ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 人物
  6. >
  7. 文化人
  8. >
  9. 文学者・英学者
  10. >
  11. キーン ドナルド

キーン ドナルド

ジャパンナレッジで閲覧できる『キーン ドナルド』の日本近代文学大事典・日本大百科全書のサンプルページ

日本近代文学大事典

人名
キーン ドナルド
大正11~令和元
1922・6・18~2019・2・24
本文:新規

日本文学研究者、翻訳者。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク生まれ。本名、Donald Lawrence Keene。1938年、16歳でコロンビア大学入学。学部生時代はフランス文学、ギリシャ文学を専攻し、人文学の泰斗であるマーク・ヴァン・ドーレン、ライオネル・トリリングらに学ぶ。書店で偶然アーサー・ウェイリーによる英訳『源氏物語』を手に取ったことから日本文学に関心を持ち、角田柳作に日本思想史を学ぶ。太平洋戦争開戦後、米海軍日本語学校に入学、のち語学将校として、太平洋諸島・沖縄・中国大陸などで日本兵の日記の分析等に従事。終戦後、コロンビア大学に復学。ハーバード大学、ケンブリッジ大学で学んだ後、1951年、コロンビア大学博士課程修了。近松門左衛門の『国性爺合戦』を扱った博士論文は、同年ロンドンで出版された。

 1953(昭和28)年より2年間、京都大学大学院に留学。その間に編纂したAnthology of Japanese Literature (1955)と Modern Japanese Literature: An Anthology (1956)は、英語圏の読者に日本文学史を幅広く紹介する画期的なアンソロジーとなった。

 主著として、大著『日本文学の歴史』(日本語版は全18巻、1994~97。英語版は1976~93)がある。その近代篇Dawn to the West (1984)は、英語による最も包括的な日本近代文学史として評価されている。その他、日本の日記文学を扱った『百代の過客』(1984)、評伝『明治天皇』(2001)『正岡子規』(2012)など著書が多数ある。また、翻訳者として、『方丈記』『徒然草』などの古典に加え、近代の作品からは太宰治『斜陽』『人間失格』、三島由紀夫『近代能楽集』、安部公房の戯曲などを翻訳している。

 1955年以来、コロンビア大学の教壇に立ち、2011年に退職するまで教育者として多くの学生、研究者を育成した。教え子にはロイヤル・タイラー、トーマス・ライマーらがいる。

 また、1953(昭和28)年の来日時に谷崎潤一郎と出会う。その後も、三島由紀夫、安部公房、司馬遼太郎など、日本人の作家と幅広く交流した。

 アメリカの日本文学・日本文化研究の基礎を築き、英語圏に日本文学を紹介した業績は高く評価されている。また、特に日本国内では、日本文化を愛する外国人知識人として多くの人々に認知された。菊池寛賞(1962)、読売文学賞(1985)、朝日賞(1998)、毎日出版文化賞(2002)など多くの文学賞を受賞。2008(平成20)年、外国人の学術研究者として史上初めて文化勲章を受章した。

 2011(平成23)年、東日本大震災を機に日本へ移住し、2012(平成24)年3月、日本国籍を取得。2019(平成31)年、心不全のため96歳で死去。

(河野至恩 2021記)

全集

  • 『ドナルド・キーン著作集』全15巻・別巻1(2011~20 新潮社)
  • 分類:日本文学研究者
    分類:翻訳者
    既存新規:新規人名


    日本大百科全書(ニッポニカ)

    キーン・ドナルド
    きーんどなるど
    [1922―2019]

