1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 二十四節気
  9. >
  10. 大暑
日本国語大辞典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
たい‐しょ【大暑】

解説・用例

〔名〕

(1)はげしい夏の暑さ。夏のきびしい暑さ。酷暑。極暑。烈暑。

*蕉堅藁〔1403〕題玉〓外史扇「大暑鑠〓膚、揮〓汗作〓雨」

*滑稽本・八笑人〔1820〜49〕三上「何か当年は格別の大暑にて、嘸(さぞ)々御心配の段恐入り奉ります」

*山海経‐大荒西経「有〓寿麻之国〓、〈略〉爰有〓大暑〓、不〓〓以往〓

(2)二十四節気の一つ。太陽の黄経が一二〇度のときをいう。陰暦では六月中旬、新暦では七月二三、四日頃で、気候的にも梅雨明け後の、もっとも暑気のはげしい頃にあたる。《季・夏》

*延喜式〔927〕一六・陰陽寮「起〓大暑八日〓〓十五日〓

*名語記〔1275〕五「六月には、小暑、大暑」

*俳諧・増山の井〔1663〕六月「大暑の節 六月の中也」

*和蘭天説〔1795〕「大暑より立秋のあいだ熱すること甚し」

*思出の記〔1900〜01〕〈徳富蘆花〉四・一七「節は大暑に入って、朝から油汗が流れる頃の事」

*鬼城句集〔1917〕〈村上鬼城〉「念力のゆるめば死ぬる大暑かな」

*管子‐幼宮「十二大暑至、尽〓善、十二中暑、十二小暑終」

発音

〓[タ][0]〓[タ]

