 尚 法律による規制 独占禁止法の〈不公正な取引方法〉に対する規制の一態様として,価格差別の
49. かかく‐さべつ【価格差別】
法律用語辞典
相手方に対してのみ、不当に低い価格で商品を販売するような例がある。不公正な取引方法として、独占禁止法により禁止される(二⑨・一九)。
50. かかくの‐どうちょうてき‐ひきあげ【価格の同調的引上げ】
法律用語辞典
寡占型市場において価格競争が行われないことにより寡占企業間でほぼ同時に行われる価格の引上げ。独占禁止法では、商品又は役務の価額が六〇〇億円を超える一定の事業分野
「独占禁止法」の情報だけではなく、「独占禁止法」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

独占禁止法と同じ憲法・法律・勅令カテゴリの記事
自由(日本国語大辞典)
自分の心のままに行動できる状態。思いどおりにふるまえて、束縛や障害がないこと。また、そのさま。思うまま。先例、しかるべき文書、道理などを無視した身勝手な自己主張。多くその行為に非難の意をこめて使われる。わがまま勝手。
大日本帝国憲法(改訂新版・世界大百科事典)
1889年2月11日発布され,90年11月29日より施行され,形式的には1947年5月2日まで存続した憲法典で,〈明治憲法〉あるいは〈旧憲法〉とも呼ばれる。制定過程、明治維新にあたり政府は五ヵ条の誓文
ワイマール憲法(世界大百科事典・日本大百科全書・日本国語大辞典)
第1次大戦後のドイツ革命によってドイツ帝政は崩壊し,それに代わっていわゆるワイマール共和国が成立した。1919年1月19日の総選挙によって選ばれた国民議会が,2月6日チューリンゲンの小都市ワイマールに新しい憲法の制定を主要任務として召集され,7月31日にドイツ共和国憲法Reichsverfassungを可決した。
違憲立法審査制度(改訂新版・世界大百科事典)
立法行為をはじめとする国家の諸機関の行為について,それが憲法に適合するか否かを審査し,違憲の場合にはその行為を無効と宣言する権限を裁判所に与える制度。司法審査制とか法令審査制ともいう。国家の最高法規である憲法が国家機関によって侵害されるのを防ぐために設けられる憲法保障の制度の一つであり
女性活躍推進法(日本大百科全書・イミダス)
パートやアルバイトを含む常勤労働者を一定数以上雇用している政府、地方公共団体、民間企業などに女性の活躍に向けた行動計画の策定を義務づけた法律。正式名称は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)
憲法・法律・勅令と同じカテゴリの記事をもっと見る


「独占禁止法」は法律に関連のある記事です。
その他の法律に関連する記事
独占禁止法(世界大百科事典)
1947年,占領政策の一環としてなされた財閥解体等の経済民主化政策の成果を恒久的に日本に定着させるために,アメリカのアンチ・トラスト法(反トラスト法)を範にとって制定された法律。市場における公正で自由な競争を促進することにより,一般消費者の利益を確保
危険運転致死傷罪(日本大百科全書)
自動車(原動機付自転車を含む)の危険な運転行為により人を死傷させる罪。自動車運転死傷行為処罰法の第2条と第3条で規定されている。交通事故は、従来すべて業務上過失致死傷罪で処断されていたが、最高刑が5年にとどまることについて、悪質な事件の被害者(遺族)
雇用継続給付制度(日本大百科全書)
雇用保険に設けられている制度で、高年齢雇用継続給付と介護休業給付がある(かつては育児休業給付も雇用継続給付として位置づけられていたが、2020年(令和2)の改正で、失業等給付から独立させ、子を養育するために休業した労働者の生活および雇用の安定を図る
道路運送車両法(日本大百科全書・世界大百科事典)
道路上を運行する自動車、原動機付自転車、軽車両に関し、所有権についての公証を行い、安全性の確保および公害の防止ならびに整備についての技術の向上を図り、あわせて自動車の整備事業の健全な発達を通じて公共の福祉を増進することを目的とする法律
女性活躍推進法(日本大百科全書・イミダス)
パートやアルバイトを含む常勤労働者を一定数以上雇用している政府、地方公共団体、民間企業などに女性の活躍に向けた行動計画の策定を義務づけた法律。正式名称は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年法律第64号)
法律に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