    日本学研究家。アメリカ・ニューヨーク州出身。コロンビア大学名誉教授。コロンビア大学でフランス文学、東洋文学を専攻。『日本人の西洋発見』The Japanese Discovery of Europe(1952)をはじめ、『万葉集』から三島由紀夫に及ぶ翻訳・研究活動で、日本文学に対する国際的評価を高めた。『BUNRAKU』(1969)で国際出版文化大賞受賞。英文『日本文学史』全4巻(1976~1984)を刊行。1986年にはコロンビア大学に「ドナルド・キーン日本文化センター」が設立された。著作はほかに、『日本との出会い』『日本の作家』(ともに1972)、『百代の過客――日記に見る日本人』(1984。読売文学賞受賞)、退職記念論文集『日本文化の潮流』(1997)、『明治天皇』(2001)など。海外における日本学研究の第一人者であった。2002年(平成14)文化功労者、2008年文化勲章受章。2012年3月に日本国籍を取得、本名をキーン・ドナルド(鬼怒鳴門)とした。それまでのドナルド・キーンDonald Keeneは筆名として使用。

    [千葉宣一]2019年4月16日

    上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

    ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
    すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
    パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


    キーン ドナルドの関連キーワードで検索すると・・・
    検索ヒット数 34
    検索コンテンツ
    1. キーン ドナルド
    世界文学大事典
    アメリカの日本文学研究家,翻訳家。ニューヨークに生まれ,コロンビア大学卒業。在学中から日本語を学び,第二次大戦後ケンブリッジ大学,京都大学などで日本文学を研究。
    2. キーン
    日本人名大辞典
    決め,24年日本国籍を取得。25年現代俳句大賞。ニューヨーク市出身。コロンビア大卒。日本名はキーン ドナルド,雅号に鬼怒鳴門。著作に「日本人の美意識」「日本文学
    3. キーン(Keene, Donald)
    世界人名大辞典
    の研究を進める.55年以降はコロンビア大学助教授,教授,名誉教授[92]となり,同大学にドナルドキーン日本文化センターが設立される[87].谷崎潤一郎,三島由
    4. キーン・ドナルド(Donald Keene)
    日本大百科全書
    、2008年文化勲章受章。2012年3月に日本国籍を取得、本名をキーンドナルド(鬼怒鳴門)とした。それまでのドナルドキーンDonald Keeneは筆名とし
    5. ドナルド・キーン[文化勲章を受章した日本文学研究者]
    情報・知識 imidas
    ドナルドキーン。Donald Keene。日本文学研究者。 2008年10月28日、日本文学研究者でコロンビア大学名誉教授のドナルドキーンら8人の文化勲章
    6. ドナルド・キーン[日本文学研究のアメリカ人碩学、日本国籍を取得]
    情報・知識 imidas
    ドナルドキーン。Donald Keene。日本文学研究者。 2012年3月8日、日本文学研究者でコロンビア大学名誉教授のドナルドキーンが、日本国籍を取得し
    7. キーン ドナルド
    日本近代文学大事典
    2012(平成24)年3月、日本国籍を取得。2019(平成31)年、心不全のため96歳で死去。 『ドナルドキーン著作集』全15巻・別巻1(2011~20 新潮
    8. マクドナルド(MacDonald, George)
    世界人名大辞典
    〔1824.12.10~1905.9.18〕 イギリスの作家.C.S.ルイスやトルキーンらに多大な影響を与えた現代ファンタジーの祖.作品には,愛と死を主題にした
    9. マッキントッシュ(Charles Rennie Mackintosh)
    日本大百科全書
    デザイナー。グラスゴーに生まれ、同地の美術学校で建築を学ぶ。1891年イタリアに留学。93年以降、マクドナルド姉妹、マックネルとともに「四人組」とよばれるグルー
    10. 小田 実
    日本近代文学大事典
    河出書房新社)の第二部にあたる。また、太平洋戦争に取材した『玉砕』(1998・5 新潮社)は、ドナルドキーンによって翻訳され、BBCでラジオ・ドラマ化された(
    11. きくちかんしょう【菊池寛賞】
    国史大辞典
    文化活動一般の業績も対象となり、荒垣秀雄の「天声人語」、昭和女子大学の『近代文学研究叢書』、ドナルド=キーンの日本文学紹介、伊藤整の『日本文壇史』、毎日新聞社の