辞書

下学・ヘボン・言海

正式名称と詳細

表記

大暑下学ヘボン言海


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
大暑の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 139
検索コンテンツ
1. 大暑
日本大百科全書
月後で、新暦では7月23日にあたっている。8月8日ころの立秋までの大暑の期間は、一年中でもっとも気温の高い季節にあたる。大暑の前半は「梅雨(つゆ)明け10日」の ...
2. たい‐しょ【大暑】
デジタル大辞泉
1 厳しい暑さ。極暑。酷暑。「記録的な―」 2 二十四節気の一。7月23日ごろ。一年のうちで、最も暑い時期。《季 夏》「念力のゆるめば死ぬる―かな/鬼城」  ...
3. たい‐しょ【大暑】
日本国語大辞典
小暑、大暑」*俳諧・増山の井〔1663〕六月「大暑の節 六月の中也」*和蘭天説〔1795〕「大暑より立秋のあいだ熱すること甚し」*思出の記〔1900〜01〕〈徳 ...
4. たいしょ【大暑】
プログレッシブ和英
1 〔暑いこと〕intense heat2 〔暑い時期〕the hottest time of the year ...
5. 大暑(たいしょ) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
暦の上で暑さが最も厳しくなる頃の節気。新暦7月23日頃。この頃から子どもたちが待ちに待った夏休みが始まる。近所で聞こえる子どもたちの元気な声は夏の到来を感じさせ ...
6. dàshǔ大暑
ポケプロ中日
[名詞](二十四節気の)大暑(たい/しょ).  ...
7. うーあつぃさ【大暑】[方言]
日本方言大辞典
二十四節気の一つ、大暑。 沖縄県首里993沖縄語辞典(国立国語研究所)1963 ...
8. たいしょ【大暑】[標準語索引]
日本方言大辞典
うーあつぃさ ...
9. たいしょ【大暑】[標準語索引]
日本方言大辞典
うーあつぃさ ...
10. 대서2大暑
ポケプロ韓日
[名詞]大暑(二十四節気の一つで太陽の黄経が120度のとき,7月24日ごろ).  ...
11. けむし【毛虫】[標準語索引]
日本方言大辞典
/ まんもじ / めんめ / やこ / やまんぎ / んぎむやーだぐ人を刺すけむし:毛虫はげむし大暑のころに人家の屋根裏にいるけむし:毛虫じこーぼー苧麻からむし ...
12. じこーぼー[方言]
日本方言大辞典
(1)大暑のころに人家の屋根裏にいる毛虫。 泉州堺※020物類称呼(越谷吾山)1775(2)蟬せみに似た虫。 大阪※025俚言集覧(太田全斎)1797頃 増補部 ...
13. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 139ページ
東洋文庫
旅宿に於ての待遇も好く、難航以来の困難を慰めるに足りて、一同頗る満足したことであった。此時彼の様な大暑に氷を旅館で出されたことは、私たちの吃驚したことの一つで、 ...
14. あさ‐すずみ【朝涼】
日本国語大辞典
わたり給はむとて、とく起き給ふ」*日葡辞書〔1603〜04〕「Asasuzumi (アサスズミ)〈訳〉大暑の間の、朝の冷気」(2)夏、朝のうち、風に吹かれて涼む ...
15. あづまさん【吾妻山】福島県:総論
日本歴史地名大系
この山の神に祈った(榊原家文書)。「信達一統志」には山道を通る人馬が多いので東屋岳の神が嫌い、大暑にもかかわらず降雨・冷気などに気候を変え、信夫郡中の耕作の障り ...
16. いど‐さらえ[ゐどさらへ]【井戸浚】
日本国語大辞典
いどさらい。いどがえ。いざらし。《季・夏》*俳諧・手挑灯〔1745〕中「六月〈略〉さらし井 井戸浚 大暑に井戸をさらへる也」*途上〔1932〕〈嘉村礒多〉「なん ...
17. いり‐こが・す【煎焦】
日本国語大辞典
〔他サ四〕水を加えず火で熱してこがす。あぶってこがす。また、それほどに熱する。*玉塵抄〔1563〕三「大暑は六月のいりこかす所なに、あついはわるいわる功の入た吏 ...
18. うっ‐とう[:タウ]【鬱陶】
日本国語大辞典
之也」(3)天気の蒸し暑いさま。*夏侯湛‐大暑賦「何太陽之赫曦、乃鬱陶以興〓熱 ...
19. うるう【閏】
国史大辞典
年の半ばと年末とがあったが、のち中国では中気(二十四節気のうち冬至・大寒・雨水・春分・穀雨・小満・夏至・大暑・処暑・秋分・霜降・小雪を中気という。中気と中気との ...
20. うるう【閏】 : 閏/(一)
国史大辞典
年の半ばと年末とがあったが、のち中国では中気(二十四節気のうち冬至・大寒・雨水・春分・穀雨・小満・夏至・大暑・処暑・秋分・霜降・小雪を中気という。中気と中気との ...
21. 江戸小咄集 2 235ページ
東洋文庫
のよし、殿様へ申上れば、ことの外御きげんよく、扱翌日かのお客来の時、御酒なかばにて殿様「サテく大暑の時分、何かな御馳走と存じて、品川沖の風をとりよせました、ちと ...
22. 榎本弥左衛門覚書 近世初期商人の記録 266ページ
東洋文庫
又方々へ十五表、廿表づ&うれ申候。七月二日、六日よりほんまへ表うり百六十づxうれ申候。 一六月中日 大暑目六月十日。太陽暦一六五四年七月二十三日。 二 七月のせ ...
23. 絵本江戸風俗往来 105ページ
東洋文庫
梅林に梅あり、畑に紫蘇つくれるありて、梅干は自から出来得るなり。 瞭雨雷鳴 日々炎熱焼くが如く、六月大暑前後、御城諸見付御門内外は、撒水の手際見事に、彼の俗に「 ...
24. 絵本江戸風俗往来 115ページ
東洋文庫
もって聞こえ、文人画をよくし、書は草摺に巧みであった。文政九年没、年七十五。 暑中見舞 年々六月大暑の候となるや、御機嫌伺いの儀、上はやんごとなき歴々方より下々 ...
25. 懐旧録 サンスクリット事始め 309ページ
東洋文庫
帰家万慮ヲ遺シ。虚閑疾漸ク癒ユ。国手曾ッテ語アリ。唯ダ無事苦ヲ忍ブ。  悠然トシテ長日ヲ消シ。大暑節ヲ睡過ス。清風北自リ至り。書楼炎熱ヲ忘ル。  或ハ恐ル神怒二 ...
26. かい‐し【芥子】
日本国語大辞典
術‐種蜀芥〓薹芥子「崔寔曰、六月大暑中伏後、可〓収 ...
27. 花信風
日本大百科全書
