週刊東洋文庫トップへのリンク 週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアが生んだ珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。 1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

689

『列女伝3』(劉向著、中島みどり訳注)

2014/10/09
アイコン画像    色と権力と金にとことん執着
国を滅ぼした女性たちの記録

 『列女伝』最終回です。この『列女伝』を「母儀伝」、「賢明伝」(1巻)、「仁智伝」、「貞順伝」、「節義伝」(2巻)と順に読み進めていくと、その章題からもわかる通り、女性=聖女である。女性そのものに圧倒されて、最後の巻『列女伝3』を紐解くと、しかし、ちょっと様相が変わる。

「辯通(べんつう)伝」は、弁の立つ女性の話で、“口喧嘩に負けない女性”といったふうである(私はプライベートで、女性に口喧嘩で勝ったためしがない)。聖女……らしからぬ感じだ。で、最後を飾る「孼嬖(げっぺい)伝」。これ、実は国を滅ぼした女性たちの話なのです。

 例えば、夏(か)を滅ぼすきっかけをつくった妃、末喜(ばっき)。帝の桀(けつ)は、美貌の末喜を、〈膝にのせ、その言うことは何でも聞き入れ〉たという。例えば、舟を走らせることが可能な大きさの酒の池をつくり、下々の者を牛馬のように繋いで酒を飲ませた。


 〈酔って溺死する者があると、末喜は笑って、それを楽しんだ〉


 贅沢三昧、わがまま三昧。徳も義もなんにもない。わが子に権力を握らせるために、義子を殺す。不義密通は当たり前。そんな亡国の女性たちが、15人、『列女伝』の最後を締めくくるのだ。

 これは恐ろしいまでの、洗脳だ。

(男や男社会にとって)都合の良い賢い女性でありなさいよ、と「孟母三遷」のような、女性のエピソードを積み重ねておいて、最後に、そうでない女は国を滅ぼしてしまう、と亡国の罪をなすりつけてしまうのだから。そりゃあ、中には恐ろしい女性もいるでしょう。でも、そうした女性を選んだのは誰でしょう? 毎晩、自分の膝の上にのせ、わがままを何でも聞いてやったのは誰でしょう? 男性が、女性を“亡国の女性”に変えてしまったという見方はできないか。

 訳者の中島みどり氏はよっぽど思ったのだろう。「あとがき」にわざわざこんなことを記している。


 〈この書物が、これに続いた中国二千年の礼教社会の中の、女たちの被抑圧と受難の記憶を喚び起こし、その苦痛をなまなましく蘇らせ、それが悪夢となってわたしに襲いかかった〉


 しかしこうまで徹底的に洗脳しないと、女性は言うことを聞いてくれない。男性側の情けない事情が、古代より変わらずあるのだと、私は学んだのでした。

本を読む

『列女伝3』(劉向著、中島みどり訳注)
今週のカルテ
ジャンル伝記/説話
成立した時代紀元前1世紀の中国(前漢)
読後に一言いい男、いい女が自然に存在しているのではなく、人間関係の中で、いい男、いい女になっていくのだと、改めて思いました。
効用「驚くエピソード」という観点で見れば、最終巻がもっとも読み応えがあります。
印象深い一節

名言
子が幼いときに慢(ぐうたら)なのは母の罪でございます。が、大人になって役立たずなのは父の罪であると申します(「辯通伝」)
類書神農時代から漢代末の農業政策、財政経済など『漢書食貨・地理・溝洫志』(東洋文庫488)
秦、漢~唐の政情『中国民衆叛乱史1』(東洋文庫336)
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る