    12. 近代能楽集
    日本大百科全書
    『道成寺』などのような、能作品の近代劇化という系譜を戦後の日本演劇界に伝えている。なお、ドナルドキーンによる英訳が1957年に刊行されて以来、各国語で翻訳紹介
    13. 江漢西遊日記 273ページ
    東洋文庫
    『日本人の西洋発見』(初版、一九五二年)で、本多利明とともに江漢をしきりに論じた日本学者ドナルドキーンを加えてもいいだろう。このように、明治以後どのよ
    14. 江漢西遊日記 294ページ
    東洋文庫
    新しいのびやかさと冒険と活気にこそ満ちていたのである。 この点についてドナルドキーン氏は最近、次のように述べている。キーンさんは『江漢西遊日記』を「紀行」とい
    15. 江漢西遊日記 302ページ
    東洋文庫
    較文化史研究』朝日新聞社、昭和59年〔江漢から幕末・明治の洋画 家高橋由一へのつながり〕ドナルドキーン(金関寿夫訳)『百代の過客一日記にみる日本人』上下、朝日
    16. 古典の日[イミダス編 文化・スポーツ]
    情報・知識 imidas
    目指すことが宣言された。その後、「古典の日推進委員会」が発足、哲学者の梅原猛や日本文学研究者のドナルドキーンらが呼びかけ人となって法制化を求めてきた。「古典の
    17. 古典の日[新語流行語]
    情報・知識 imidas
    源氏物語に関すると思われる記述があることにちなむ。同式典では、作家の瀬戸内寂聴、日本文学研究者のドナルドキーンの記念講演も行われた。
    18. 自然エネルギー推進会議[イミダス編 社会・健康]
    情報・知識 imidas
    音楽家の小林武史、福島県南相馬市長の桜井勝延、俳優の菅原文太、小説家の瀬戸内寂聴、日本文学者のドナルドキーン、音楽評論家の湯川れい子の各氏。代表理事には細川が
    19. つのだ-りゅうさく【角田柳作】
    日本人名大辞典
    つり,日本文化の研究と教育のため昭和3年コロンビア大に日本文化研究所を設立。同研究所からドナルド=キーンらがでた。昭和39年11月29日ハワイで死去。86歳。群
    20. 角田 柳作
    日本近代文学大事典
    創設してその中心となった。この研究所から、ジョージ=サンソム、ジョン=エンブリー、ハーバート=ノーマン、ドナルド=キーンなどの人材が輩出したが、「先生」という普
    21. 日本(にほん)画像
    日本大百科全書
    日本法講座(1972、コーエン)●コロンビア大学 東アジア研究所(1949、カーチス、キーン、パッシン、サイデンステッカー) ドナルドキーン日本文化センター(
    22. 日本近代文學の欧米への影響
    日本近代文学大事典
    芥川の名はその原作者として、あらためて注目を集めるようになった。それから、五、六年のうちに、ドナルド=キーン編の『近代日本文学選集』(昭31)が刊行され、また谷
    23. 日本語教育
    日本大百科全書
    言語学的手法による日本語の科学的分析の成果が、陸軍特別集中日本語コースの教育に生かされ、ドナルドキーン、サイデンステッカーなど多くの親日家を輩出したのは、敵性
    24. 芳賀 徹
    日本近代文学大事典
    21所収)『大君の使節 幕末日本人の西欧体験』(昭43・5 中公新書)などがあり、訳書にドナルド=キーン『日本人の西洋発見』、サンソム『西欧世界と日本』上、下巻
    25. 文化勲章
    日本大百科全書
    伊藤清〔数学〕 小沢征爾〔指揮〕 小林誠〔素粒子物理学〕 下村脩〔海洋生物学〕 田辺聖子〔小説〕 ドナルドキーン〔日本文学〕 古橋広之進〔スポーツ〕 益川敏英
    26. ベニョフスキー航海記 230ページ
    東洋文庫
    外国人学者としてこの書翰に着眼した人としては、これより遥かのちのことではあるが、ドナルドキーン教授がある(「文献目録」参照)。キーン教授の著書はとくにこの問題
    27. 連歌集 71ページ
    日本古典文学全集
    完成について」(『中世文学の世界』昭和三五)は、この百韻を全面的に取りあげた評論である。ドナルドキーン氏『日本文学詞華集』(一九五五)には、この百韻の前半五十
    28. 書評 話題の本 『会計と経営の七〇〇年史』ほか
    週刊エコノミスト 2021-22
    従来にはない強力な生産体制が構築できると説く。(K)  ◇『『ニューヨーク・タイムズ』のドナルドキーン』 ドナルドキーン著 中央公論新社 2420円  日本
    「キーン ドナルド」の情報だけではなく、「キーン ドナルド」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
    ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