中国で定められ、立春、雨水、啓蟄(けいちつ)、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種(ぼうしゅ)、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降、立冬、小雪、 ...
28. か‐せつ【夏節】
日本国語大辞典
〔名〕二十四節気のうちの立夏(四月節)から大暑(六月中)に至る夏三か月の節。この期間は南を王相方(おうそうかた)としてその方向を避け、方違(かたたが)えをする。 ...
29. 花壇地錦抄・草花絵前集 4ページ
東洋文庫
    大暑七月節 立秋    処暑 八月節白露    秋分 九月節 寒露    霜降 十月節 立冬    小雪十一月節大雪     冬至十二月節小寒      ...
30. 甲子夜話 3 33ページ
東洋文庫
→而外不レ感二寒涼→内不レ傷二生冷4則其陰陽之気純一、而能獲二理陰陽之気4純一而能獲理、則錐下大暑錬一金石一澗中河海b亦必無二傷損4讐猶二夏月之酒酪4不レ溝二和 ...
31. 甲子夜話三篇 3 74ページ
東洋文庫
々   々廿四日 雨   々   々   々廿五日 曇   晴   曇   々廿六日 薄曇  曇大暑廿七日 曇折々雨 々  薄曇  々廿八日 曇   々   々 ...
32. カラスビシャク
日本大百科全書
半夏とともに用いると、胃内停水、嘔吐をよく治す。 昼のもっとも長い夏至(6月22日)と、もっとも暑い大暑(7月23日)の中間(7月3日から7日まで)を歳事では半 ...
33. かわまたむら【川股村】奈良県:吉野郡/西吉野村
日本歴史地名大系
川股村が日裏村に至る直前で右折する分岐道を新設すれば、日裏村の潤いがなくなるし、人家に遠い僻道で大暑・極寒の際万一往来人の行倒れでもあれば失費負担も多くなるとも ...
34. 外国の天気俚諺
日本大百科全書
by eleven.(イギリス) 朝の雨は午前中に上がる。小暑、大暑もなんのその、立秋、処暑にゃかなやせぬ (中国) 小暑と大暑はどちらも7月にあって、立秋と処 ...
35. 季語
日本大百科全書
気(しょき)・暑熱(しょねつ)] 夏の暑さをいう。「暑(しょ)」と読めば、小暑(しょうしょ)・大暑(たいしょ)の時節をも意味する。  大蟻(おほあり)の畳をあり ...
36. 季節
世界大百科事典
れられ,二十四節気のいくつかは現在も用いられている。立春などのほかに,例えば啓蟄(けいちつ),大暑,大寒などがそれである。中国流の季節区分は天文学的な,言葉をか ...
37. 今古奇観 3 明代短編小説選集 90ページ
東洋文庫
忌』『七不弾』『八絶』があります。『六忌』とはなにかといいますと、一つには大寒を忌み、二つには大暑を忌み、三つには大風を忌み、四つには大雨を忌み、五つには迅雷を ...
38. 金谷上人行状記 ある奇僧の半生 115ページ
東洋文庫
そして長池御泊り。 翌三日快晴に乗じて御進発。玉水西福寺でお小休み、木津で御中食。きょうはきのうに変わって大暑焼くがごとく、木津川堤のうえや小石川原なぞはまるで ...
39. くろべらおんせん【黒平温泉】山梨県:甲府市/旧巨摩郡地区/黒平村
日本歴史地名大系
湧出口は天狗岩の下にあったという。享保一七年(一七三二)成立の「甲州噺」は「黒平村温泉は六、七月の内、大暑候時分少の内入候冷湯にて、むし・しやくの類の病人湯治す ...
40. 江漢西遊日記 39ページ
東洋文庫
桶はざま(狭間)、今川の亡びたる所。右へ少し入、石碑立つ。おわりやと云ふ家に泊る。 三日 天気、誠に大暑なり。朝六(午前六時)比出立して、五時(午前八時)比宮に ...
41. 江漢西遊日記 40ページ
東洋文庫
 四日 天気、大暑。愛に暫く滞留す。父子出て話す。晩方夕立、冷気となる。 五日 天気、暑し。草画六七枚出来る。亦金の小襖、山水の画認む。少々不快。父子世話する。 ...
42. 慊堂日暦 1 184ページ
東洋文庫
五月中(午六)、十七日半夏生、二十二日小暑、六月節(酉二)六月小、一日(丁巳)、四日土用(初伏)、七日大暑、六月中(亥八)、八日甲子、二十三日立秋、七月節(寅四 ...
43. 慊堂日暦 1 297ページ
東洋文庫
荊渓居士が暑中にこれを観るに、爽然として涼しと。呉右の弓師礼は宿の守となり、その後に題して云う、紫渓翁は大暑酔中に二題を読んで去ると。張氏はみなこれを刻す。その ...
44. 慊堂日暦 2 54ページ
東洋文庫
暢雪来り小飲す。〇四事(郡雁)会に四不赴あり(公会、生会、広会、醸会)、時に四不出あり(大寒、大暑、大風、大雨)。貴なくまた賎なく、固なくまた必なし。里閉は閑に ...
45. 慊堂日暦 4 235ページ
東洋文庫
天保七年○日の長短は、立春より小満に至って二刻半を益し、芒種より夏至に至って半刻を増す。小暑は半刻短く、大暑は一刻短く、立秋は二刻弱短し、処暑以下立冬に至るまで ...
46. 慊堂日暦 6 222ページ
東洋文庫
召し、留守役これを賜う。その君より使者を以て恩を謝し、親来して謝するに及ばず。十六日 今暁丑三刻、大暑、六月中。昼六十四刻、夜三十六刻。崎冷。袷を御してなお凄し ...
47. 小梅日記 1 幕末・明治を紀州に生きる 70ページ
東洋文庫
田中店にて取。誠に暑気つよし。風はなし。雲有て今年中での暑さ也。六つ比両人帰る。はぜ十三つる90十九日 大暑。遠藤手紙よこす。房吉けふも来て米つく◎十三日の風雨 ...
48. 小梅日記 1 幕末・明治を紀州に生きる 71ページ
東洋文庫
房吉も食べずにくるゆへ食べさす。七つ過浅之助来り、一盃出す。今日はたへがたき程あつし。○廿一日 大暑。きのふ□少し風有。今日も安兵へ来る。美濃より状つく。野上よ ...
49. 小梅日記 1 幕末・明治を紀州に生きる 73ページ
東洋文庫
也。正住寺へ昨夜行。○廿九日 早朝、正住寺礼に来る。酒券三又五、是は遠藤へ送りくれよとの事也。大暑。しかし少々風有。o昨日藤四郎殿へ海外新語五さつかす、吉田とか ...
50. 小梅日記 1 幕末・明治を紀州に生きる 101ページ
東洋文庫
餅一重送りこす。岡野へ行約速なれども、彦十郎殿より断もらふ。夜壱丁目へ眼薬買ひに行。〇十九日 快晴。誠に大暑。土用よりもたへがたし9会にて竹田源右衛門、是は何か ...
「大暑」の情報だけではなく、「大暑」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

