知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと850点余! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『ホスローとシーリーン』(ニザーミー著、岡田恵美子訳)

2015/05/21
   あなたも“嫉妬”に狂ってみたい?
イラン文学の傑作、悲恋の宮廷ロマンス

 〈嫉妬はつねに、恋とともに生まれる。しかし、必ずしも恋とともに死にはしない〉

 寺山修司の『ポケットに名言を』(角川文庫)の中で見つけた言葉。どす黒い感情を無意識に抑え込んでいるということなのか、はたまた燃えるような恋をしていないということなのか、私はこの“嫉妬”がピンとこなかったのですが、『ホスローとシーリーン』を読んで、納得しつつ、何やら寒気がしました。


 本書の恋愛叙事詩は、ササン朝の王ホスロー2世とアルメニアの王女シーリーンの“恋”を中心に展開するのですが、この恋がやっかいなのです。

 お互いの立場をわかったあとでの出会いのシーン。


 〈彼らは目から涙が零(こぼ)れるほどに視線をからめ合せた〉


 少女マンガ顔負けです。しかし“恋”はそう簡単に成就しません。『ロミオとジュリエット』しかり、古今東西、恋に障壁はつきもの。この二人の恋も引き裂かれます。で、失意の中、ホスローは別の女性マルヤムと結婚、シーリーンは新たな恋に落ちる。ところが、恋敵の存在を知ったホスローは嫉妬でもだえ苦しみます。そこで、恋敵ファルハードを召し出し、金で手を引かせようとしますが失敗。話し合いも決裂。結局、山を穿って道をつくれ、というとんでもない命令を下し、シーリーンから引き離します。しかもファルハードに「シーリーンは死んだ」という偽情報を流し、彼を自死に追い込んでしまうのでした。時を同じくしてマルヤムも死去。

 恋敵はすべて消え去り、ホスローとシーリーン、愛を誓い直すかといえばそうではありません。浮気、口論……。シーリーンの口からは、〈あなたの心は岩、私の魂は鉄です〉という言葉も飛び出します(8章に渡って続く、「ホスローとシーリーンの諍い」は本書の見所のひとつ)。

 それでも運命の二人です。紆余曲折ありながらも、愛を確認し、婚礼を済ませます。ところが……。

 マルヤムとの間にできたホスローの息子、シールゥエがシーリーンに横恋慕。嫉妬の余り、父ホスローを殺してしまうのでした。物語はシーリーンの自殺で幕を閉じます。“嫉妬”が引き起こした因果応報です。


 〈読者よ、この世とは酷薄な無頼の徒、心を許してはならぬ。世は誰にも忠義だてはせぬもの〉


 と作者は結ぶのですが、身も蓋もありませんね。

今週のカルテ

ジャンル文学
発表年 ・ 舞台12世紀のイラン
読後に一言嫉妬は恋愛の中だけにあるのではありません。同性同士の嫉妬もまた、やっかいなものです。
効用もしあなたの心の中に少しでも種火が残っているのなら、途端に“恋”がしたくなるでしょう。
印象深い一節

名言
世の喜びとはむず痒さに似て、始めは掌に快意を覚えるが、ついには火を置かれたようになるものだ。世の酒杯にせよ酔いのはじめはまことに楽しく、ついには悪酔いで正体不明となる。(四十三章「王妃の遺言」)
類書ニザーミーの悲恋叙事詩『ライラとマジュヌーン』(東洋文庫394)
本書に大きな影響を与えた英雄叙事詩『王書』(東洋文庫150)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る