    キーン ドナルドと同じ文学者・英学者カテゴリの記事
    森鴎外(日本大百科全書・世界大百科事典)
    文学者、軍医。本名林太郎。文久(ぶんきゅう)2年1月19日、石見(いわみ)国(島根県)津和野横堀に生まれる。[磯貝英夫]生涯。森家は、津和野藩代々の御典医の家柄で、父は静男(静泰(せいたい))、母は峰子。鴎外は長男で、2弟、1妹があった。7歳より藩校養老館で漢学を学び、また、父についてオランダ文典をも学んだ。
    中浜万次郎(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
    一八二八-九八江戸時代後期の漂流民、幕臣、英学者。ジョン万次郎とも称す。文政十一年(一八二八、あるいは文政十年)土佐国幡多郡中ノ浜(高知県土佐清水市中浜)の漁師悦助の次男に生まれる。天保十二年(一八四一)正月五日西浜の伝蔵ら四人と近海の漁に出て暴風の
    キーン ドナルド(日本近代文学大事典・日本大百科全書)
    本文:新規日本文学研究者、翻訳者。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク生まれ。本名、DonaldLawrenceKeene。1938年、16歳でコロンビア大学入学。学部生時代はフランス文学、ギリシャ文学を専攻し、人文学の泰斗であるマーク・ヴァン
    文学者・英学者と同じカテゴリの記事をもっと見る


    「キーン ドナルド」は人物に関連のある記事です。
    その他の人物に関連する記事
    カミュ(日本大百科全書・世界大百科事典・デジタル版 集英社世界文学大事典)
    フランスの作家、思想家。11月7日、当時フランスの植民地であったアルジェリアの旧コンスタンティーヌ県サン・ポール農場で生まれる。父親リュシアンLucienAugusteCamus(1885―1914)は農場労働者、母親カトリーヌ・サンテスCather
    ロダン(日本大百科全書・世界大百科事典・岩波 世界人名大辞典)
    フランスの彫刻家。生気に満ちた写実主義、モニュメンタルな表現性、象徴主義的なテーマ、彫刻を量塊(マッス)としてとらえ、その動きと表現的な肌によって周辺空間と関連させる手法などにより、19世紀の彫刻に活気を与え、現代彫刻への道を開いた近代彫刻最大の芸術
    ドストエフスキー(日本大百科全書・世界大百科事典・デジタル版 集英社世界文学大事典)
    ロシアの小説家。トルストイと並んで19世紀ロシア文学を代表する世界的巨匠。「魂のリアリズム」とよばれる独自の方法で人間の内面を追求、近代小説に新しい可能性を開いた。農奴制的旧秩序が資本主義的関係にとってかわられようとする過渡期のロシアで、自身が時代の
    モネ(岩波 世界人名大辞典・世界大百科事典)
    フランスの画家,印象派の開拓者,指導者.パリに生まれる.少年時代をルアーヴルで過ごして海と陽光の美しさに啓発され,同地でブーダンに師事し風景画に開眼する.パリに戻り[1859],はじめトロワイヨン,のちグレールに師事し,P.A.ルノワール,シスレー
    三島由紀夫(日本近代文学大事典)
    小説家、劇作家。東京市四谷区永住町二番地に生れた。本名は平岡公威きみたけ。父梓と母倭文重しずえの長男。父は農林省官吏で、祖父の定太郎は樺太庁長官をつとめた。母は、前田藩儒者で東京開成中学校長をつとめたことのある橋健三の次女である。祖母の夏子
    人物に関連する記事をもっと見る


    ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
    ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