大暑と同じ二十四節気カテゴリの記事
小暑(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。天文学的には、太陽が黄道上の一〇五度を通過するときで、暦の上では夏至の後一五日目、陰暦六月の上旬、陽暦七月七日頃にあたる。《季・夏》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
芒種(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。太陽の黄経が七五度のときをいう。陰暦五月の節で、陽暦の六月六日頃に当たる。稲・麦など芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期とされていた。《季・夏》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
夏至(日本大百科全書(ニッポニカ))
中国や日本の太陰太陽暦の二十四節気の一つ。太陽が黄道上もっとも北にある夏至点を通過する時刻で、これを含む日が夏至の日である。太陽の視黄経が90度に達するときで、現行暦では6月21日ころにあたる。この日太陽は赤道からもっとも北に離れ
立秋(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。太陽の黄経が一三五度のときをいう。新暦八月七日頃に当たり、昔の中国および日本では、この日から秋になるとした。和語では「秋立つ」が用いられる。《季・秋》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
寒露(日本国語大辞典)
(1)晩秋から初冬にかけての露。霜になりそうな冷たい露。*菅家文草〔900頃〕五・重陽後朝
二十四節気と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大暑」は二十四節気に関連のある記事です。
その他の二十四節気に関連する記事
はく‐ろ【白露】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(1)白く見える露。しらつゆ。(2)二十四節気の一つ。太陽の黄経が一六五度の時。秋分前の一五日で、陰暦では八月の上旬、陽暦では九月七日ごろ。《季・秋》(3)靄(もや)、霧のこと。
そう‐こう[サウカウ]【霜降】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕二十四節気の一つ。天文学的には太陽が黄道上の二一〇度の点を通過する時で、暦の上では、陰暦九月の中気、新暦の一〇月二三、四日頃にあたる。しもふり。《季・秋》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
しょう‐せつ[セウ‥]【小雪】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(1)わずかな降雪。(2)二十四節気の一つ。太陽が黄経二四〇度に達する時をいう。陰暦一〇月の中旬で、陽暦では一一月二二日ごろに当たる。十月中気。《季・冬》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
穀雨(日本国語大辞典・日本大百科全書・平成ニッポン生活便利帳)
二十四気の一つ。清明の次に来る季節。春の季節中の最後にあたる。四月二一日頃。《季・春》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
清明(日本国語大辞典)
清く明らかなこと。また、そのさま。二十四節気の一つ。天文学的には、太陽が黄道上の一五度の点を通過するときで、暦の上では、陰暦三月、春分のあと一五日目、新暦の四月五、六日ごろに当たる。清明節。晴明。《季・春》
二十四節気に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る